【2022年】G-TuneおすすめのゲーミングPCを性能別に紹介!

【2022年】G-TuneおすすめのゲーミングPCを性能別に紹介! おすすめランキング

(画像:https://www.mouse-jp.co.jp/より引用)

G-Tuneはマウスコンピューターが展開するゲーミングPCで、有名ゲーマーなども使用している実績の確かなブランドです。

この記事では

  • G-Tuneとは?
  • G-TuneのゲーミングPCの強み・弱み
  • G-Tuneのおすすめモデル

について解説していきます。

G-Tuneとは?

G-TuneとはBTOメーカーの「マウスコンピューター」が展開するゲーミングPCのブランド名です。

マウスコンピューターは乃木坂46やマツコ・デラックスのCMで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

数あるBTOショップの中でもトップクラスの売上を誇り、「魚群」や倉持由香選手率いる「G-STAR GAMING」などのプロeスポーツチームや有名ストリーマーからの支持も熱い実績の確かなメーカーです。

プロ目線でのフィードバックを製品開発に活かしていることや、日本で唯一のJeSU(日本eスポーツ連合)公認のモデルとなっていることも人気と信頼の理由といえます。

G-Tuneの強み・弱み

強み弱み
・コスパがいい
・エントリーからハイエンドまでランナップが充実
・サポートが充実している
・パーツのメーカーがわからない
・上級者にはカスタマイズの幅が狭いことも

コスパがいい

G-Tuneの強みの一つはコスパに優れている点です。

無駄を省いたBTO(受注生産)方式で余剰在庫を抑えながら生産が可能なため、コストを下げられるので、比較的安くPCを提供することが可能となっています。

エントリーからハイエンドまでラインナップが充実している

マウスコンピューターはプロが採用するほどの性能を持つハイエンドモデルだけではなく、初心者からでも手を出しやすいエントリーモデルも展開しています。

初めてゲーミングPCを買う人が迷いにくいようなサイト構成となっており、価格も手を出しやすく10万円台後半から用意されています。

基本的にゲーミングPCの性能は価格に比例しますが、誰もがプロレベルのゲーミング環境が必要なわけではありません。

まずはエントリーモデルから購入して自分でパーツを変えられることもゲーミングPCならではといえるでしょう。

サポートが充実している

マウスコンピューターは24時間365日の電話サポートが受けられます。

また保証も最長5年まで延長することも可能で、長く安心してゲーミングPCを使うことができます。

ゲーミングPCを購入したあとに初心者が困るのは原因不明のトラブルや故障です。

昨日まで問題なく動いていたのに、突然調子が悪くなることはPCにおいてはよくあることで、対処法を知らないとせっかくのゲーミングPCがパーになったと絶望感に駆られるものです。

そしてトラブルが起きるのは日中だけとは限りません。特に仕事をしている人であればゲームをするのは夜中が多くなるので、24時間サポートは強い味方といえるでしょう。

パーツのメーカーがわからない

G-TuneのゲーミングPCは使用しているパーツのメーカーまでは公表していません。

CPUやグラフィックボードは限られたメーカーしか作れないので、それらは除外しますが、メモリやSSD、電源やファンなどのメーカーを指定することはできません。

パーツにこだわりのあるユーザーには物足りないかもしれませんが、それ故にコスパを実現している部分もあるので、一長一短といえます。

ただし、安物を使って壊れやすいということはないのでメモリやSSDはどこのでも構わないという人は気にすることではありません。

上級者にはカスタマイズの幅が狭いことも

ゲーミングPCのスペックに詳しい、慣れている上級者にはG-Tuneのカスタマイズは物足りなくなるかもしれません。

基本的にフラッグシップモデルであれば性能が不足することは少ないといえますが、それでも自分にぴったりの性能のPCが欲しい、パーツから選びたいという人には向かないブランドといえます。

目的別G-Tuneのおすすめモデル

G-Tuneのおすすめのモデルを性能別に紹介していきます。

4Kなどのゲームプレイも見越したフラッグシップモデル

4Kモニターで最高の環境でプレイしたいという人には以下がおすすめです。

G-Tune XP-Z-LC

スペック

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-12700KF プロセッサー
グラフィックボード水冷 GeForce RTX™ 3090 (240mmラジエーター)
メモリ32GB (16GB×4 / デュアルチャネル) ※最大128GBまでカスタマイズ可能
ストレージ1TB NVMe SSD / HDD 4TB ※2TBSSD 8TBHDDまでカスタマイズ可能
価格(2022年10月)584,800円(税込)

特徴

  • 第12世代Intel Coreシリーズ採用
  • 最強のグラフィックボードRTX 3090
  • 最大128GBまでカスタマイズできるメモリ
  • 合計10TBのストレージ

こんな人におすすめ

  • ゲームをするなら最高の環境がほしい
  • 配信や動画編集などもする予定がある
  • 4K解像度で思う存分ゲームを楽しみたい

【G-Tune XP-Z-LC】はG-Tuneブランドのフラッグシップモデルです。

最新の第12世代CPUCore i7 12700KFを搭載し、あらゆる作業をユーザーの望むがままに処理できます。

グラフィックボードも現時点で最強のRTX 3090を採用しており、4K解像度で快適にゲームを楽しめます。

さらにグラフィックボードは水冷式になっており、静音性と冷却性能を両立。

最大128GBまでカスタム可能なメモリにより、多くの作業を同時にこなすことができるので、ゲームプレイを配信したいストリーマーにもおすすめです。

G-Tune EP-Z

スペック

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i9-12900KF プロセッサー
グラフィックボードGeForce RTX™ 3080
メモリ32GB (16GB×4 / デュアルチャネル) ※最大128GBまでカスタマイズ可能
ストレージ1TB NVMe SSD / HDD 4TB ※2TBSSD 8TBHDDまでカスタマイズ可能
価格(2022年10月)434,800円(税込)

特徴

  • 第12世代Intel Core i9で余裕のスペック
  • RTX 3080との組み合わせによりゲーミング環境をより快適に
  • 動画編集や配信にも対応できる大容量メモリとストレージ

こんな人におすすめ

  • 最新CPUで動画編集もサクサクしたい
  • マルチに作業をしたい
  • 重たいゲームも快適にプレイしたい

【G-Tune EP-Z】はハイエンドを目指しながらも、グラフィックボードをRTX 3080にすることでよりリーズナブルにしたモデルです。

基本性能は最上位のG-Tune XP-Z-LCに準ずるため、カスタマイズの幅も同様となり、価格とグラフィックボードの差が主なポイントとなります。

とはいえCPUは第12世代最高峰のCore i9-12900KFを採用しているので、ハイスペックなモデルであることには違いありません。

特に動画編集のエンコードやプレビューで威力を発揮し、ゲーム以外の用途にも一切の妥協なくスピーディーにこなすことができます。

性能とコストのバランスを取ったミドルレンジ

性能も価格のバランスが取れたミドルレンジモデルを紹介していきます。

G-Tune HN-Z

スペック

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-12700KF プロセッサー
グラフィックボードGeForce RTX™ 3070
メモリ16GB (16GB×4 / デュアルチャネル) ※最大128GBまでカスタマイズ可能
ストレージ1TB NVMe SSD / HDD 4TB ※2TBSSD 8TBHDDまでカスタマイズ可能
価格(2022年10月)313,100円(税込)

特徴

  • アッパーミドルの性能を持つバランス型
  • フルHD画質であれば余裕の性能
  • 十分なストレージ

こんな人におすすめ

  • 性能と価格のバランスを取りたい
  • 4Kでのプレイ予定はない

【G-Tune HN-Z】はバランスの取れたミドルレンジのPCです。

CPU、グラフィックボードにアッパーミドルながら4K以外の画質であれば不足することはありません。

ストレージやメモリは用途に応じてカスタマイズできるので、過不足ない性能に仕上げることも可能です。

初心者でも手を出しやすいエントリーモデル

初心者向けのエントリーモデルを解説していきます。

G-Tune PN-A

スペック

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 7 5700X プロセッサー
グラフィックボードGeForce RTX™ 3050
メモリ16GB ※最大128GBまでカスタマイズ可能
ストレージ512GB NVMe SSD / 2TB HDD ※2TBSSD 8TBHDDまでカスタマイズ可能
価格(2022年10月)176,800円(税込)

特徴

  • スタンダードな性能を備えたエントリーグレード
  • 16GB以上にカスタマイズ可能なメモリ
  • ゲームプレイに十分以上のRTX 3050

こんな人におすすめ

  • 予算をなるべく抑えたい
  • 画質にはあまりこだわりがない
  • 配信や動画編集は予定していない

【G-Tune PN-A】はエントリーグレードの中では標準以上の性能を備えるモデルです。

多くのエントリーグレードはグラフィックボードを数世代前のGTXシリーズを搭載しているものですが、G-Tuneではしっかりと最新世代のRTX3050を搭載しています。

フルHD画質でのプレイには画質を上げると厳しいゲームもありますが、こだわらなければ十分フレームレートは期待できます。

最初の一台としてもおすすめできるモデルです。

持ち運べるノートPC

G-Tune E5-165J

スペック

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-12700H プロセッサー
グラフィックボードGeForce RTX™ 3060 Laptop GPU
メモリ32GB/64GB
ストレージ1TB / 2TB NVMe SSD
価格(2022年10月)299,800円(税込)

特徴

  • 165Hz対応WQHD液晶搭載
  • 十分なメモリ
  • 第12世代のノートPC用Core i7 12700H搭載でサクサク動作

こんな人におすすめ

  • いろいろな場所でゲームをしたい
  • モニター・キーボードを別に購入したくない
  • スペースを取らないでゲームがしたい

【G-Tune E5-165J】はゲーミングノートの中でもハイスペックな性能を誇ります。

基本的にはノートPCはデスクトップほどの性能を発揮するのは難しいのですが、このゲーミングノートPCは165Hz対応のWQHDを搭載していることからもその性能をうかがい知ることができます。

実際にスペック面でもベンチマークテストの結果として旧モデルの第11世代CPU搭載型のマルチコア性能を35%も上回っています。

ノートPCの利便性とゲーミング性能の両方を求める人におすすめのモデルです。

まとめ:マウスは初心者からベテランまで豊富な選択肢を用意

以上、G-TuneのゲーミングPCについて解説してきました。

G-Tuneはプロのeスポーツチームやストリーマーに採用されている実績の確かなブランドです。

初心者からベテランまで納得できるモデルのラインナップに加え、高いコストパフォーマンスと充実したサポートで購入後も安心して使うえる点も魅力の一つです。

ゲーミングPC選びは何をした以下で選ぶことがもっともぴったりのモデル購入に繋がります。

ゲーミングPCの選び方の記事も参考に最適なG-Tuneを選んでください。

タイトルとURLをコピーしました