データ分析の使い方

オークファンプロのデータ分析の基本的な使い方についてご紹介します。 
 
 
データ分析機能とはヤフオク!での出品時間帯、曜日、開催日数などを 
どのように出品したら最適な出品となるのかを分析する機能です。 
 
 
 
今回はebayで仕入れができる定番商品の「LEGO」を出品するための分析をしてみたいと思います。 
 
 
まず、キーワード欄に「LEGO」と入力します。 
 
期間は30日間で設定し、ある程度の利益を出すことを想定して 
価格帯を1万円以上に設定して検索してみます 
 
 
conditions
 
 
 
そうすると、落札率・総落札数・平均落札額のサマリーが表示されます。 
 
 
data_result
 
ここの平均落札額に着目して、 
少しでも高い金額で落札されるであろう出品条件を分析したいとおもいます。 
 
 
 
 
 
まずは、「開催日数分析」の「詳細を開く」ボタンを押します。 
 
 
days
 
 
 
そうすると、平均落札額が最も高い日数が分かります。 
 
 
days_result
 
今回の場合は1日未満が最も平均落札額が高くなっていることがわかります。 
 
 
 
続いて、「曜日分析」でも同様に確認してみます。 
先ほどと同じく「詳細を開く」ボタンを押します。 
 
 
week
 
 
すると、木曜日が最も平均落札額が高くなっています。 
 
 
week_result
 
 
 
最後に、「時間帯分析」でも同様に確認してみます。 
 
 
time
 
 
すると、14時頃が最も高い金額とはなってはおりますが、 
時間帯分析に関しては総落札数にも着目すると良いと思います。 
 
 
time_result
 
 
 
ヤフオク!のピークタイムは一般的に夜の20時~24時となっており、多数の人がその時間帯で競り合います。 
 
したがって、ピークタイムの中での最も平均落札額が高い時間を終了時間として設定することをおすすめします。 
 
 
 
それを確認するためには、下の表を平均落札額でソートします。 
表の「平均落札額」を押すと、ソートすることが可能です。 
 
 
一度クリックすると、平均落札額の低い順(昇順)になるので 
再度クリックして平均落札額の高い順(降順)に設定します。 
 
time_price
 
 
 
上から時間帯を確認していき、ピークタイムの中で平均落札額が高い時間を探します。 
 
今回の場合だと、24時頃に終了するように設定するのが良さそうです。 
 
 
 
 
 
 
今回の分析結果をまとめると、1万円以上の落札が見込めるLEGOの商品に関しては 
木曜日に出品し、その日の24時頃に終了するよう設定すると 
最も高い金額で落札されると思われます。 
 
 
 
さらに、有料オプション毎に検索して、比較することで 
最適な有料オプションを分析することも可能ですので是非、試してみてください。 
 
 
以上で、データ分析の紹介を終了します。 
 
 
また、こちらと同じ手順をおこなった動画があります。  
こちらからご確認いただくことが可能です。  
 
https://youtu.be/WYSTzlI13aE 
 
 
※動画作成日とこちらの記事の作成日が異なるため、最適な出品条件の結果には差異があります。 

タイトルとURLをコピーしました