オークファン ネットオークション用語集

トップ >ネットオークション用語集

ネットオークション用語集

最低落札価格 とは
落札が有効になる最低価格のことで、出品者が設定します。オークション終了時点で入札額がこの価格に達していなければ、落札されずに終了します。Yahoo!オークションでは有料のオプション扱いになっています。
サクラ とは
出品者が複数のアカウント(ID)を使い、オークションの入札価格を不正に吊り上げたりする行為のことです。自分で複数のIDを用意する場合や、オークションIDを持っている仲間に依頼することもあります。ネットオークションでは禁止されており、どこのオークションサイトでも判明すれば、原則としてアカウント取消しなどの処分が課せられます。
冊子小包 とは
書籍などを送る際に使われる発送方法で、比較的安い料金で利用できます。手渡しされない、破損や紛失時の補償がないといったデメリットもあるため、あまり高額な書籍の発送には向きません。
参加費 とは
ネットオークションに参加するための料金です。参加費がいくらになるかは、利用するオークションによって異なってきます。月額いくらと決まっている場合が多く、参加費を無料としているオークションサイトもあります。あくまで参加するだけの費用なので、出品や落札時の手数料(利用料)とは別です。

シーラー とは
商品の梱包に使う機器で、樹脂などで作られた袋の口を熱で溶かすことによって接着するためのものです。小型の卓上シーラーをはじめ、足踏み式、電動式などがあります。小物類を多数出品する際などに役立ちます。
紙管 とは
硬質の紙素材で作られた円筒状の梱包素材で、「しかん」と読みます。ネットオークションでは主に、ポスターやカレンダーなどの痛みやすく折り曲げ厳禁な商品の発送に使います。
自己紹介欄 とは
オークションサイトで、参加者が自分のプロフィールを書き込むページのことです。オークションサイトによって異なりますが、性別や年齢、職業、住んでいる地域などをほかのユーザーに公開します。
私書箱 とは
自分宛の郵便物を受け取るための専用窓口(置き場所)のことで、郵便局に申し込む私書箱と、民間業者が提供する私設私書箱があります。実際の住所を送り主に教えなくても郵便物を受け取れますが、郵便局の私書箱は「大量の郵便物が日常的に届くこと」など利用条件が厳しく、私設私書箱も無料ではないため、どちらかといえば事業者向けのサービスです。個人がネットオークションで使う場合は、郵便局留めや宅配業者の営業所留めを利用するのが一般的です。
システム利用料 とは
参加費(会員費)とは別にかかるオークションサービスの利用料金で、オークションサイトごとに有料のもの、無料のものがあります。Yahoo!オークションを例にすると、出品者に「出品システム利用料」が発生し、さらに状況によって「オプションシステム利用料」「落札システム利用料」「出品取消システム利用料」が加算されます。
実店舗 とは
インターネット上の店舗(ネットショップ)に対し、実体として存在している店舗のことです。ネットオークションに出品しているショップでも実店舗をもったところは多く、ネットショップだけのところと比べると入札者から見た安心感があります。
自動延長 とは
オークション終了ぎりぎりの駆け込み入札を防ぐため、終了直前に新たな入札があった場合に残り時間を延長する機能です。Yahoo!オークションの場合はオプション扱いで、自動延長の有無を出品者が選択します。
自動再出品 とは
オークション終了時に落札者が決まらなかった場合、そのまま自動的に設定を引き継いで再度の出品ができるシステムのことです。Yahoo!オークションでは無料オプションとして提供されており、最大3回までの自動再出品ができるようになっています。
自動入札 とは
入札者が使える機能で、あらかじめ出品物に対していくらまで支払えるかを設定しておけば、その価格になるまで自動的に入札を続けてくれます。外出時やオークション終了が深夜時間帯になる場合などでも、パソコンの前に座り続けなくて済みます。
ジャパンネット銀行 とは
2000年に設立された、日本最初のインターネット専業銀行です。一定額の残高があると口座維持費が無料になるほか、一般的な銀行と比べて格安の振り込み手数料、24時間インターネットからの利用が可能、携帯電話を使ったモバイルバンキングへの対応など多くのメリットがあります。Yahoo!オークションなど大手オークションサイトの指定銀行にもなっています。
ジャンク品 とは
正常動作しないことを前提として、格安で投げ売りされている製品のことです。オークションでも実店舗でも、ジャンク品は原則としてノークレーム・ノーリターンな上に、販売者(出品者)に対する質問すらNGとされています。普通のユーザーにとって、動かないと分かっている製品を買うメリットはまったくありませんが、自力で壊れた部分を修理できるような人にとっては有利な取引にもなります。また、自分で修理しないまでも、昭和20年代のレトロなおもちゃをコレクションしている人なら「動かないブリキのおもちゃ」を喜んで落札したがることも考えられます。このようにして自分だけの価値観を持って売買に参加できるのも、ネットオークションの醍醐味の1つといえます。
修理上がり品 とは
初期不良などで交換・返品されてメーカーへ修理に出されたものが、修理を終えて販売店に戻ってきたものを指します。新品として販売できないため、店頭やネットオークションで通常よりかなり安く販売されます。修理と動作検証を終えているため新品と同じような感覚で使えますが、メーカー保証はありません。販売店独自に保証規定を設けているかどうか、入札前にしっかりと確認したほうが無難です。
出品 とは
自分が売りたい物を、オークションに出して入札対象とすることです。無条件で誰でも出品者になれる訳ではなく、利用したいオークションサイトの登録手続きを済ませ、有料の場合は参加料を支払う必要があります。また、オークションサイトの規定に反する物は出品できません。
出品支援ツール とは
ネットオークションの出品時にかかる、さまざまな手間を省くためのユーティリティソフトです。ツールごとに機能は異なりますが、出品ページ(HTMLファイル)の作成、出品物管理、落札者へのメール作成、発送時の送料計算などをサポートしてくれるのが一般的です。
出品システム利用料 とは
Yahoo!オークションで商品を出品した際に、出品者が支払うシステム利用料です。出品そのものにかかる料金のため、仮に落札者が決まらず終了しても返金されません。
出品者の地域 とは
ネットオークションの多くで公開される項目で、出品者がどこの地域(通常は都道府県まで表示)に住んでいるかを掲載することです。発送時の送料を推定する手がかりとなるほか、落札者と出品者の居住エリアが近ければ直接引き取りに行ったりすることもできます。
出品者への質問 とは
オークションサイトによっては、出品物について不明な点がある場合に質問をすることができます。ブランド品の入手経路、出品するまでの使用程度など不安に思うところがあれば質問すべきですが、いつも出品者からの回答が得られるとは限りません。なお、Yahoo!オークションでは、Yahoo!メッセンジャーを使って出品者とやりとりすることも可能です。
出品代行 とは
出品を希望する人から商品を預かり、業者が代わりに出品に関する諸手続きをするサービスです。業者に支払うさまざまな手数料はかかりますが、商品写真の撮影や説明文作成、梱包や発送などを委託できるため手間が大幅に省けます。ほかにも、落札者に自分の個人情報を知られずに済んだり、業者が代行しているということで入札者に安心感を与えることもできるなどメリットがあります。
出品取消し とは
自分が出品している商品のオークションを取り消すことです。すでに入札者がいる場合、取消しのための手数料を徴収される場合があります。
出品取消システム利用料 とは
Yahoo!オークションで入札者がいるにも関わらず、出品者の都合により出品を取り消す際にかかる料金です。入札者が誰もいなければ、このシステム利用料はかかりません。
出品リスト とは
特定IDの出品者や、自分自身が現在出品している物をまとめた一覧です。出品者の傾向を把握したり、自分の出品物を一括管理するときに役立ちます。
ショーケース とは
Yahoo!オークションが出品者に対して提供する販促用の有料オプションサービスの1つで、自分が出品したい商品とマッチするテーマがあれば選択できます。「100円ショーケース」など常時開催のものと、「バレンタインショーケース」など期間限定のものがあります。
商品一覧 とは
特定カテゴリの商品や、自分がチェック中の出品物など、ユーザーの要求に合わせて表示されたオークション一覧画面のことです。オークションサイトによって表示される一覧形式は異なります。同カテゴリで多くの商品が一覧表示される場合は、背景色やアイコンなど目立つ要素があれば出品者にとって有利になるため、そういった要素をオプションサービスとしてオークション運営側が提供していることもあります。
商品紹介ページ とは
ある出品物に対し、その商品の説明や目安となる落札価格、写真などで構成されたWebページのことです。ページの構成や盛り込むべき情報量は、オークションサイトによって異なります。紹介ページを作成してくれる代行サービスや、必要事項を記入するだけで半自動的に紹介ページ作成のできるWebサイトもあります。
商品代引 とは
商品の決済・受け渡し方法の1つで、商品が届けられたその場で代金を支払うことです。商品到着と支払いが同時に行なわれるため、「入金したのに送られてこない」「発送したのに入金されない」といったトラブルの心配がありません。
情報出品 とは
形がある出品物ではなく、「毎月○○万円儲かる!!」といった情報としての出品物のことです。受験に役立つ情報やゲームの攻略法など、必要としている人には参考になる情報がある一方、ネズミ講の勧誘だったり、書いてある情報がまったく役に立たないというケースもあります。落札者への送付(配布)形式は、PDFやHTMLといった電子媒体や、情報が入ったCD-Rを郵送するなどさまざまです。
シリアル番号 とは
メーカーが製品に割り当てた固有の番号のことです。ネットオークションで出品物に使われる定義は、「ソフトウェアのインストール時に必要な番号」か、「限定品(レアアイテム)の価値を高めるもの」の2種類に大別できます。特に後者の意味で使われる場合、その商品のブランド価値によっては落札価格が高騰する傾向があります。
新古品 とは
限りなく新品に近い中古品のことですが、ネットオークションにおける明確な定義はありません。「動作検証に一度だけ使ったもの」「注文はされたがキャンセルされたもの」「在庫として眠っていた単なる売れ残り」「店頭に展示品として置いてあったもの」など、出品者によって意味するところが異なります。状態にもよりますが、新品同然の商品を格安で入手するチャンスではあります。
新生銀行 とは
ネットオークションの利用者に人気がある銀行で、24時間のネットバンキングに対応するほか、実店舗もあります。口座管理費無料、ATMでの預金引き出し手数料無料、他行(新生銀行以外の銀行口座)も月5回まで無料など、ネットオークションに限らず日常生活でも重宝するメリットがあります。
新品同様 とは
オークション出品物の状態を表わす表現で、完全な新品ではないものの、ほぼ新品に近い状態のことを指します。出品者によって「新品同様」の意味するところが異なり、未開封のまま保管していたものや、開封して少し使用したものなど定義はさまざまです。説明文や写真によく目を通し、状態を判断する必要があります。

ストア内商品検索 とは
Yahoo!オークションが提供している検索機能の1つで、ある特定のオークションストア(Yahoo!の審査を通過したショップ出品者)だけを対象に出品物の検索ができます。すでに何度か利用して気に入っているオークションストアがある場合などに便利です。
ストアニュースレター とは
Yahoo!オークションに出品しているオークションストア(Yahoo!の審査を通過したショップ出品者)が発行するメールマガジンのことです。主催者であるYahoo!オークションが発行する「Yahoo!オークションニュースレター」とは違い、ストアごとに発行しており、そのストアが主催するプレゼント企画やバーゲンなどの情報が配信されます。発行するかどうかはストアの判断に委ねられているため、すべてのオークションストアが発行している訳ではありません。配信を受けるには、ストアの出品ページから「ニュースレター配信登録」を選択するなど複数の方法があります。
ストアランキング とは
Yahoo!オークションが公表している、オークションストア内のランキングです。ストアとして登録された出品者(およびその出品物)を対象に、入札数の多い出品物やプラス評価の多いストア、高額な落札価格を叩き出しているストアなどをランキングしています。
スナイピング とは
「狙撃」という日本語訳の通り、オークションが終了するギリギリのタイミング(数分前や数秒前など)を狙って入札することです。ただし、出品者が自動延長を設定した場合は、直前を狙って入札しても自動的に終了時間が延長されるため、この方法は使えません。また、オークションサイトが表示する「詳細な残り時間」はサーバーやネットワークの混雑度によって誤差が出ることも多いため、あまりギリギリのタイミングを狙いすぎると入札に失敗する場合もあります。

説明文 とは
オークションに出品する商品の特徴や状態、注意点などを分かりやすく書いた文章のことです。商品写真や価格設定とともに、入札者にアピールする大きなポイントになります。説明文の大きさや色を変えたりできるオークションサイトもありますが、その際はHTML(Webページの記述言語)について基本的な知識が要求されます。
セドリ とは
古本屋で相場より安く売られている本を入手し、高く買い取ってくれるところに転売することで差額を得ることです。本の背中(カバーのタイトル)を見て取ることから「背取り」が語源になったとも言われています。現在ではネットオークションを利用して、セドリが行なわれることもあります。

早期終了 とは
出品時にあらかじめ設定した終了時期よりも早く、出品者の意志でオークションを終了させることです。入札者がいた場合は、早期終了した時点での最高入札者が落札することになります。取引そのものは成立するため、入札者がいる状態での取り消し(キャンセル)とはニュアンスが異なります。
贈答品アイコン とは
Yahoo!オークション出品者が利用できるの有料オプションで、贈答品に適した商品であることを示すアイコン表示です。「不動産」など贈答品として成り立たないカテゴリでは選択することができません。
送料負担 とは
ネットオークションで取引が成立した場合、商品の発送コストを出品者と落札者どちらかが負担するかという取り決めのことです。落札者にとっては商品代金のほかに余計なコストがかからないほうが魅力的なので、出品タイトルに「送料無料」と書いたり、送料無料のアイコンが付いていれば目にとまりやすくなります。どちらが送料を負担するか、どのような手段で発送するのかは原則として、商品説明と同じところに記載されていなければなりません。
送料無料アイコン とは
取引が成立した場合、商品を届ける送料が出品者負担になるということを強調するためのアイコンです。Yahoo!オークションで出品者が利用できる有料オプションの1つです。入札者にとっては商品代金以外に余計な出費をしなくて済むため、送料無料の出品は注目されます。
即買(そくがい) とは
出品者があらかじめ決めておいた価格以外では落札(入札)できない、特殊な形態の落札価格設定です。完全なワンプライスとなり、最低落札価格イコール希望落札価格になります。出品物の数量が1つだけの場合は、入札があった時点で落札となりオークションが終了します。
即決 とは
出品者が決めた希望落札価格を上回る入札があった時点で、オークション期間が残っていてもすぐに終了(取引成立)することです。その値段ですぐに買いたいという出品物であれば、オークション終了まで待たずに落札できるため便利です。ただし、まれに小売店での価格よりも高く金額設定されていることがあるので、価格比較サイトなどで相場を確かめてから入札するほうが賢明です。

ページトップへ