HOP!薬剤師

健康情報をすべての人に。『ヘルス・グラフィックマガジン』のこだわりとは

調剤薬局は、対人業務の重要性の高まりとともに「薬をもらうところ」から「健康相談ができる場所」に変化しつつあります。

そんななか、アイセイ薬局では従来の調剤薬局の役割から一歩踏み込んだ取り組みとしてフリーペーパー『ヘルス・グラフィックマガジン』を発行しています。

気軽に読んでもらえる誌面を通じて地域の健康を支える同誌ですが、どのような想いで制作されているのでしょうか。今回は、編集長の門田伊三男さんに、制作方針や今後の展望についてお聞きしました。

門田 伊三男(かどた・いさお)さん

・経歴
広告制作会社にてグラフィックデザイナー、アートディレクターを経験後、2016年アイセイ薬局入社。2017年よりヘルス・グラフィックマガジン編集長を務める。

・現在のお仕事内容
アイセイ薬局コーポレート・コミュニケーション部部長として、自社の広報、プロモーション、ブランディング、デザインディレクション、マーケティング等を担当。

1. 健康を支える拠点になりたい。『ヘルス・グラフィックマガジン』発行に込められた想い

アイセイ薬局 ヘルスグラフィックマガジン

ー『ヘルス・グラフィックマガジン』はどのような媒体なのでしょうか

アイセイ薬局全店舗で配布している季刊発行のフリーペーパーです。2020年10月で創刊10年を迎えました。

どんな方にも読んでいただけるよう、確かな健康情報をユニークなビジュアルで解説しています。

ーどのような背景・経緯で創刊に至ったのですか

調剤薬局というと一般的に「処方せんを持って薬を受け取りに行く場所」というイメージがあるかと思いますが、薬剤師が働く薬局は、薬の知識だけではなく、健康に関する情報をたくさん持っています。その情報を活用することで、さらなる価値を患者さまに届けられると考えています。

本誌の発行を通じて健康情報を提供し、地域住民の皆さまの健康を支える拠点になりたい、そんな思いを形にすべく創刊に至りました。

2. 健康情報誌のイメージを変えたい!楽しめる記事作りへのこだわり

ヘルスグラフィックマガジン 表紙 口内トラブル

ー『ヘルス・グラフィックマガジン』の制作で大切にしていることはありますか

医療の情報はどうしても「難しい」「硬い」「つまらない」といったイメージがあります。せっかく役に立つ内容でも、読んでもらえないとお役に立てません。そこで、ひとりでも多くの方に読んでいただけるように、まず、手に取ってもらうことを重視しています。

特に表紙のデザインにはこだわり、つい手に取りたくなるインパクトの強さを意識しています。

来局する患者さまは体調が優れない方も多いのですが、気になって思わず読みたくなったり、楽しく読み進めてもらえたりするように、グラフィックやイラストを多くし文字量は減らしています。

また、生活に少しでも取り入れやすい情報の紹介を心掛けています。

ーフリーペーパーにそこまでこだわりを持てるのはなぜでしょうか。

多くの方に健康情報を届けたいという想いがあるためです。

創刊当初は表紙のインパクトや斬新な記事構成から、薬局が配る健康情報誌としてふさわしくないという社内の声もありました。

しかし、読者の皆さまに好意的に受け止めていただいたり、グッドデザインベスト100に選出していただいたりと、社外評価が高まっていくにつれ社内の理解も深まり、今では会社を代表するコンテンツとなりました。

今後も高い品質の情報を届けたいと思い、制作に臨んでいます。

ー実際に『ヘルス・グラフィックマガジン』を手に取った方からの声があれば教えてください

ヘルスグラフィックマガジン 表紙 乾燥肌

若い年代から70〜80代の方まで、さまざまな年代の方から「わかりやすい」「ためになった」という声をいただくことが多いです。

誌面のテーマを決める際は、主に未病や生活習慣系のテーマから、発行時の季節感や読者の年齢層のバランスを考え、皆さまのお役に立つ情報をお届けできるようにしています。

3. 紙からWebへの挑戦。より多くの読者に届けるために

ー『ヘルス・グラフィックマガジン』の今後の展望を教えてください

紙媒体での発行に加え、Web上でも誌面を公開していますが、今後はオンラインメディアを立ち上げ、さらに健康情報を届けていく予定です。

そうすることで、薬局に立ち寄る機会がない方にも有益な健康情報を届けられるようになると考えています。

本誌が皆さまの健康を支える存在になれるよう、今まで以上に工夫を凝らした誌面づくりをしていきたいです。

株式会社アイセイ薬局の公式HPはこちら
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

緊急性と安全性の両立を。地域医療においてベルランド総合病院が目…

高度急性期病院として、地域医療に貢献するベルランド総合病院。 今回は同院の薬剤部で活躍する薬剤師の皆さんにお話を伺いました。 ▽取材にご協力いただいた方々 ■小泉 …

  • 🕒
  • 2020.12.09更新

「コロナ禍でようやく理解された」月刊『最新医療経営 フェイズ・ス…

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療機関は患者数・処方せん枚数の激減といった深刻な影響を受けています。 厳しい経営に頭を悩ませる医療関係者も多いのではないでしょうか。 そこで今回…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

デジタル化への転換で患者さまのクオリティオブライフを追求。クオ…

コロナ禍により薬局業界が大きな転換期をむかえています。 クオールでは、多様化する患者さまのニーズに応えるためデジタル化の取り組みを開始しました。 今回は新たな取り組みの「デジタルAI戦…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新

金沢大学附属病院薬剤部の人材育成モデル「KUPS」が掲げる未来のリ…

臨床教育を通じ、幅広い視野の獲得と専門性向上を推進する金沢大学附属病院薬剤部。今回は薬剤部の人材育成モデル「Kanazawa University Pharmacist Standard(KUPS)」について、詳しいお話を薬剤部長の…

  • 🕒
  • 2020.10.09更新