ヤフオク!「フリマモード」の特徴まとめ

フリマモード1

2017年2月にヤフオク!がワンプライス出品から改名しリリースされたフリマモード
実はヤフオク!は使ってもフリマモードは使ったことがないという人は多いのではないでしょうか。

競りが醍醐味のオークションでも、即決価格で即購入するユーザーの多いヤフオク!ならではの試みといえました。

今回はそんなヤフオク!が大々的にアピールしているフリマモードについてまとめてみました。

ヤフオク!「フリマモード」の特徴まとめ

固定されている開催期間

フリマモードでは開催期間は7日間と固定されています。

メルカリ、フリル等のフリマアプリでは開催期間に期限がありません。
そのため古い商品と新しい商品の見分けがつきにくいですよね。
フリマモードでは開催期限があるので、常に新しく出品された商品の中から選ぶことができます。

出品料

    Yahoo!プレミアム会員 8.64%(税込)
    Yahoo!プレミアム会員ではない人 10%(税込)

Yahoo!プレミアム会員の方がお得です。
プレミアム会員になるとヤフオク!以外にも多数のサービスがお得に利用できます。

決済方法

決済方法は現在はヤフーかんたん決算のみ選択できます。
今後増えていく見込みはありそうですね。

個数

出品個数は1つずつと定められています。
複数出品

配送方法

1種類のみ

現在は着払い等は選択できませんが、こちらも今後増えていく可能性は大いにあります。

おわりに

現在はスマホからでもPCからでも使用できます。
フリマアプリだけでなく、ネットサーフィンでもスマホからアクセスする人の方が多いですよね。

オークションであまり良い値段がつかなくても、フリマモードなら自分の思った値段で売れるかもしれませんよ。

この記事を参考にフリマアプリに出品してみる

タイトルとURLをコピーしました