LINEMOの料金プランとサービス内容のまとめ

ソフトバンクの新しい料金プラン、「LINEMO(ラインモ)」をもっと詳しく、わかりやすく解説します。

ざっくり評価するとLINEをよく使っている人、月3GBがちょうど良い人、またはソフトバンクユーザで月15GB〜20GBの人におすすめの格安SIMプランです。

ヒヨコ

ヒヨコ

LINEMOって本当のところどうなの?

スゴく良いよ。

特に月990円の3GBプランはコスパ最高で、他社の格安SIMが潰れそうなくらい・・

シムセン

シムセン

LINEMOはどうやって使うのか、デメリットとメリット、料金プラン、速度と使い勝手、契約必要なことを、スマホの格安プランならほとんど何でも知っているシムセンが解説します。

\快適に使える3GBが月990円/

格安SIM比較サイトで毎月のスマホ代が安くなる!人気9社を徹底比較

更新情報(2021年)

LINEモバイルとLINEMOの違い

ヒヨコ

ヒヨコ

LINEモバイルとLINEMOって何が違うの?

LINEモバイルの新規契約を終了して、新しく始めるのがLINEMOだよ。ソフトバンクが両方運営しているけど、プラン内容は全くの別物です。

シムセン

シムセン

ソフトバンクがLINEモバイルを運営していますが、LINEモバイルの新規受付を2021年3月31日に終了して、3月17日に新しくLINEMOという格安プランを開始しました。

LINEモバイルはデータ量の選択肢が結構ありましたが、LINEMOは3GBと20GBの2プランです。

LINEモバイルと同じようにLINEをデータ消費なしに使えて、20GBプランはLINEスタンプ700万種類以上が無料で使えるのが特徴です。

LINEMOとソフトバンクの違い

ヒヨコ

ヒヨコ

LINEMOが安いらしいけど、何か落とし穴でもあったりしないよね・・?

LINEMOはオンライン契約専用プランで、アフターサポートとかもほとんどないから、その分だけ料金を大幅に安くしてるんだよ。

シムセン

シムセン

LINEMOはソフトバンクショップでの対応はなし、電話での問い合わせもありません。サポートが無い代わりに、毎月のスマホ料金を大幅に安くしています。

例えばソフトバンクでは3GBでも20GBでも月72338円かかりますが、LINEMOなら3GBプランは月990円、20GBプランは月2728円です。

ソフトバンクとLINEMOの通信品質は同じなのに、LINEMOは料金が圧倒的に安くなります。

ソフトバンクショップに毎年お世話になっている人だと、LINEMOは難しいです。機種変やプラン変更程度しか使っていない場合は、LINEMOがおすすめ

どうやって使うの?

ヒヨコ

ヒヨコ

どうやって契約するのかな??

LINEMOはオンライン契約専用プランなので、オンラインで申し込むよ。契約すると下記のSIMカードが送られてきます。

このSIMカードを今のスマホに入れると、普通に使う人は月990円、たくさん使う人でもスマホ代が月2728円です!

シムセン

シムセン

今のスマホにはドコモ/au/ソフトバンク等のSIMカードが入っています。それをLINEMOのSIMカードに入れ替えるだけです。

注意点は、今の電話番号のまま使いたい場合は、LINEMOを申し込むときにMNP予約番号が必要なこと、あとはスマホのSIMロック解除が必要です。

ほとんどの人は今のスマホのままで、SIMだけ申し込んで乗り換えます。

対象スマホを持っていない場合は、ソフトバンクのVoLTEに対応しているスマホ本体のみをAmazon等で買えば使えます。VoLTEがわからない場合は、iPhone6s以降のiPhoneを買えばOKです。

eSIMを申し込むことができますが、eSIMはスマホが壊れた時に復旧するのが面倒になるので、基本的には物理SIMを申し込むのがおすすめです。

デメリットとメリット

デメリット
  • 3GBと20GBのみで
  • 余ったデータの繰越は非対応
  • オンラインのみ受け付けている
  • 店舗なし
  • サポートが少ない
  • キャリアメールが使えない
  • ソフトバンクの家族割や光回線割は非対応
  • ワイモバイルのような特典なし
  • スマホの購入はできない
  • VoLTE対応機種が必要
  • 17歳未満は契約不可
メリット
  • 使い勝手がソフトバンクと同じ
  • 速度がいつでも速い
  • 月990円で3GBは超安い
  • 月2729円で20GBはすごく安い
  • 5分かけ放題が1年間無料
  • LINEアプリはデータ消費なし
  • 20GBは700万種類のLINEスタンプが無料
  • データを使い切っても最大1Mbps
  • 時間無制限かけ放題は月1650円
  • eSIM対応
  • 5G対応
  • 2年縛りや違約金がない

コスパ最高は本当?LINEMO(ラインモ)のデメリットとメリットの詳細

料金プランの詳細

LINEMO月額料金データ容量低速
ミニプラン月990円3GB300kbps
スマホプラン月2728円20GB1Mbps

ソフトバンクの家族割や光セット割などはありません。

データ容量を使い切っても通信速度は最大1Mbpsで使えます。余ったデータ容量の翌月繰越はありません。ミニプラン⇔スマホプランでプラン変更できます。

アメリカとハワイなら通話もネットも無料で使える「アメリカ放題」には対応していません。

初期費用

  • 契約事務手数料:0円

解約時の費用

  • 契約解除料:0円 (2年縛りや自動更新などはありません)
  • 番号移行手数料:0円

通話料金(国内通話)

  • 通話準定額:月550円で5分かけ放題、1回5分を超えた分は30秒22円 (1年間は月550円が無料)
  • 通話定額:月1650円でかけ放題 (1年間は月1100円)

参考:LINEモバイルの料金プラン(新規受付終了)

LINEモバイルの月額料金データ容量
月0円500MB
月1210円4GB
月1628円10GB
月2420円20GB
月3520円60GB

LINEモバイルからLINEMOへ乗り換えるメリットは少なめです。。

速度と使い勝手

ヒヨコ

ヒヨコ

LINEモバイルは速度の評判が結構悪かったけど、LINEMOは大丈夫なの?

LINEMOには時間帯により速度制御されることがあると書いてあるけど、実際にはソフトバンクと同じ速度が出るよ。

LINEMOならいつでも快適にスマホが使えます。

シムセン

シムセン

使い勝手はソフトバンクと同じ

LINEMOはソフトバンクの通常プラン、メリハリプランやミニフィットプラン、メリハリ無制限と同じ速度が適用されるので、いつでも超速い速度でスマホが使えます。

一般的の格安SIMだと平日昼に速度が極端に遅くなったり、平日夕方から夜にかけてもサイトの読み込みが遅くなる場合がありますが、LINEMOならいつでも快適です。

LINEMOはソフトバンクの格安プランですが、使い勝手は同じです。

ソフトバンクの通常プランより大幅に安い理由は、オンライン契約専用プランなので、サポートなどの人件費がほとんどかからないからです。

LINEMOは時間帯により速度制御するという記載がありますが、実際に使って速度制御になったことがないです。

データを使い切っても最大1Mbpsで使える

LINEMOの20GBを使い切っても、速度は1Mbpsでます。1Mbpsなので結構普通に使えます。

YouTubeの普通画質なら1Mbpsでも止まらずに見れます。普通のWebサイトも1Mbpsならそんなに待たずに読め込めます。画像が多いインスタグラムだと、読み込みが数秒かかる感じです。

3GBプランはデータを使い切ると300kbpsに制限されます。300kbpsだと使い勝手が結構悪いですが、スマホを使う人の6割は実際に使うデータ量は月3GB以下です。

LINEアプリがデータ消費なしに使える

LINEMOならLINEをデータ消費なしに使えます。

LINEアプリはデータを月1GB〜2GB程度使う程度なので、20GBプランの場合はオマケ程度です。

3GBプランの場合はLINEがデータ消費なしに使えるのは結構嬉しい特典です。

20GBプランならLINEスタンプ700万種類以上が無料

LINEMOの20GBプランを契約すると、700万種類以上のLINEスタンプが無料で使えます。

SIMロック解除

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhoneやAndroidスマホを使っている場合で、そのスマホでLINEモバイルを使う場合は、SIMロックの解除が必要な場合です。

SIMロック解除はmy docomo、my au、my Softbankで10分くらいでできます。

ソフトバンクのVoLTE対応機種が必要

iPhone6s以降なら大丈夫

iPhone6s以降ならソフトバンクのVoLTEに対応しているので、LINEMOで使えます。

2015年4月以降に発売されたソフトバンクのAndroidスマホも大丈夫

2015年4月以降に発売されたソフトバンクのAndroidスマホもソフトバンクのVoLTEに対応しているので、LINEMOで使えます。

ドコモとauのAndroidスマホ、格安スマホは動作不明だけどほとんど使える

ドコモとauのAndroidスマホ、それと格安スマホのほとんどはLINEMOで使えます。

ただ、5年以上前の機種や運がスゴい悪いと使えない機種があるかもです。

MNP予約番号

今のスマホやガラケーの電話番号をLINEモバイルで使いたい場合は、LINEMOを契約する前にMNP予約番号を用意します。

今のスマホ会社に電話で問い合わせたり、ネット経由でもMNP予約番号がもらえます。

ソフトバンクやワイモバイルから乗り換える場合は、MNP予約番号は不要です

キャンペーン情報

LINEMOは5分かけ放題が1年間無料、時間無制限のかけ放題は月1100円で使えるキャンペーンをしています。

他社からLINEMOの20GBプランに乗り換える場合、最大1万円相当のPayPayがもらえるLINEMOのキャンペーンもしています。キャンペーン終了日は未定です。

\快適に使える3GBが月990円/

LINEMO(ラインモ)のキャンペーンまとめ、最大1万円相当のPayPayプレゼント

ソフトバンクまたはワイモバイルからLINEMOへの乗り換えは、PayPay1万円は対象外です

契約するのに必要なもの

LINEMOを申し込むのに必要なもの

  • 本人確認書類(免許証等)
  • 本人名義のクレジットカード
  • 乗り換えの場合はMNP予約番号

ソフトバンクまたはワイモバイルからの乗り換えは、本人確認書類とMNP予約番号は不要

オンラインで申し込むと1〜3日程度でSIMカードや端末が届きます。LINEMOのSIMカードをスマホに入れて、届いた用紙を見ながら少し設定すれば完了です。

MNPで乗り換えている場合は、LINEMOの乗り換えが完了すると、以前のスマホ会社は自動的に解約になります。

ドコモ、au、ソフトバンクでスマホの分割代金がある場合、LINEMOに乗り換えても分割代金の支払いはそのまま継続できます。