ヤフオクで販売する際の正しい状態合わせの方法(相場検索を使って状態について正しく見る方法)

ネットで商品を販売する場合、相手は実際の商品を手元で確認することができませんので、こちらが記載している文字や画像を頼りに商品を購入していきます。

付属品が足りていない商品、一応は使えるけどボロボロでお世辞にも綺麗とは言えない商品など、同じ商品といっても一つとして同じ状態の商品は存在していません。

同じ商品といえど、状態によって相場は全然違ってきますので状態に相応しい価格設定、状態がわかる画像、文章を提供する必要があります。

そこで今回は、ヤフオク販売における正しい状態合わせの方法についてまとめていきます。

 

■状態合わせ4つのポイント■

先ほど少しだけ触れましたが、状態合わせにおける重要ポイントは以下の4つになります。

・新品or中古品
・正常品orジャンク品
・汚れや傷のありなし
・付属品のありなし

順に説明していきます。

新品or中古品

まず大前提として、新品なのか中古品なのかという判断が必要です。

・少しでも商品を開封している
・一度でも使用した形跡がある

などの商品に関しては基本的に全て中古品となります。

新品と中古品では商品価値が大きく変わってきますので、絶対に把握しなければいけないポイントです。

しかし、セラーによっては以下の商品についても新品と記載している場合があります。

新品の種類ついて説明していきます。

 

新品未開封品

完全新品の商品となります。

開封すらしていませんので、中身の商品に関しては完全にノータッチです。

しかし、未開封品だとしても外箱・外袋が汚れている、破れている場合もあります。
(オークションだと、自宅保管品のため外箱などに汚れや傷があると書かれている場合が多いです)

 

新品未使用品

一度も使っていない商品に対して使われている場合が多いです。

あくまで未使用品ですので、開封はしている場合などあります。

開封している場合は通常新品とは言えないので、新品未使用品が新品なのかと問われると微妙なラインではあります。

新品未使用品として出品されていて状態が分かりやすいところですと、

・ゲームソフト・CD・DVD等のシュリンクのないもの
・フィギュアの外箱から一度出されたもの

など、使用していないものを新品というなら確かに上記の商品は新品ですが、結果として新品としての価値はありません。

自分が販売する商品がなにかにより未使用品を新品と記述するのかは変わってきますので、その商品の価値はどこにあるのか考えるようにしてください。

●商品の価値を判断する基準●

観賞用として用いられる商品については、新品未開封品でないとほぼ価値はないです。

商品として日頃から使うものだと、新品未使用品でも完全新品の商品とあまり変わらない値段で取引される場合が多いです。

 

正常品orジャンク品

新品の場合、上記のような多少の違いはあったとしてもそこまで大きく出品で迷うことはありません。

しかし中古品の場合、

・商品本来の機能が使えるのか
・使用時何かしらの不具合はないのか

など、正常に使えるかどうかの判別が必要になってきます。

正常に使えない商品に関しては、ジャンク品扱いということになりますので、中古品としての価値がもう1ランク下がることになります。

ジャンク品についてはこちらのページを参考にしてください。

ジャンク品だとしても十分に値段がつく商品もありますが、通常取引額が高額になることはあまりありません。

 

汚れや傷のありなし

正常に動く商品だとしても、中古品の場合どうしても傷があったり汚れがある商品が多いです。

特に、人目に付く商品(アパレル商品など)についてはこの点で大きく相場の変動が起きます。

以前の所有主が丁寧に使っていた場合、綺麗な状態を保っている商品が多いですが、人それぞれ使い方は違いますので乱雑に扱われている場合はかなり状態が悪いものも多いです。

汚れの場合、出品する前に清掃することで清掃前より状態をあげることは可能ですが、傷となると修正は難しいでしょう。

汚れや傷は出品の際、非常に気を付ける部分であり、もし汚れや傷を画像や文章から隠すように出品した場合、間違いなくトラブルの原因になります。

ですので、中古商品を出品する場合は、

・画像⇒傷や汚れがある場合はそれがわかる写真を掲載(全体画像、複数の角度から撮影した画像)
・文章⇒どのような傷があるのか、どのような汚れがあるのか詳細に書く

これらを気を付けるようにしていきましょう。

もし、自分が購入する場合は、これらをしっかりと確認できる商品を選び、納得してから購入するようにしましょう。

 

付属品のありなし

商品価値を決める要因としては、何も本体の状態だけではありません。

本体に対する付属品のありなしで大きく金額が変わってきます。

例えば、スーパーファミコンで遊ぼうと思ったときに、本体だけあってもゲームは出来ませんよね。

コントローラ、AVケーブル、電源ケーブルがあってこそゲームをプレイすることができます。

また説明書がないとはじめてプレイをする方には使い方がわかりませんし、外箱がないと綺麗に収納することができません。

まだ、スーパーファミコンなら別売りの付属品を購入することで、ゲームをすることができますが、商品によっては変えのきかないものだってあります。

そのような商品は付属品がないと本体自体の価値まで下がってしまうので、本当にもったいないです。

ですので、販売する場合はしっかりと付属品を全て画像に写し、テキストとして表すようにしてください。

もし、付属品の名前がわからないなら、「写真に写っている物が全て」との記述を絶対にいれるようにしてください。

記述のない出品はトラブルのもととなるので、ヤフオクにおいてはタブーです。

 

■相場検索を使う場合の注意点■

相場検索を使う場合、商品によっては様々な選択肢が出てくることでしょう。

その商品が落札された時期だけを見るのではなくて、今回挙げた項目にも注目することで正確な相場感を身に付けることができます。

相場検索を正確に使うことで正しい相場感に近づくことは可能ですが、最後に判断するのは自身になりますので、何度も繰り返し「慣れる」ことが重要になってきます。

タイトルとURLをコピーしました