【初心者必見】せどりで稼ぐ!おすすめの販売先を徹底解説

せどりを始めてみたけれど「売上が伸び悩んでいる」「どこの出品先が良いのかわからない」などのお悩みを抱えていませんか?

今回は、せどりの利益を左右する販売先について具体的に解説した上で、利益獲得に最適なおすすめの販売先を詳しくご紹介します。

せどりの販売先の種類

せどりで仕入れた商品の販売先には、複数の選択肢があります。

あなたがせどりで最大限の利益を獲得するためには、最も適した販売先に商品を出品する知識を養うことが重要です。

最初に、販売先の種類や特徴をそれぞれご紹介していきます。

フリーマーケット

不用品やオリジナル商品の販売先として知られるフリーマーケットは、せどりの代表的な販売先のひとつです。昨今ではオフラインのフリーマーケットに限らず、フリマサイトでの出品が主流になりつつあります。

フリマサイトでは、商品の写真と説明を登録すれば、誰でも簡単に希望価格で商品を出品できます。購入者とダイレクトにやり取りできるため、価格交渉もし易く、商品が売れるまでのスピード感も比較的早い特徴をもちます。

オークションサイト

オークションサイトでは、稀少な商品を高額で販売できます。

フリマサイト同様、商品の写真や情報を登録した上で、希望価格を入力すれば誰でも簡単に出品することが可能です。

オークションサイトに出品すると、国内外問わず各地の購入希望者から商品を見てもらえる点がメリットのひとつ。最も高値で商品を売却できる可能性が高く、高利益が見込めます。

ECサイト

国内の大手ECサイトでは、小売店が販路拡大のために商品を出品している印象が強いのではないでしょうか。しかし実は、せどりの販売先として活用している方も少なくありません。

ECサイトに登録した上で、各サイトの諸条件を満たせば、誰でも出品できます。

また、大手ECサイトによっては在庫管理や配送代行など、せどりを行う上で有効なサービスを提供している企業がある点も特徴のひとつ。商品の在庫を抱える面積を確保しづらい方、業務を外注して効率化したい方におすすめの販売先といえます。

海外のECサイト・オークションサイト

海外のEC・オークションサイトは、国内と比較して圧倒的に利用者数が多い点が特徴です。集客力が高いので、あなたの商品が売れるチャンスも相乗して上がることでしょう。

しかし、サイトへの登録や出品などの事務手続きをはじめ、購入者対応や発送先も全てが海外仕様となるため、必要最低限の語学力や知識が必要となります。また、為替変動の影響も受けるため、金融面での市場調査も欠かせません。

せどり初心者が挑戦するにはハードルが高いですが、留学・駐在経験をもつ方や語学力がある方には適している場合もあります。日本製品は海外人気も高いので、言葉の壁を乗り越えられれば、海外EC・オークションサイトはブルーオーシャンといえるのではないでしょうか。

おすすめのせどり販売先 4選

この章では、せどりでおすすめの販売先を厳選してご紹介します。

具体的なおすすめの販売先は、以下4サイトです。

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • Amazon
  • イーベイ

せどり初心者向けの販売先から始まり、後半になるに連れて徐々に上級者向きに展開しています。

下記では、それぞれのサイトの特徴や強みを詳しくご説明します。

この章を読めば、あなたのレベルに応じた販売先がきっと見つかるはずです。

メルカリ

「メルカリ」は国内の大手フリマサイトです。誰でも簡単に商品を出品・購入でき、個人情報を登録するだけでサービスを利用できます。

出品は無料ですが、商品が売れた際には販売額の10%が手数料として差し引かれます。

メルカリの特徴は、匿名配送が可能なこと。つまり、あなたの個人情報を伏せた状態で購入者とやり取りできるため「自宅や氏名を悪用されたら怖い」などのお悩みを抱える必要がありません。

無料でサービスを利用できる上に、取引はメルカリ事務局が取り持ってくれるので、初心者でも安心して使える販売先のひとつです。

ヤフオク

「ヤフオク」は、Yahoo!が提供する大手オークションサイトです。誰でも簡単に登録してサービスを使用でき、オークションサイトならではの高額利益も見込める点が魅力です。

稀少な商品を出品する場合、なるべく高値で販売したい場合に特におすすめの販売先といえます。

また、ヤフオクで商品が落札された際には、以下の手数料がかかります。

Yahoo!プレミアム会員の場合 非会員の場合
商品が落札されたとき 落札価格の8.8%(税込) 落札価格の10%(税込)

上記表のように、Yahoo!プレミアム会員登録をしていると、手数料が若干お得になります。Yahoo!プレミアム会員登録は、月額508円(税込)の有料サービスです。会員になると、Yahoo!グループの買い物やサービス利用で都度ポイント還元が行われます。

もしあなたがYahoo!を日常的によく利用していたり、ヤフオクを頻繁に活用したりする場合は、Yahoo!プレミアム会員に登録するとさらにお得になることでしょう。

Amazon

「Amazon」は国内外問わず、人気・知名度の高い大手ECサイトです。集客力も高いため商品が売れやすく、せどり初心者から上級者まで広く愛されているサイトではないでしょうか。

せどりでAmazonが人気な理由のひとつは、「FBA」という有料の代行サービスです。商品を納品すると、在庫管理から購入者への発送に至るまでの一連の業務はもちろん、購入者からの問い合わせ対応まで網羅的に代行してもらえます。

ただし、Amazonは出品するための手数料の高さを懸念する声も少なくありません。

具体的には、1品ごとに手数料のかかる「小口出品」もしくは月額制の「大口出品」のいずれかから選択します。

それぞれの価格の違いは、以下の通りです。

  • 小口出品:1出品ごとに100円+販売手数料
  • 大口出品:月額4,900円+販売手数料

つまり、月に49回以上出品する場合は、大口契約をした方がお得でしょう。

さらに販売手数料は商品ごとに異なり、おおむね販売額の8%~15%が出品手数料に上乗せされます。

また、Amazonは出品できる商品の規制も厳しい特徴をもちます。

たとえばCDやDVD、家電系メーカー品、玩具など、フリマサイトやオークションサイトで当たり前のように取引されている商品も規制対象なのです。

しかし、Amazon自体が規制の詳細を全て公開しておらず、規制対象品は膨大な量なので事前に覚えきることは不可能でしょう。大まかな対象品は公式サイトで公開されているので、逐一確認しながら出品申請を行う手間がかる点はデメリットといえます。

eBay

「eBay(イーベイ)」は、世界最大級の集客力を誇るアメリカの大手EC・ネットオークションサイトです。せどりで上級者からは「日本では売れづらい商品も売れる」との声が挙がっています。

国内のeBay利用者からの声にもあるように、eBayでは日本ならではの商品が売れやすい傾向にあります。つまり、国内で見慣れた競合の多い日用品や安価に仕入れられる100円ショップの便利グッズなど、日本製の商品が売れるチャンスが多い点が特徴です。

ただし、海外サイトなので、サービス利用時や発送先は海外が対象です。そのため、語学力や為替変動の知識を身に着ける必要がある点を心得ておきましょう。

あなたが英語圏の手続きに馴染みがあり、為替の値動きも敏感に得られる状態であれば、利益を見込めるサイトといえます。

最適な販売先を選んで利益を伸ばそう!

せどりで利益を獲得するためには、最適な販売先を見極めて出品することが重要です。

しかし、初心者の方の場合は、販売先の選択肢がよくわからなかったり、出品途中で疑問が浮かび困ってしまったりするケースもあるでしょう。

もしあなたが一人きりで出品に苦戦しているようであれば、オークファンの初心者向けセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。せどりのプロが基礎知識をわかりやすく教えてくれる上に、情報交換ができるせどり仲間を増やすことができます。

あなたの利益獲得の選択肢を広げるための強力なサポートなるはずです。

タイトルとURLをコピーしました