空前の大ブーム!?カブトムシ&クワガタムシがオークションで急激に伸びているワケ

mushi_kuwagata

季節は夏ですね。夏といえば虫の王様カブトムシ&クワガタムシということで、この二種類の昆虫がネットオークションでどのような動向を見せているのかを調べてみました。

以前、この記事(カブトムシが300万円で落札!超高額で取引されるレアな生き物たち)で実は生き物のオークションにはものすごいポテンシャルがあることをお伝えしましたが、今回も驚きのデータが出てきてしまいましたよ!わたすけ大興奮!

本サイトには広告が含まれますが、皆さまに役立つ情報を厳選の上掲載しております。
せどりに興味がある方へ
せどりで成果を出すためには、出品作業の効率化や売上データの調査が必要です。 オークファンでは、せどりに便利な機能が搭載されています。

驚愕!伸び続けるカブトムシ&クワガタムシカテゴリ!

今回は、カブトムシとクワガタムシの成虫(国産・外国産)の、ここ5年間(2009/08~2014/07)におけるヤフオク!での取引をデータ分析ツールオークファンプロを用いて調査しました。

すると、驚きのデータが出てきました!

グラフを見れば一目瞭然!2012年の9月を境に、カブトムシ、クワガタムシカテゴリの取引の総落札額が急上昇していたのです!

カブトムシ

別に普段生活していて、「最近、街でカブトムシをよく見るようになったな・・・」なんて感じている方はいないと思いますが、それでも、データは明確に取引の増加を示唆しています。

あまりに顕著な変化が気になり、どうしてこのような事態が起きたのか調べたところ、どうやら2012年9月に生体オークションの大手だったビッダーズが、昆虫カテゴリを閉鎖した影響が大きかったようです。

img_bidders

つまりビッダーズのユーザーがヤフオク!に流れてきた形ですね。

ただ、2013年以降も総落札額が増加し続けていますから、単にユーザーが移った、というだけではなさそうです。

おそらく、突如カブトムシ&クワガタムシの取引が増加したことがきっかけになって一種のブームが起き、需要を受けたブリーダーの質も向上、平均落札額も向上したことが影響しているのだと思われます。

kakaku

ちなみに、“国産のカブトムシ”は、あまりネットオークションでは人気がないようです・・・。一種類しかいないし、地味だからでしょうか。ちょっと寂しいですね。

ともあれ、ここまで顕著に変動が見られることは稀です。

ある一つの出来事が、人の行動をどのように変え、ネットオークションという場にどう影響するか、を示す興味深い例だと感じましたので報告させていただきました。

いやぁ、データってほんっとうにいいもんですね~。

おまけ:高額落札されているカブトムシ&クワガタムシ

パチセラス メテオ・F3 (♂単品) 種親122×75mm 初出品!


1
これが伝説の300万カブト・・・!

DHヘラクレス『パチセラス メテオ血統・蛹』 伝説の遺伝子!!


2
蛹の時点で期待が集まっています。

モンスター降臨!!76.1mmUP


3
タイトルに飾りはいらない・・・そんな美学を感じます。ノコギリクワガタの天然採取ものですね。

親種候補ごめんね君超極太ヘラクレス148ミリ♂単


4
ごめんね君という血統名が最高にイカしてます。

ウッディsspアルナーチャル産 超特大♂96mm♀54mm(WF1)PA


5
この異国情緒を感じるフォルム!たまりません。

ギネスサイズ・キルヒナフタマタクワガタ♂101ミリ単品売り切り


7
口に出して読みたいクワガタムシの名前。

ヤフオク    クワガタムシ 虫類の中古品、新品

わたすけ

タイトルとURLをコピーしました