「電気・ガス・石油」おしゃれなストーブ12選!特徴や選び方も解説

ストーブ おしゃれ

北風が吹き、肌寒い季節になるとそろそろ暖房器具を出そうかなと考えるのではないでしょうか。

エアコンがあるから暖房器具はいらないと考える方も多いですが、エアコンをつけてから部屋があたたまるのにかなり時間がかかり、体感的に暖かさがあまり感じられないのではないでしょうか。

ストーブはエアコンとは違い、あたたかさを肌で感じることのできる暖房器具です。

種類によって、部屋全体を暖めることが得意なもの、スポットを暖めるのが得意なものがあります。

燃料として使われているもの別に「電気ストーブ・ガスストーブ・石油ストーブ」とあり、さまざまな種類のものが発売されています。

デザインはおしゃれでレトロな雰囲気なものが多く、お部屋のインテリアに合わせてコーディネートできます。

この記事では、思わずお部屋に置きたくなるような、おしゃれなストーブを、「電気・ガス・石油」タイプ別に厳選して、その特徴や選び方を解説しながら紹介します。

ストーブの種類

ストーブの種類は使用する燃料別に、電気ストーブ、ガスストーブ、石油ストーブがあり、同じストーブという名称でも、その性質は大きく異なります。

ここでは、ストーブの種類について燃料別に説明します。

電気ストーブ

電気を使い熱源を暖め、輻射熱によって直接周囲のものを暖めるのが、電気ストーブです。
熱源はカーボン、ハロゲン、セラミック、とあり、オイルヒーターも熱源と捉えれば電気ストーブの仲間に入ります。

カーボンヒーターは、炭素繊維を電気を通して暖めるもので、電気ストーブとしては一般的な商品になります。

ハロゲンヒーターは、ハロゲンランプを発熱体として暖めるものです。

セラミックは、セラミックに電気を通して発熱させ、そのまわりの空気を暖めます。
セラミックに関しては、ファンを回して温風を出す、「セラミックファンヒーター」のタイプが一般的によく売られています。

オイルヒーターは、電気で温められたオイルがパネル内を循環して、まわりの空気を暖めます。

いずれのタイプも、燃料を燃やすタイプのストーブと違い、空気を汚すことはありません。
しかし、大きな部屋や部屋全体を暖めるには時間がかかるため、足元を暖めるなどのスポット利用が適しています。

また、電気代は他のストーブよりも高くなる傾向があります。

ガスストーブ

ガスストーブは、ガスを燃やして暖めるストーブです。

温まった空気を送るタイプのファンヒーターと違い、ストーブは直接部屋の空気を暖めるため、部屋が乾燥しにくいという利点があります。

そして、石油ストーブのように着火や消火時に匂いも出ません。電気ストーブよりも熱効率が高く、部屋もすぐ暖まります。石油ストーブのように灯油をタンクに補充する必要もないため、利用するにあたってはとても便利な商品となります。

しかし、ガスストーブはガスを燃料としているため、家庭にガス栓がないと設置できません。そのうえ、ガスホースがストーブに常についていることになるので、設置場所の移動は難しいです。そのため、便利ではあるが導入するにはなかなか難しい問題があるのが、ガスストーブの特徴といえます。

ガスストーブのなかには、カセットボンベを使うタイプも多数販売されており、こちらはコンパクトで持ち運びが便利なため、お部屋だけでなくアウトドアでも重宝します。

カセットボンベを使うタイプのストーブは、火力やボンベの持続時間に限りがあるので、部屋全体というよりも、スポット的に利用するのに適した商品といえるでしょう。

ガスストーブは、都市ガス用、プロパンガス用、カセットボンベ用とガスの種類別に同じデザインのものでも、商品が異なるため、購入時に間違えないように確認することが必要です。

石油ストーブ

灯油を燃料として使用するストーブです。

灯油を使う暖房器具は、石油ファンヒーターが主流ですが、ファンヒーターはエアコンと同じく温風を出して部屋を暖めるため、部屋が乾燥しやすく、暖かさが物足りなく感じがちです。

石油ストーブは、輻射熱を利用するため、部屋の空気を直接暖めます。

部屋が乾燥しにくく、エアコンのように肌寒さも感じません。

対応できる部屋の広さもさまざまで、20畳ほどの広い部屋でも暖めることができるタイプの石油ストーブもあります。

ストーブの選び方

ネットや店頭を見て、ストーブを購入しようとしても、たくさんの種類が販売されており、迷ってしまう方も多いと思われます。

ストーブを購入する際には、どのようなことに注意して選べばよいのでしょうか。

ここでは、ストーブの選び方について説明します。

まずは種類を決めよう

まずは、ストーブの種類を決めましょう。

ストーブはその種類によって、使用方法が異なります。

そのため、どのように使うストーブが必要なのかをよく考え、購入するストーブの種類を決めることをおすすめします。

それぞれのストーブの特徴は以下のとおりです。

電気ストーブ

電気ストーブは、熱効率が低めです。

大きな部屋を暖めるには時間も電気代もとてもかかってしまいます。

そのため、他の暖房器具を使用しているときに、足元を暖める等、スポット的な利用の仕方をおすすめします。

小型なものも多く発売されており、手軽に導入できるのが魅力的です。

ガスストーブ

電気ストーブよりも熱効率は高く、大きなお部屋も暖めることができるのがガスストーブです。

しかし、お部屋にガス栓がないと設置できません。

もしお部屋にガス栓があるのなら、灯油ストーブのように燃料の補充もいらず、点火や消火時に匂いもなく、音も静かで火事のリスクも低い、ガスストーブをおすすめします。

石油ストーブ

石油ストーブは熱効率が一番高く、大きな部屋も暖めることができます。

燃料はタンク式であるため、持ち運びができるようなサイズの商品であれば、お部屋を移動して使用することも可能です。

さらに、石油ストーブは一番燃料費がかからないストーブになります。

ファンヒータータイプが一般的ですが、ストーブタイプは、部屋の乾燥を防ぎ、お湯が沸かせる等、さまざまな利点があり、注目されています。

部屋の広さ

使用する部屋の広さも、商品を選ぶ際には大きなポイントになります。

ストーブの大きさや能力によって、適応の畳数が決まっています。

部屋の広さに合っていないストーブを買ってしまうと、せっかく購入したものの、暖かくならないことになってしまいます。

購入を検討する際には、必ず部屋の広さをチェックして、お部屋の広さに合ったタイプのストーブを購入しましょう。

安全機能

ストーブはエアコンと違い、直接熱を発する器具になるため、転倒等で火事になる恐れがあります。

ストーブには安全機能を搭載したものが多くあります。

揺れを感知すると消火する機能がついたストーブもありますので、購入の際には安全機能を確認すると良いでしょう。

ストーブを注意する際の注意点

ストーブはどのタイプであっても、火災、ケガ、事故のおそれがあります。

特にガスや灯油を使う、ガスストーブや石油ストーブは取り扱いに注意が必要です。

電気ストーブは安全だと思われがちですが、高温になる熱源を利用しているのはガスストーブや石油ストーブとなんらかわりません

そのため、火災を引き起こす可能性は高いといえます。

火災、ケガ、事故について注意すべきことは以下のとおりです。

<火災のおそれ>

  • ストーブの周囲に洗濯物をかけない
  • スプレー缶や、カセットボンベ等を周囲に置かない
  • ストーブの近くに可燃物を置かない
  • 就寝中に使用しない
  • 転倒に注意する
  • ストーブを点火したまま移動させない

<ケガのおそれ>

  • 長時間あたらない
  • 高温部をさわらない(やけどのおそれ)

<事故のおそれ>

  • 1時間に1~2回程度換気を行う
  • 就寝時、外出時には消す
  • 石油ストーブは使用可の燃料以外を絶対に使わない
  • 石油ストーブは不良燃料を絶対に使わない

ストーブはこのように使用を誤ると、取り返しのつかない大事故や火災につながります。

毎年ストーブに関連する火災や事故は後をたちません。

正しく使用すれば、火災やケガ、事故を防ぐことができます。

ストーブを使用するときは、必ず取り扱い説明書をよく読み、注意事項を確認したうえで正しく使用しましょう。

おしゃれな「電気ストーブ」4選!

おしゃれな「電気ストーブ」を紹介します。

電気ストーブは足先を暖める、脱衣場に置くなどの、スポット的に使用するのがおすすめです。

インテリアのひとつとしてお部屋のアクセントにもぴったりです。

BRUNO カーボンヒーターNostalStovewide

国産ブランドBRUNOのカーボンヒーターです。

レトロなデザインとおしゃれな色展開が魅力で、置くだけでかわいらしい商品です。

スイッチを入れるとすぐにあたたかくなり、音も静か。スリムなデザインで楽に持ち運びもできるため、お部屋のいろいろな場所で使用できます。

公式では向いている部屋サイズ等の記載がないですが、口コミ等を見ると、小さめの部屋ならこれ一台で良いですが、大きなリビングを暖めるには時間がかかるようです。

スポット利用であれば、十分な威力を発揮します。

首振り機能があるので、広範囲にあたたかさがひろがります。

また、自動でスイッチが切れる安全機能もついており安心です。

アラジン 遠⾚グラファイトヒーター(トリカゴ)

石油ストーブのブルーフレームで有名な「アラジン」ブランドの、遠赤グラファイトヒーターです。

アラジン独自の遠赤グラファイトを使用した電気ストーブであること、鳥かごのようなかわいらしいデザインが特徴となっています。

置くだけでお部屋の雰囲気が良くなり、インテリアとして最適ですが、鳥かごに見える大型ガードはデザイン性だけでなく、安全面でも、洗濯物などがかかった場合に物理的距離を稼ぐ役割等を担っています。

スイッチをつけて0.2秒であたたまり、防水仕様であるため、置く場所を選びません。

転倒防止のため底面に滑り止めがあり、必要以上に温度が上がった場合には消火する安全装置もついており、安心して使用できます。

部屋全体を暖めるよりもスポット利用におすすめです。

アイリスオーヤマ 遠赤外線電気ストーブ 小型 遠赤外線ヒーター アイボリー IEHD-800

アイリスオーヤマの電気ストーブは数種類出ていますが、IEHD-800はコンパクトなデザインがかわいらしい、軽くて持ち運び便利な商品です。

部屋全体を暖めるよりも、足元の暖めや、脱衣所などに使用するのに向いていますが、エアコンと併用すると、部屋がある程度あたたまった場合、IEHD-800だけでも暖かさが持続します。

転倒時に電源が切れる安全装置もついているので、安心して使用できます。

モダンデコ レトロカーボンヒーター

モダンデコのカーボンヒーターはさまざまなデザインのものが発売されています。

なかでもこのレトロカーボンヒーターは、昔ながらの対流式石油ストーブの外観をそのままデザインに生かし、どこか懐かしさがあり、暖かみのあるお部屋を演出します。

つけて3秒で暖かくなり、首振り機能もついているため、広範囲をむらなく暖めます。

転倒時にはスイッチが切れ、温度の上昇しすぎを防ぐ安全機能もついているため、安心して使用することができます。

小さいお部屋であれば十分に暖かく、20畳など広い部屋であれば、エアコンと併用でスポット的に使えばとても暖かく快適です。

デザインでは石油ストーブのように360度暖かくなるように見えますが、こちらのストーブは前面に向けてしか暖かくなりませんので、購入時に注意が必要です。

おしゃれな「ガスストーブ」4選!

ガスストーブは取り扱いのあるメーカーが限られていますが、ガス管につなぐタイプ、カセットコンロを使用するタイプといろいろな種類のものが発売されています。

そのなかでも、かわいらしく、デザイン性にすぐれた商品を厳選して紹介します。

リンナイ ガスストーブ R-1290VMSIII(C)(11-1028)

ガス器具メーカーの老舗、リンナイから発売されているガスストーブです。

こちらは、360度暖かい全周放射タイプで、昔ながらの石油ストーブとほぼ同じ機能を持っています。

木造15畳、コンクリート21畳まで対応できるパワフルさが持ち味で、エアコンとは比べ物にならないほど暖かくなります。

リンナイ ガスストーブ R-1220CMSIII(C)(11-1010)

リンナイのガスストーブのうち、和室にもしっくりくるデザインのR-1220CMSIIIは、木造17畳、コンクリート23畳まで対応できる最もパワフルなタイプのガスストーブです。

まるで暖炉のようなレトロなデザインで、暖かさを演出するお部屋のインテリアとしても最適です。

Aladdin センゴクアラジン ポータブルガスストーブ

アラジンから発売されている、まるでブルーフレームを小型にしたようなデザインがかわいらしい、ポータブルガスストーブです。

ブルーフレームさながらの青い炎が特徴で、柔らかく周囲の空気を暖めます。

燃料はカセットボンベを利用するため、持ち運びはもちろん、キャンプ等のアウトドアでも活躍します。

色のラインナップがとても豊富で、お部屋用ストーブにはない、綺麗な色の商品があるのが特徴です。

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ“マイ暖”

カセットコンロの老舗メーカーであるイワタニから発売されている、ポータブルガスストーブです。

とてもコンパクトなデザインで、持ち運びしやすく、お部屋のどこでも暖かさを楽しめます。

点火後の立ち上がりがとても早いのが特徴で、1分で暖まることができます。

カセットボンベを使用するため、安全面が心配ですが、不完全燃焼防止装置、立ち消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置と4つの安全装置がついており、安全に使用することができます。

おしゃれな「石油ストーブ」4選!

燃料として灯油を使う石油ストーブは、ストーブの中でも最も一般的な商品であり、さまざまなタイプのものが販売されています。

そのなかでも、特にデザイン性が高く、暖かい対流式のストーブを中心に紹介します。

アラジン (Aladdin) 石油ストーブ ブルーフレーム 

1930年代にイギリスで生まれたブルーフレームは、90年間変わらないデザインで親しまれています。

誰もがどこかで見たことがあるストーブで、懐かしさあふれるノスタルジックな雰囲気をお部屋に演出します。

ブルーフレームの名前の由来である、青い炎が特徴で、炎の美しさで癒されるストーブです。

点火や消火時のにおいが少ないことにも定評があります。

木造7畳、コンクリート10畳まで対応しており、一部屋を暖めるには十分です。

ファンヒーター等に比べると、手入れや灯油の補充に少しコツがいりますが、部屋が乾燥せず、なによりとてもおしゃれであるので、満足できるストーブです。

CORONA(コロナ) 石油ストーブ 対流型

いろいろなストーブやファンヒーターを販売しているコロナの対流式石油ストーブです。

このタイプでは一番パワフルで、木造なら17畳、コンクリートなら23畳まで遠赤外線で体の芯まで暖めることができます。

ファンヒーターやエアコンではどうしても暖かさが足りなかった広いお部屋での使用に最適です。

ファンヒーターと違い、電源が不要であるため、停電時にも点灯することができおすすめです。

転倒時に消火する機能もつき、安心して使用することができます。

パワフルな反面、燃料の減りが早く、こまめに給油が必要であり、コストがかかるマイナス面もあるので、購入時には部屋の広さとのバランスを考えながら検討する必要があります。

トヨトミ レインボーストーブ

主に暖房器具、空調器具のメーカー、トヨトミのストーブです。

木造は7畳まで、コンクリートでは9畳まで対応する、一部屋で利用するのに最適なストーブです。

レインボーストーブは名前のとおり、七色に輝く炎が特徴で、つまみを回すだけで点火できるため操作がとても簡単なストーブとなっています。

欧州連合(EU)が施行した特定有害物質規制(RoHS指令)をクリアしており、2重タンク構造で倒しても灯油がこぼれにくく、耐震自動消火装置もついているので、安心して使用することができます。

ショッキングピンクのカラー展開がある等、デザイン性にも優れており、おしゃれなストーブだといえるでしょう。

トヨトミ Classic

トヨトミのレインボーストーブの7色の炎、ムーンライターの月明りのような炎の良い部分を継承したトヨトミのClassicは、和室にも洋室にも合うおしゃれでレトロなデザインが特徴のストーブです。

唐草模様のようなガード、ステンドグラスをイメージした天板等、細部にもこだわったデザインで、思わずお部屋に置きたいと思ってしまうほど、とてもおしゃれです。

木造7畳、コンクリート9畳まで対応しており、レインボーストーブとあたたかさはかわりません。一部屋を暖めるには、十分なパワーといえます。

まとめ

ストーブは、燃料になるものも種類によって「電気・ガス・石油」の3種類にわかれます。

お部屋全体を暖めたいのであれば、ガスストーブか、石油ストーブがおすすめです。

足元や脱衣場等、スポット利用は電気ストーブがおすすめです。

おしゃれなデザインのものがたくさん販売されているため、お部屋の雰囲気にぴったりとマッチする素敵なストーブがきっと見つかります。

ストーブは直接空気を暖めるため、熱源がかなり高熱になります。

電気ストーブはもちろん、石油ストーブやガスストーブは特に、取り扱いを間違えると、大火災や事故の原因になりますので注意が必要です。

ストーブを購入して使う場合は、必ず取扱説明書を読み正しく使用するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました