aucfan 国内最大級のショッピング・
オークション相場検索サイト

せどり以外に会社員や株の収入がある場合の確定申告

20171219日  03: 33

自己申告を書く人

普段会社員として働いている人は、基本的に確定申告をする必要はありません。
しかし、副業をしていたり、株の収入がある場合は確定申告が必要となることがあります。

今回は、普段サラリーマンとしての収入がある方が、副業や株の収入もある場合の確定申告のやり方について紹介していきます。


確定申告をする前に確認したいこと


ネット上での商品の転売をせどりといいます。
収入が会社での収入のみの場合は会社が代わりに確定申告をしてくれるため、自分で確定申告をすることに不慣れな人も多いと思います。
ここでは、どのようなときに確定申告をする必要があり、どんな書類が必要になるのかを順番にみていきます。


確定申告が必要な場合


確定申告をする必要があるのは、給与以外の所得(副収入)にかかる一年間の合計所得金額が20万円を超える人だけです。
そのため、副収入で得られる額の合計が年間20万円以下の場合は確定申告をする必要はありません。

副業をしているからといって必ずしも確定申告が必要とは限らないので、一度自分の収入を確認しておきましょう。

なお、せどりビジネスや株で損失があるときは、確定申告をすることで払い過ぎた税金が返ってくることがあります。
損失が大きい場合は、確定申告をしたほうが得なので、面倒でも確定申告をしておくとよいでしょう。


所得を種類分けする


給料が記載している口座
日本の税法では、所得は10種類に分けられているので、まずは自分の所得を種類分けをする必要があります。
いくつも収入がある場合は混乱しやすいので、まずはそれぞれの収入がどの所得に分類されるのかを知っておきましょう。

給与所得


会社から得られる給料やボーナスは給与所得に分類されます。

雑所得、事業所得


一般的に副業などで得た収入は、雑所得と区分されています。
ただし、開業届を出して個人事業主としての収入がある場合は、副業であっても事業所得と区分されることになります。

配当所得や譲渡所得


株で得た収入のうち、株の配当金は配当所得、株を売却して得た収入は譲渡所得に分類されます。


必要な書類を準備する


源泉徴収票


毎年会社からもらえる源泉徴収票は、確定申告をするときに絶対必要な書類です。
一般的に、年末調整の時期である12月から1月中に配布されるはずです。
これがないと確定申告をすることができないので、失くしてしまった場合は早めに再発行してもらいましょう。

青色申告決算書または収支内訳書


開業届を出して個人事業主として副業をしている人がせどりビジネスで得た収入を事業所得として申告する際に必要な書類です。
青色申告をする人は青色申告決算書、白色申告をする人は収支内訳書を作成して税務署に提出する必要があります。

開業届を出さずに、せどりビジネスをしている人は、提出が必要な書類はありません。
銀行の通帳などを確認して、収入の合計を計算するだけでかまいません。
ただし、収入や必要経費を証明する領収書などは、後で必要となる場合もあるので、捨てないで必ず保管しておきましょう。


年間取引報告書


株での収入を申告するときは、取引をする際に利用している口座の種類によって、必要な書類が変わります。
特定口座で株の取引をしている場合は、金融機関が一年間の収入や損失を計算して年間取引報告書という書類を作ってくれるので、これを税務署に提出して確定申告を行います。

株式等に関わる譲渡所得等の金額の計算明細書


一般口座で取引している場合は、自分で株の収入や損失を計算して、税務署に用意されている株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書に記入をして提出します。
年間取引報告書などの証明書類の提出は義務付けられていませんが、税務署から説明を求められた場合は、取引報告書や取引残高報告書が必要になるので、きちんと保管しておきましょう。


確定申告の期限


申告期限
必要な書類を用意したら、ついに確定申告書の作成になります。

税務署で足を運んで作成するのも一つの手ですが、現在は、国税庁のホームページに、確定申告書等作成コーナーというページがあるので、ここで案内の通りに金額を入力していけば、比較的簡単に申告書を作成することができます。

3月15日までに確定申告をしましょう


確定申告期間は、毎年2月中旬から3月15日までになります。
窓口での納税を選んだ場合も、この日までに納付しなくてはならないので注意しましょう。
口座引き落とし(振替納税)を選択した場合は、4月20日頃が振替日になります。
ちなみに、副業や株で損失が多かったときは、申告日から約1か月程度で還付金が振り込まれます。

還付申告は1月からすることができるので、早めに申告をすると、早くお金が返ってくることになります。

提出期限が近い3月になると、毎年税務署は非常に混雑します。
早めに税務署に行くか、自宅のパソコンで申告書を作成して税務署へは書類を提出するだけにしておくと長い列に並んで長時間待たなくてすむのでおすすめです。


さいごに


確定申告は、面倒で複雑だと感じられるかもしれませんが、納税は国民の義務の1つです。
必ず期限内に必要書類を準備して、申告をする必要があります。
最近は確定申告の電子化が進んでいるので、パソコンを上手く利用しながら、申告するとよいでしょう。


 - 手続き , , , , , ,

関連記事

MS251_memotonewsp_TP_V
会社設立時にも困らない定款の記載事項まとめ

「会社内の憲法」と呼ばれるほど、会社設立、その後の会社経営でも重要な役割を持つの ...

民事訴訟の費用
控訴費、上告費、民事訴訟の費用はいくら?

一般的に、裁判にはお金がかかるというイメージがあると思います。 紛争を解決するた ...

YUKA150701038569_TP_V
弁護士という職業について

せどりビジネスなどで副業や個人事業を始めると、弁護士や税理士などいわゆる『士業』 ...

S001_megane0120140830145829_TP_V
弁理士という職業について

せどりビジネスなどで副業や個人事業を始めると、弁護士や税理士などいわゆる『士業』 ...

TRTM9655_TP_V
M&Aの基礎知識やメリットと主な流れまとめ

近年、我が国でも活発に行われるようになったM&A。 新聞や雑誌などでも頻繁に目に ...