HOP!薬剤師

薬剤師が市販後調査(PMS)を行う際に求められるスキルとは?

「PMS(市販後調査)って具体的にどんな仕事をするの?」「PMS業務を通してスキルアップしたい!」

薬剤師が活躍する場といえば調剤薬局や病院ですが、なかには「企業」で働く薬剤師もいます。

医薬品の安全性などに関する情報を収集・提供するPMS業務は、仕事としての重要性が高く、やりがいや使命感を感じられる仕事です。

しかし、企業薬剤師は薬剤師の中でも難易度が高く、転職を希望しても上手くいかないことも珍しくありません。

企業薬剤師の難易度が高い理由は以下です。

  • 求人数が少なく、見つけること自体が難しい
  • 売り手市場のため、他の職種と比べて面接の難易度が高い

調剤やドラッグストアなどでは1回で終わる面接が3回あったり、志望理由なども細かくチェックされるため、企業への転職では面接は最難関です。

この記事では企業薬剤師の中でも「PMS」の仕事をすることにスポットをあて、仕事内容ややりがい、企業への転職を成功させるヒントをお伝えします。

企業への転職を成功させるヒント

  • 企業の求人数が多い転職サイトを利用する
  • 転職サイトの専任のエージェントに面接対策をしてもらう
★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が
多い職場
無料登録
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

詳細を
見る

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

詳細を
見る

ファルマ
スタッフ
7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

詳細を
見る

1.PMS(市販後調査)は具体的にどんなことをするの?

PMS(市販後調査)とは、Post Marketing Surveillanceの略語で、医薬品が臨床試験を終えて承認、販売された後に行われる調査のことです。

医薬品が承認される前に行われる治験では、より厳密な評価をするためにさまざまな制約がかけられています。症例数や投与期間には制限がかけられ、子どもや高齢者、腎臓や肝臓に障害のある人などは治験段階で使われることはありません。そのため新しい医薬品が販売されると、治験段階に比べて使用する患者数が急増するなど状況が多様化するため、それまでは見つからなかった重篤な副作用が発現することがあります。新医薬品発売後も継続的に、注意深く安全性や有効性に関して情報収集を行う必要があるのです。

PMSの仕事は、新薬に関するこれらの情報を収集、解析することです。解析されたデータは、薬剤の添付文書や資料の改訂に役立てられています。

PMSの業務は製薬会社やCROが行なっています。おもな業務内容は、次の通りです。

1.市販後調査

新薬発売後、6ヶ月間にわたり医薬品の有効性や副作用、相互作用などの安全性に問題がないか追跡調査する。また、医療機関に対し、正確な情報提供、注意喚起を行う。

2.使用成績調査

日常の診療において使われたときの、副作用の発現状況や品質、有効性、安全性などの調査を行う。

3.特定使用成績調査

小児、高齢者、妊婦、腎機能や肝機能に障害のある患者や、長期に使用する患者など、治験では行えなかった患者に対して医薬品を使った影響を調査する。原則6年間行う。

4.再審査申請関連業務

再審査とは、承認後一定期間を過ぎたあとに、企業が実際に医療機関で使用されたデータを集め、承認されている効能効果や安全性について再度確認する制度のこと。PMDA(医薬品・医療機器総合機構)への申請を行う。

5.再評価関連業務

再審査が終わってからも、定期的に医薬品の有効性、安全性を見直す制度がある。これを再評価と言い、再審査後5年ごとに調査を行う。

6.学会論文発表対応

これまでに行なった市販後調査や使用成績調査をもとに、学会や論文発表を行うための業務。また、治験を担当した医師が学会発表を行う際のサポートも行う。

これらの調査はGPSP(製造販売後調査・試験の実施の基準)に基づき行われ、医薬品・医療機器の有効性や安全性を確かめるためにGVP(製造販売後安全管理の基準)に基づく安全性確保業務が行われます。

医薬品は、市販後でなければわからないことも多々あります。

そのためこれらの調査を実施し、医療機関に適切な情報提供を行うことは、医薬品の適正使用を考えるうえで非常に大切な業務になるのです。

2.あえて薬剤師がPMS(市販後調査)を行う意義とは?

PMSがどのような仕事をしているのか、ご理解いただけたでしょうか。

では、実際にPMSの仕事に就くためには何か特別な資格がいるのでしょうか?

実は、PMSの仕事をするために必要な資格はありません。薬剤師資格も必要ないため、薬剤師以外の方がPMSの業務に就くことも可能です。

事務作業が多く、薬剤師でなくても活躍できそうなPMSの業務ですが、医薬品や薬学に関して臨床的な知識が求められます。対象の医薬品に関しては、それぞれの会社で研修を実施することも多いですが、特定の疾患領域に関して専門的な知識が求められるので、薬学にまったく触れてこなかった方には、新しく覚えなければならないことも多く苦労することになります。

その点、薬学的な知識のベースがある薬剤師は専門知識の習得も早いため、就職・転職の場において優遇されるようです。

また、PMSは医師や製薬会社のMRから情報収集を行なっているので、医療関係者とコミュニケーションを取る際、薬学の知識を持っていると話がスムーズに進みます。薬剤師資格が必要な仕事ではありませんが、薬剤師がPMSを行うことで、医療関係者に対してより適切な情報収集、情報提供を行うことができるようになるのです。

その点で、薬剤師がPMSを行う意義、メリットがあると言えるでしょう。

3.PMS(市販後調査)で求められるスキルとは?

PMSに特別な資格は必要ありません。しかしその仕事内容は、薬剤師として働く調剤薬局や病院の仕事や、製薬会社の仕事とはまったく異なるものです。

そのため、PMSにはほかの仕事とは異なるスキルも必要になります。

1.英語力

PMSはさまざまな情報を取り扱っています。海外安全性情報(CIOMS)など海外の情報を収集、分析することもあります。そのため国内、外資問わず、PMSの仕事には英語力が必要です。最近ではビジネスレベルの英語力を求められることも多いようです。

2.コミュニケーション能力

PMSの業務は事務作業ばかりではありません。医師やMRなどの医療関係者から市販後の医薬品の安全性、有効性について聞き取りを行うのも大切な仕事です。

特に医師は忙しいため、調査の協力が得られにくい場合もあります。そのため普段から密なコミュニケーションを取り、正確な情報を収集する能力も必要とされています。

3.マネジメント能力

PMSでは一つの市販後調査だけに専任して行うことは少なく、同時に複数のプロジェクトを扱うことがほとんどです。そのため、収集したデータを整理、確認する高度な管理、マネジメント能力が求められます。

4.市販後調査に関する知識

PMSには市販後調査に関する知識や経験が求められます。疾患や製品知識だけでなく、薬事申請関連法規や、実施基準など調査に関わる知識など幅広い知見が求められます。

それぞれのスキルを高めることで、市販後調査を円滑に進めることができ、ひいては医薬品の適正使用の確立につながるのです。

4.薬剤師がPMS(市販後調査)の仕事に転職する方法とは?

薬剤師が転職して、PMSの仕事に就くためにはどうすればよいのでしょうか。

PMSの求人は、調剤薬局やドラッグストア、病院や製薬会社といった一般的な薬剤師の仕事と比べると少ないため、一人で探してもなかなか希望の求人に出合うのは難しいかもしれません。そこで、PMSの求人を見つけるためには、薬剤師専門の転職サイトを利用することをおすすめします

PMSは経験やスキルが求められる仕事なので、経験者が優遇される傾向にあります。しかしなかには「未経験者可」の求人を出している企業もあります。また、英語や医薬品に関する研修制度が充実している製薬企業もあるので、未経験の方はそのような会社を優先的に狙ってみるのもよいでしょう。

「研修制度の充実」といった条件は、どの企業も求人票に書いていることが多く、実際の研修内容は求人票を見ただけではわかりません。研修の詳細については、転職エージェントに直接聞いてみましょう。転職エージェントは薬剤師の転職事情を熟知しているため、その会社がどのような研修を実施しているのか把握しています。転職サイトに登録し、担当コンサルタントに自分の希望条件、優先順位を伝えておけば、的確なアドバイスをもらいながら、転職を有利に進めることができるでしょう。

なお、薬剤師専門の各転職サイトにはそれぞれ特色があります。また、担当コンサルタントの実力や相性によっても、理想の求人と出合えるかどうかが変わります。

相性のよいコンサルタントと転職活動を進めるためにも、転職サイトには複数登録しておきましょう。それぞれから紹介された求人を比べることが、よりよい転職先を探すための近道ですよ。

2020年11月の転職情報

10月に引き続き、インフルエンザと風邪の流行にともない薬局やドラッグストアの人員強化が行われる時期です。 12月に患者が増えることを見越して早めに人を確保したい企業もチラホラ。 例年とは転職市場の動きがイレギュラーなため、こまめに求人をチェックするのがおすすめです。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
 
  

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

Job Buddy

  • 40代50代60代の転職に強い!
  • 丁寧な面接対策と条件交渉を実施
  • 入職後6か月間のフォローあり

Job Buddyの特徴

調剤薬局 正社員
電話・メール 対面面談・面接同行 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

製薬会社の薬剤師は高年収?8職種の仕事内容と転職成功のコツ

「製薬会社って年収高いから気になる」 「でも、転職は難しそう」 たしかに、製薬会社の平均年収は400万~800万、大手であれば1,000万…

  • 🕒
  • 2020.11.20更新

薬剤師の知識と経験を生かして、医療機器メーカーへ転職してキャリ…

「薬剤師と医療機器メーカーの繋がりって何だろう?」「薬剤師だけど、医療機器メーカーで働くことってできるのかな...」 この記事では、薬剤師…

  • 🕒
  • 2020.09.08更新

超レア求人「企業内診療所薬剤師」!その実態を探ってみた

一般大手企業が社内に設置している「企業内診療所」企業内診療所のある企業は少なく、環境の良さから薬剤師に人気の職場です。働きやすいと評判だけど、情報も求人も少ないし、「実際どうな…

  • 🕒
  • 2020.07.15更新

【薬剤師の転職】製薬会社へキャリアアップする際の注意点

病院勤務薬剤師、30歳目前。 激務に加えて年収への不満があり、自身のキャリアと将来への不安がチラホラ。 「そろそろ製薬会社への転職を考えたい」 「…

  • 🕒
  • 2020.07.15更新

年収も福利厚生も最高クラス!企業薬剤師という「賢い」働き方

「企業薬剤師になりたいけど、未経験で転職できるのかな…」 企業薬剤師は薬剤師の中でも難易度が高く、転職を希望しても上手くいかないことも珍…

  • 🕒
  • 2020.06.30更新

SMOで働く薬剤師!業務内容や年収、求められる資格について

「Site Management Organization(SMO、治験施設支援機関)では具体的にどんな仕事するの?」 薬剤師が活躍する場といえば調剤薬局や病院ですが、なかには「企業」で働く薬…

  • 🕒
  • 2020.06.30更新

SDVとは?業務内容や関連職種、求められる資格について

「治験の結果を評価する際に欠かせないSDVの仕事って具体的にどんな仕事するの?」 薬剤師が活躍する場といえば調剤薬局や病院ですが、なかには「企業」で働く薬剤師もいます。

  • 🕒
  • 2020.06.30更新

医薬情報担当者(MR)になるには?業務内容や年収、関連資格について

「MRの仕事って具体的にどんな仕事するの?」「営業未経験でも働ける?」 薬剤師が活躍する場といえば調剤薬局や病院ですが、なかには「企業」…

  • 🕒
  • 2020.06.30更新

薬剤師がMRに転職!仕事の違いは?未経験でも年収高い?求人ある?

「MRの仕事って具体的にどんな仕事するの?」「営業未経験でも働ける?」 薬剤師が活躍する場といえば調剤薬局や病院ですが、なかには「企業」…

  • 🕒
  • 2020.06.30更新

企業で働く薬剤師|品質管理の仕事内容と年収、良質な求人を探す方法

「品質管理の仕事って具体的にどんな仕事するの?」「未経験でも働ける?」 薬剤師が活躍する場といえば調剤薬局や病院ですが、なかには「企…

  • 🕒
  • 2020.06.30更新

薬剤師が研究職に就くには?気になる年収・転職するための条件とは?

「研究職に就きたいけど、どうすればいい?」 「研究職の年収は高いって聞くけどいくらくらい?」 薬剤師の研究職の年収は薬品会社や食…

  • 🕒
  • 2020.03.02更新

医薬品卸会社の管理薬剤師、仕事内容&平均年収の徹底解説と求人情報

企業薬剤師と言えば、製薬会社のMRがすぐに思いつきますが、他にも、医薬品卸会社の管理薬剤師という職種があります。管理薬剤師がいなければ、医薬品卸の運営はできません。医薬品…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新