[PR]【旨味たっぷり!】ダイナースクラブ ビジネスカードについて解説します!

こんにちは!
カナちゃんです。

皆様は「ビジネスカード」を持っていますか?

物販の規模を大きくしていくと、「個人事業主」「フリーランス」となっていき、最終的に人を雇いだすと「会社」となります。
そして、規模が大きくなるにつれてどんどん管理が大変になるのが「お金」です。

その大変さを少しでも緩和するために、

「ビジネスカード」は絶対に1枚以上持っておくべき!\_(・ω・)ココ重要!

とカナちゃんは《声を大にして》オークファンユーザーの皆様にオススメしています。

中でも、只今絶賛タイアップキャンペーン中の「ダイナースクラブ ビジネスカード」はオトクがいっぱい!

 

 

いったいどんなオトクがあるのか、ワクワクしながらこちらの記事を読んでいただけますと幸いです。‹( ´ω`)›~♪

そもそもダイナースクラブカードって?

「ダイナースクラブカード」は、日本で最初のクレジットカードです。
1961年から発行を開始し、2020年12月には60周年を迎えました。

5大国際カードブランドの一角に名を連ね、企業の役員、医師や弁護士といった国家資格を有する方などに愛されながら「ハイステータスカード」として確固たるポジションを確立しています。

他のブランドとは違い、カードの名前に「ゴールド」とも「プラチナ」とも謳っていないのは、
そのブランド力に自信があるからこそです。

【オークファンxダイナースクラブ】タイアップ特設ページはこちら

「5大国際カードブランド」とは、世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのこと。Diners Clubの他にはVisa、Mastercard、American Express、JCBがあります。最近では、この5社に銀聯とDiscoverの2社を加えて「7大国際カードブランド」とも呼ばれています。

ダイナースクラブ ビジネスカードがオススメなワケ

あなたはクレジットカードを選ぶときは何に注目して選びますか?

個人カードの場合はもっぱら「ポイント」ですよね!

では、「法人カード」ならどうでしょう?

答えは

  1. 年会費と優待内容
  2. ブランド力
  3. キャッシュフロー

の3点です!

ポイント1:年会費と優待内容

「法人カード」ってものは基本的には年会費がかかります

この年会費ですが、実は安ければいいってものじゃないんです。

年会費が高いほど優待内容はいいものになる傾向にあります。

安い年会費のものに関してはほとんど優待はないに等しいことが多く、
何かあった時の保険くらいが関の山。

年会費が上がれば上がるほど、食事、旅行etc…の優待はいいものになります。

どうせ払うなら、有効活用できて、実質的にペイ出来るものの方がいいですよね?

ということで「年会費と優待内容」は是非よく見てみてくださいね!

ポイント2:ブランド力

ビジネスをしていると、個人事業主であったり、会社の規模が小さいということだけで、
なかなか取引先に信用してもらえない、という事が起こりえます。

そこで役立つのが「ブランド力」です。

ステータスの高さが評価されているクレジットカードを利用することで、
取引先からの印象が変わるということも。

なかなか現金な考え方ですが、そういったことはほんとにあります。
「ブランド力」があるカードかどうか、社会的なそのカードへの印象などは
調べておいた方がいいかもしれませんよ?

ポイント3:キャッシュフロー

支払サイクルが乱れてしまうのはビジネスを行う上で最も最悪な状態です。

その乱れを起こさないために、利用から支払いまで一定期間の猶予を保つことができるクレジットカードの導入が大切になってきます。

経費支払いを法人カードに一本化できれば、経費精算に必要だった小口現金も必要ありません。

毎月決まった日に支払いをするとなると、資金計画も立てやすくなります。

ビジネスチャンスを逃さないためにも、キャッシュフローを意識した「法人カード」作りをするといいでしょう!

そして上記三点について、カナちゃんが胸を張ってオススメするのが今回タイアップ中の「ダイナースクラブ ビジネスカード」です。

上記3点ばっちりそろってますよ!

【オークファンxダイナースクラブ】タイアップ特設ページはこちら

ビジネスカードを持つ3つのメリット

ビジネスカードは敷居が高く感じる…
別にビジネスカードじゃなくてもよくね?

という方もいらっしゃるかもしれません。
まぁ、メリットを知らなければそう思ってしまうのも無理はありません。
ビジネスカードだからこそのメリットを知れば、あなたもきっと欲しくなるはずです。
ビジネスカードを持つメリットを3つほどかいつまんでご紹介させていただきます!

メリット1:経費精算時に支出がまとめやすくなる

現金

事業の支払いにビジネスカードを使うことで、経費精算時に支出がまとめやすくなります!

例えば、出張旅費・接待費などの事業関連の支払いをビジネスカードで一本化すれば、従業員による仮払いや立替払いの必要がなくなりますし、個人事業主の場合であっても、業務上の出費をまとめることができます。 (・∀・)イイネ!

ビジネスカードで経費の決済を行うことで、毎月の経費を明細書でまとめて確認できるようになり、そのまま会計ソフトに取り込めるため、経費の計上漏れをなくせます。
また、タイアップ中の「ダイナースクラブ ビジネスカード」には会計ソフト「freee」の優待がついているためオトクに出納管理がしやすくなります。

メリット2:経費削減になる

ビジネスカードをうまく活用すれば、経費削減につながります。

オフィス用品や公共料金といった経費の支払いをビジネスカードに一本化すれば、指定口座からまとめて自動引き落としされるため、振込手数料の削減になります。

また、個人向けクレジットカードと同じように、ビジネスカードにもポイント還元があります。

水道光熱費などの公共料金や通信費などの固定費でポイント還元が受けられますし、事務用品などの備品・設備費や出張費といった高額の支払いが継続的にある場合も、それに応じたポイントを得ることができます。

獲得したポイントをオフィス用品などの消耗品と交換したり、支払いに充当すれば、経費の節約ができちゃいます! (・♢・)オトク!

タイアップ中の「ダイナースクラブ ビジネスカード」であれば、100円につき1ポイント獲得できます。
ポイントに有効期限はなく、たまったポイントは10,000ポイント以上から100ポイント=30円単位で支払いに充当が可能です。
※利用の加盟店によっては、ポイントが加算されない場合、または換算方法が100円につき1ポイントではない場合があります。

メリット3:ビジネス向け付帯サービスを受けられる

ビジネスカードには、ビジネスシーンで役立つさまざまな付帯サービスがあります。

今回タイアップ中の「ダイナースクラブ ビジネスカード」はココがスゴいんです!

2名以上で所定のコース1名分が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」
一見様お断りの高級料亭予約代行サービス「料亭プラン」
電話一本で国内外の旅行予約ができる高品質な「トラベルデスク」

などなど、便利でオトクな優待がたくさんついています。

【オークファンxダイナースクラブ】タイアップ特設ページはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在タイアップ中の「ダイナースクラブ ビジネスカード」は

物販を本業として行っている方はもちろん、今はまだ副業で今後独立したいと思っている方や、別に事業を行っている方にも非常にメリットのあるカードだと思いませんか?

8月11日までに特設ページよりお申込みいただければ、オークファンユーザー限定の選べる特典が付いてきます。

この機会に是非お申込みしてみてください!

それではまた別の記事で!ほなまた(´ω`)ノ

【オークファンxダイナースクラブ】タイアップ特設ページはこちら

おまけ:ダイナースクラブ ビジネスカードの審査基準について

ちなみにですが、みなさま。
ダイナースクラブの入会基準ってご存じですか?

あくまでカナちゃん調べではありますが、参考にして頂ければと思います!

  • 年齢は27歳以上が目安になっているようです。但し、安定した収入があれば年齢26歳以下でもチャレンジは可能のようです。
  • 因みに収入は、首都圏のサラリーマンの平均年収額程度が目安と思われます。
  • なお、カード申込ですので、他のお取引でお支払いなどに問題がある場合は、
    審査は厳しいと思われます…(´・ω・`)

こちら参考にしていただいて、お申込みいただければと思います!

タイトルとURLをコピーしました