CSVダウンロードの使い方

今回はオークファンプロ/プロPlusに搭載されている、 
CSVダウンロード機能の使い方についてご紹介いたします。 
 
オークファンプロ/プロPlus上でも 
データ分析機能を活用することで 
商品データの詳細な分析を行うことはできますが、 
 
「もっと詳しく解析したい」 
「自分のエクセル上に商品データが欲しい」 
「自身で作成したプログラムでオークファンプロのデータを活用したい」 
 
などといった場合にはオークファンプロ/プロPlusの 
CSVダウンロード機能を使いましょう。 
 
CSVダウンロード機能を使うことで、 
任意の検索結果データをそのままCSV形式で抽出して 
ダウンロードすることができます。 
 
それでは実際に使い方を説明していきます。 
 
 
ホーム画面より相場検索を開きます。 
 
 
1 
 
任意のキーワード・条件で検索をします。 
今回は直近30日間の「iPhone」出品で検索しました。 
 
 
2
 
それではこの検索結果データをダウンロードしてみたいと思います。 
商品リストの右上に「CSVファイルをダウンロード」というボタンがあるので、 
そちらを押してください。 
 
3
 
 
すると取得する項目を選択する画面が表示されます。 
 
4
 
取得する項目を 
・サイト名 
・商品タイトル 
・落札価格 
・終了日 
・入札数 
・サムネイル画像URL 
・商品ID 
・実サイト商品ページのURL 
・詳細ページのURL 
・開始価格 
・出品者ID 
上記の項目から選択したのち、 
 
データ取得件数を 
・500件 
・1000件 
・2000件 
・5000件 
上記の件数から任意のものを選びます。 
 
件数と項目の多さによってダウンロード時間も変動します。 
解析したいデータに合わせて項目を取捨選択してください。 
 
また、ボタンを押したページの検索条件の結果がそのまま抽出されるので、 
ダウンロードする前にある程度検索結果を絞り込みしておくと 
より使えるデータになります。 
 
無事、CSVファイルがダウンロードされました。 
CSVのファイル名にはダウンロード日が含まれています。 
 
5
 
使用方法例として、 
商品タイトルとサムネイル画像URLを選択し抽出すると、 
画像付きの商品リストを作成することができます。 
 
6
 
活用方法は無限大です。 
 
オークファンプロに蓄積されたデータを活かして 
よりリサーチを効率的にしてください。 
 
以上、CSVダウンロード機能の使い方についてご説明致しました。 

タイトルとURLをコピーしました