【オークション・フリマアプリ講座_10】ZOZOの買収でヤフオク!はどうなるんだろう

こんにちは!
ネットオークション・ネットフリマアドバイザーの川崎さちえです。

9月12日に、Yahoo!がZOZOを買収することが発表されて、記者会見も行われていました。

社長を退任した前澤氏が2,400億円を手にするとか、今後の経営方針とかは私が語るまでもないですが、
やっぱり気になるのはヤフオク!ZOZOUSEDが今度どうなっていくのかです。


 

ZOZOUSEDは個人が出品するのではなくて、買取専門のサービスです。
ZOZOTOWNで買った洋服を売るときの相場がすぐくわかるようなサービスとか、
あとは買い替え割などZOZOという大きな枠であれこれ展開しています。

以前私もZOZOUSEDを利用したことがあるのですが、最低額があまりにも低くてびっくりしました。
基本的には人気商品とか新しい商品でないと高く売れない、あるいは買取価格0円ということもあるので、
ちょっと厳しいなと感じましたね。

一方、ZOZOTOWNのヘビーユーザーだったりすると、着ない洋服を売って
またZOZOTOWNで買うという流れができるのだと思います。



今回の買収で、ZOZOUSEDがヤフオク!と絡んでくるのは間違いなく、しかも今秋にはPayPayフリマもリリースされる予定です。
9月15日現在、詳しいことは発表されていませんが、ZOZOUSEDの中古品をヤフオク!に流すこともできるでしょう。

PayPayフリマができれば、本格的にフリマ市場になるんだなと思うので、また違ったユーザーも獲得できるかもしれません。
ヤフオク!のユーザー層は30代や40代の男性が最も多いとされ、ZOZOUSEDのそれはそれよりは若い世代です。
そのため、もしかしたらこの2つの年齢層がうまくかみあって、いい具合に相乗効果が出てくるのかもしれません。


一方、もしヤフオク!のフリマ出品やPayPayフリマのユーザー層が若くなってくると、
メルカリラクマとの差別化が難しくなる
と思うこともあります。

この3つのサービスをどうやって使い分けるのか?という部分で、
1つはユーザー層の違いがあるわけなので、それが薄れてくるとヤフオク!の強みってなんだろうってなります。

もちろん、出品できる商品の違いとかもありますけど、
結局のところ手数料やポイント還元率とか、そういう方向に行くのだろうなとなんとなく思うわけです。

でも、それが長く続くとは限りませんし、むしろ限界があるに決まっています。

なので、明確な違いが出るようなサービスをつくっていく必要もあるでしょうから、そういったことも踏まえて課題は山積みだろうなと。
ZOZOの買収でYahoo!の中にあるサービスがより良くなることを祈るばかりです。

この記事のライター
川崎さちえ

2003年、夫が育児のために退職したことを受け、家計を支えるためネットオークションを利用し始める。
家にあったさまざまな不用品を出品し、仕入れや受注生産も経験。さまざまな出品のテクニックを身に付け、ネットオークションが生活のインフラになり得ることを体感する。

近年はメルカリを中心とするネットフリマに注目。ネットオークションとは異なるノウハウを学びつつ、独自の効率的な利用方法を確立している。
NHK「あさイチ」、フジテレビ「バイキング」などの情報番組、TBSテレビ「この差って何ですか?」などバラエティー番組に多数出演。

体験談
aucfan times(オークファンタイムズ)
タイトルとURLをコピーしました