UQモバイルのAQUOS sense6sとsense6の違いと価格

UQモバイルのAQUOS sense6sとsense6の違いはSoCです。

SoCはスマホの脳みそです。AQUOS sense6sのほうが高性能なSoCを搭載しているので、CPU性能が12%アップ、GPU性能が35%アップします。

価格は同じなので、結論はAQUOS sense6sがおすすめです

ひよこ

ひよこ

UQモバイルのAQUOS sense6sって良いのかな?

sense6と具体的に何が違うの?

一番の違いはゲーム性能(GPU性能)です!

AQUOS sense6sはゲーム性能が結構改善しているので、ゲームを良くする人にもおすすめの機種だよ。

シムセン

シムセン

UQモバイルのAQUOS sense6sとsense6の違いと価格

AQUOS sense6は6.1インチ画面で156グラムの軽量ボディ、落としても壊れにくい耐衝撃構造です。

電池持ちがスゴく良くて、3年使っても電池の劣化が少なく、長く使い続けられる機種です。

ゲーム性能がやや低めなのが不満点でしたが、AQUOS sense6sではゲーム性能が35%向上しているので、ゲームを割とする人にもおすすめの機種になりました。

\arrows sense6sが18,470円〜/

UQモバイルのAQUOS sense6sの価格は、新規なら29,470円、乗り換えは18,470円、機種変更は40,470円です。

【コスパ重視】2022年のUQモバイルおすすめ機種ランキング

スペックの違い(AQUOS sense6s vs sense6)

AQUOS sense6s
AQUOS sense6sとsense6は同じ外観
製品名AQUOS sense6s SHG07AQUOS sense6 SHG05
SoC(CPU)Snapdragon 695 5GSnapdragon 690 5G
RAM4GB4GB
ROM64GB6GB
Antutu V9390,000 (GPU:97,000)310,000 (GPU:58,000)
ディスプレイ6.1インチ / 有機EL / FHD+ / 2,432×10806.1インチ / 有機EL / FHD+ / 2,432×1080
サイズ70 × 152 × 7.9mm70 × 152 × 7.9mm
重さ156グラム156グラム
電池容量4570mAh (充電時間150分)4570mAh (充電時間150分)
連続待受時間940時間920時間
背面カメラメイン4800万画素 (F1.8)
超広角800万画素 (F値2.4)
望遠800万画素 (F値2.4)
メイン4800万画素 (F1.8)
超広角800万画素 (F値2.4)
望遠800万画素 (F値2.4)
前面カメラ800万画素 (F値2.0)800万画素 (F値2.0)
SIMタイプナノSIM+eSIM (DSDV対応)ナノSIM+eSIM (DSDV対応)
OSAndroid 11Android 11
5Gバンドn28 / n77 / n78n28 / n77 / n78
4Gバンド1 / 2 / 3 / 5 / 12 / 17 / 18 / 19 / 38 / 41 / 421 / 2 / 3 / 5 / 12 / 17 / 18 / 19 / 38 / 41 / 42
3Gバンド1 / 2 / 51 / 2 / 5
本体カラーライトカッパー / シルバー / ブラックライトカッパー / シルバー / ブラック
発売日2022年4月28日2022年2月18日
価格40,470円40,470円

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G通信 ◯ | eSIM ◯

その他の性能:USB Type C / イヤフォンジャック搭載 / WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac / マイクロSDカード最大1TB対応 / Bluetooth 5.1 / FMラジオ対応 / テザリング対応 / GPS / 簡易留守録対応 / 耐衝撃

付属品

UQモバイルのAQUOS sense6sとAQUOS sense6は、本体、クイックスイッチアダプターのみが同梱されています。ACアダプター(充電器)、イヤフォン、USBケーブルは付属されません。

\arrows sense6sが18,470円〜/

性能の違い:処理能力とゲーム性能と電池持ち

シムセン

シムセン

AQUOS sense6sとsense6の性能の違いは、搭載しているSoCが違うことだけです。

sense6sのほうが高性能なSoCを搭載しているので、CPU性能が12%アップ、GPU性能が35%アップ、電池持ちが少し向上です。

SoCというのはスマホの脳みそです。SoCが高性能なほどスマホがサクサク使えます。

AQUOS sense6sはSnapdragon 695 5G、sense6はSnapdragon 690 5Gを搭載しています。

Snapdragon 695 5Gのほうが高性能なので、CPU性能が12%アップ、GPU性能が35%アップ、省エネ性能もアップして電池持ちが少し向上します。

CPU性能:全体的にスマホがサクサク使える性能
GPU性能:ゲームをサクサク使える性能

価格の違い+キャンペーン情報

UQモバイルのAQUOS sense6sとsense6の価格は同じです。

両方ともUQモバイルのオンラインショップで契約すると最大22,000円引きで買えます。

契約タイプAQUOS sense6sの機種代金AQUOS senseの機種代金
新規29,470円29,470円
乗換18,470円18,470円
auから乗換 / 機種変更40,470円40,470円
※ データ増量オプションII 加入時の機種代金

その他にかかる費用:事務手数料3,300円(SIMパッケージ費用)

※ auからの乗換は事務手数料が無料

\arrows sense6sが18,470円〜/

シムセン

シムセン

上記はUQモバイルのオンライショップのキャンペーン価格です。

UQスポットだと割引が少なくなって、店舗ごとに機種代金が変わります。

無料のデータ増量オプションIIの加入が必須!

データ増量オプションIIに加入すると、プランSが2GB増量、プランM/Lは5GB増量です。オプション料金は月550円ですが、13ヶ月は無料で使えます。

UQモバイルのAQUOS sense6s/6は、データ増量オプションIIに加入しないと、機種代金が4400円アップします。

データ増量オプションIIとセットで申し込むことをおすすめします。13ヶ月目までにオプションを解約すれば大丈夫です。

AQUOS sense6sとAQUOS sense6、どっちが良い?

シムセン

シムセン

AQUOS sense6と同じ価格で、より高性能になるので、AQUOS sense6sのほうが絶対おすすめ!

AQUOS sense6sのほうがゲーム性能が35%アップして、CPU性能が12%アップします。

CPU性能が良いほど全体的によりスムーズにスマホが動きます。12%程度のアップだと体感差はほとんど無いですが、同じ価格ならCPU性能が少しでも良いほうがお得です。

ゲーム性能は35%と結構アップするので、ゲームを良くする人にもAQUOS sense6sがおすすめです。

\arrows sense6sが18,470円〜/

※ 電池持ちはsense6sのほうが2〜5%程度向上するくらいだと思われます

機種変更は中古のAQUOS sense6がおすすめ

シムセン

シムセン

機種変更だとAQUOS sense6sは40,470円であまり安くないので、安く手に入る中古のAQUOS sense6が良いかも!

UQモバイルのAQUOS sense6sは新規や乗り換えなら安く買えますが、機種変更やauからの乗り換えだと4万円もして少し高いです。

AQUOS sense6がヤフオクなどで安く売っていたりするので、そっちで手に入れるのがおすすめです。

落札相場:AQUOS sense6@aucfan

  • 中古のAQUOS sense6:25,000円前後
  • 新品/未使用品のAQUOS sense6:30,000円前後

楽天モバイル版、ドコモ版、SIMフリー版でもUQモバイルで使えます。

安い中古スマホを購入して格安SIMで使う方法を徹底解説@オークファン