【初心者必見!】メルカリで商品を買いたい!気になるマナーや買い方を解説

初心者必見!メルカリ気になるマナーや買い方を解説

「メルカリで商品を購入するのがちょっと不安」

「質問や価格交渉する際のマナーはある?」

そんなメルカリで商品を購入する際に必要な知識をまとめました。

メルカリで購入したいけどなかなか勇気が出ない人は、参考にしてください。

本サイトには広告が含まれますが、皆さまに役立つ情報を厳選の上掲載しております。
せどりに興味がある方へ
せどりで成果を出すためには、出品作業の効率化や売上データの調査が必要です。 オークファンでは、せどりに便利な機能が搭載されています。

メルカリで商品を購入したい!

ここでは、メルカリを始める前に知っておきたい基礎的な知識を紹介します。

メルカリってどんな販売システムなの?

メルカリはフリマアプリに分類される販売システムを採用しており、現実のフリーマーケットと同様に複数のユーザーが多種多様な商品を出品しています。

自分がほしいと思った商品であれば何でも購入できて、中には普通のお店だと見つからないような商品と出会える可能性があります。

ある商品を「売りたい人」と「ほしい人」をマッチング!

メルカリの販売者は自分が不要になった商品を出品していきますが、規約の範囲内であれば、どのような商品を売り出しても構いません。

一見すると需要があるのかわからない商品でも、出品すれば買い手がつく場合もあるため、特定の商品を売りたい人とほしい人をマッチングさせるのに最適な場所なのです。

「売りたい人」と直接やり取りして購入できる!

メルカリは売り場とシステムを提供しており、ほしい商品があった際、購入者は販売者とシステムを介しながらやり取りしていきます。

フォーマットに則っていればスムーズに取引を進められるため、初心者でも安心して売買できます。

商品は「早く購入した者勝ち!」

メルカリの出品では、ほしい人が購入を決定した時点で購入される早い者勝ちのシステムになっています。

ただし、価格交渉やほかの商品と比較しながら購入した方が安く入手できる可能性があるため、必ずしも購入が早い方がよいわけではありません。

全体的に出品数が少なく珍しい商品は次の出品がいつになるかわからないため、様子見せずに早めの購入を検討するとよいでしょう。

ほしい商品だけ購入できる?

メルカリを始める際の不安として、多種多様な商品の中から自分のほしい商品だけ購入できるのかという疑問があります。

結論から言うと、メルカリではほしい商品だけ購入可能で、価格についても交渉によっては値下げできます。

販売されていれば単独で商品購入が可能!

メルカリで購入するか否かの判断は購入者自身にまかされるため、ある商品がほしいために別の商品を購入させられることは一切ありません。

セット販売されている商品のうちの1つがほしい場合は、販売者との交渉によっては単独で再度出品してもらって購入できます。

価格交渉や値切りもメルカリの文化のひとつ

メルカリでは出品された商品にメッセージを残せるようになっています。

そこに、価格交渉や値切りのコメントを書き込んで、安く購入できるように働きかけられます。

値下げはマナーさえ守っていればメルカリ内だと日常的な行為で、上手に交渉することでメルカリをよりよい形で活用できます。

【初心者必見!】メルカリの独自マナーについて

ここでは、メルカリ独自のマナーについて紹介します。

フリマアプリならではの暗黙の了解マナーがある

メルカリでは運営側が設定したルールがある一方で、販売者と購入者のメッセージのやり取りには暗黙の了解とも言えるマナーが存在しています。

ユーザー間で定められたマナーであるため、メルカリ運営の規約のような拘束力はありませんが、気持ちよくメルカリを利用するうえで必須の項目となっています。

マナーを守れば、商品を簡単&安く購入できる!

メルカリにおけるマナーを守っていれば、商品を購入する際のやり取りをスムーズに行えたり、価格交渉で相手に好印象を与えられます。

メルカリで守るべきマナーについては、以降の項目で紹介するため、ここで覚えながら利用を開始しましょう。

メルカリで抑えておきたいマナー

メルカリでの取引で覚えておきたいマナーですが、難しい決まり事があるわけではなく、丁寧な口調や相手を思いやる言動が基本になっています。

次で紹介する項目を意識していれば、誰でも自然にやり取りできるため、しっかりと目を通しておきましょう。

1.メッセージのやり取りは丁寧にしよう

メルカリ内でのメッセージのやり取りは、どのような状況であっても丁寧にするのが基本的なマナーです。

質問やお礼をする際はもちろんのこと、相手に非がある場合も語気を荒げずに丁寧な対応をした方が、大きなトラブルへの発展を防げます。

2.販売者のプロフィールをチェックしよう

メルカリの販売者の中には、ユーザー名に「要プロフィール確認」などの文字を入れている人がいます。

これはプロフィール欄に出品している商品に関する注釈や配送にかかる時間を書いているユーザーで、確認せずにNG行為をやってしまうと取引で不利になる可能性があります。

メルカリのルール上では、販売者の提示したNG行為を守る必要はありませんが、マナーとして表記されている部分は守るように心がけましょう。

3.値下げ交渉は2割程度まで

購入前の価格交渉についても丁寧に対応すれば積極的に行うのもよいですが、値下げ幅については2割程度に留めておくのが無難です。

最初から値下げ幅を大きくしてしまうと、販売者側の心証が悪くなり、本来は考えてくれたはずの値下げに対応してくれない可能性があります。

値下げ幅がわかりにくい場合は、類似する商品の出品価格の中で、売却済みの安い価格を提示してみましょう。

4.連絡のタイミングは「購入時」「商品が届いた時の評価」の2回

メルカリで購入後に連絡するタイミングは、購入直後と商品が届いた後に評価する時の2回になります。

購入後の評価についてはメッセージなしでも行えるため、直接的なやり取りは購入時のみです。

しかし、取引のマナーとしてはどちらの状況でも少し文章を添えておいた方が、お互いに気持ちよく取引を進められます。

【マナー付き】メルカリの始め方!登録~購入まで

ここでは、メルカリの登録から購入までの流れを、それぞれで必要なマナーを交えて紹介します。

メルカリの登録方法

メルカリの登録はメールアドレスなどの必要な情報があれば、無料で行えます。

アカウント開設後はプロフィールを設定できますが、プロフィールに関しては特にマナーはないため、念のため「メルカリ初心者です」と書いておく程度でもよいでしょう。

登録の流れ

メルカリを登録する流れは、以下の通りです。

  1. メルカリのアプリを「app store」や「Google Play Store」から無料でダウンロードする
  2. アプリを起動し、「Facebook・Google・メールアドレス」のいずれかを使ってアカウント作成に移る
  3. 会員登録のための情報を入力する(FacebookやGoogleでは一部の情報入力を省ける)
  4. 携帯電話番号を入力し「送る」を選択すると、SMSに本人確認用の4桁の認証番号が送信される
  5. 認証番号のメルカリアプリの画面上に入力し、「認証して完了」を選択(認証番号の有効期限は30分)
  6. アカウント開設

登録後はパソコンのブラウザからでもメルカリのサイトにアクセスできます。

登録時に必要な情報

メルカリの登録時に必要な情報は、以下の通りです。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ニックネーム
  • 携帯電話番号
  • 性別(任意)
  • 招待コード

招待コード既にメルカリに登録しているユーザーから提示されている場合、登録時に入力するとお互いに買い物に使えるメルカリポイントを入手できるコードです。

招待を受けた方にもメリットがあるため、家族や友達から招待コードの入力を求められた時は積極的に入力しましょう。

支払い情報についてはアカウント開設後や購入時に設定できるため、登録の段階では銀行口座やクレジットカードなどの情報は不要です。

メルカリ内の検索だけであれば登録も必要ないため、出品や購入をしたくなったタイミングで登録に移りましょう。

登録時に注意すること

メルカリの登録時に注意すべきことは、以下の通りです。

  • 既に登録しているメールアドレスや電話番号は使用できない
  • 1人のユーザーが複数のアカウントを所持してはいけない

メルカリのアカウントは基本的にユーザー1人につき1個であり、複数のメールアドレスを持っていたとしても2個以上のアカウントを開設してはいけません。

ほかの家族が既に登録情報としてメールアドレスなどを使用していると登録不可になるため、あらかじめ家族内でメルカリの登録の有無があるか確認しておきましょう。

メルカリで商品を選ぶ

メルカリのアカウント開設後は検索機能を使って、ほしい商品を探していきます。

検索してすぐに見つかっても、同じ商品が異なる価格で出品されている可能性があるため、まずは検索で全体を見渡すのがおすすめです。

商品の検索方法

メルカリでの商品の検索方法は、上部にある検索欄にほしい商品名や関連するキーワードを入力します。

絞り込み機能によって除外したいキーワードやサイズ、価格帯なども絞れるため、条件を絞って検索したい人は活用しましょう。

気に入った商品を「いいね!」すると動向が管理できる

メルカリで出品されている商品のページでハートマークを選択すると、「いいね!」した商品として保存されて、商品へのコメントや価格変動が通知されます。

購入したい商品の候補として目印にしたり、値下げする可能性に期待して今は保留にしたりと「いいね!機能」も様々な用途で活用できます。

ただし、販売者によってはプロフィールに「購入しない方のいいねはご遠慮ください」と書く人もいるため、その時はトラブルを避けるためにも「いいね!」は控えておくとよいでしょう。

商品の質問や要望はコメントにて行う

メルカリで出品されている商品に対して、詳しく質問したい項目があったり、価格交渉したりする場合は、商品のコメント欄にメッセージを書き込みましょう。

同じ販売者が出品している商品をまとめて買いたい場合や、セット商品の一部を購入したい場合も、該当する商品のページでメッセージを残しておきます。

販売者の返信もコメント欄に表示されるため、コメントした商品に「いいね!」をつけておくと、返信に対してもすぐに反応できます。

価格交渉のタイミングはここ!購入前の商品にコメントを入れる

メルカリで出品されている商品で価格交渉する場合は、必ず購入する前のコメント欄で行いましょう。

購入後は値下げできないため、販売者としても値下げできるタイミングは購入前にしましょう。

価格交渉もしばらくはメッセージのやり取りが続く可能性があるため、「いいね!」をつけておくとよいでしょう。

希望価格について

希望価格とは、以下の条件を満たしている場合、希望した価格まで値下げされた時に通知してくれる機能です。

  • 商品に「いいね!」をつけている
  • 1,000円を超えた商品である(1,000円以下の商品には希望価格機能が表示されない)

希望する値下げ幅については、金額によって以下のように設定できます。

  • 商品価格が1万円未満: 5、8、10%
  • 商品価格が1万円以上: 5、10、15%

コメントを残すことや価格交渉が苦手な人におすすめです。

この機能を活用すれば、様子見しながら希望する価格で購入できる可能性を高められます。

商品を購入する

価格交渉などを経て、商品の値段に納得した場合は、商品の購入手続きに移りましょう。

購入処理に入ってしまえれば、ほかのユーザーは購入できなくなりますが、手続きを完了した時点でそれ以上の値下げはできなくなります。

商品を購入する時の流れ

メルカリで商品を購入する時の流れは、以下の通りです。

  1. キーワードやカテゴリーを入力して商品を検索する
  2. ほしい商品のページで「購入手続きへ」か「あと払いする」を選択する
  3. 購入手続きのページで「ポイントの使用」、「メルペイ残高の使用」、「支払い金額」、「配送先」を指定する(配送先の住所は一度入力すれば次回以降入力不要)
  4. 「購入する」を選択して、購入したお礼をコメントする
  5. 販売者からの商品の発送の通知が来るまで待つ

初めて購入した人でアカウントに配送先を設定していない場合は、購入時の処理で配送先を入力します。

支払い方法について

メルカリの支払い方法は、以下の中から選択できます。

  • クレジットカード払い
  • コンビニ払い(30万円以上の支払い不可)
  • ATM払い(30万円以上の支払い不可)
  • キャリア決済
  • Fami Pay
  • メルペイ残高
  • ポイント使用
  • メルペイのあと払い
  • チャージ払い
  • Apple Pay
  • メルカリクーポン
  • Amazon Pay

販売者が商品の発送を始めるのは入金確認後になるため、すぐに決済できないコンビニ払いやATM払いの場合、販売者を待たせる時間が発生します。

入金に時間を要する場合は、その旨をメッセージで伝えておくとよいでしょう。

購入時に注意すること

メルカリの購入時に注意すべきことは、以下の通りです。

  • 購入前に商品情報や送料の負担先を確認すること
  • 購入後の値段変更や取引自体のキャンセルは基本的にできない
    (例外としてお互いに取引のキャンセルを望む場合はキャンセルできる)
  • ポイントやクーポンの使用は購入手続き時のみ受け付ける

購入手続きを完了して入金した時点で様々な処理ができなくなるため、気になる点がある場合は、すべて購入前の段階で確認しましょう。

商品到着後の対応

メルカリで商品の発送通知がきた後は、1週間程度で商品が到着します。

配送方法や土日祝日が挟まる場合はさらに時間がかかる可能性もあります。

商品到着後の処理が終わるまでが取引となることから、購入者側としてなるべく早く対応しましょう。

商品が到着したら相手を評価する

メルカリで商品が到着した後は、購入者は以下の手順で販売者を評価します。

  1. 到着した配送物の中身を確認して、商品に不備がないか確認する(中身が入っていない、出品されていた商品と状態が異なる場合は次の処理に進まない)
  2. 「商品の中身を確認しました」にチェックを入れる
  3. ここまでの販売者の対応を含めて「よかった」か「残念だった」を選択する
  4. 評価コメントについて任意で入力する(マナーとしてはひとことでも入れておいた方がよい)

商品に不備があるにもかかわらず、評価を進めてしまうと、商品の交換などの対応ができなくなる可能性があります。

少しでも違和感を覚えた場合は、一旦評価を保留して、販売者への質問やメルカリ運営に相談しましょう。

商品に問題がなく、販売者の対応がよかった場合は、よい取引ができたものとして評価コメントで丁寧なお礼のメッセージを残すのがおすすめです。

まとめ

メルカリでは運営が定めた規約と同時に独自のマナーが存在しており、マナーを守ることでメルカリ内での取引をスムーズかつ気持ちよく行えるようになっています。

マナーの基本は丁寧な言葉選びや対応になるため、難しいルールは一切なく、マナーを守っていれば値引きやまとめ買いなどの交渉も可能です。

普通の店舗では入手できない商品に出会える可能性もあるので、ほしい商品がある人はマナーを意識しながらメルカリの利用を始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました