転売でより儲けるための、商材選びのポイントとは?

物販ビジネスは、何を仕入れて売るかがとても重要です。自分の好きなジャンルを選ぶことも1つですが、売れる商品を仕入れないと赤字になってしまいます。

<この記事は、こんな方におすすめです>

  • 転売ビジネスを始めたものの、収益が出せない方
  • これから始めてみたいと思っていた方
  • 儲かる商材について知りたい方

より収益UPするためのおすすめツールについても紹介しますので、

ぜひ最後までご覧になってください。

転売とせどりの基本をおさらい

せどりも転売も、ビジネスモデルは大きく変わらず、「商品を仕入れて、仕入れ価格より高く売る」というのが基本の流れです。両者の違いは、仕入れの価格にあります。

転売 :商品を定価で仕入れ、定価以上で販売すること

せどり:商品を安く仕入れ、適正価格で販売すること

転売・せどりの販売先はメルカリ、ヤフオク! 、Amazonといったプラットフォームが主流です。

仕入れ先は商材によっても変わってきますが実店舗に注力する「店舗せどり」インターネットに注力する「電脳せどり」があります。

仕入のコツと注意点

転売・せどりの構造はシンプルで、ビジネスの基本ともいえるでしょう。

リサーチ

商品を仕入れる

販売する

売れる商品を仕入れるために、事前のリサーチをしっかり行うことが重要です。

原価に対して売上総利益(粗利)がどれほど出せそうか

目標利益に対して、どのくらい販売すれば達成できるのかを試算しましょう。

何も考えずに売っていると、薄利多売になってしまう可能性があります。

例えば100円のものを110円で売った場合、売上総利益(粗利)は10円です。

同じ利益率10%でも10,000円のものを11,000円で売れば売上総利益(粗利)は1,000円となります。

ターゲット商品の販売価格、仕入れ価格を調べ、それらの金額から試算を出しましょう。

サイズの大きいものは送料がかかる

家具などの大型商品は、売上金額こそ高いものの、思いのほか送料がかかってしまい、利益が少なくなってしまうケースがあります。

まずは配送が容易な小さな商品から初め、なるべく送料は抑えるように意識しましょう。

大量仕入れに注意

商品の売れ残りは赤字に直結します。

在庫が手元に残り、物理的に作業場所を占領してしまうのも問題です。

売上の見込みをたてて適切な量を仕入れること、在庫余りを防ぐことを意識しましょう。

おすすめの商材ジャンル

自分が得意なものであれば、特定のジャンルに注力するのも戦略の一つです。

各人気商材の傾向と仕入れ先を説明します。

ゲーム

ゲームの本体、ソフト、周辺機器等が対象になります。

特徴としては、回転率が高いこと、商品が小さいこと、海外からも需要が高いことです。

古いものにもプレミアがついていることもあります。

主な仕入れ先:ネットショップ/ゲーム専門店/リサイクルショップ

 家電

洗濯機、冷蔵庫など生活必需品は需要が落ち込むことがありません。

特にiPhoneなどのスマホは常にニーズがあります。

家電は高値で販売できますが、物自体のサイズが大きいため送料に注意が必要です。

主な仕入れ先:家電量販店/小売店/ディスカウントストア/リサイクルショップ

 ブランド品

人気ハイブランドはファンも多く、需要が高いジャンルです。

しかし正規品の見極めが難しく、偽物を販売してしまうと違法になります。

主な仕入れ先:リサイクルショップ/オークションサイト/フリマサイト

アイドル関連商品

グループにもよりますが、アイドルファンは年齢性別問わず多くいます。

日本のアイドルは海外でも人気です。

主な仕入れ先:コンサート会場/グッズ専門店/フリマアプリ/ヤフオク!

薄利多売になりやすいですが、元手を少額で始められます。

自分で読んでから売ることもできるので、読書好きな方は一石二鳥です。

利益が少ない割には検品作業が細かく、書き込みや汚れなどがないかチェックする必要があります。

主な仕入れ先:ブックオフ/古本屋/フリマアプリ

アパレル

カジュアルブランドからハイブランドまで幅広く取り扱います。

季節やトレンドに影響されるため、常にファッショントレンドをチェックする必要があります。

主な仕入れ先:リサイクルショップ/中国ECサイト/メルカリ

キャラクター商品

子供だけではなく大人にも需要があり、海外でも人気が高いのがアニメ商品です。

特にフィギュアなどはプレミア価格がつけられて取引されます。

主な仕入れ先:フリマアプリ/ヤフオク!/フィギュア専門店

コスメ

化粧品は、直接人の肌に触れたり口に入る可能性もあるため規制が厳しくなっています。

Amazonでは販売時に許可申請が必要です。

海外製品を仕入れる際には薬機法に抵触する可能性があります。

主な仕入れ先:コスメショップ/百貨店

【要注意】転売が禁止されている商材

コンサートチケット

異常な高価格で取引され、本当に行きたい人がコンサートに行けないことが問題となっていました。

2019年からチケット不正転売禁止法が施行されています。違反した場合、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方が科せられます。

※参考:チケットの高額転売は禁止です!~チケット不正転売禁止法

チケットの高額転売は禁止です!~チケット不正転売禁止法 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン
人気のコンサートや舞台、スポーツイベントなどのチケットを、業者や個人が買い占め、オークションやチケット転売サイトなどで定価を大幅に上回る価格で販売する「高額転売」。このような不当な転売により、チケットを本当に求めている人にとって入手しづらい状況が続いてきました。そこで、2019年6月14日からチケット不正転売禁止法が施...

偽ブランド品

商標権に抵触する可能性があります。違反した場合10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはその両方が科せられます。偽物を販売したとして、購入者に詐欺罪で訴えられるケースもあります。

※参考:特許庁 商標法第78条

商標権侵害への救済手続 | 経済産業省 特許庁
商標権侵害への救済手続

稼ぐためにはリサーチが必要

せどりや転売で稼ぐには、取扱商品のリスクから動向までを確認しておく必要があります。

売れる商品を仕入れる

売れない商品を販売していても、一向に収益とはなりません。「何が売れるのか?」のリサーチは必須です。商品の具体的な販売金額から試算して、より計画的に収益UPを目指しましょう。

リサーチの方法としては、トレンドやAmazonのランキングチェック、過去の動向などを確認しましょう。リサーチデータを提供してくれるツールやサービスの導入もおすすめです。

ツールやサービスの導入がおすすめ

効率良く収益を上げていくためには、便利なツールやサービスを活用しましょう。

副業として転売をする人は時間が限られていますし、規模が大きくなるほどリソースも足りなくなります。リサーチツールのほか、発送から手続きまで一貫して行ってくれるサービスもありますので、少しずつ自動化を進めていくと良いでしょう。

まとめ

本記事では転売ビジネスにおいて重要な仕入れについて説明しました。

大切なポイントは、仕入れ作業にあたってのリサーチです。

リサーチを怠らず、ターゲットを決めてから仕入れに励みましょう。特に好きなジャンルでしたら、調べることも楽しみになります。大切なことはコツコツと続けることです。

オークファンプロPlus(https://aucfan.com/static/user/pro/product/)では、労力のかかるリサーチを月額11,000円で簡単に調べることができます。

ひとりで莫大な情報を収集しなければいけないことを考えると、このようなツールを利用したほうが効率が良い場合があります。

より有益な情報を獲得していくことで、自分自身のスキルアップにも繋がります。

初心者の方は、せどりのノウハウを貯め込みつつ、収入UPを目指しましょう。

慣れてくれば月収50〜100万を目指すことも夢ではありません。

どの商材であれば続けられそうか、ぜひ本記事の情報を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました