不動産売却のお悩み解決はイエトク!

  • HOME
  • 家の売却
  • 新築を売りたい...売却をして後悔していない人がやっていたこと3つ

新築を売りたい...売却をして後悔していない人がやっていたこと3つ

新築物件の売却のタイミングTOP

「新築なんだけど売却したいな...」
「ローンが残ってるし、他の人はどうしてるんだろう?」

新築は高く売却できます。しかし売りに出すタイミングや依頼する不動産会社を間違えてしまうと1年しか住んでいないのに300万円も安く売却されてしまうことがあります。

実は、新築を適切に売却できる方法ははっきりしているので、この記事でお伝えします。

新築を売却して後悔していない人がやっていたこと

やっていたこと オススメ度
夫婦で話し合ってトラブルをなくす ★★☆☆☆
完済できるように自分でお金の計算をする ★★★☆☆
一括査定で高く売却してローン完済を楽にする ★★★★★

売却をするためにはローンの完済が必須条件です。
しかし、新築の売却となると多くのローンが残っているはずです。このお金の問題は、不動産会社を厳選することによって解決するかもしれません。

新築の売却を考える人たちが「一括査定」を選ぶ理由

  • 一度に最大6社まで一括で査定依頼できる
    • 「ピタットハウス」「大京穴吹不動産」「ソニー不動産」などの企業が1,700社以上登録
  • 比較しないと力になってくれる担当者か見抜けない
    • 査定額に500万円の差が出ることも
    • 売却が1年以上遅くなることも
    • 法的トラブルになることも

一括査定にはデメリットもあります…

  • やりとりの電話がかなり多い
    • メールで査定結果をもらえるよう要望欄に記入してください
    • 査定依頼するのは2~3社にしておきましょう
  • 不動産会社と契約すると解約にお金がかかります
    • 無料相談も活用して慎重に選んでください
  • お断りするのもかなりストレスになります
    • 一括査定の「お断り代行サービス」を活用してください

みんな知らない、一括査定の6つの事実

  1. 個人情報は、イエローカード制度(※リンク先のPoint5参照)があるから漏れません!
  2. しつこい営業の電話直接訪問はありません!
  3. 自分が名義人じゃなくても売却価格を調べられます!
  4. 不動産に関する悩みを無料でなんでも相談できます!
  5. 査定だけして売却しなくてもOKです!

イエイならたった1分で自分に合った不動産会社が見つかる!/

不動産ってどう売るの?売主も納得できる不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗に行ってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”の スピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが 正確にわかります

大京穴吹不動産」 「ソニー不動産」 「ピタットハウス」 「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

一戸建てとマンションでは、価格の下落率は違う

新築で購入した一戸建ては、築10年で建物の価値は半分ほどになる

新築で購入した一戸建ては、築10年で新築価格と比べて建物の価値は半分ほどになるといわれています。地域性などを考慮せず、単純に計算すれば3,000万円で購入した木造一戸建ては、10年後に1,500万円に下がってしまうことになります。さらに築15年では新築価格の約2割まで、築20年を超えると建物部分についての資産価値はほとんどなくなると考えてよいでしょう。築30年以上の戸建てについては、「古家付きの土地」として土地のみの価格で取引されるのが通例です。

新築で購入したマンションの価値は、築10年以内であれば8割程度になる

築10年以内のマンションの価値は、築浅物件の8割程度とされています。また、築11~20年では築浅物件の6~7割程度、築21~30年はおよそ4割が目安となります。さらに、築30年を超えると価格は大きく下落し、築浅物件の4割以下となることもあります。

注文住宅は、建売住宅よりも売りにくい場合がある

また、木造の注文住宅であれば、建売の一戸建てとそこまで下落率は変わらないと考えるかもしれませんが、一般に注文住宅は施主の生活スタイルや好みを取り入れてつくられているため、奇抜で特殊な間取りやつくりであることも多いと考えられます。そのため、一般受けする無難なつくりの建売住宅よりも売りにくくなる場合があります。

ただし、建売住宅にはない個性が買主の希望にマッチすれば、むしろ建売住宅よりも有利な価格で売れる可能性があるといえるでしょう。

新築物件を売却するのに最適なタイミング

売りたいという意思が固まっているのなら、早めに動くべき

それでは、物件を新築間もない状態で売るべきなのか、それともある程度待ってから売るべきなのか考えてみましょう。

例えば、築5年以内の物件を売ることを考えてみます。この時期であれば、まだ外観も内部もそれほど傷んでおらず、水回りのリフォームも必要ないため、ある程度強気の値段をつけることができるといえます。また、買主にとっては固定資産税の軽減などのメリットが得られる場合もあるため、そのような点もアピールポイントになります。

【固定資産税】

家やマンション、土地などを対象に、その価格に応じて課される税金(地方税)のこと。毎年1月1日(賦課期日)現在に所有する人が納税義務者となる。

ただし、築浅の住宅を売却する理由を明確にして、買主の不安を払拭することが必要になります。

これが10年前後になってくると、当然いろいろな箇所に不具合が生じてくるでしょう。そのため、リフォーム代を考慮した値引きを行わなければならないことも覚悟しておかなければなりません。また、中古物件として市場に出回れば、条件が似た多くの物件との価格競争になってしまうことも十分ありえます。

総合的に考えて、売りたいという意思が固まっているのであれば、なるべく早めに動いた方がよいといえるでしょう。

不動産ってどう売るの?売主も納得できる不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗に行ってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”の スピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが 正確にわかります

大京穴吹不動産」「 ソニー不動産」「 ピタットハウス」「 センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

固定資産税の評価額って何?どんなふうに決まるものなの? 不動産を所有している人に対して、固定資産税が課税されます。 この税額を算出するための ... 続きを読む

家の売却

no image

その1.家を個人売買するメリットとデメリット 個人売買のデメリット 家の個人売買のデメリット 売却に関わる交渉や手続きを、すべて自分で行う必 ... 続きを読む

家の売却

空き家の放置は危険!賢い売却と対策方法まとめ 今まで親や親族が住んでいた家が、高齢化などのさまざまな事情で空き家になっている人は気をつけた方 ... 続きを読む

家の売却

×

イエイ不動産売却