リサイクルショップで仕入れた商品で儲ける方法・コツを徹底解説!

中古品の購入といえばリサイクルショップですが、上手く活用すれば稼ぐことができます。「リサイクルショップ転売」「リサイクルせどり」と呼ばれます。

この記事では、副業としてせどりを始めたい方やリサイクルショップの上手な活用方法を知りたい方に向けて、仕入れ先からメリット・デメリットまで総合的に紹介します。

安定した収入を築き上げるためのコツもお伝えしますので、ぜひ最後までご覧になってください。

リサイクルショップ転売とは

リサイクルショップ転売とは、リサイクルショップで商品を仕入れてECサイトなどで転売する方法です。

せどりも転売も、ビジネスモデルは大きく変わらず、「商品を仕入れて、仕入れ価格より高く売る」というのが基本の流れです。両者の違いは、仕入れの価格にあります。

転売 :商品を定価で仕入れ、定価以上で販売すること

せどり:商品を安く仕入れ、適正価格で販売すること

リサイクルショップでは中古品をメインに扱っていますが、未使用品が売られていることもあります。ただ、転売目的の販売には古物商許可証が必要です。

未取得のまま中古品を販売してしまうと違反になり、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる可能性もあります。

※参照:古物営業法31条

古物営業法 | e-Gov法令検索
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府省令・規則)の内容を検索して提供します。

近年、転売に対する規制は一層強まっています。リサイクルショップでは定価よりも安い商品が販売されているため、安く仕入れて適正価格で販売するように心がけましょう。

リサイクルショップで仕入れる際のコツ

リサイクルショップで仕入れる際には「商品の現物を確認できる」「販売員と交渉できる」実店舗ならではのメリットを活かしましょう。

なるべく新品や未開封品を探す

商品を販売する際には、商品の状態が綺麗であるほうがニーズが高まります。

リサイクルショップにも新品・未開封状態のものが売られていることがあるため、まずはそのような状態のものがないかを確認しましょう。中にはプレミア品が紛れていることもあり、高い利益が見込めます。

価格交渉する

オンラインでの仕入れと異なり、リサイクルショップではその場でお店へ相談・質問ができます。大手チェーン店では難しい場合もありますが、個人店だと検討してくれる可能性もありますので、掛け合ってみると良いでしょう。年末年始や在庫処分が行われているときは狙い目です。

商品の状態は要チェック

中古品は、外箱・中袋・説明書・保証書など付属品がついているほど高値で売ることができます。外箱は綺麗でも中身は傷がついていることもあります。外見だけでなく、実際の動作や細かいところまでよく確認しましょう。

リサイクルショップ転売のメリット・デメリット

ここまでリサイクルショップの仕入れ方法について見てきました。

続いてメリット・デメリットを確認していきましょう。

メリット

セール期は安く仕入れることができる

リサイクルショップにある未使用品は、一度人の手に渡ったものの使われなかったという商品が多いです。そのため、見た目はほぼ新品なのに、新品より安い価格で販売されていることがあります。

また、リサイクルショップはセールを行うことがあり、更に安い価格で仕入れられるチャンスです。

商品を手にとって確認できる

リサイクルショップ転売において、オンライン仕入れと大きく異なるのは、仕入れの段階で商品の状態を確認できるという点です。通常オンラインで仕入れる場合、商品を発注して手元に届いたタイミングで検品を実施します。既にお金を支払った商品に対して、商品の状態に問題がないか確認するため、返品リスクやトラブルの要因となりかねません。

一方でリサイクルショップ転売であれば、問題のある商品を仕入れの段階で弾くことができるため、返品リスク・トラブルを防げる点が大きなメリットとなります。

デメリット

入念なチェックが必要

上述したように、リサイクル転売において商品の実物を確認できることはメリットの1つです。一方で、一部の商品については注意が必要となります。例えば高値で販売されるプレミア品などは、販売時に商品の状態を厳しくチェックされます。また、外箱に入っている場合などは中身が見えないので注意が必要です。

規制の強化

各プラットフォームにおいて、転売に対しての規制が厳しくなっています。そのため、皆さんには「転売」モデルではなく「せどり」の形で、適正価格での販売をおすすめします。

せどりも転売も、ビジネスモデルは大きく変わらず、「商品を仕入れて、仕入れ価格より高く売る」というのが基本の流れです。両者の違いは、仕入れの価格にあります。

転売 :商品を定価で仕入れ、定価以上で販売すること

せどり:商品を安く仕入れ、適正価格で販売すること

リサイクルショップでは定価よりも安く商品を仕入れることができるため、適正価格で販売したとしても、販売価格と原価の価格差を十分に出すことができます。

実際に足を運ぶため、労力が必要

店内を全て見回っていると莫大な時間がかかります。ターゲットを決めて探すほうが合理的ですが、何店舗もはしごして回ることになります。

仕入れに労力がかかる分、確実に売れるものを探しに回る方が効率が良いでしょう。

ジャンル別のおすすめリサイクルショップ

リサイクルショップはたくさんありますが、目的のジャンルによっても狙う店舗が変わってきます。各店舗の違いを把握し、できるだけ効率よく仕入れるようにしましょう。

ブックオフ

書籍やゲーム・DVDに特化しています。

スマートフォンやタブレットも取り扱っていますが、店舗によって変わってきます。

ハードオフ

家電に注力したい人におすすめです。

ジャンクコーナーが設置されているのが特徴です。ジャンク品でも、リペアをすることで販売できる商品になります。

セカンドストリート

アパレルジャンルに力を入れています。

特にブランド品が多く扱われていますので、ブランド服・カバンに注力したい人におすすめです。

トレジャーファクトリー

アパレルから生活雑貨まで、ジャンル問わず様々な中古品を取り扱っています。

店舗によってはアパレルしか取り扱っていないこともあります。近くの店舗の強みを把握しておくと良いでしょう。

カインドオル

古着に特化したリサイクルショップです。あらゆるジャンルのアパレル品を取り扱っています。

ブランド品をメインに取り扱っています。

キングファミリー

古着専門ですが、特に子供服の品揃えが豊富です。

基本的にはどんな洋服も買い取っています。

その他個人リサイクルショップ

チェーン店は、店員個人の判断ができないことが多いですが、個人店は価格交渉に応じてくれるメリットがあります。

家具を中心に取り扱うお店から、総合的に販売しているお店など、さまざまです。

まとめ

本記事ではリサイクルショップ転売について、基本を説明しました。

オンライン上で仕入れる電脳せどりとの違いは、自分の身体と時間を使うという点です。ただ副業として隙間時間を利用したい人も、仕事帰りなどを上手く活用することで、リサイクルショップでの仕入れは実現可能となってきます。

せどりで収益を上げていくには、なるべく効率よく仕入れることが重要です。

「売れるもの」「仕入れ値が安いもの」をターゲットとし、リサーチした上で商品を探しに行くようにしましょう。

オークファンプロPlus(https://aucfan.com/static/user/pro/product/)では、労力のかかるリサーチを月額11,000円で簡単に調べることができます。

月額料金がかかるものの、限られた労力や効率を考えると決して悪いコストではありません。初心者の方は、せどりのノウハウを貯め込みつつ、月額20万円の収入を目指しましょう。慣れてくれば月収50〜100万を目指すことも夢ではありません。

より有益な情報を獲得していくことで、自分自身のスキルアップにも繋がります。

しっかりと売れる商品を仕入れて、安定した収益を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました