韓国せどりで稼ぐ方法は?おすすめの仕入れ先やメリット・デメリット

韓国せどりを始めたいけれど「仕入れ先を知りたい」「現地に行って何を買えば得かがわからない」など疑問を抱えていませんか?

今回は、韓国せどりのメリット・デメリットを具体的に解説した上で、利益を獲得しやすい商品とおすすめの仕入れ先について網羅的にご紹介します。

韓国せどりとは?

韓国せどりとは、名前の通り韓国で商品を仕入れて国内で販売するせどりのことです。

昨今では、韓国の文化や流行が日本でも注目を集める傾向にあり、韓国でしか手に入れることができない商品の需要は年々高まりつつあります。

韓国せどりのメリット・デメリット

韓国は日本から短時間で足を運べる国です。物価も比較的安く身近な印象ですが、せどりの仕入れ先として選ぶにはいくつかのデメリットもあります。

この章では、韓国せどりのメリット・デメリットについてご説明します。

メリット

日本よりも物価が安い

韓国は、日本に比べて全体的に物価が安い傾向にあります。そのため、初期費用が少額でもせどりを始めやすく、手頃な価格帯で大量の商品を仕入れやすいです。

同じ商品でも日本より韓国の方が安価で購入できるなど、物価の安さから差額分の利益を生み出しやすい点も魅力のひとつ。

日本から短時間で行ける

日本から韓国へは、飛行機に乗って片道2時間程度で到着します。大阪や福岡などから搭乗すると、さらに短い移動時間で済むでしょう。

日本国外から商品を仕入れる場合は、現地での買い付けが難しかったり、輸送費がかかったりと費用も時間もかさむケースが少なくありません。

しかし、韓国せどりの場合は現地に足を運びやすく、韓国限定発売の商品も直接仕入れやすい点が大きなメリットです。日本人の観光客も多く、現地の店員さんとコミュニケーションをとりやすい点も魅力といえます。

現時点では競合が少ない

韓国せどりは、比較的まだ競合が少ない傾向にあります。売り手のライバルも少ないため、値下げ競争でライバルと争う必要がなく利益を獲得しやすいでしょう。

最近では国内で韓国の文化がトレンドとなる影響もあり、コスメやアパレルなど市場に出回る韓国製品も増えてきました。

しかし、まだまだ開拓されていないジャンルも多いため、国内に出回っていない韓国製品のせどりは利益を獲得しやすいでしょう。

デメリット

渡航の手間がかかる

韓国現地に仕入れに行く場合は、往復の渡航費と移動時間を要します。

国内の店舗を買いまわるせどりと比べて、時間もお金もかさむ点はデメリットといえるでしょう。

商品を持ち帰る手間がかかる

大量に商品を仕入れても、飛行機に乗せきれない場合は船便の配送料がかかります。

国内の店舗仕入れと違って、車で買いまわって自宅まで直接運べない点はデメリットといえるでしょう。

飛行機に乗せきれない商品は、店舗やホテルから郵送することになり送料で赤字になる可能性もゼロではありません。

現金支払いのみの店舗もある

韓国にも小さな問屋が密集した“問屋街”のようなエリアが存在します。

安価で大量に商品を仕入れたい場合に足を運ぶかと思いますが、お店によってはクレジットカードが使えない小規模な店舗もあるので注意しましょう。

現金払いのみの可能性も考慮しながら仕入れを行う必要があるので、手間がかかる点は否めません。

競合が増える可能性が高い

冒頭でも軽くご紹介した通り、韓国の文化は日本でもトレンド化する傾向が根強くなっています。そのため、せどり・転売業界でも韓国商品を取り扱う競合は増えており、韓国のマーケット自体も日本への進出に積極的な現状です。

今後、さらに競合が増える可能性が高い仕入れ先といえるでしょう。

韓国せどりおすすめ商品は?

せどりで利益を獲得するためには、利益率を意識した仕入れを行うことは鉄則です。

韓国せどりの場合は、需要が高い商品を安価で大量に仕入れる方法も利益獲得の勝ち筋となるでしょう。

この章では、韓国せどりでおすすめの商品を理由とともに具体的にご紹介します。

韓国コスメ

韓国コスメは、低価格帯でトレンドを抑えた商品ラインナップが好評。日本でも人気が高く、今では全国展開のバラエティショップにも当たり前のように並ぶようになりました。

単価が安く現地でしか取り扱いのない商品も多いため、大量仕入れで一定の需要を確保できる点もおすすめの理由です。

ただし、韓国コスメを輸入・販売する場合は「化粧品製造販売業許可」が必要なので注意しましょう。

韓国コスメを輸入・販売する際は、お住まいの都道府県の薬務課で「化粧品製造販売業」と「化粧品製造業」の申請が必要です。医薬品医療機器等法によって定められている決まりなので、違反しないようご注意ください。

アパレル商材

韓国コスメ同様、韓国のファッションも日本で広く注目を集めています。また、日本のアパレルブランドが韓国で商品を仕入れるケースも多いため、日本で買うよりも安価で同じ商品を入手できる点も魅力といえます。

韓流アイドルグッズ

K-POPが日本で浸透している影響もあり、韓国のアイドルグッズも需要が高いおすすめのせどり商品です。日本進出前のアイドルをチェックしている国内のファンも多いため、現地でしか手に入れられない貴重なグッズはプレミア価格で取引される場合もあります。

日本未発売・韓国限定商品

SNSでの流行をきっかけに、韓国でしか取り扱いのない限定商品や日本未発売商品への注目も集まっています。前述のコスメやアイドルグッズ以外にも、SNS映えするカラフルなスイーツなど商品のジャンルは多岐に渡ります。

人気商品はAmazonなどで高値で取引されているケースも多く、高利益が見込めます。

韓国せどりでおすすめの仕入先

せどりで利益を獲得するために重要なポイントのひとつは、事前リサーチ力です。

この章では、韓国現地に足を運ぶ場合や電脳せどりで抑えておくべきおすすめの仕入れ先を具体的にご紹介します。

店舗せどり

商品ジャンル コスメ アパレル商材 韓流アイドルグッズ
エリア ・東大門(トンデムン)
・明洞(ミョンドン)
・東大門(トンデムン)
・南大門(ナンデムン)
明洞(ミョンドン)
特徴 東大門はコスメ・ファッションのトレンド発信地
東大門の大型商業施設「東大門デザインプラザ」の周辺に
数々のショッピングビルが密集しており、
韓国のトレンド商品を仕入れやすいエリアです。
また、お土産スポットとして有名な明洞にも
韓国コスメの店舗が多数並んでいます。
東大門に並び、南大門はアクセサリー雑貨の
取り扱いも豊富なエリア。
アクセサリー雑貨などアパレル商材を
強化したい場合は南大門もおすすめです。
昔ながらの小さな卸売店もあるため、
価格交渉できる点もおすすめの理由のひとつ。
ソウルの代表的な繁華街明洞は、
飲食店やお土産スポットも多く、
韓流アイドルのグッズも数多く並んでいます。
現地でしか買えないCDやDVDなどもあるので、
アイドルグッズの仕入れに最適です。
おすすめの店舗・理由 明洞では、日本でも馴染みのある
「SKIN FOOD」や「MISSHA」、「TONYMOLY」などの
1号店が並んでいます。
他にも人気コスメブランドの店舗が多いので、
日本未発売の商品や限定商品を見つけやすいでしょう。
東大門の「USビル」は、
深夜でも仕入れができるため特におすすめです。
韓国のトレンドを抑えた商品を
多数取り扱っているため、
日本でも人気に火が点きそうな
アイテムを見つけやすいでしょう。
「明洞CD&DVD」では、
韓流アイドルグッズが豊富に並んでいる店舗です。
CDやDVDは安定した需要があり、
廃盤前に仕入れておくと
将来的な高価値付けも期待できます。

電脳せどり

商品ジャンル コスメ アパレル商材 飲食・家電など多ジャンル
店舗名 Qoo10 DHOLIC GMarket
URL https://www.qoo10.jp/ https://www.dholic.co.jp/ http://www.gmarket.co.kr/
おすすめの理由 日本でも知名度の高いECサイト。
コスメはもちろん、アパレル商材や
インテリア雑貨も取り扱いがあります。
日本語表記もあるため商品を仕入れやすく、
「メガ割」と呼ばれる定期開催の
大型セールも人気です。
日本でも実店舗を展開している
人気ブランドのECサイト。
コンスタントにセールを開催しており、
価格帯が手頃なタイミングを
見計らって仕入れる方法がおすすめです。
韓国現地の方々からの
知名度が圧倒的に高いECサイト。
飲食や家電からファッション・コスメに至るまで、
取り扱い商品の豊富さが魅力です。
以前は日本語対応していませんでしたが、
現在は日本語対応しているため
使いやすくなった点も
おすすめの理由のひとつ。

韓国せどりは初心者にもおすすめ

韓国せどりは現地に足を運びやすく、比較的安価に商品を仕入れられる点が魅力です。日本でも韓国のトレンドは流行しやすいので、市場調査も行いやすい点も身近だといえるでしょう。

しかし、韓国のマーケットが日本へ進出している影響もあるため、以前と比べて競合も増えており、独自調査だけで利益を獲得することが難しくなってきてはいないでしょうか。

一人きりで韓国せどりに伸び悩んでいる方は、オークファンで市場調査や価格変動をチェックしながら、せどりセミナーに参加してみる方法もおすすめです。せどりの基本的な知識を改めて学びながら、せどり仲間を増やすことで最新情報を手に入れやすくなります。

あなたが韓国せどりでより利益を伸ばすためのサポートとなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました