簡易OEMを利用して「せどり・転売」からより安定した「小売」へと形態転換する方法

こんにちは!
カナちゃんです。

物販には「せどり・転売」と「小売」があります。

「せどり・転売」は物販の入り口で、成長し、安定していくと「小売」になっていきます。

「せどり・転売」は「労働時間≧売上」となりやすい物販の形です。

一方で「小売」は「労働時間≦売上」となりやすい物販の形であるため、「せどり・転売」から「小売」を目指す人は非常に多くなっています。

しかしながら、「小売」になるには様々な選択肢やハードルがあり、思うようにいかないのもまた事実です。

今回は「小売」物販を行う方法と、行う上でおすすめの「OEM」について見ていきたいと思います!

小売物販をするまでの壁


小売物販を行うには、まずは卸・問屋・工場から商品を仕入れる必要があります。

そういった目的を持つ方向けのサイトがあって便利な一方で、

  • 手数料やシステム利用料がかかる
  • ロット数(1注文当たりの購入数)が多い

などなど、まとまったお金が手元にないと進めにくいという壁があります。

また、上記の壁をクリアしやすい中国輸入という方法がありますが、

  • 製品の質が担保されない
  • 輸入する上での関税周りが面倒
  • 注文時の言語や法律周りの壁が分厚い
  • 商品の到着まで時間がかかるためキャッシュフローが追い付かない

といったような壁があり、最終的に専門の業者を挟まないといけない場合が多いため、総コストはあまり変わらないのが実情です。

カナちゃんは昔やってみようと思ったのですが、ロット数の問題から在庫リスクが怖くてやめました|ω·`)

カナちゃんおすすめのサービスはこちら

壁を越えた先にある壁

先述の壁を越えたら、いざ販売開始!なのですが、順風満帆にいくとは限りません。

同じような商品は世の中に溢れていますし、他の人と「同じもの」を売ってもすぐに売れにくくなります。

そうなってしまったらあとは「広告」と「マーケティング」での戦いです。

・出品先、モール内で広告費をかける
・より見え方のいい写真を載せる
・商品名、商品説明に凝る

などなど…

しかしながら、これは知識やセンスの問題ですし、難しいところですね(´・ω・`)

OEM・簡易OEMで解決!

先述の問題に対して有効なのが「OEM・簡易OEM」です!

OEMとは「自身が企画、設計した商品を海外の工場で製造すること」です。

簡易OEMは「すでに企画、設計された商品にブランドロゴなどを入れて生産すること」を指します。

OEMのメリット・デメリット

GOOD?
・思い通りの「新商品」を作ることができる
・完全オリジナル商品が出来上がるため、その商品のプライスリーダーになれる
・利益率が高い
・クラウドファンディングを活用することで、マーケットプレイスに依存しない物販が可能
・キャッシュフローが非常に良い
BAD?
・初心者には心理的ハードルが高い
・高い発想力が求められる
・商品に関する打ち合わせなどが発生するので手間
・ロット数問題がある
・実際売れるかどうかは神のみぞ知る

簡易OEMのメリット・デメリット

GOOD?
・ベースはすでに販売されている商品なので一定の質が担保できる
・ベースはありつつもオリジナル商品となるため、その商品のプライスリーダーになれる
・そこそこの利益率は確保可能
・キャッシュフローが非常に良い
BAD?
・ロゴを入れる費用がそこそこ高い
・実際売れるかどうかは神のみぞ知る

といった感じです。

上級者にはOEM、初心者には簡易OEMが向いているのではないでしょうか。

とはいえ、案外BAD項目が多いのが気になるところ|ω·`)

そこでおススメするのがラクスルの【ノベルティ制作サービス】です! ‹‹\(´ω` )/››‹‹‹\( ´)/››‹‹\( ´ω`)/››

ラクスルの【ノベルティ制作サービス】はこちら

簡易OEMするならラクスルの【ノベルティ制作サービス】!

印刷会社として近年高い知名度を誇る株式会社ラクスルが展開中の「ノベルティ制作サービス」

ラクスルの「ノベルティ制作サービス」は、

・依頼から納品までが超早い
・制作対象商品の品揃えが3000種類以上・小ロットから制作が可能
・印刷代込で驚きの低価格
・全国送料無料
・初心者でも簡単

という特長があり、見事に簡易OEMのデメリットをかき消してくれるものとなっています。

ラクスルの【ノベルティ制作サービス】はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

小売物販を始めるにあたり、いろいろなやり方はありますがカナちゃんは「OEM・簡易OEM推し」です。

そして、「簡易OEM」をするならラクスルの「ノベルティ制作サービス」はメチャクチャおススメです。
それぞれのメリットやデメリットについて理解した上で、あなたにあった方法を選んでみてください。

それではまた別の記事で!ほなまた(´ω`)ノ

タイトルとURLをコピーしました