賢くためておトクに使おう!楽天ポイントの貯め方と楽天ポイントが貯まる楽天カードをご紹介

楽天ポイント 貯め方

商品の購入やサービスの利用、あるいは来店回数などに応じたポイントが付与されるポイントサービス。
その中でも楽天ポイントはポイントの貯まりやすいサービスとして知られています。

そこで今回は、「楽天ポイントがどんなポイントサービスなのか」や「楽天ポイントが貯まる楽天カードについて」、さらに「楽天ポイントの賢い貯めかた」などを紹介していきます。

楽天ポイントってどんなポイント?

楽天ポイントは、楽天グループの各種サービスをはじめ、提携先加盟店での商品購入代金や利用料金に応じて付与されます。
このほかにも楽天グループサービスの利用やキャッシュレス決済の利用、クレジットカードの利用、アプリの利用などで貯まります。

貯めて使えるポイント

楽天ポイントは、100円の利用につき、いつでも1ポイントが貯まります。
さらに楽天市場でのお買い物なら100円につき3ポイント貯まるのでよりおトクです。

貯まったポイントは1ポイント=1円として、お買い物やさまざまなサービスに利用できます。

ポイントが貯められる提携店

楽天ポイントは「楽天市場・楽天モバイル・楽天トラベル」といった楽天グループのサービスを利用することで貯めることができます。

さらに、2014年からは楽天グループと提携している街の加盟店でもポイントが貯まるようになりました。
加盟店は現在も増加中で、目印は店頭の楽天ポイントの「R」マークが入ったステッカーやポスターです。

ポイントを使えるお店

楽天ポイントが使えるのは、楽天グループのサービスや提携の加盟店です。

また、加盟店の業種は多岐にわたり、コンビニやガソリンスタンド、ドラッグストア、スーパー、飲食店、家電量販店、ネット通販などさまざまです。

楽天ポイントも貯まる楽天カードとその種類

「楽天カードマン」でもおなじみの楽天カードは「楽天グループ」が発行するクレジットカードです。

2009年より12年連続でクレジットカード部門の顧客満足度1位を獲得しており、多くの利用者から評価されています。

また、楽天グループが展開するサービスは70を超え、「楽天経済圏」とも呼ばれます。

それらのグループ内で楽天カードを活用すれば楽天ポイントも貯まり、よりおトクにお買い物ができます。
サービスの種類も豊富なのでニーズに応じて選ぶことが可能です。

楽天カード

楽天カードのなかでもっともスタンダードなカードです。
年会費が永年無料なので、クレジットカードの利用が初めてでも安心して使えます。
カードは好みのデザインから選ぶことができます。

楽天PINKカード

楽天カードの特徴はそのままに、4つのかわいいデザインが用意されたカードです。

また、「楽天グループ優待サービス」やライフスタイル応援サービス「RAKUTEN PINKY LIFE」、女性のための保険「楽天PINKサポート」など、特に女性にうれしいカスタマイズ特典が満載されています。

楽天ゴールドカード

毎月楽天市場で1万円以上お買い物をする方におすすめのカードです。
楽天市場での利用でポイントが2倍になります。
年間2回までなら国内空港ラウンジや一部海外空港ラウンジの無料利用も可能です。

楽天プレミアムカード

利用者自ら申し込みが可能なカードとしては、楽天カードのなかでもっともランクの高いカードです。
無料で発行できる「プライオリティ・パス」は世界148カ国、600以上の都市や地域の1,300カ所以上で空港ラウンジを利用することができます。
さらに、ライフスタイルにあわせて「楽天市場コース」、「トラベルコース」、「エンタメコース」といった優待コースの選択も可能です。

楽天銀行カード

楽天カードと楽天銀行のキャッシュカードが一体となったカードです。
1枚で現金の引き出しからカード支払いまでできるので、お財布の中身をすっきりさせたい方におすすめです。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ポイントだけでなくANAマイルも貯まるカードです。
空港カウンターでの搭乗手続きが不要で、搭乗までの時間を短縮できるスキップサービスが利用できます。
年会費は初年度無料、2年目以降も年1回利用すれば550円の年会費が無料になります。

楽天カード アカデミー

楽天学割の機能もある18歳〜28歳の学生限定のカードです(高校生は対象外)。
楽天市場の送料無料クーポンのほか、楽天市場や楽天ブックスのポイント還元キャンペーンが利用できます。
卒業などで対象外になると自動で通常の楽天カードに切り替わります。

アルペングループ楽天カード

スポーツ用品販売チェーンアルペングループとの提携カードです。
楽天ポイントとアルペンポイントがダブルで貯まります。このため、アルペングループの店舗を利用する方にはおすすめです。

楽天カードみちのく銀行デザイン

カード利用支払い口座として「みちのく銀行口座」を設定すると、楽天ポイントが貯まるカードです。
機能は通常の楽天カードと同様ですが、ブランドはマスターカードのみとなります。

楽天カードゆうちょ銀行デザイン

カード利用支払い口座として「ゆうちょ銀行口座」を設定すると、楽天ポイントが貯まるカードです。
ブランドはマスターカードとVISAから選べます。
ゆうちょ⼝座で給与の受け取りや毎⽉一定の⽀払いがある方におすすめです。

楽天カード西友デザイン

楽天ポイントカードや楽天Edyの機能を搭載した「西友オリジナルデザイン」のカードです。
楽天市場の利用ポイントがいつでも2倍になるほか、西友をはじめとした対象店舗なら楽天ポイントがさらに貯まります。
ブランドはVISAのみとなります。

楽天カードの作り方

楽天カードの作り方は非常にシンプルです。
免許証のコピーや印鑑などは不要で、24時間スマホやパソコンから申し込むことができます。

楽天カード作成の流れ
  • 申し込み
    1.公式サイトから申し込み

    楽天カードの申し込みをおこなうにはまず公式サイトにアクセスし、楽天アカウントを作成のうえ、楽天IDを発行します。

  • ブランド
    2.ブランドを選択

    カードの種類によって異なりますが、楽天カードはVISA、マスターカード、JCB、アメックスの4つのブランドを選択できます。

  • カード
    3.カードを選択

    自身のニーズに合わせて上記の種類からカードを選びます。

  • 情報
    4.個人情報を入力

    名前や年齢、住所、勤務先、年収など求められた個人情報の入力をおこないます。

  • 楽天Rdy
    5.楽天Edyの機能の有無を選択する

    楽天カードでは楽天Edy機能の有無も選択できます。
    楽天Edyはプリペイド型の電子マネーです。

  • 口座
    6.金融機関の口座番号を入力

    利用料金が引き落とされる口座の設定をします。
    ここまでで申し込みは完了です。

  • 審査・発行
    7.審査とカード発行

    審査に通過すると1〜2週間程度で楽天カードが自宅に届きます。

楽天ポイントの賢い貯め方

ここからは、よりおトクになる楽天ポイントの賢い貯め方について詳しくみていきましょう。

楽天カードをつくるとき

楽天カードには、新規入会時に特典として常時ポイントが付与される仕組みがあります。

通常獲得できるのは5,000ポイントですが、キャンペーン開催時には7,000ポイントや8,000ポイントを獲得できる場合もあります

より多くのポイントを獲得するためには、こまめに公式サイトをチェックし、キャンペーンのタイミングで楽天カードへの入会がおすすめです。

楽天カード入会特典

通常時の特典となる5,000ポイントのうち、2,000ポイントは楽天カード入会の際に付与されます。

ただし、ポイントの獲得には「楽天e-NAVI」の登録が必要です。登録が完了すると、楽天ポイント口座に2日前後でポイントが付与されます。 

「楽天e-NAVI」とは、カードの利用状況の確認や、分割払いの設定などをおこなう会員専用のオンラインサービスです。

楽天カード利用特典

入会特典の5,000ポイントのうち残りの3,000ポイントは、

  • 申込日の翌月末までに楽天カードでお買い物を1回以上する
  • 翌々月25日までに口座振替設定完了する

上記の双方を満たした場合に付与されます。

このため、条件を満たさないと自動的にポイントが失効してしまうので注意が必要です。

また、キャンペーンなどにより7,000ポイントや8,000ポイントが付与される際には、こちらの利用特典が増額されます。

提携店舗や加盟店で購入するとき

提携店舗や加盟店での商品購入、サービスを利用する場合でも、楽天ポイントはさまざまな方法で貯めることできます。

クレジットカードで支払う

提携店舗や加盟店を利用する場合は、楽天カードが断然おトクです。

楽天カードを提示するだけで楽天ポイントが貯まり、決済も合わせてすればポイントの二重取りも可能です。

さらに、提携店舗や加盟店以外で決済しても1%のポイント還元が受けられます。

提携店舗や加盟店で購入する

提携店舗や加盟店の多い楽天ポイントは、街中のお買い物でもザクザク貯まります。

全国の提携店舗や加盟店で入手できる無料の「楽天ポイントカード」や、無料ダウンロードできる「楽天ポイントカードアプリ」の利用が可能です。

楽天ペイでの支払い

楽天ペイは、楽天会員が利用できるQRコード決済です。

100円につき1ポイントの付与は他とかわりませんが、楽天カードと紐づけてチャージすれば、還元率が1.5%に上昇します。

また、事前に楽天ポイントカードを提示しておけば、楽天クレジットカード同様にポイントの二重取りが可能です。

楽天市場で購入するとき

楽天市場の利用では、楽天ポイントがさまざまなタイミングで貯まります。
さらに還元率がアップするタイミングを狙えばより効率的です。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)を利用する

SPUは、楽天市場を利用するほどポイントの還元率がアップするプログラムです。

たとえば、SPU対象の楽天カードの場合、カード利用分で1%、楽天市場の利用で1%、さらに楽天カード特典分で1%の合計3%が還元されます。

また、SPUは楽天モバイルや楽天トラベルなど、さまざまな楽天関連サービスを利用している場合にも還元率がアップします。

お買い物マラソンに参加する

楽天市場では、ポイント還元率がアップするイベントが複数開催されます。そのひとつが「お買い物マラソン」です。

お買い物マラソンでは、楽天市場に出店しているショップを複数利用することでポイント倍率がアップします。

5と0の付く日に購入する

毎月5と0のつく日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)に、楽天市場を利用すると、ポイントが最大5倍になります。

参加条件は、エントリーと楽天カードでの決済で、「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」を利用すれば、ポイントが最大7倍になります。

楽天スーパーDEAL品を購入する

楽天スーパーDEAL」は、2014年にスタートした楽天市場の会員限定のサービスです。

対象商品は、最大50%と非常に高い還元率でポイントが付与されます。

また、スーパーDEAL対象商品のみを取り扱う「楽天スーパーDEALショップ」もあります。

楽天が優勝した時に購入する

2013年にプロ野球球団「楽天イーグルス」がリーグ優勝した時には、最大ポイント82倍の「楽天日本一大セール」が開催されました。

現在でも、シーズン中に「楽天イーグルス」のほか、サッカーJリーグ「ヴィッセル神戸」が試合に勝利した際には、「勝ったら倍キャンペーン」が開催されています。

楽天のアプリの利用で貯める

「貯めやすくて、使いやすい」楽天ポイントは、ポイントを活用して節約などに役立てる「ポイ活」の対象としても人気です。

なかでも、以下で紹介する楽天が運営するサイトを利用したポイ活は手軽でおすすめです。
また、これらのサイトは無料のアプリ経由で利用できます。

楽天インサイト

商品やサービスの企画・開発をおこなう企業のアンケートに答えたり、グループインタビューに参加することでポイントが付与されるアンケートサイトです。
初回登録で40ポイント、その後はアンケートに答えるだけでポイントが獲得できます。

楽天ポイントモール

ゲーム感覚で楽天ポイントが貯められるポイントサイトです。
商品の購入やサービス利用でポイントが貯められるだけでなく、10種類のゲームを楽しみながらポイントを獲得することができます。

楽天ウェブ検索

楽天ポイントが貯められる検索サービスです。
ウェブや画像、動画、さらに楽天市場の商品を検索することでポイントが貯まります。
ツールバーをブラウザにインストールすることで利用できます。

楽天ポイントを増やす別の方法

上記以外にも、楽天ポイントを増やすには、さまざまな方法がありますので紹介していきます。

楽天リーベイツを利用する

できるだけ多くのポイントを獲得する方法として、ポイントサイト経由で楽天市場の商品の購入やサービスを利用する方法もあります。

楽天リーベイツは、有名ブランドやショップの公式サイトを利用して商品を購入しても楽天ポイントが付与される、楽天が運営するサービスです。

人気のストアや日頃利用しているストアも、楽天リーベイツを経由することで楽天ポイントを貯めることができます。

ポイントサイトを利用して購入する

ポイントサイトは、楽天が運営する楽天リーベイツ以外にもたくさんあります。

外部のさまざまポイントサイトを利用すれば、ポイントの二重取りや三重取りが可能な場合もあり、よりおトクにお買い物ができます。

獲得したポイントは、現金やギフトカード、電子マネーなどに交換することができます。

固定費などの引き落としを楽天カードにする

電気代やガス代、スマホの利用料金といった生活の基盤である「固定費の支払い」に楽天カードを利用することでも、楽天ポイントが貯まります。

固定費を楽天カードで支払いたい場合は、「楽天でんき」「楽天ガス」「楽天モバイル」などの楽天のサービスを活用します。

ふるさと納税を利用する

ふるさと納税も楽天ポイントを貯めるチャンスです。
楽天市場のふるさと納税サイト「楽天ふるさと納税」なら、楽天市場でのお買い物同様、100円の寄附金額に対して1ポイントが付与されます。

スキマ時間を利用したポイント貯蓄をする

スキマ時間を利用した楽天ポイントの獲得方法は、上記で紹介した「楽天関連のアプリの活用」や「楽天リーベイツ」以外にも複数あります。

広告を閲覧するだけで楽天ポイントが獲得できる「スーパーポイントスクリーン」や、メールに記載されたURLをクリックすることで楽天ポイントが獲得できる「メールdeポイント」などもポイ活に利用されています。

また、対象商品を購入した際のレシートを撮影して送信するとポイントがもらえる「楽天Pasha」や、さまざまな店舗で利用できるチェックインアプリ「楽天チェック」も手軽でおすすめです。

まとめ

楽天グループは、幅広いサービスを提供していることから、楽天ポイントも貯めやすいのが特徴です。

また、ポイントがより貯めやすく使いやすい「楽天カード」は、楽天ポイントを活用するうえでマストアイテムといっていいでしょう。

さらに、楽天ポイントは、お買い物以外でもポイントを貯められる様々なな仕組みがあります。

この記事で紹介した方法を活用してこまめにポイントを貯めると、家計の節約などに役立つのでぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました