住み替えノウハウ

2020-09-15

家が狭いからどうにかしたい!買い替える人に共通する6つの理由

家が狭いの解決できないかな?

家が狭い問題は収納方法やリフォームで多少は広く見せることも可能ですが、収納方法を変えたりリフォームをしても実際に家が狭いという根本的な問題は解決できるでしょうか?

将来を見据えて家を広くしたい方には買い替えるという方法をご紹介いたします。

広い家への買い替えを検討した方がよい人の特徴!

  • 家が狭くて生活に支障が出ている
  • これから子どもが増える、成長する
  • 異性の子どもがいる

買い替えをおすすめしない人の特徴!

  • 諸費用分まで含めて住宅ローンを利用している
  • 新築物件の購入から10年以内で、購入金額の大半を住宅ローンで支払っている

上記の場合はローンが残り、住宅ローンが膨らんでしまうため買い替えをおすすめできません。

これらのケースに当てはまらず、子どもが増えるなどの理由で家が狭くなってしまうという問題が生じる人は買い替えを検討してはいかがでしょうか?

イエイ査定のキャプチャ

目次

    狭い家を買い替えるという方法

    皆さんが家が狭いと感じる場合、まず家の収納方法やリフォームを考えると思います。

    しかし、収納方法やリフォームでは家を広く見せられても実際に家を広くすることはできません。

    また、出産して家族が増えると、子育てにおいてさまざまな問題が起こると思います。

    将来を見据えた場合、家を買い替えるという方法も考えておく必要があるでしょう。

    家が狭いから買い替えるメリット・デメリット

    長年同じ家に住み続けていると家族が増えたり、ライフスタイルが変わったりすることで、生活に何らかの不満や悩みが出てくると思います。

    それを解決するために、メリットとデメリットを比較して買い替えを検討してみましょう。

    メリット

    買い替えをすることで下記のようなメリットがあります。

    • 家族構成によって最適な広さの場所に変えられる
    • いろんな場所に住むことができる
    • 戸建て、マンション相場によって売却益が出る可能性がある
    • 特にマンションでは買い替えることで設備などが古くならない

    デメリット

    買い替えをすることで下記のようなデメリットがあります。

    • 買い替えには売却にかかる諸費用がある
    • 引っ越しには費用や労力などがかかる
    • コミュニティが引っ越しのたびに変わる
    • 譲渡損失が出る可能性がある

    メリットとデメリットを比較して買い替えが一番良い方法であるとは一概にはいえません。

    理由としては、買い替えするためには住宅ローンを無理なく支払う必要があるからです。

    しかし、住宅ローンを支払うことができる場合メリットは多く、マンションの買い替えの場合家族構成やライフスタイルが変わった際に最適な広さや立地の物件を選ぶことができます。

    家が狭いと思っている人の6つの共通点

    マンションやアパートなどの賃貸住宅に住んでいる人であれば、家が狭いと感じたら、引っ越しをして広い家に住み替えることも可能です。

    しかし、すでに家を購入した人の場合、そう簡単に住み替えるわけにはいかないという考え方が従来は一般的でした。

    ですが、今では購入物件の情報も収集しやすく、住宅ローンの金利も安いので、住まいを買い替えるという選択も考えられます

    以下は、実際に家が狭いと感じて不動産会社に相談をする人が挙げている、おもな買い替えの理由です。

    家が狭いと感じている人が買い替えの相談をするおもな理由

    • 赤ちゃんが生まれる、生まれた
    • 子どもが成長して室内が狭くなった
    • 子どもが異性であるため、現在のままでは部屋が足りない
    • ペットが増えた
    • 自宅兼事務所にしていて、仕事が増えた
    • いくら片付けても収納スペースが足りない

    実際にこうしたニーズをもった人の多くが、家の買い替えをして結果的に成功しています。

    家が狭いと感じる人が買い替えを積極的に検討すべきケース

    なお、不動産のプロによると、特に次の事項に当てはまる人は、買い替えを積極的に検討すべきとのことです。

    • 家の狭さによって、現生活に支障が出ている
    • 子どもがまだ小さい、または子どもが増える可能性がある
    買い替えを検討するべきケース

    家の狭さによって、現生活に支障が出ている

    2LDKの家に5人家族が生活しているなど、物理的にスペースが足りていない場合は、そのまま生活をしていても問題は解決しません。

    原因が狭さにある問題は、もっと間取りの広い家に引っ越すことが効果的な解決方法です。

    子どもがまだ小さい、または子どもが増える可能性がある

    育児をしながら暮らしていて家が狭いと感じ、実際に引っ越しを選択する方は非常に多いです。

    子どもがまだ小さい場合、大きくなるにつれて物理的にスペースが不足することが予想されます。また、今後子どもが新たに誕生すると、現在よりも家が狭く感じられるようになります。

    土地面積が狭い家のことを狭小住宅というのですが、狭小住宅にリフォームなどで無理やり子供部屋をつくると、子どもが成長するにつれてまたスペースが足りないといった問題に直面するケースが多々見受けられますので、早めに引っ越すのがお勧めです。

    買い替えをするならまずは無料一括査定サイトで相場を調べる

    以上を踏まえて、現在の住居を処分して、新たな住居への引っ越しをするならば、まずは自分の物件の売却価格相場をつかみましょう。

    相場を知るには物件の査定をするのがもっとも的確な方法なのですが、複数社に査定依頼をする場合、必要となる手続きを依頼数だけしなければならないのは非常に面倒です。

    そこで、無料一括査定サイトを用いると、1回分の記入だけで複数社に依頼ができて大変便利です。

    その中から信頼できる不動産会社を1社選べばよいのです。料金もかからないので気軽に見積もりを依頼するとよいでしょう。

    ↓自分の不動産がいくらで売れるか調べてみる↓

    一括査定なら「イエイ不動産」

    ただし注意点として、見積もり価格が高ければ信頼できるというものでもありません。

    なぜなら見積金額と実際の売却価格に大幅な差があるという場合もあるからです。

    実際に買い替えた方々の声

    実際に買い替えをした方々のほとんどが「買い替えてよかった」といっているようです。

    よかったと答えている理由は下記のとおりです。

    • 利便性の高い立地
    • セキュリティの高さ
    • コミュニティの多さ

    将来を見据えた家族の人数で必要最低限の広さがあり利便性の高い立地を選んだ方が暮らしやすいと感じるのではないでしょうか。

    このように買い替えをして問題が解決するならば、買い替えという方法も検討してみてはどうでしょうか。

    まとめ

    • 家が狭くなって悩んだ際、収納方法やリフォームだけでなく買い替えという方法あります。
    • 買い替えには住宅ローンを無理なく支払う必要がありますが、メリットは多いです。
    • 買い替えを検討した方がよいケースに当てはまる場合、将来を見据え、買い替えも選択肢に入れましょう。

    家が狭くなったと感じ、悩みがあるなら、リフォーム以外にも解決する方法はあります。

    また買い替えにはお金がかかるので、選択から除外しがちですが、検討してみる価値はあります。

    ↓一括査定なら「イエイ」がおすすめ↓

    イエイ不動産

    • サイト運営実績10年の実績
    • 主要大手の不動産会社はもちろん、地元密着の有力不動産会社
    • 厳選されてきた約1700社もの優良な不動産会社が登録
    • 最大6社最短60秒で査定価格を比較
    ロゴ:家

    住み替えノウハウのお役立ち情報

    家の画像
    ロゴ:家

    IETOKU人気記事

    家の画像

    査定価格を無料でスピーティーに診断

    全国1700社以上を比較! イエイのオンライン査定