メルカリで非売品グッズを購入・出品や転売してもいいの?

メルカリ非売品グッズ購入・出品

「メルカリで非売品グッズの購入は規約違反?」

「非売品の売買で気を付けるべきことは?」

この記事では、メルカリにおける非売品グッズの扱いや取引での注意点をまとめました。

メルカリでの購入や出品を考えている人は、参考にしてください。

本サイトには広告が含まれますが、皆さまに役立つ情報を厳選の上掲載しております。

メルカリで非売品グッズの売買をしてもよい?

メルカリでは多種多様な商品が扱われていますが、「非売品を売買してよいか?」と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、メルカリにおける非売品グッズの取り扱い状況について、紹介します。

非売品グッズの売買はメルカリで認められている!

結論から言うと、メルカリでは非売品グッズの売買が認められています。

非売品とは、おまけやノベルティとして手に入れていることから、普通に売られている通常の商品ではありません。

中には、お値段がついているわけではない商品もあります。

「値段がついていないのに転売していいのかな?」と感じますよね。

しかし、販売元が売買について言及していなければ、出品や購入することに何の問題もありません。

ただし、非売品グッズに限らず、メルカリで出品が禁止されている商品は存在しています

そのため、禁止されている商品とは何なのか?をしっかり見極めましょう。

リサイクルショップで売買するよりもお得!

メルカリとは、使わなくなった商品を個人で売買するフリマアプリです。

しかし、ご近所などにはメルカリと同じように中古品を取り扱う店として、リサイクルショップが存在しています。

ところが、メルカリは以下の点から、リサイクルショップで売買するよりもお得に取引できます。

  • 出品側:リサイクルショップの買取価格以上で出品価格を設定できるため、メルカリの方が高く売れる
  • 購入側:リサイクルショップの販売価格より安い出品もあるため、商品がお得に手に入る

リサイクルショップでは、人件費や店舗を維持するための費用がかかることから、販売価格に上乗せされています。

メルカリでは販売者と購入者の直接取引であることから、そのような上乗せ費用がカットされるため、出品者と購入者の双方で料金的にお得な状態になるのです。

メルカリの規約に違反する商品は出品できないので注意

メルカリでは危険性や法的な観点から、規約で出品を禁止している商品がいくつかあります。

そのため、カテゴリーが用意されている商品の中でも、特定の条件に当てはまると出品できません。

取り扱う商品の範囲は広いですが、何でも売買できるわけでないことを覚えておきましょう。

希少価値の高いレアグッズが購入できるのもメルカリの醍醐味

メルカリでは、非売品の中でも希少価値の高いレアグッズが入手できます。

ただし、特定のレアグッズは、そもそも出品できない場合があります。

ユーザー数が多いため非売品グッズの売買も多い

メルカリは月間利用者数が2,200万人以上と、国内でも最大級のユーザー数を誇っています。

すべてのユーザーが出品者になるわけではありませんが、それでも出品数は多くなっており、非売品グッズも頻繁に出品されています。

そのため、非売品グッズの中にレアグッズの出品が出てくることも珍しくないのです。

販売元が「転売禁止」とうたうものはNG

メルカリの規約上では、非売品グッズの出品は禁止されていません。

ただし、販売元が転売や出品を禁止している場合は、出品や購入ができません。

代表的な転売禁止品として、関係者に配られるCDなどのサンプル盤や見本盤があります。

販売元から訴えられる可能性があるので、取引には出さないようにしましょう

【購入者】メルカリで非売品を購入したい!

購入者としては、非売品のレアグッズが見つかる一方で、転売禁止品や偽物など購入しない方がよい商品も混ざっています。

正しく非売品を購入するために、検索や購入時の項目を確認しておきましょう。

探していたあの商品がメルカリでみつかる?

非売品グッズには、過去の商品やノベルティだったなど、現在では入手できない商品もありますよね。

ところが、持っている人が出品すれば、あらゆるカテゴリーの商品が出品される可能性があるのがメルカリです。

メルカリのユーザー数の多さから、探していた商品が見つかる可能性があるのです。

非売品グッズを検索する方法

メルカリでほしい商品を検索する際は、商品名を入力するのが確実です。

しかし、非売品グッズの中には正確な商品名がわからない場合があります。

そんな時には、以下の単語を入れて検索してみましょう。

  • 〇〇+非売品
  • 〇〇+レア
  • 〇〇+限定品

「○○」には、非売品グッズに関連するブランドや作品名が入ります。

出品者も検索に引っかかるように工夫しているので、わからない場合は活用してみましょう。

メルカリで買えるおすすめの非売品グッズ

メルカリで買える非売品グッズの中で、おすすめの商品は、以下のとおりです。

クレーンゲームなどの景品はお金を入れて商品を入手していますが、直接購入しているわけではないため、こちらも「非売品」の1種になります。

メルカリで非売品を購入する時の注意点

メルカリで非売品を購入する時に注意したいのは、以下の点です。

  • 出品が禁止されているものは購入しない
  • 偽物でないかきちんと確認する
  • 信頼できる出品者から購入する

多くの商品や出品者は規約に則って出品していますが、中には悪質な出品やユーザーが存在しています。

出品が禁止されているものは購入しない

メルカリでは、出品が禁止されている商品が見つかり次第、出品停止や出品者のアカウント停止措置が行われます。

しかし、出品禁止物であることを誤魔化して出品する場合もあります。

このようなケースはメルカリ運営も出品直後では気付かずに、停止措置が行えない場合があります。

そのため、出品禁止物の出品を見つけても、購入しないようにしましょう。

購入したことでトラブルに巻き込まれたり、購入者にも責任が問われる可能性があります。

メルカリにおける出品禁止物の一覧は、後の項目でまとめているため、そちらを確認してください。

偽物でないかきちんと確認する

非売品グッズは、希少性の高さから価格が高くなる商品があります。

しかし、その価値を利用して偽物の非売品グッズを売り出す出品者が、少なからず存在しています。

非売品グッズが偽物か否か判断する基準として、以下の項目を確認しましょう。

  • 入手経路
  • ロゴやマークが正規の形や位置にあるか
  • 相場価格に対して安すぎないか

非売品であっても入手経路は確実に存在します。

万が一、商品説明に入手経路を書いていない場合は念のためにコメントで質問をしてみるなど、偽物の可能性を疑っておきましょう。

信頼できる出品者から購入する

出品禁止物や偽物を避けるためには、怪しい出品者を避けて、信頼できる出品者から購入するのがおすすめです。

信頼できる出品者か否か判断する基準として、以下の項目を確認しましょう。

  • 評価数が多く、評価コメントで「残念だった」が0件のユーザー
  • 過去の取引も含めた商品ページの文章やコメント欄の対応が丁寧な出品者
  • 極端な大量出品や同じ商品画像を使った出品が複数ない出品者

偽物は大量生産して売上を伸ばそうとしているため、1人のユーザーが同一の商品を大量に取り扱っている場合は、警戒しましょう。

【出品者】メルカリで非売品を売りたい!

メルカリを利用することで、過去に入手した非売品が思わぬ価格で売れる場合があり、売上はメルカリでの購入や現金化できます。

とはいえ、売れないことには意味がないですよね。

購入者は信頼できる出品者を探しています。

出品する際はわかりやすい出品内容と誠実な対応を心がけましょう。

ここでは、そんな出品方法についてご紹介します!

不要になった非売品を出品しよう!

メルカリでは、中古品や使用済みの商品でも出品できるため、非売品グッズも不要になった場合は出品物の候補になります。

自分にとっては不要でも、ほかの人には需要があったり、市場では貴重な商品だったりするため、どんな商品も売れる可能性はあります。

販売価格は自分で決められる

メルカリの出品時の販売価格は自分で決められます。

最低金額は300円です。

ただし、以下の費用が掛かることから、設定した価格の全額がもらえるわけではありません。

  • 出品手数料は販売価格の10%がかかる
  • 送料
  • 送付する時の梱包材

これらの手数料や費用も含めたうえで、販売価格を決めてみましょう。

希少なものは予想以上の価格で売れることも!

メルカリで商品を売るためには、価格設定も非常に大切です。

相場価格に近い価格設定にすることで、高い価格でも売れる可能性はあります。

入手した際には一切お金がかかっていない場合でも、年数の経過による希少性の高さや需要の拡大から、高くてもほしい人はいるのです。

そんなほしい人に対して、ご自身の出品商品を見つけてもらえるように、次で紹介する出品時のコツを活かしていきましょう。

非売品を上手に出品する5つのコツ

メルカリで非売品を上手に出品するコツは、以下の5つです。

  • 出品価格の相場を調査しよう
  • 値下げ交渉されることは前提にしておこう
  • 商品タイトルや紹介欄に「レア」なことをアピールする
  • 怪しまれないように入手経路などを記載する
  • ハッシュタグやグループの分類を工夫しよう

購入者として利用した経験があれば、検索していた際に表記されていて助かった内容を出品時に書いておくとよいでしょう。

1.出品価格の相場を調査しよう

先ほどもお伝えした通り、出品前に最も重要になるのは、非売品の相場価格です。

非売品には元値が存在しません。

そこで、中古ショップやフリマサイト、オークションサイトの販売価格を参考にします。

メルカリ内で同一の非売品が出品されていない場合は、以下のサイトの販売価格を調べてみましょう。

上記のサイトは価格を比較するサイトの「aucfan(オークファン)」を活用すれば、一括で確認できます。

2.値下げ交渉されることは前提にしておこう

相場を確認した後は、出品者の判断で出品価格を決めていきます。

メルカリでは、出品に対する値下げ交渉が頻繁に行われます。

そのため、最初に設定した出品価格で売り切れるとは限りません。

値下げ交渉を前提にして、相場から少し高めの価格から出品するのも1つの手です。

一方で、

  • 理由があって早く売りたい(引越しや、早く捨てたいなど)
  • 傷あり品

などの場合は、相場から少し下げて出品するとよいでしょう。

3.商品タイトルや紹介欄に「レア」なことをアピールする

出品時の商品タイトルや商品の紹介欄も出品者が自由に書き込めますが、検索の引っかかりやすさを重視するなら、情報は詳しく書いておきましょう。

購入者の検索方法で紹介したような

  • 非売品に関連する単語
  • 「レア」の記載
  • 「限定品」の記載

などを記載すると、検索で引っかかる可能性を高くできます。

ただし、過剰に「レア」ものと書いてしまうと、かえって怪しく見えるため、端的に書くのがおすすめです。

4.怪しまれないように入手経路などを記載する

「出品禁止物なのでは?買っていいのかな…」「これって偽物?」と怪しまれないようにするためには、入手経路をはじめとした以下の項目を詳しく書いておきましょう。

  • 入手先や配布されたイベント名
  • 入手した時期
  • 使用期限(優待券など)
  • 値下げしている理由(傷や汚れが目立つからなど)

万が一、入手経路を詳しく覚えていない場合は、わかる範囲で書きつつ、忘れてしまったことも書いておくとよいでしょう。

何も書かずに出品している方が、怪しい出品になってしまいますので、わかる範囲でしっかりと記載しましょう。

5.ハッシュタグやグループの分類を工夫しよう

メルカリではハッシュタグつきの単語を検索すると、紹介欄にそのハッシュタグを載せている商品を一括で検索できます。

  1. 紹介欄に「#非売品」とつける
  2. 購入者が検索で「#非売品」とハッシュタグつき検索する
  3. 検索結果に「#非売品」と書いてある商品のみが表示される(単に「非売品」の表記だけでは検索に引っかからない)

購入者が商品を絞る際に便利なので、説明文とは別に非売品に関連する単語はハッシュタグつきで書いておきましょう。

ハッシュタグ以外にも、メルカリの絞り込み機能にてカテゴリーやサイズなどを細かく指定できます。

出品前の設定でカテゴリーの登録や詳細情報を登録できます。

できるだけ該当する項目は選んで記載しておきましょう。

メルカリで転売が禁止されている非売品グッズは出品できない

非売品グッズの中でも、メルカリの規約上で出品や転売が禁止されている商品は、いかなる理由があっても出品できません。

「レアものだから例外」などと説明している出品があっても、手をつけないようにしましょう。

メルカリの規約で出品が禁止されているもの

メルカリにおける出品禁止品は、以下のとおりです。

商品全般の出品が禁止・たばこ
 :電子タバコ、ニコチンを含む商品なども対象
・農薬、肥料
・現金、金券類、クレジットカード等
・生き物
電子データ・電子チケット
 :電子コードつきの紙チケットも
  電子チケット扱いになる
・電子クーポン
・QRコード
・ダウンロードコンテンツ
・デジタルコンテンツ
・ゲームアカウント
・ゲーム内通貨、アイテム
知的財産権を
侵害する商品
・偽ブランド品
・正規品と確証がない商品
一部の使用済み商品・下着類
・スクール水着
・体操着
・学生服
・上記に類する衣類
医薬品、医療関係・医薬品、医療機器
・法令に抵触するサプリメント類
・規制薬物
・危険ドラッグ類
・新型コロナウイルスワクチン接種券
 及びそれに類するもの
動物関連・象牙
・国際希少野生動植物種登録票がない
 毛皮や剥製などの商品
アダルト関連・18禁、アダルト商品
・児童ポルノ
・上記に類する商品
危険性、犯罪に
繋がる可能性が
あるもの
・危険物
・殺傷能力がある武器
・犯罪や違法行為に使われる可能性がある商品
・安全性に問題がある商品
・盗品など不正な経路で入手したもの
・個人情報を含む出品や投稿
・個人情報の不正利用
・外国為替及び外国貿易法(外為法)に抵触する商品
特定カテゴリー内で
禁止されるもの
・許可なく製造した化粧品
・自分で小分けした化粧品類
・安全ではない、不衛生な食品類
・利用制限や契約中など、
 購入後に正常な使用ができない
 携帯端末及びSIMカード
取引が困難なもの・実体のないもの:サービスや利権など
・受け渡しの手続きが困難な商品
・法令上の取り扱いから取引が
 困難とメルカリが判断したもの
・出品や購入された時点で手元にない商品
・ECサイトなどから直送しなければならない商品
売り方・商品の内容がわからないセット商品
 :禁止物が含まれる可能性があるため
・試作品の掲載がないオーダーメイド品
 :オーダーメイド事態は問題ないが、
  完成品に近いサンプル画像が必要
その他・メルカリの判断で不適切と判断された場合

このほか、「非売品が劣化しすぎて衛生面で問題がある」など、商品自体に問題がなくても、上記の事項に引っかかる可能性があります。

トラブルを避けるために出品しない方がいいもの

先に紹介した出品禁止物で明確に禁止されていませんが、以下の商品はトラブルを避けるために、出品しない方がよいでしょう。

  • 芸能人・著名人のサイン:本物と証明するのが困難であるため
  • 製作者が転売品を買わないよう呼びかけている商品
    :販売元が言及していなくてもファンや愉快犯に出品を通報される可能性がある
  • 学習元が察せられるAI画像や文章
    :偽物ではないが、学習元の作者とトラブルに発展する可能性がある
  • 自分で商品情報や用途が説明できない商品
    :明らかに安全性に問題がない場合でも、万が一のリスクが伴う

商品説明が難しいもの、モラル的に問題がある商品などは、取引中のキャンセルや運営への通報に繋がる可能性があります。

化粧品のテスターは出品・購入していいの?

メルカリでは「化粧品のテスター」と題して、まとめて出品されている場合があります。

しかし、化粧品のテスターは試供品とは別物の扱いであり、購入するのは規約に反します。

メルカリの規約でテスターの出品は禁止されている

メルカリの規約では、店頭で使用される化粧品のテスター」の出品が禁止されています。

テスターは「店頭見本」や「現品試用見本」とも呼ばれており、基本的に店頭で香りや手触りを確かめる用途で使われます。

そのため、普通の客が化粧品のテスターを持ち帰ることはありません。

テスターを出品しているのは化粧品店の関係者であり、出品者によっては店の目を盗んで出品しています。

一方で、

  • 店頭で持ち帰るように配られているもの
  • 別の商品のおまけについてくる化粧品の試供品

これらは「試供品」とみなされ、「店頭のテスター」に該当しませんので、問題ありません。

試供品であると確認できる場合は、出品や購入してもよい商品になります。

その他化粧品に関する禁止されている出品物

テスター以外で化粧品に関する出品禁止品は、以下のとおりです。

  • 法的許認可のない手作り品
  • 正規品の小分け販売
  • 製造番号・製造記号(ロットナンバー)や成分表示が記載されていない、または削られている
  • 個人の輸入品
  • 薬機法に抵触する商品

国内で正規販売されていない商品は基本的に出品禁止です。

正規品を自分で別の瓶などに詰め替えて売ることも認められません。

まとめ

メルカリの非売品の売買は、以下のようにまとめられます。

  • メルカリの規約上で非売品の売買は問題なく行える
  • 購入者は「非売品」や「レア」などの単語をつけて検索して、入手経路が明らかにされている商品を選ぶ
  • 出品者は相場を確認した後、購入者から怪しまれないような商品説明を書き込む
  • 非売品でもメルカリの出品禁止品に該当すると出品できない
  • トラブルや責任を問われる可能性があるため、購入者も出品禁止品を購入するのは危険
  • 化粧品は試供品の出品に問題ないが、店頭で使用するテスターは出品禁止

特定の商品や売り方は出品禁止になりますが、規約を守っていれば非売品は売買できます。

レアグッズを見つける、もしくは売り出すためにもルールを守ってメルカリを利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました