ヤフオク自動入札のやり方をわかりやすく解説!注意点や入札ができないときの対処法も紹介

注意点や入札できない時の対処法も!ヤフオク 自動入札のやり方

ヤフオクでは入札や出品に関する様々な機能が備え付けられています。

その中でも自動入札は非常に便利な機能ですが、仕様を理解していないと競り負けてしまったり、必要以上にお金を支払って損したりする可能性があります。

そんなヤフオクの自動入札のやり方や入札できない状態についての解決方法などをまとめました。

本サイトには広告が含まれますが、皆さまに役立つ情報を厳選の上掲載しております。

ヤフオクの自動入札とは?

ヤフオクのTOPページ
出典:ヤフオク

ヤフオクの自動入札はデフォルトで設定されており、入札時に上限金額を設定することで、欲しい商品のオークションのページを閲覧していなくても自動で入札できる機能です。

自動で上乗せされる金額は、現在の金額によって以下のように設定されます。

現在の価格入札単位
1円~1,000円未満10円
1,000円~5,000円未満100円
5,000円~1万円未満250円
1万円~5万円未満500円
5万円以上1,000円

仮に上限金額を自分が3,000円に設定し、入札金額が2,000円の時に、他の人が2,500円を入札した場合、「1,000円〜5,000円未満」に当てはまるため、2,600円が自動で入札されます。

ヤフオク自動入札の手順

ヤフオクの自動入札は先に紹介した基準で上乗せされていきますが、他の人も自動入札を設定しているため、実際の落札完了まではもう少し複雑になる場合があります。

自動入札の手順について、状況別で紹介します。

①入札されていない状態での入札手順

入札されていない状態のオークションでは、開始価格を参照して入札を始めます。

  1. 上限金額を設定し、対象オーディションの開始価格以上の入札を行う
  2. 他の人が入札した場合、上乗せした金額が自動入札される
  3. 他の人の入札がある度に、上限金額の範囲内で自動入札が行われる
  4. 終了時に最高入札額だった場合、落札できる

他の人の入札がなかった場合は、1で入札した開始価格以上の金額で落札できます。

②他の入札がある状態での入札手順

他の入札がある状態のオークションでは、最高入札額を参照して入札しますが、他の人の上限金額の設定によっては入札を繰り返す必要があります。

  1. 上限金額を設定した後、閲覧時点での最高入札額より上の金額で入札する
  2. 他の人の上限金額による上乗せか新規の入札があった場合、上乗せした金額が自動入札される
  3. 他の人の自動入札による上乗せや入札がある度に、上限金額の範囲内で自動入札が行われる
  4. 終了時に最高入札額だった場合、落札できる

入札した後に最高入札額になっていない場合は、他の人の自動入札によって最高入札額が引き上げられたことになります。

③即決価格が設定されている場合の入札手順

ヤフオクでは、オークション形式の出品にも即決価格が設定できます。

即決価格以上の金額を入札した場合は、自動入札機能は働きません

一方で、オークション形式であることから入札額は自由に設定できるため、即決価格をよく見ておかないと、余分にお金を支払ってしまう可能性があります。

④最高入札額の変更

ヤフオクでは自動入札が働いていない状態の時、最高入札額の上下限を変更できます。

最高入札額を下げる閲覧時点での現在の価格に入札単位を加えた価格であれば、再入札で金額を下げられる
最高入札額を上げる自由に金額を上げられる即決価格以上になると落札する

上限金額が3,000円かつ1,500円で入札開始して他の入札がない場合、入札単位100円で、1,600円以上2,900円以下の範囲まで上限金額を下げられます。

ヤフオク自動入札の注意点

ヤフオクの自動入札は便利な機能ですが、他の人もデフォルトで自動入札を利用できるため、必ず落札できる機能ではありません。

その点を含めて自動入札の注意点を紹介します。

一度入札した場合は入札者からは取り消せない

ヤフオクでは、オークションに一度入札した場合、入札者の意思では取り消せません。

入札の取り消しは出品者に依頼した上で、許可を貰った場合のみ成立します。

また、入札が取り消しできずに落札した場合、落札の取り消しについても出品者の許可が必須となっています。

最高入札額はいつでも自由に変更できますが、予想よりも多く金額を使ったと後悔しても簡単には取り消せないので、上限を増やす際は慎重に行いましょう。

自動延長機能でオークション終了時間が伸びる可能性がある

ヤフオクでは、オークション終了5分前以内に最高入札額が更新された場合、終了を5分間延長できる自動延長機能を出品者側が設定できます。

そのため、自動入札機能があっても終了5分前の入札状況によっては、最高入札額が更新され、延長分で他の人に落札されてしまう可能性があるのです。

自動延長機能は出品画面で有無が確認できるので、入札前に確認しておきましょう。

仮に自動延長機能ありの場合は、入札状況をメールで通知されるようにしておいて、終了5分前でも対応できるようにしておくのがおすすめです。

吊り上げ行為に巻き込まれる可能性がある

ヤフオクで自動入札が最初から設定されている点を悪用して、利益や悪戯目的から商品を高く買わせようとする吊り上げ行為に巻き込まれる可能性があります。

ヤフオクでは出品者自身が自分の出品に対して入札できません。

しかし、利益を目的とする場合は別のアカウントを用意したり、仲間に協力して貰ったりして、意図的に自動入札を機能させようとします。

  1. 自身の出品に入札があった場合、別のアカウントが入札する
  2. ターゲットの入札者が設定した上限金額になるまで、入札を繰り返す
  3. 上限金額に達すると、出品者が別のアカウントの入札を取り消して、ターゲットのみが入札した状態にする
  4. ターゲットは終了時に上限金額分を支払う

このような意図的に金額を操作することは禁止されていますが、オークション内で普通に競り合っているように見えるため、ヤフオク側も対策が難しい状況です。

一方で、悪戯や腹いせから吊り上げ行為が行われる場合は、落札する気がないにもかかわらず金額を引き上げようとします。

入札は落札する意思を前提に行うように記載されていますが、こちらも入札者の意思を確認するのは困難となっています。

以下の状況に当てはまっている際は、吊り上げ行為の可能性を考慮して慎重に入札しましょう。

  • 出品者の他の出品が極端に少ない(吊り上げ行為で複数のアカウントを動かすため)
  • 同じIDの入札者が繰り返し入札を行っている(上限金額を探っているため)
  • 類似する商品と比較して出品開始時の価格が極端に安い

吊り上げ行為の疑いのある出品や入札者を見つけた場合は、商品ページや個別ページからガイドライン違反を申告しましょう。

ヤフオクで入札できない場合

自動入札を含めてヤフオクで入札できない状態としては、以下の理由が考えられます。

入札できない状態理由解決方法
一度入札を取り消されたオークション該当するオークションで一度でも入札が取り消されると再入札できない出品者が該当するオークションの出品を取り止めて、再出品しない限りは入札できない
出品者による入札制限出品者が一定の評価や承認を受けている人のみが入札できるようにしているまたは、出品者が個人IDをブラックリスト登録している評価や承認が条件の場合は制限の基準を満たすブラックリスト場合は出品者の判断で登録されるため、ヤフオク側では対応できない
年齢制限18歳以上かつ20歳未満の場合、または保護者の同意を得た15歳以上18歳未満の場合は特定のカテゴリで入札できない保護者を介して入札して貰う
不正入札の判定による制限利用環境などの要因からヤフオク側が不正入札と判定する場合があるWi-Fi環境など電波が安定した場所で再度入札するそれでも入札できない場合は専用の状況確認依頼フォームから問い合わせる
利用規約・ガイドライン違反による制限以前の入札や出品から違反となり、アカウントの入札・出品機能が停止される特別な理由がない限り入札は復活しない
入札上限数による制限1つのアカウントで開催中のオークションに入札できる件数は最大3,000件までなので、それを超えると入札できない入札中のオークションが終了して3,000件以下になってから再度入札する
Yahoo!かんたん決済の不備による制限決済方法が何らかの要因で利用制限されているYahoo!かんたん決済のサイトや引き落とし口座に残金があるか確認する
入札個数による制限ストアで販売されている商品の中で個数制限が設けられている場合がある個数制限の範囲内に変更して入札する

利用環境以外は原因を解決しない限り入札できません。

入札者への評価制限と認証制限

入札者評価制限は、総合評価もしくは悪い評価の割合が一定の基準を満たす場合のみ入札できるように制限する機能です。

総合評価による制限評価ポイントが「新規」または「0」以上が入札できる
悪い評価の割合による制限6人以上に評価を受けている場合、「悪い」もしくは「非常に悪い」の割合が20%以上のなると入札制限する評価を受けた人数が6人未満の場合は適用されない

ヤフオクでは、以下の5つの評価から該当するものを落札者が選択します。

  • 非常に良い
  • 良い
  • どちらでもない
  • 悪い
  • 非常に悪い

出品者が「良い」と評価している場合、入札者の「評価一覧ページ」における「評価コメントの一覧」で「良い出品者です」と表示されます。

一方、総合評価では上記の5つの評価を参照して、以下の評価ポイントが計算されていきます。

評価評価ポイント
非常に良い・良い+1
どちらでもない0
悪い・非常に悪い-1

悪い評価の割合については、6人未満だと適用されないため、状況によっては悪い評価が付いていても入札できます。

【評価例】

評価評価数(評価ポイントの合計)
非常に良い・良い2件(+2)
どちらでもない0
悪い・非常に悪い2件(-2)
総合評価0ポイント

上記の評価を受けている人は評価人数が4人以下なので、悪い評価の割合は適用されず、総合評価も0以上を満たすので入札できます。

入札者への認証制限

入札者認証制限は、以下の条件に設定して入札を制限できます。

  • SMS認証済みのYahoo! JAPAN ID
  • Yahoo!プレミアム会員に登録している
  • SMS認証が不要なYahoo! JAPAN ID(Yahoo! BB・PayPayカードなど)
  • 2013年10月6日以前にヤフオクを利用したことがあるYahoo! JAPAN ID

現在のヤフオクでは基本的にSMS認証済みのIDのみ入札・出品できますが、一部のIDでは認証なしでも入札できるように設定可能です。

制限がかかっていて、上記の条件を満たしている場合は、認証を求める表示が出てきます。

年齢制限が適用されるカテゴリ

ヤフオクでは18歳以上20歳未満、もしくは保護者に同意を得た15歳以上18歳未満が入札する場合、以下のカテゴリには入札できません。

18歳以上20歳未満【食品・飲料】
アルコール
15歳以上18歳未満(中学生を除く)【自動車・オートバイ】
中古車/新車、 トラック/ダンプ/建設機械の車体、バスの車体、キャンピングカー(車体)、部品取り車
【花、園芸】
農業機械のコンバイン車体、トラクター車体
【スポーツ・レジャー】
アウトドア品のナイフ
【ホビー・カルチャー】
ミリタリーのトイガン
【食品、飲料】
アルコール
【その他アダルト】
(表示できない)

また、15歳以上18歳未満が利用する場合は、入札・落札について1ヶ月単位で5万円までに制限できます。

入札・落札の制限は入札中と落札後で、利用可能金額の制限が異なります。

以下は、あるオークションに上限3万円で入札した場合の例です。

オークションの状態他のオークションでの利用可能金額
オークションに入札中2万円(5万円-3万円)
オークション終了時に2万円で落札できた場合3万円(5万円-2万円)
オークション終了時に落札できなかった場合5万円

仮に月をまたいで落札した場合、落札が確定した月の利用可能金額から落札した金額が引かれます。

ヤフオクで落札完了後の流れ

ヤフオクで落札者となった後は落札者側から手続きを開始する必要があります。

落札完了後の流れについて、配送料の支払いを含めて紹介します。

出品者とのやり取り

ヤフオクで商品を落札した後は、「取引ナビ」に従って商品代金や送料に関する手続きを進めていきます。

以下は落札者側の視点で見た落札された後の流れです。

  1. 商品の落札者となった場合、「マイ・オークション」の「落札分」から落札完了後の商品を選択する
  2. オークション終了と落札しているメッセージが表示されるので、その下の「取引ナビ」を選択する
  3. 落札者の情報や届ける方法、支払い方法など必要な情報を入力する
  4. 入力した情報を確認して決定を選択すると、3の情報が出品者に送られる
  5. 送料について落札後に連絡される場合は、支払い前に出品者側から連絡が入る
  6. 出品者側の手続き完了後、自分が指定した方法で料金を支払う
  7. 出品者側から商品が発送され、取引ナビに発送連絡が表示される
  8. 商品が到着して問題がないか確認した後、取引ナビで「受け取り連絡」を選択する
  9. 出品者の対応に評価を付けて取引完了

情報入力については、IDの情報や以前の取引で記載していた場合は、その情報が反映されます。

仮に到着した際に商品の間違いや破損があった時、取引ナビで「受け取り連絡」をしてしまうと、ヤフオク側の対応が困難になります。

商品の到着時には必ず一度開封して中身を確認してから、取引ナビでの手続きを進めましょう。

一方で、落札者側が取引ナビの開始や受け取り連絡をしないと、出品者側の取引はいつまでたっても完了しません

対応が遅くなり過ぎると出品者がヤフオクに連絡する可能性があるので、落札後及び商品到着後は早めの対応を心がけましょう。

落札者が配送料を支払う場合

ヤフオクにおける商品の送料は、落札者側が支払う設定になっている場合があり、落札した金額に加えて配送サービスごとの基準で配送料を支払う必要があります。

配送サービスは車などの一部のカテゴリを除いてヤマト運輸か日本郵政が対応するようになっています。

以下は、ヤマト運輸と日本郵政における落札者側が負担する送料です。

ヤマト運輸ネコポス:全国一律210円
宅急便コンパクト:450円~984円
宅急便(EAZY):750円~5,668円
日本郵政ゆうパケット:全国一律210円
ゆうパケットポスト:全国一律210円
ゆうパック:750円~2,830円

小さい箱の場合は全国一律の送料になりますが、大きい箱になると落札者側では配送距離によって送料が変動します。

送料無料の場合は、商品名に続いて表示されているので、配送料の負担が気になる人は確認しておきましょう。

まとめ

ヤフオクでは自動入札がデフォルトで設定されているため、入札時には上乗せする上限金額と現在の価格に対する入札額を決める必要があります。

ただし、他の入札者も自動入札を設定しているため、他の上限金額の方が高い場合は自動入札を繰り返した後にそちらが最高入札額になってしまいます。

上限金額を上げる場合は自由に変更できるので、一度入札して競り負けてしまった場合は、追加の入札を検討しましょう。

一方で、自動入札が働いていない状態の場合は上限金額を下げられますが、現在の価格以下にはできないため、最初から多額の入札をするのはおすすめできません。

場合によっては自動入札を悪用した吊り上げ行為に巻き込まれる可能性もあるため、使用予定の資金に対して余裕のある入札を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました