AliExpress中国輸入代行おすすめ業者|利用するメリットと選び方を解説

AliExpress 中国輸入代行 おすすめ業者 利用するメリットと選び方

「中国輸入をする上で、どの代行業者が信頼できるのか分からない」

今回は、そんな悩みを解決します。

この記事を読めば、中国輸入の代行サービスを利用する際の注意点やおすすめの業者を知ることができ、安心して購入を楽しめます。

最後まで読んで、あなたに最適な代行業者を見つけましょう。

📢 お得なセール・クーポンが盛り沢山!AliExpressのお得情報

AliExpress

出典:AliExpress(アリエク)

  • 内容
    • 初回割引
    • 67%OFFなどお得セール

本サイトには広告が含まれますが、皆さまに役立つ情報を厳選の上掲載しております。

AliExpress(アリエクスプレス)とは?

AliExpress(アリエクスプレス)は、中国大手企業アリババグループが運営するオンラインショッピングサイトです。

世界中の消費者に向けて様々な商品を提供しており、特に低価格で購入できるという点で人気があります。

中国大手企業アリババ運営のECサイト

アリババグループは、1999年にジャック・マーによって設立され、中国の代表的なインターネット企業の1つです。

AliExpressは、2010年に開設され、現在では世界中の消費者が利用しています。

運営会社中国企業のアリババ
サイト開設年2010年
概要世界中の消費者向けに、
様々な商品を提供する
オンラインショッピングサイト

様々な商品が低価格で購入できる

AliExpressは、多岐にわたる商品を取り揃えています。

例えば、ファッション、家電、アクセサリー、スポーツ用品、家庭用品など、ほぼ全てのジャンルの商品が揃い踏みです。

これらの商品は非常に低価格で提供されているため、多くの消費者にとって魅力的なショッピングサイトとなっています。

AliExpressが注目され始めたのは、サイト開設後まもない2010年代初頭からです。

特に、若い世代のユーザーを中心に人気が高まり、現在では幅広い年齢層に利用されています。

最近の動向としては、ファッションアイテムやガジェットなどが人気で、学生、若者、主婦の方まで、幅広いユーザー層に支持されています。

しかし、海外からの商品購入においては注意点もあります。

現在、「AliExpressで購入した商品にトコジラミが混入していた」という口コミは報告されていませんが、「ほかの海外サイトで取り寄せた衣類から、トコジラミが発見された」というトラブルが話題になっていますので、注意が必要です。

サイトが日本語に対応しているので便利

AliExpressは日本語に対応しているため、多くの日本人にとって非常に便利なショッピングサイトです。

以下では、その利便性について詳しく解説します。

タオバオや1688.comは日本語に対応していない

タオバオや1688.comも中国の大手通販サイトですが、これらのサイトは日本語に対応していません。

これにより、以下のような問題が発生することがあります。

  • 言語の壁:中国語が分からない場合、商品検索や購入手続きが難しくなります。
  • トラブル対応:購入後のトラブルや返品・交換手続きにおいて、中国語でのコミュニケーションが必要です。
  • 商品説明の理解:商品の詳細説明が理解できないため、購入に不安が生じることがあります。

これに対して、AliExpressは日本語に対応しており、以下のような利点があります。

  • 操作が簡単:日本語で商品検索や購入手続きができるため、操作が非常に簡単です。
  • 安心のサポート:日本語でのカスタマーサポートが利用できるため、トラブル時にも安心です。
  • 詳細な商品情報:商品説明が日本語で提供されるため、商品選びがスムーズに行えます。

アリババグループのECサイトとは?日本語対応はどうなっている?

アリババグループは、中国を代表するEC企業であり、複数のECサイトを運営しています。

以下に、代表的なECサイトと、それらが日本語に対応しているかどうかをまとめました。

  • アリババ(Alibaba.com):主にB2B向けのプラットフォームで、日本語に対応していません。
  • タオバオ(Taobao):中国国内向けのC2Cマーケットプレイスで、日本語に対応していません。
  • 1688.com:中国国内のB2B向けプラットフォームで、日本語に対応していません。
  • AliExpress:世界中の消費者向けのB2Cプラットフォームで、日本語に対応しています。

このように、アリババグループの中でもAliExpressは特に日本人利用者にとって使いやすいサイトとなっています。

ほかのサイトが中国語のみの対応である中、日本語対応がいかに大きな利点であるかがわかります。

以上のように、AliExpressは日本語に対応しているため、初めて中国の通販サイトを利用する方や中国語が苦手な方にとって非常に使いやすいサイトです。

これから中国の製品を購入したいと考えている方には、特におすすめです。

中国輸入代行サービスとは?

中国輸入代行サービスは、中国の通販サイトでの買い物をサポートするサービスです。

これにより、日本にいながら簡単に中国の商品を購入できます。

ここでは、中国輸入代行サービスの概要と具体的な利用方法について解説します。

中国の通販サイトでの買い物を代行できるサービス

中国には多くのECサイトがあり、様々な商品が手頃な価格で販売されています。

以下は、代表的な中国の通販サイトです。

  • JD.com(京東商城)
    :家電や電子機器を中心に、幅広い商品を取り扱う大手通販サイト。
     多くの商品が迅速に配送されるのが特徴です。
  • Pinduoduo(拼多多)
    :団体購入を推奨するユニークなECサイト。
     低価格での商品提供が魅力です。
  • Suning.com(蘇寧易購)
    :家電や日用品を扱う大手通販サイト。
     自社配送ネットワークを持ち、迅速な配送が特徴です。
  • Dangdang.com(当当网)
    :本や文具、生活雑貨を中心に取り扱う通販サイト。
     文化・教育関連の商品が充実しています。
  • Vipshop(唯品会)
    :ブランド品のタイムセールを中心に扱うサイト。
     ファッションアイテムが豊富です。

どんな人に利用されている?

中国輸入代行サービスは、多くの人々にとって便利で役立つサービスです。

特に以下のような方々がよく利用しています。

個人利用目的の方

個人利用の方々が中国輸入代行サービスを利用する主な理由は、以下のようなものです。

  • 日本の銀行振込に対応している代行業者を使いたい
    :中国の通販サイトは、基本的に中国国内で使われている支払い方法を使用することが多いですが、代行業者を通じて、日本の銀行からの振込が可能になります。
  • トラブル時に対応してほしい
    :言語の壁や文化の違いから、購入後のトラブルが発生することがあります。
     代行業者は、日本語でのサポートを提供し、トラブル解決を手助けしてくれます。
  • 商品検索や購入手続きの簡略化
    :中国語が分からない方にとって、通販サイトの利用は非常に困難です。
     代行業者は、商品検索から購入手続きまでをサポートし、スムーズに商品を購入できるようにします。

実際の例として、趣味で手工芸品を作っている方が、中国の通販サイトで安価な材料を購入するために代行業者を利用しています。

日本では高価な材料も、中国から直接購入することでコストを大幅に削減できています。

ビジネスとしてご利用の方

ビジネス目的で中国輸入代行サービスを利用する方々には、以下のような理由があります。

  • 検品してほしい
    :ビジネスでは、品質管理が非常に重要です。
     代行業者は、商品の検品を行い、不良品が含まれていないか確認してくれます。
     これにより、品質の高い商品を安心して仕入れができます。
  • 業者との交渉の間に入ってほしい
    :ビジネス取引では、価格交渉や納期の調整が必要になることがあります。
     代行業者は、中国語での交渉を代行し、よりよい条件で取引を進めるサポートをしてくれます。
  • 大量購入や特注品の手配
    :大量に商品を購入したり、特注品を依頼する場合、代行業者は必要な手続きをスムーズに進めてくれます。
  • 物流と通関の手続きサポート
    :輸入に伴う物流手配や通関手続きは、ビジネスにとって大きな手間です。
     代行業者はこれらの手続きを代行し、スムーズな輸入を実現します。

具体例として、ネットショップを運営している方が、代行業者を通じて中国から人気のガジェットを大量に仕入れ、検品を経て販売しています。

代行業者を利用することで、スムーズな仕入れと高品質な商品提供が可能となり、ビジネスの成功につながっています。

中国輸入代行サービスは、個人利用の方からビジネス利用の方まで、多くのニーズに応えます。

それぞれの目的に応じたサポートを提供することで、輸入手続きを簡略化し、安心して中国の商品を手に入れられるでしょう。

中国輸入代行業者に依頼するメリットとは

中国輸入代行業者を利用することで、多くのメリットがあります。

ここでは、その中でも特に重要なポイントについて詳しく解説します。

代行業者は輸入規制品などの知識が豊富

輸入規制品とは、輸入に際して特定の規制や手続きを必要とする商品です。

これらには、以下のようなものがあります。

  • 食品:食品は衛生面での規制が厳しく、輸入には検査や証明書が必要です。
  • 医薬品・化粧品:これらの商品も安全性の確認が必要で、輸入時には特別な手続きが求められます。
  • 動植物:動植物やその製品には、生態系への影響を防ぐための規制が適用されます。

代行業者は、これらの規制についての知識が豊富であり、必要な手続きをスムーズに進められます。

例えば、食品を輸入する際には、代行業者が必要な検査や証明書の取得を代行し、安全に輸入できるようサポートします。

これにより、個人で行う場合に比べて、手続きの煩雑さやトラブルを大幅に減らせます。

支払いを代行してもらえる

中国の通販サイトでの購入では、通常、中国国内で普及している支払い方法が使用されます。

しかし、これらの支払い方法に対応していない場合や、支払い手続きが複雑な場合があります。

代行業者を利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 多様な支払い方法に対応
    :代行業者は、多くの支払い方法に対応しており、日本の銀行からの振込やクレジットカード、PayPalなどを利用することができます。
  • 支払い手続きの簡略化
    :代行業者が支払い手続きを代行するため、利用者は複雑な手続きに悩むことなく、簡単に購入を進めることができます。
  • 安全な取引
    :代行業者を通じた支払いは、セキュリティが高く、安全な取引が保証されます。

AliExpress(アリエクスプレス)で使える支払方法

  • クレジットカード(Visa / Mastercard / JCB / American Express / Diners Club / Maestro / Discover)
  • 電信送金(海外送金)
  • ウェブマネー
  • ウエスタンユニオン
  • コンビニ決済(ファミリーマートのみ)
  • PayPal(ペイパル)

日本の銀行口座で支払いができる代行業者もある

代行業者の中には、日本の銀行口座から直接支払いができるサービスを提供しているところもあります。

これにより、以下のようなメリットがあります。

  • 日本円での支払い:為替手数料や為替リスクを気にすることなく、日本円での支払いが可能です。
  • スムーズな手続き:日本の銀行口座からの振込は、簡単で手続きがスムーズに行えます。
  • 信頼性の向上:日本国内の金融機関を利用することで、安心して取引ができます。

日本に発送する前に商品を検品してくれる

中国輸入代行業者を利用する最大のメリットの1つは、日本に発送する前に商品を検品してくれることです。

これにより、購入者は商品の品質に安心して購入できます。

検品段階で不良品を返品してもらえる

輸入した商品が不良品だった場合、そのままでは日本に到着してから返品手続きが必要になります。

しかし、代行業者が検品を行うことで、不良品を事前に発見し、返品や交換手続きを代行してくれます。

これにより、次のようなメリットがあります。

  • 時間と手間の節約
    :日本に到着してから不良品を発見する手間や返品手続きの時間を大幅に節約できます。
  • コスト削減
    :不良品の返品には送料がかかる場合がありますが、代行業者が現地で対応することで追加コストを削減できます。
  • 品質保証
    :検品を通じて商品の品質が確認されるため、安心して商品を受け取ることができます。

例えば、電子機器を輸入する際に、代行業者が動作確認を行います。

その際に、動かない商品があれば、返品手続きをしてくれるため、購入者は安心して商品を受け取れます。

AliExpress(アリエクスプレス)で不良品が多いジャンル

AliExpressで購入する際、不良品が多いジャンルについても理解しておくと役立ちます。

以下のようなジャンルでは、不良品や品質のばらつきが多いとされています。

  • 電子機器:特に低価格帯の電子機器は品質にばらつきがあり、不良品が含まれることが多いです。
  • 衣類:サイズや素材の品質に問題があることが多く、実際の商品が写真と異なる場合があります。
  • アクセサリー:細かい部品が多いため、破損や欠品が発生しやすいです。

これらのジャンルの商品を購入する際には、代行業者の検品サービスを利用することで、不良品を避けられます。

通関業務の代行を依頼できる

輸入する際には、通関手続きが必要です。

この手続きは複雑であり、専門的な知識が求められます。

代行業者は、通関手続きを代行し、スムーズに商品を輸入できるようサポートしてくれます。

  • 通関手続きの専門知識:代行業者は通関に関する知識が豊富で、必要な書類の準備や手続きを迅速に行います。
  • トラブル回避:通関でのトラブルを未然に防ぎ、スムーズな輸入が可能です。
  • 時間の節約:自分で通関手続きを行う場合に比べ、代行業者を利用すれば大幅に時間を節約できます。

実際に、アパレル業界でビジネスを行っている企業が、代行業者を利用して通関手続きを行い、スムーズに商品を輸入できた事例があります。

このように、代行業者のサポートは非常に有益です。

トラブル時の交渉をしてくれる

輸入ビジネスでは、トラブルが発生することも少なくありません。

例えば、商品が届かない、品質が悪い、数量が間違っているなどの問題があります。

こうしたトラブルに対しても、代行業者は交渉を代行してくれます。

  • 言語の壁を越える:中国語が分からなくても、代行業者が中国の業者と直接交渉してくれるため、安心です。
  • 交渉のプロフェッショナル:代行業者は交渉の経験が豊富であり、適切な対応を取れます。
  • トラブルの迅速な解決:代行業者が間に入ることで、トラブルの解決が迅速に行われます。

例えば、「商品がまったく届かない」というトラブルが発生した際に、代行業者が業者と交渉して返金を受けられた事例があります。

これにより、ビジネスにおけるリスクを大幅に軽減できます。

以上のように、中国輸入代行業者を利用することで、検品や通関手続き、トラブル対応など、多くのメリットを享受できます。

これにより、安心して中国からの商品を輸入し、ビジネスや個人利用に活用できるのです。

AliExpress中国輸入代行おすすめ業者5選

中国輸入代行業者を利用することで、手間を省き、安全かつ効率的に商品を輸入できます。

ここでは、おすすめの代行業者を5つ紹介します。

それぞれの特徴、費用、所在地をまとめました。

社名特徴会社所在地
BANRIFBA納品サービス
OEM生産代行サービス
BtoCサービス
千葉県成田市南三里塚78‐7
プロロジスパーク成田1
B棟 3F 1番シャッター
イーウーパスポート各拠点に日本人常駐
専任担当者サポート
中国全土対応
東京都中央区京橋 3-1-1
東京スクエアガーデン 14F
タオパオ新幹線業界最安値水準のサービス価格
チャットやLINEでのサポート
福岡県福岡市中央区
大名2丁目9-29
第2プリンスビル6F
さくら代行業界トップクラスの実績
エコノミー会員1ヶ月無料体験
浙江省義烏市北苑街道机场路
633号1号楼502
THE CKB日本基準の品質管理
仕入れ提案・生産コスト削減
東京都港区
港南1丁目9番36号
NTTDATEビル
特徴

※詳しい費用やサービスについては、各社HPからお問合せください。

1.BANRI

BANRI」は、中国からの輸入代行サービスを提供する会社です。

この会社は、アリババやタオバオを利用した買い付け代行を主な業務としており、買い付け手数料は無料で提供されています。

さらに、BANRIはFBA納品サービスを行っており、Amazonの倉庫に直接商品を納品が可能です。

また、OEM生産代行サービスも提供しており、独自ブランドの商品を製造する際に必要なサポートを提供しています。

BANRIのサービスは多岐にわたっており、BtoC(Business to Consumer)向けのサービスも含まれています。

これにより、小規模な事業者から大規模な事業者まで、幅広いニーズに対応することができます。

加えて、BANRIのウェブサイトは、わかりやすいユーザーインターフェースを持ち、初めて輸入を試みるユーザーでも簡単に利用できるよう設計されています。

利用者は、手続きの流れや必要な書類、注意点などを詳細に確認することができます。

2.イーウーパスポート

中国輸入代行会社「イーウーパスポート」は、豊富なサポート体制と業界最大級の物流力を誇る企業です。

同社は、全拠点に日本人スタッフが常駐し、専任担当者が顧客のビジネスを全面的にサポートしています。

これにより、言語の壁や文化の違いを感じることなく、スムーズな取引が可能です。

商品のリサーチは無料で対応しており、オンラインリサーチや仕入れ手数料もゼロで提供されています。

さらに、イーウーパスポートは12年間にわたるOEMサポートの実績を持ち、カスタマイズされた製品の開発や製造を強力にバックアップします。

物流面でも、イーウーパスポートは業界最大の物流量を誇り、最短で当日の出荷に対応しています。

また、中国全土に対応可能であり、現地へのアテンドサービスは業界最安値で提供されているため、広範なビジネス展開が可能です。

3.タオパオ新幹線

タオパオ新幹線」は、中国の人気通販サイト「タオバオ」から商品を輸入するための代行サービスです。

このサービスは業界最安値水準の料金設定となっており、初心者から副業としてネットショップを運営する方まで、幅広いユーザーに利用されています。

まず、タオパオ新幹線は1個からでも手軽にタオバオでの買い物をサポートしており、代行手数料は業界最安値の500円からという非常にリーズナブルな価格帯で提供しています。

これにより、日本にいながら中国の豊富な商品を簡単に入手可能です。

また、初めて利用する方でも安心してサービスを利用できるよう、専門のオペレーターがチャットやLINEを通じて親切丁寧にサポートしています。

中国語の知識がなくても、日本語での対応が可能で、リアルタイムに商品や在庫の確認ができるため、スムーズに買い付けを行えるでしょう。

オークションやネットショップを運営している副業の方々にも便利なサービスです。

さらに、タオパオ新幹線では、出荷業務の経験豊富なスタッフが細かい検品を行い、商品に不備があれば速やかにお客様に連絡する体制を整えています。

梱包にも細心の注意を払い、破損や水濡れを防ぐための対策を徹底しています。

4.さくら代行

さくら代行は2012年に創業し、中国からの仕入れ代行に特化している業者です。

輸入代行注文商品数は2021年10月1日時点で4000万件を超えており、業界トップクラスの実績を誇ります。

さくら代行は非常に競争力のある料金設定を提供しており、特にエコノミー会員には1ヶ月の無料体験があり、買い付け手数料が0円という魅力的なオファーがあります。

また、さくら代行はアパレル商品と雑貨類に強いです。

アパレル商品に関しては、既存商品の仕入れからオリジナルブランドの大量生産まで幅広く対応可能です。

雑貨類では、アウトドア用品、事務用品、キッチン用品、PC周辺用品など様々なジャンルの既存商品の仕入れやOEM生産に携わってきた経験があります。

さらに、アマゾンFBAサービスに対応しており、経験豊富なスタッフが、シール貼りから梱包までアマゾンの基準に沿って作業を行います。

5.THE CKB

中国輸入代行会社「THE CKB」は、高品質な製品の製造・供給が特徴です。

日本の大手検品会社朝日リンクと提携しており、日本基準で品質管理を行っています。

また、検品スタッフ400人以上と1,300台のロボットを稼働させた自動梱包システムにより、最短当日出荷が可能です。

大量の買い付けにも対応でき、翌日には梱包・出荷手続きが完了します。

さらにTHE CKBでは、チャットやウェブミーティングを通じて、中国現地と直接会話ができるサービスが好評です。

その上、仕入れ提案や生産コスト削減にも力を入れており、サプライチェーンの紹介や商品リサーチを通じて仕入れをサポートします。

独自の仕入れルートを活用して他社よりも安く仕入れ、特にアパレルに特化した小ロット生産にも対応しています。

中国輸入代行業者を選ぶポイント

中国輸入代行業者を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮することが必要です。

これらのポイントを押さえれば、信頼できる業者を選び、安全かつスムーズに商品を輸入できるでしょう。

1.日本人に対応してもらえるか

まず、代行業者が日本人対応をしているかどうかは非常に重要です。

日本語でのコミュニケーションが可能であれば、以下のような利点があります。

  • スムーズなやり取り
    :日本語での問い合わせや相談が可能なので、言語の壁を感じることなくスムーズにやり取りできます。
  • 詳細な説明が可能
    :商品の説明や手続きの詳細について、日本語で丁寧に説明してもらえるため、理解しやすいです。
  • トラブル対応
    :トラブルが発生した場合にも、日本語で迅速かつ適切な対応をしてもらえます。

例えば、中国輸入代行業者の中には、日本語対応のカスタマーサポートを提供している業者も多くあります。

このような業者を選ぶことで、安心してサービスを利用できます。

2.価格は相場と比較して適正であるか

代行業者の利用料金は、業者によって異なります。

料金が適正であるかを確認するためには、以下のポイントに注意しましょう。

  • 手数料の比較
    :複数の代行業者の手数料を比較し、適正な料金設定かを確認します。
  • サービス内容の確認
    :手数料が安くても、提供されるサービスの質が低い場合があります。サービス内容も合わせて確認しましょう。
  • 口コミや評価の確認
    :ほかの利用者の口コミや評価を参考にすることで、実際のサービスの質や料金の適正性を判断できます。

信頼できる業者の中には、適正な料金で高品質なサービスを提供しているところも多くあります。

例えば、手数料が無料の代わりに月額会員制を採用している業者もあり、定期的に利用する場合にはお得になることがあります。

中国輸入代行の費用相場

一般的に、中国輸入代行業者の費用相場は以下のようになっています。

  • 手数料:購入金額の7%〜10%程度
  • 送料:実際の送料は商品や配送方法によって異なります
  • 検品料:購入金額の7%〜10%程度

参考:輸入代行の平均費用と料金相場【2024年最新版】|PRONIアイミツ (imitsu.jp)

これらの費用を総合的に考慮し、適正な料金設定の業者を選ぶのが重要です。

安さだけで判断するのは危険

費用が安い業者を選ぶことは重要ですが、安さだけで判断するのは危険です。

以下の点に注意しましょう。

  • サービスの質
    :安すぎる業者は、サービスの質が低い場合があります。
     例えば、検品が不十分であったり、トラブル対応が遅いことがあります。
  • 信頼性の確認
    :相場よりも大幅に安い業者は、信頼性に欠ける可能性があります。
     信頼できる業者を選ぶのが重要です。

例えば、ある利用者が非常に安い業者を利用したところ、商品が破損して届いたり、トラブル時に適切な対応がされなかったというケースがあります。

このようなリスクを避けるためにも、安さだけでなく、サービスの質や信頼性も重視することが大切です。

3.代行業者としての経験・実績は豊富か

中国輸入代行業者を選ぶ際には、その業者がどれだけの経験と実績を持っているかを確認することが重要です。

経験豊富な業者は、さまざまなトラブルに対処するスキルや、効率的な手続きを行うノウハウを持っています。

以下のポイントに注目して、信頼できる業者を選びましょう。

  • 取引実績の確
    :過去の取引件数や取引額など、業者の取引実績を確認することで、その信頼性を評価できます。
  • 顧客の口コミや評価
    :他の利用者の口コミや評価を調べることで、実際のサービスの質や業者の対応が分かります。
  • 輸入規制品に関する知識
    :業者が輸入規制品に関する知識を持っているかどうかも重要です。
     輸入規制品とは、輸入に際して特定の規制や手続きを必要とする商品です。
     これらの知識を持っている業者は、スムーズに手続きを進められます。

4.フルフィルメントセンターに商品を納品してもらえるか

フルフィルメントセンターへの納品が可能な代行業者を選ぶことも重要です。

フルフィルメントセンターとは、商品の保管・管理、注文処理、発送などを一括して行う施設です。

フルフィルメントセンターには、以下のようなものがあります。

例えば、AmazonのFBAを利用すれば、商品をAmazonの倉庫に預けるだけで、注文が入ると自動的に発送されるため、ビジネスの運営が非常に効率的になります。

また、楽天のRSLやヤフーショッピングのYFFも同様に、在庫管理や発送業務をサポートしてくれるため、多くの時間と手間を節約できます。

このように、フルフィルメントセンターへの納品が可能な代行業者を選ぶことで、在庫管理や発送業務の効率化を図ることができ、ビジネスの運営をスムーズに進められるでしょう。

まとめ

中国のECサイトでの買い物は、低価格で多様な商品が手に入るため、多くの方にとって魅力的です。

しかし、言語や輸入のハードルがあるため、輸入代行業者の利用が効果的です。

以下のポイントを押さえて、適切な代行業者を選びましょう。

  1. 日本人に対応してもらえるか確認する
  2. 価格が相場と比較して適正であるか確認する
  3. 代行業者としての経験・実績を確認する
  4. フルフィルメントセンターに商品を納品してもらえるか確認する

これらのポイントを考慮し、信頼できる代行業者を見つけて、中国ECサイトでの買い物や仕入れを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました