HOP!薬剤師

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京メディエールさんに直撃取材!地域における薬局の役割について伺ってきました。

1.東京メディエールの成り立ちと活動内容

東京都城北部を中心に21店舗の薬局を構える、一般社団法人東京メディエールさん。今回は同法人の副理事長である、知久雅幸(ちくまさゆき)さんにお話を伺いました。

東京メディエール担当者の薬剤師

知久雅幸さん/一般社団法人東京メディエール副理事長・薬剤師

与那覇:本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。はじめに東京メディエールさんの成り立ちについて教えてください。

知久さん:2015年、以前から業務連携していた4つの法人(株式会社健商、ひまわり企画、ユニオン企画、有限会社虹企画)を合併して立ち上げたのが、一般社団法人東京メディエールです。合併前から4つの法人間では非営利・協働をベースとして業務連携を行なっていましたが、さらなる「地域の皆さんの健康サポート」を実現したいと考えたのです。

与那覇:東京メディエールさんとほかの薬局の違いは何でしょうか。

知久さん:薬害防止活動などを積極的に行なっている点です。薬害についての勉強会開催や、薬害に見舞われ訴訟になってしまった方を支援しています。薬害の歴史は古く、スモンやサリドマイド、薬害エイズなどがあります。患者さんの人権を守る、大きな薬害を未然に防ぐ、ということを中心に考え、訴訟の支援活動などに積極的に取り組み始めたのが1980年代です。

「薬害ヤコブ」「イレッサ(抗がん剤)」の副作用で亡くなられる方もいますが、そういった悲しい出来事をなくしていくためにも支援を続けています。

与那覇:少しでも薬害が少なくなることを祈ります。ところで、病院や診療所、介護施設とはどのように連携しているのでしょうか。

知久さん:定期的にドクター、薬剤師、介護職関連の会議を実施し、気になる患者さんの生活環境について情報共有しています。元々弊社は在宅訪問などに力を入れており、最近は「地域包括ケア制度」に合わせた取り組みを始めています。

与那覇:「かかりつけ薬局・薬剤師」のようなイメージですか?

知久さん:そうですね。弊社の薬局がある都心部は、独り暮らしの高齢者が多く、経済格差が広がるなかで貧困に苦しんでいる高齢者も増えています。経済的に苦しい方からも在宅訪問の需要が高まるなかで、どのようなサービスを提供していくか考えた結果、まずは薬局から出て患家にうかがうことから始めようと、今のスタイルが定着しました。

与那覇:在宅訪問ではどのようなことをされているんでしょうか。

知久さん:たとえば外来の患者さまで、職員から「薬がきちんと飲めていないようだ」との情報が上がってくることがあります。これらの患者さんは「気になる患者さん」として分類され、サービスとしての服薬指導にご自宅に出向くこともあります。正規のサービスではないので、お金はいただきません。また、患者さまがお薬を飲むのを嫌がっている場合、強制的に飲ませるのではなく、飲みたくない気持ちにも共感しながら、どのように療養するか一緒に考えていきます。

与那覇:常に患者さまの立場に立って運営されているんですね。どのようにして患者さまからの声を集めているんでしょうか。

知久さん:患者さまが自ら薬局にお声を寄せてくれることが多いですね。小さい薬局でも「頻繁に」とは言えませんが、かなり多くの相談が寄せられます。そのほかにお電話や、患者さまのご家族から要望をいただくこともあります。薬物治療の面において弊社を頼りにしていただいていることは大変ありがたいことです。

与那覇:地域の方々と町の薬局、医療機関との結びつきは、これから少子高齢化が進んでいくなかでとても重要ですね。

2.病棟研修も実施!東京メディエール独自の薬剤師研修

与那覇:東京メディエールさんでは若手薬剤師の育成にも力を入れているようですね。具体的にどのような取り組みをされているんでしょうか。

知久さん:特徴的な研修制度として、中長期の病棟研修があります。希望に合わせて長いもので半年、実際に病棟業務を行なうというものです。病院の種類は一般病院から慢性期病院とさまざまで、できる限り本人が「何を学びたいか」を聞き取り、希望を尊重しています。

与那覇:薬局の薬剤師さんが病院で研修するとは珍しいですね。薬剤師さんは病棟でどのようなことを行なうのでしょうか。

知久さん:主に病棟業務ですね。薬剤師の視点から入院患者さんの服薬状況や、治療上の問題点がないかを観察し、担当医師に伝えています。長期的な視点で、患者さん一人ひとりのケアを経験できるんです。

与那覇:そのような病棟での研修は、薬局でどのように活きるのでしょうか。

知久さん:一番大きいのは、病理の知識が増えることではないでしょうか。薬だけでなくドクターが診察する病気に対しての知識も増える点です。薬局に戻った際、処方せんの背景を深く理解することにつながっています。

与那覇:研修が業務にも深くつながっているというわけですね。これまでどのような病院で研修を実施したのでしょうか。

知久さん:最近では「緩和ケア」に携わりたいという薬剤師が、王子の病院研修に行きました。実際の現場で医療を学べることが、働くうえでの大きなモチベーションになっているようです。

与那覇:病院での研修は大変な面も多いと思いますが、医療従事者として成長できる大切な機会となっているんですね。

知久さん:研修の内容とは少し違いますが、弊社では若い薬剤師さんから意見を取り入れて、新しい制度や取り組みが生まれることも多いんですよ。たとえば薬局に血糖測定器や骨密度測定器を設置したいという要望があれば、幹部が真剣に検討します。僕は、年配者が考えるより若い人から出てきたアイディアの方が絶対に良いという持論があるので、特に経営以外はなるべく口出しをしないように心がけていますね。

与那覇:会社からのトップダウンではなく、若手薬剤師さんからの意見を積極的に取り入れてるんですね。自分のやりたいことや意見が業務に反映されると、働く上でのモチベーションも高まり、患者さまやスタッフ同士のコミュニケーションも活発になりそうですね。

3.誰もが安心して医療を受けられる社会を目指して

与那覇:ここまでお話しを伺ってきたなかで、東京メディエールさんは「地域の方々への社会貢献」「薬害根絶運動」「若手薬剤師への教育」など、さまざまな取り組みを実施していることがわかりました。これから東京メディエールさんが目指す未来への展望を教えてください。

知久さん:今まで申し上げたことの延長になりますが、一番大切にしたいことは「いつでも・どこでも・誰もが安心して安全な医療を受けられる社会の実現」です。そのために保険薬局事業においては、今までもこれからも、地域住民の皆さんの利益を最優先に考え、副作用を未然に防ぐためのDI(Drag Information)や、薬害防止活動などに取り組み、同時に地域住民の健康増進を図る活動なども精力的に行なっていきたいと考えています。既存の取り組みと合わせて、今まで以上に幅広い医療、福祉活動に従事していきたいですね。

与那覇:これからの活動も期待しています。本日はどうもありがとうございました!

一般社団法人東京メディエールの公式HPはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新

金沢大学附属病院薬剤部の人材育成モデル「KUPS」が掲げる未来のリ…

臨床教育を通じ、幅広い視野の獲得と専門性向上を推進する金沢大学附属病院薬剤部。今回は薬剤部の人材育成モデル「Kanazawa University Pharmacist Standard(KUPS)」について、詳しいお話を薬剤部長の…

  • 🕒
  • 2020.10.09更新

教育と地域貢献の両輪を備えた附属薬局「めいやく」。明治薬科大学…

明治薬科大学の附属薬局「めいやく」は、同学の薬学生が現場力を育むための教育施設です。 薬物治療に責任を持てる薬剤師の教育、そして創薬から育薬まで幅広い領域で活躍できる薬学人の養成を掲げる明…

  • 🕒
  • 2020.09.29更新

気軽に健康相談ができる薬局を目指して。アイランド薬局がオリジナ…

薬の窓口から、地域の患者さんに寄り添うパートナーへ。薬局の真価が問われる時代に、プライベートブランド「健幸彩活」を立ち上げたアイランド薬局。今回は、同ブランド担当の高松さんに、詳しいお話を伺…

  • 🕒
  • 2020.09.11更新

資格の取得はスタート地点。研さんを重ねて正しい情報を提供する「N…

臨床の立場から栄養について考え、健康の維持・増進への貢献を目指す日本臨床栄養協会。今回は、本協会に所属し「NR・サプリメントアドバイザー」として活動する上坂さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.09.01更新

現場能力を高め、社会で活躍できる人材を。日本薬科大学の漢方アロ…

「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神に掲げる日本薬科大学。専門性高く創造性豊かな人材の養成を目指し、様々な取組みを実践しています。 今回は数ある取組のなかから「漢方アロマコース」につい…

  • 🕒
  • 2020.08.20更新