ゲーセンだけじゃない!音ゲーはオークション界にも進出していた!?

音楽ゲーム、通称「音ゲー」。弐寺、ユビート、リフレク等は根強いファンが多いですよね。
これらはいずれも大きな躯体で、ゲームセンターなどの施設でしか遊べないイメージが強くないですか?

でもちょっと待って下さい!実はそんなことないのです!

ということで、さっそくオークションを覗いてみましょう。

オークションではこんなものも

 

基盤セット

5鍵beatmania 基盤+ROM+I/O類一式セット
ユビート jubeat prop 基板セット

コントローラー

ビートマニアIIDX 専用コントローラー 匠コン 2P側 beatmania
beatmania(ビートマニア) IIDXコントローラー 匠コンDP

その他関連グッズ

maimai/マイマイ 公式限定配布 スマホ用手袋 ゲーム用手袋 新品

激しいプレイになると手を痛めてしまったり爪が割れたりすることがあるので、上級者になるとケガ防止や摩擦を減らすため手袋をつけてプレイする人もいるのです。セガもそれを分かっての心遣い、すごい……。

GROOVE COASTER グルーヴコースター3 アーケードポスターB1
セガ「maimai ORANGE PLUS 」 DVDROM3枚+ドングル1個
beatmania IIDX23 copula 限定 オリジナル e-AMUSEMENT PASS

こちらはbeatmaniaのオリジナルAMUSEMENT PASS。20万円て…!!

きょ、筐体…!?

KONAMI コナミ BeatmaniaIIDX ビートマニア2DX 18 筐体 中古2495
■■コナミ■beatmaniaⅡDX17 SIRIUS■筐体■■
ユビート 筐体本体
●○太鼓の達人5 ナムコ製品 音ゲー○●

何回でも遊べるドン!

可能性は無限大? 多種多様な音楽ゲーム

音楽ゲーム(通称「音ゲー」)が好き!っていう人は結構多いと思います。何を隠そう、僕もその一人なのです。

ちょっと玄人向けという印象のある音ゲーですが、初心者でも十分楽しめるゲームがたくさんあります!
もちろん自分のリズム感を試したいという人にも、昔みたいな音ゲーに飽きちゃったという人にも、自分に合う音ゲーがきっと見つかります!
軽くご紹介しますね!

jubeat

スクリーンショット 2016-08-23 22.00.12

(画像は旧作のもの)

こちらはコナミの音ゲー、その名もjubeat(ユビート)。ゲームセンターで見たことある人が多いのではないでしょうか。

4×4箇所のパネルを音楽に合わせてタッチするという一見難しそうなゲームですが、実は音楽ゲームの中では初心者も楽しみやすいゲームとして有名なのです。

パネルをはじくプレイスタイルがとってもスタイリッシュですね!
音ゲーをやったことのない人にもjubeatはおすすめです。簡単なレベルも用意されていますので、ぜひトライしてみましょう!

公式サイトはこちらからどうぞ。

beatmania IIDX

game_start11-horz

続きまして、これまたコナミの音楽ゲーム、beatmania IIDXです。

ビートマニアシリーズは非常に長い人気を誇り、20年弱もの歴史を紡いできました。
特にこのIIDXシリーズ(通称「弐寺」)はファンも苦戦するほど難曲が多いことで有名。

筐体には7つの鍵盤と大きなターンテーブルが。さながらDJプレイをするような感じで遊ぶことができます。
画面の上から降ってくるノーツ(音符)に合わせて鍵盤を叩くという非常にシンプルな遊び方ですが、それだけに奥が深い……!

公式サイトはこちらから。

maimai

スクリーンショット 2016-08-23 23.06.59

な、なんだこのゲームは……!
まるでドラム式洗濯機のような見た目をしたこのゲームmaimaiは、2012年にセガから発売された比較的新しい音ゲーです。

なんとこのゲーム、真ん中から出てくるノーツが円形の画面のあちこちに飛んできます。
これはなかなかたいへん、だけどクセになりますよ!

アニメやボーカロイドなどの曲が多く収録されているのも特徴のひとつ。
1つの筐体に2つの画面がついているので、友達や恋人と一緒にプレイすると盛り上がること間違いなしです!

詳しくは公式サイトをご覧ください。

ノスタルジア

644792

こちらはコナミが発表した新作音楽ゲーム「ノスタルジア」。
稼働時期は未定ですが、ファンたちの間でも大きな話題になっています。

まず目を引くのがこの美しいデザイン! なんとも優雅な筐体に、ピアノのような細かいたくさんの鍵盤がついています。なんとタッチの強さによって音量も変わるのだとか。

2016年2月に行われた「ジャパンアミューズメントエキスポ2016」(JAEPO2016)のコナミブースで発表された際は「エリーゼのために」「ピアノ協奏曲第1番”蠍火”」といったピアノが主体の曲が収録されていました。ノスタルジア、今後の展開に期待ですね……!

グルーヴコースター

kyoutai01

30~40年前に世界中で大人気だったスペースインベーダー。昔よく遊んだなあという方もいらっしゃるかもしれません。
そのインベーダーを作った会社TAITOがなんと音ゲーをつくりました。それがこちら、グルーヴコースターです!

なんと初出はスマホアプリ! 2011年にスマホで遊べる音ゲーとしてアプリが配信され、その後アーケード版も稼働しました。

このゲームの特徴は、なんといってもこのゲーム画面。普通ノーツが流れてくる方向は一定なのですが、グルーヴコースター(通称「グルコス」)ではどこからノーツが来るかは曲によって全然違います。
まさにジェットコースターのように色々なコースをアバター(自分のキャラクター)が動いていき、それに合わせて演奏する、という新感覚のプレイスタイルなのです!

どうしてこんなに熱く語っているかというと、僕のイチバンのお気に入りの音ゲーだからです(笑)

グルコスは音楽そのもののファンが多く、サウンドトラックも発売され非常に人気です。
また、ほかの音ゲーと比べて叩く場所が圧倒的に少ない(左右のボタン2つだけ!) という点や、東方projectとのコラボが非常に盛んというのも特徴です。
音ゲー初心者でも存分に楽しめるゲームだと思います。

公式サイトはこちら

おわりに

今回は色々な音ゲーについて紹介してみました。

音ゲーとひとくちに言っても色々な種類があります。今回紹介したものもほんの一部です。
時代が進むにつれてどんどんと新しい音ゲーが登場します。これからどんな新作が出るのだろうと、ワクワクが止まりません!

みなさんもこれを機に、ゲームセンターなどで音楽ゲームをプレイしてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター
しゅが

西の方のとある理系大学生。音楽(ロック・ジャズ・音ゲー・アニソン)が好き。
ワクワクさせられるような記事、書きます!
最近の口癖は「そればっちゃも言ってた」。

しゅがをフォローする
商品の価値
aucfan times
タイトルとURLをコピーしました