簡易郵便局からの発送では控えが出ない

こんにちは!
ネットオークション・ネットフリマアドバイザーの川崎さちえです。

簡易郵便局にもゆうプリタッチが設置

昨日、簡易郵便局から「ゆうゆうメルカリ便」で送る商品を発送しました。ほぼ全国的にゆうプリタッチが設置されるようになったので、簡易郵便局でも発送が可能になりましたね。

以前はゆうプリタッチがなかったし、受付もしていなくて、簡易郵便局に行ったのはいいけれど「すみません」と言われたことも。それと比べるとかなり便利になったなと実感しました。

控えが出ない理由

ただ簡易郵便局からの発送だと、控えが出てきません。「あれ?控えがないぞ」と思って局員さんに聞いたら「あくまで預かるだけなんです」と言われました。

簡易郵便局ではゆうプリタッチでラベルを印刷して、窓口に持っていくまでは同じなのですが、荷物にラベルを貼ることもなかったです。もちろんピッとすることになく。だから控えが出ないんですね。もしラベルがなくなったりとか、荷物が紛失しても証拠がないのかなとちょっと心配になりました。

控えが出なくても大丈夫?

でもよくよく考えたら、きっとゆうプリタッチでラベルを印刷した時点で、何かしらの記録は残っているのでしょう。だから本当にトラブルが起きたときには、対応してくれるはずだと信じたいです

これまでそのようなトラブルが起きたのかどうかはわかりませんが、日本の郵便システムは優秀なのできっと大丈夫なのでしょうね。

すぐ追跡はできない

それと発送した後、追跡ができるようになるまでに時間もかかります。これは本局(大きな郵便局)で受付をしてからの話になるので、簡易郵便局に集荷がきてからだからです。タイミングは夕方頃ですね。

だから昼間に発送をして発送通知をしても、購入者が追跡できるようになるのはもう少し先ということです。

「ゆうゆうメルカリ便」で発送した理由は?

ちなみに、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットを使ったのですが、実は購入者からの希望でした。

「らくらくメルカリ便」のネコポスの方が送料が安いので、出品時はそちらを設定したのですが、なぜかゆうゆうメルカリ便。ネコポスもポスト投函だしなと思ったのですが、もしかしたら郵便局での受け取りを希望していたのかなと思います。購入した人が郵便局員さんだったとか。

あとは「はこぽす」を使っていることも考えられます。はこぽすの設置場所はまだそれほど多くはないのですが、その可能性もあるなとふと思いました。私の家の近くではまだ設置されていないので、使ったことはありません。でも専用のロッカーを使うので人との接触も減らせるし、もっと普及すれば便利なサービスなのになって思ってしまいますね。

この記事のライター
川崎さちえ

2003年、夫が育児のために退職したことを受け、家計を支えるためネットオークションを利用し始める。
家にあったさまざまな不用品を出品し、仕入れや受注生産も経験。さまざまな出品のテクニックを身に付け、ネットオークションが生活のインフラになり得ることを体感する。

近年はメルカリを中心とするネットフリマに注目。ネットオークションとは異なるノウハウを学びつつ、独自の効率的な利用方法を確立している。
NHK「あさイチ」、フジテレビ「バイキング」などの情報番組、TBSテレビ「この差って何ですか?」などバラエティー番組に多数出演。

フリマアプリで売る
スポンサーリンク
aucfan times
タイトルとURLをコピーしました