ワイモバイルのSIMのみのキャンペーンと差し替え手順、今のスマホでワイモバを使う!

ワイモバイルのSIMのみの契約でも適用できるキャンペーンの詳細と、ワイモバイルのSIMの差し替え手順をできるだけ細かく解説します。

ヒヨコ

ヒヨコ

今のスマホのままでワイモバイルが使える・・?

ほとんどの場合で今のスマホでワイモバイルが使えるよ。

事務手数料も無料で、SIMのみの契約でもPayPayが最大1万円もらえるので、かなりお得です。

シムセン

シムセン

ワイモバイルは店舗で契約すると事務手数料3300円がかかるだけですが、オンラインで契約すれば事務手数料が無料になるのに加えて、SIMのみ契約なら最大1万円のPayPayがもらえます。

ここではYmobileのSIMのみ契約でPayPayを最大限もらう方法と、YモバイルのSIMの差し替え手順について説明します。

今のスマホのままでワイモバイルのSIMを使いたい場合に参考にしてみてください。

\5の付く日と日曜日にPayPay最大1万円/

ワイモバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

目次

SIMのみのキャンペーンのまとめ (合計で最大1万円のPayPay)

店舗よりオンラインで申し込むのがお得

ワイモバイルは店舗とオンラインストアで申し込めますが、オンラインストアならキャペーンでお得に申し込めるので、オンラインで申し込むのがおすすめです。

キャンペーン① 事務手数料3300円が無料

ワイモバイルを店舗で申し込むと事務手数料が3300円かかりますが、ワイモバイルのオンラインストアなら事務手数料が無料です。

キャンペーン② 新どこもでもらえる特典でPayPay最大3000円

ワイモバイルのSIMのみのキャンペーンの最初の1つは「新どこでももらえる特典」です。

ワイモバイルを申し込む前にエントリーをするとPayPay最大3000円がもらえます。

対象プラン新どこでももらえる特典
シンプルS(3GB)PayPay500円
シンプルM(15GB)またはL(25GB)PayPay3000円

\ワイモバ申込み前にエントリー必須!/

契約後にプラン変更しても、契約時のPayPayがもらえるのでシンプルSで十分でもシンプルM/Lで契約するのがおすすめです。

ワイモバイルの新どこでももらえる特典を最大限もらう手順、ソフトバンクからの乗り換えもOK

キャンペーン③ オンラインならPayPay最大7000円

ワイモバイルの店舗だと新どこでももらえる特典だけしかもらえませんが、オンラインストアで申し込む場合は、新どこでももらえる特典に加えて最大7000円のPayPayがもらえます

オンライン契約は公式とヤフー店の2つ

ワイモバイルのオンラインストアは、公式のオンラインストアとヤフー店のオンラインストアの2つがあります。

公式とヤフー店の両方のキャンペーン特典を併用することはできません。どちらかのキャンペーンを選ぶ必要があります。

契約場所① 公式オンラインストア(タイムセール)

公式新規または乗り換え
シンプルS(3GB)なし
シンプルM(15GB)またはL(25GB)PayPay7000円

ワイモバイルの公式オンラインストアなら、夜21:00〜朝9:00のタイムセール中に、SIMのみの申込みでシンプルM/Lを契約するとPayPay7000円がもらえます。

※ タイムセールの時間外だと5000円に減額

\21時〜9時のタイムセールでPayPay最大7000円/

ワイモバイルの開通日の翌月末までにメールで特典の案内が届きます。案内の中にPayPayギフトコードが記載されていいるので、そのコードを使ってPayPay7000円をチャージできます。

PayPayギフトコードをチャージできる期限があるので、期限内にチャージする必要があります

シムセン

シムセン

シンプルMで申し込んで、すぐにシンプルSにプラン変更しても、PayPay7000円プレゼントは対象だよ!

公式オンラインストアに問い合わせると、立場上はメールを受け取ってからプラン変更を推奨していますが、すぐプラン変更しても対象とのことです。

PayPayをチャージした後は、そのPayPayの有効期限は無期限です。ギフトコードのチャージできる期限があるのに要注意です。

契約場所② ヤフー店のオンラインストア

ヤフー店新規または乗り換え
シンプルS(3GB)なし
シンプルM(15GB)PayPay5000円
シンプルL(25GB)PayPay7000円

ワイモバイルのヤフー店で申し込む場合は、5の付く日(5/15/25日)または毎週日曜日に申し込むと、SIMのみだと最大7000円のPayPayがもらえます。

\5の付く日と日曜日にPayPay最大1万円/

ヤフー店の場合、ワイモバイルの申込日の翌々月末までにYahoo Japan IDとPayPayアカウントのにPayPayの連携しておくと、PayPayは翌々月末に自動的に付与されます。

PayPayの有効期限は無期限です。

シムセン

シムセン

ヤフー店だと公式よりもPayPayの付与が1ヶ月遅れますが、PayPayを連携しておけば自動的に付与されるので安心です。

ヤフー店はシンプルLで契約してすぐにSに変更しても、シンプルLの特典が適用されます。

※ ソフトバンクユーザはキャンペーン特典に注意

ソフトバンク/LINEMO/ソフトバンクMVNOからワイモバイルへ乗り換える場合、最大7000円のPayPayはもらえません。

新どこもでもらえる特典のPayPay最大3000円のみがもらえます。

キャンペーン④ データ増量キャンペーンで月2〜5GB増量

ワイモバイルを契約すると13ヶ月間、データ増量オプションが無料で使えるキャンペーンをしています。

データ増量オプションは月550円でシンプルSは月2GB、シンプルM/Lは月5GB増量しますが、契約から13ヶ月間は無料です。

14ヶ月目以降はオプション料金がかかるので、不要な場合は13ヶ月目までにオプションを解除する必要があります。

キャンペーン⑤ 60歳以上なら通話定額が月1100円引き

ワイモバイルは60歳以上なら通話定額が月1100円引きで使えます。

24時間かけ放題:月1870円 ← 60歳以上なら月770円!

手順① 違約金を確認

シムセン

シムセン

ワイモバのSIMに差し替える場合、最初に違約金がかからないかチェックです!

ソフトバンクは違約金なし

ソフトバンクからワイモバイルにする場合は違約金はかかりません。

auは更新月以外は新プランに変更

auからワイモバイルにする場合、2年ごとの更新月以外だと違約金がかかります。

2019年10月以降のauの新しいプランにしている場合は、違約金は1100円なので更新月は気にせずワイモバイルに変更です。

2019月9月以前のauの古いプランの場合は、違約金が10,450円かかるので、auの新しいプランに変更してから翌月にワイモバイルに変更します。これで違約金が1100円で済みます。

ドコモは更新月以外だと厄介

2019年9月以前のドコモの古いプランだと、2年ごとの更新月以外にワイモバイルにすると違約金が10,450円かかります。

新しいプランにしても古いプランの2年ごとの更新月ではない場合は、違約金が10,450円かかります。ドコモの更新月をチェックすることをおすすめします。

その他のスマホ会社の違約金

一般的な格安SIMの場合、いつ他社に変更しても違約金はかかりませんが、知名度がかなり低い格安SIMの場合は1年以内に乗り換えると1万円程度の違約金がかかる場合があります。

あとはUQモバイルの2019年9月以前の古いプランを契約している場合は、2年ごとの更新月以外で乗り換えると10,450円の違約金がかかるので要注意です。

手順② 新どこもでもらえる特典にエントリー

違約金を確認したら、次にワイモバイルを申し込む前に「新どこでももらえる特典」にエントリーします。エントリーすることでPayPay最大3000円がもらえます。

対象プラン新どこでももらえる特典
シンプルS(3GB)PayPay500円
シンプルM(15GB)またはL(25GB)PayPay3000円

\ワイモバ申込み前にエントリー必須!/

契約後にプラン変更しても、契約時のPayPayがもらえるのでシンプルSで十分でもシンプルMで契約するのがおすすめです。

ワイモバイルの新どこでももらえる特典を最大限もらう手順、ソフトバンクからの乗り換えもOK

手順③ 動作確認とSIMロック解除

公式サイトの動作確認をチェックする

今のiPhoneやAndroidスマホがワイモバイルで使える公式サイトの動作確認をチェックします。

動作確認リストに載っていない場合でも、ほとんどの機種はワイモバイルで使えます。6年以上前の超古いスマホだと使えない可能性があるくらいです。

SIMロック解除が必要なスマホ

ソフトバンク、au、ドコモで購入した機種の場合は、事前にSIMロック解除が必要です。SIMロック解除はオンラインで無料で10分くらいでできます。

SIMロックを解除していない場合は、ワイモバイルのSIMカードに差し替えても使えません。

アップルストアで買ったiPhoneや、SIMフリーのスマホはSIMロック解除は不要

手順④ MNP予約番号を発行

ワイモバイルのSIMカードに差し替える場合、今のスマホの電話番号のまま使うためにMNP予約番号を発行します(ソフトバンクユーザは不要)。

MNP予約番号を使ってワイモバイルを申し込むと、今のスマホの電話番号のままワイモバイルが使えます。発行手数料は無料です。

ソフトバンクからの乗り換えの場合は、MNP予約番号は不要

手順⑤ 本人確認書類を用意

ワイモバイルを申し込むには本人確認書類の写真を撮っておく必要があります(ソフトバンクユーザは不要)。

本人確認書類は下記のいずれか一点です

  • 運転免許証
  • 健康保険証+補助書類(公共料金領収書または住民票)
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • その他

eSIMを申し込む場合は、運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカードのみを受け付けています。

ソフトバンクからの乗り換えの場合は、本人確認書類は不要

手順⑥SIMカードまたはeSIMのどちらを選ぶ?

ワイモバイルはSIMカード(nanoとmicro)、またはeSIMを選ぶことが出来ます。

※ 公式オンラインストアでeSIMを申し込めます。ヤフー店ではeSIMは申し込めません。

パソコンを持っていない場合は通常のSIMカードがおすすめ

パソコンを持っていない場合は、eSIMにすると設定や再発行でトラブルを起こす可能性が高いので、通常のSIMカードのnanoを選ぶことをおすすめします。

パソコンを持っている場合でeSIM対応スマホを使っている場合は、即日で乗り換えられるeSIMがおすすめです(通常のSIMカードでも問題ないです)

手順⑦ ワイモバイルを契約する

公式オンラインストア

\21時〜9時のタイムセールでPayPay最大7000円/

ヤフー店のオンラインストア

\5の付く日と日曜日にPayPay最大1万円/

シムセン

シムセン

ヤフー店でシンプルLで申し込んで、必要に応じてすぐにシンプルS/Mに変更するのが、PayPayを最大限&確実にもらえる方法です。

手順⑧ 審査にかかる時間と届くまで

ワイモバイルを申し込むと、当日もしくは翌日に審査が完了します。本人確認書類の不備などがある場合は、メールで連絡が来ます。

通常のSIMカードが届くのにかかる日数

ワイモバイルの通常のSIMカードを申し込んだ場合、申込みから2〜3日程度でSIMカードが自宅に届きます。

eSIMを申し込んだ場合は即日で利用できるようになる

ワイモバイルのeSIMの場合は、審査が完了すると即日でeSIM対応スマホがワイモバイルで使えるようになります。

手順⑨ SIMの差し替えと設定 / eSIMの設定

通常のSIMカードとeSIMでは設定が違うので別々に説明します。

通常のSIMカードの場合

ステップ① 回線切り替え窓口に電話する

SIMカードが届いたら、他社からの乗り換えの場合は6日以内に回線切り替え窓口に電話して、ワイモバイルへの切り替えをします。

ワイモバイルカスタマーセンター切り替え窓口
電話番号 0800-100-1847 (10:00〜19:00)

切り替えて続きをすると、1時間程度で切り替えが完了してワイモバイルのSIMカードが使えるようになります。

新規契約の場合は切り替え手続きは不要です。

ステップ② AndroidスマホはSIMロック解除コードを入力

スマホにワイモバイルのSIMカードを入れて、電源を入れます。WiFiにつなげます。

ソフトバンク、ドコモ、auのAndroidスマホの場合は、解除SIMロック解除手続きでもらった解除コードを入力します。一部のAndroidスマホは下記の設定が必要になる場合があります。

Androidスマホ ➡ 設定 ➡ 端末情報 ➡ 端末の状態 ➡ SIMのステータス ➡ SIMロックの状態 ➡ 更新をタップ ➡ 念のため再起動

ステップ③ APNを設定する

iPhone12シリーズは、APN設定を参考にAPNの設定を行います。iPhone11以下の場合はAPNの設定は不要です。

Androidスマホは、AndroidスマホのAPN設定を参考にAPNの設定を行います。

これでワイモバイルのSIMカードで今のスマホが使えるようになります。

eSIMの場合

ワイモバイルのeSIMの設定は下記を参考にしてみてください。

eSIMの設定の流れは、ワイモバイルからメールを受け取る → ワンタイムパスワードでパソコンにQRコードを表示 → QRコードをスマホで読み込む → 回線切替 → APNの設定

これでワイモバイルのeSIMカードで今のスマホが使えるようになります。

手順⑩ キャンペーンを適用のための事前準備

最後にワイモバイルのSIMのみのキャンペーンを適用するために、PayPayの登録を行います。

PayPayの受取期限があるので、ワイモバイルを申し込んだら、すぐにPayPayを登録手続きをするのがおすすめです。

PayPayアカウントと連携する(必須すぐやる!)

PayPayを受け取るにはYahoo Japan IDとPayPayアカウントを事前に連携しておく必要があります。

公式で契約した場合はPayPayギフトコードの受け取り期限に注意

公式オンラインストアでワイモバイルを契約した場合、最大7000円のPayPayがもらえますが、このPayPaはギフトコードで届きます。

PayPayギフトコードには受け取り期限があり、その期限をすぎると7000円のPayPayの権利が失効するので注意してください。

ワイモバイルの開通日の翌月末までにメールで特典の案内が届きます。ヤフー店で申し込んだ場合は、PayPayアカウントと連携しておけば、自動的にPayPayは付与されます。

手順⑪ 必要に応じてシンプルSに変更する

PayPayがたくさんもらえるシンプルM/Lで契約した場合は、ワイモバイルが使えるようになったらシンプルSにプラン変更します。

プラン変更は翌月適用になります。ただし、月末の21時以降に変更手続きすると、翌々月からの適用になるので注意してください。

例:7月15日にプランMで開通(WiFiなしでネットができる状態) → 7月中にプランSに変更手続き → 8月からプランSが適用

この場合、プランMにすることで1100円x(17/31日)=603円の負担になりますが、もらえるPayPayが9500円増えるのでトータルで9000円近くもお得に契約できます。

以上が、ワイモバイルのSIMのみ契約のキャンペーンと差し替え手順です!