商品配送に影響!普通郵便の土曜配達が停止

こんにちは!

ネットオークション・ネットフリマアドバイザーの川崎さちえです。

普通郵便の土曜配達がなくなる

2021年10月から郵便局の普通郵便やゆうメールで送った場合、土曜日の配達がなくなることになります。しかも配達するまでの日数も今よりも1日プラスされるので、フリマアプリへの影響も多少なり出てくる可能性があります。

PayPayフリマに関しては、普通郵便を使う配送方法がないので良いのですが、メルカリの場合には送料を考えて出品者が普通郵便を選ぶことも少なくありません。そうすると10月以降の変更の影響受けるので、あらかじめこの制度を知っておくことが大切になってくるでしょう。

具体的にどう変わる?

2021年10月以降郵便局で変わるのは、普通扱いとする郵便物・ゆうメールです。「普通扱いとする郵便物・ゆうメール」というのは、書留や速達などのオプションサービス(特殊取扱)を付加しないもののこと。それが土曜日配達がなくなり、届くまでの日数が1日程度繰り下がることになります。

今回の変更で影響を受けないのは、ゆうパック、ゆうパケット、レターパックプラス、レターパックライト、クリックポスト、速達、書留、簡易留等です。これに関しては今まで通り土曜日の配達もありますし、基本的には翌日に配達されることになります。

ということはメルカリの「ゆうゆうメルカリ便」に関しては、変更がないことになります。ゆうゆうメルカリ便はゆうパケット、ゆうパケットプラス、ゆうパックだからです。

特に気をつけなければならない曜日は?

一方でメルカリでは普通郵便が使えるので、これに関しては配達日が遅れる可能性を考えておく必要があります。今現在月曜日の17時までに差し出すと、火曜日に配達される地域に送るとしましょう。10月以降は配達日が水曜日になります。

特に気をつけなければならないのは木曜日です。今現在木曜日の17時までに差し出すと基本的には金曜日に配達されますが、10月以降は配達までの日数が1日増えて、さらに土曜日に配達されないので最短での配達は月曜日になってしまいます。

受け取り評価に影響はないのか

配達が遅れることによって受取評価をされるタイミングも遅くなるので、出品者はイライラすることもあるかもしれません。当然普通郵便は追跡ができないので、今の配達状況が確認できないこともあり不安になる可能性もあるでしょう。でも配達までの時間をかかることになったことを知っていれば、このような不安も解消されますよね。

制度上配達が遅れるのは仕方がありません。もし不安だったりイライラしてしまうのであれば、普通郵便以外を使うことも選択肢に入れておく必要が出てきそうです。

この記事のライター
川崎さちえ

2003年、夫が育児のために退職したことを受け、家計を支えるためネットオークションを利用し始める。
家にあったさまざまな不用品を出品し、仕入れや受注生産も経験。さまざまな出品のテクニックを身に付け、ネットオークションが生活のインフラになり得ることを体感する。

近年はメルカリを中心とするネットフリマに注目。ネットオークションとは異なるノウハウを学びつつ、独自の効率的な利用方法を確立している。
NHK「あさイチ」、フジテレビ「バイキング」などの情報番組、TBSテレビ「この差って何ですか?」などバラエティー番組に多数出演。

豆知識フリマアプリで売る
スポンサーリンク
aucfan times
タイトルとURLをコピーしました