せどりを外注化するメリットとは?始めるタイミングと方法

せどりで安定した利益が増えると、利益に繋がらない作業に時間を取られることも増えてきます。せどりが忙しくなったなら「外注化」するのがおすすめです。

生産性がない作業を外注化することで、多くのメリットがあります。本記事では外注化するタイミングや方法についてご紹介します。外注化に興味のある人はぜひ参考にしていただけると幸いです。

せどりを外注化するメリット・デメリット

梱包や発送など今まで費やしていた時間を外注することには大きなメリットがあります。また気になるデメリットにはどのようなものがあるのかも見ていきましょう。

メリット

せどりを外注化する大きなメリットは、時間が増えることです。
利益に直接繋がらない作業を外注化することで、リサーチや仕入れなど他の有益な作業を増やすことができるため、売り上げアップにも繋がり、せどりの規模を大きくすることも可能でしょう。

デメリット

デメリットは外注化することで費用が発生することです。しかし外注化をすることで売り上げも上がり、支払う賃金は経費に計上できるため、大きなデメリットには繋がりにくいといえるでしょう。

もしも専門の業者ではなく人を直接雇うなどした場合は、ある程度の教育の時間も必要です。しかしこれも考え方次第になりますが、マネジメントスキルを伸ばす一貫であると思えば大きなデメリットにはならないでしょう。

せどりで外注化できる作業

  • 商品リサーチ
  • 仕入れ
  • 出品作業
  • 梱包・発送

結論からいえば、全ての作業を外注化することが可能です。しかし、最初から全部を作業を任せるのは不安という人もいるでしょう。

外注化する場合は相手との信頼性も大切です。個人に依頼をする際は、業務を始めてみないとわからないこともあります。まずは梱包や発送などの外注化から始めて、様子をみるのもよいでしょう。

外注化するタイミング

毎月安定的な利益を出せるようになってきたら、外注化のタイミングといえます。梱包や発送などの、生産性の低い作業から外注化にしていくことを考えましょう。利益が増え出すと、商品も増えてくるため、1人では手が回らなくなります。

また、外注化するということは、業務の一部を引き継がなければなりません。相手にちゃんと教えることができなければ、業務を円滑に回すことはできないため、外注化の際の準備や、環境はしっかり整えておくことが大切です。

外注化する方法

外注化の方法には、下記3つの方法があります。

  • 外注化は専門の業者に頼む
  • クラウドソーシングを利用する
  • 知り合いに頼む

代行会社に頼む

専門の業者はスキルも高度のため、それなりに費用もかかります。専門スキルの高い業者であれば、安心感も高いでしょう。

会社によってサービス内容や利用料金も異なるため、自分がどの作業を任せたいのかを明確にする必要があります。

せどロジ

Amazonへの出品や、FBAへの配送などを行ってくれる代行会社です。
検品、クリーニングから梱包までFBA出品に必要な作業を行います。電脳せどりで仕入れた商品を直接、せどロジの倉庫へ直送することもできるため、自宅に在庫を保管知る場所がない人も大量仕入れが可能になるためおすすめです。

「せどロジ」で確認する

KUGE出品代行センター

仕入れ品をFBAへ納品するための出品作業を代行する会社です。
中古家電からヘルスケア商品など取り扱う商品の種類も豊富なため、Amazonで販売する人には特におすすめです。納品基準に合わせた4つのプランがあります。必要なプランをオプションで追加していくので、使わないサービスが料金に含まれることもありません。

「KUGE出品代行センター」で確認する

オープンロジ

オープンロジはシンプルで使いやすく、商品の保管からギフトラッピングを含む梱包に発送、そして在庫管理などを行う配送代行会社です
パソコンだけではなくスマートフォンからでも業務が行える手軽さも魅力。初期費用も掛からず、利用した分だけの負担で済み、商品1点からでも対応できるため、低コストで外注化を始めたい人にもおすすめです。

「オープンロジ」で確認する

クラウドソーシング

さまざまなスキルを持つ人材が集まるクラウドソーシングで募集をする方法もおすすめです。
クラウドソーシングを利用するメリットは、費用を抑えて外注を依頼できることができます。商品のリサーチや納品、梱包作業の他にも、ブログやSNSを使った集客など、簡単な作業の外注化におすすめです。

クラウドワークス

クラウドワークスでの応募数は圧倒的に多く、初心者からプロまでさまざまな人が集まります
長期で依頼するプロジェクト形式やタスク形式などは、分けて募集をかけることもできるため、状況に合わせた依頼をすることが可能です。

「クラウドワークス」で確認する

ランサーズ

ランサーズは、発注相談などのサポート機能が充実しており、初めて外注を依頼する場合でも丁寧にサポートしてくれます。登録者のスキルも一覧で確認ができ、こちらから直接依頼もしやすいです。

「ランサーズ」で確認する

シュフティ

シュフティは自分のペースで、スキマ時間などを利用して働きたい方に人気のクラウドサービスです。
初心者も多いため低単価でも募集は集まりやすいでしょう。特に女性の登録者が多いため、細やかな作業を求めている人にはおすすめです。

「シュフティ」で確認する

知り合いに頼む

知り合いに頼む方法は一番手軽な方法になるでしょう。たとえ知り合いの人がせどり未経験だった場合でも、意思疎通もしやすいため仕事もやりやすいなどのメリットもあります。しかし、知り合いだからこそミスを指摘しづらかったり、面倒な作業を頼みづらかったりなど気を遣うことも人によってはあるかもしれません。

適度な距離感を保ちつつ、仕事とプライベートのメリハリをしっかり分けることを常に意識しておく方がよいでしょう。知り合いだからと安易に依頼をせず、スキル以外にも人柄重視で選ぶなど、人選については慎重におこなう方がトラブルも避けることができます。

個人に外注する場合の手数料はどれくらいに設定するか

外注化をすることで気になるのが、依頼費用です。知り合いであればバイト料を支払います。しかしクラウドソーシングの場合は、サービスで異なりますが、登録費用やシステム手数料などの手数料が発生する場合もあります。そのため、手数料の分を考慮して依頼費用を設定することが大切です。

クラウドソーシングの場合、顔の見えない取引のため実際のスキルは作業を始めてみないとわからない部分でもあります。出来高制を取り入れるなどの工夫をしながら、費用対効果もしっかり考慮して外注化を進めていきましょう。

個人に外注するならマニュアル化も必要

専門業者はノウハウはありますが、クラウドソーシングや、個人に外注を頼むのであればマニュアル化は必須です。マニュアルを作っておけば何度も教えずに済み、誰が作業をしてもクオリティが大きく崩れることもありません。

また、外注化するということは、相手を信頼して仕事を任せないといけません。しかし今までやってきたノウハウを真似されたり、梱包作業で商品を盗まれるリスクを心配される人も多いでしょう。
もし心配な場合は、マニュアルと一緒に契約書に禁止行為追加しておくとでリスク回避になります。全ての作業が外注で頼むことも可能ですが、利益になる大事な作業に関してはなるべく自分でやる方がトラブルに繋がることはないでしょう。

せどりの外注化して利益を上げよう

せどりを外注化することで負担が減り、生産性の高い作業に時間を使えるなどメリットも多いです。最初のうちは時間や手間もかかることも多いですが、軌道に乗ってしまえば売り上げアップのために時間を有意義に使うことができます。そのためには人材の募集方法やマニュアル化など、外注化に向けての準備も必要になってきます。

おすすめなのが、セミナーへの参加です。自分に最適な外注化の方法について、せどりのプロが直接アドバイスしてくれます。外注化をしたいが、どこから始めてよいかわからない人や、効率的に外注化を進めて売り上げを伸ばしたい人には特におすすめの内容ばかりです。

タイトルとURLをコピーしました