ワイモバイルのOPPO Reno7 Aの違いとキャンペーン価格(実質15,600円)

ワイモバイルのOPPO Reno7 Aをレビューします。発売日は2022年6月23日です。

SIMフリー版とワイモバイル版のOPPO Reno7 Aの主な違いは、物理SIMスロットと保証期間です。

SIMフリー版は物理SIMが2つ入って保証期間は1年、ワイモバイル版は物理SIMが1つだけ入って保証期間は2年です。両方ともeSIM対応です。

ひよこ

ひよこ

ワイモバイルのOPPO Reno7 Aってお買い得なのかな?

OPPO Reno7 Aの定価は44,800円だけど、ワイモバイル契約で実質15,600円はかなりお得だよ。

シムセン

シムセン

ワイモバイルに乗り換えや新規契約するならキャンペーン価格で21,600円です。PayPay最大6,000円もらえるので、実質15,600円で手に入ります。

ワイモバ版とSIMフリー版の違いは、一般的な使い方なら特に問題なしです。

OPPO Reno7Aは見た目を重視しつつ、同じスマホをできるだけ長く使いたい場合におすすめの機種です。

ここではワイモバイルのOPPO Reno7 Aの価格とキャンペーンのまとめ、詳細スペック、SIMフリー版との違い、性能をレビューします。

\実質15,600円+2年保証/

最新2022年、ワイモバイルの1円端末と人気のおすすめ機種ランキング

価格とキャンペーン情報

実質15,600円 (8月31日まで)

ワイモバのOPPO Reno7 A公式ヤフー店
本体価格43,200円ーーーー
割引額(新規/乗換)21,600円ーーーー
PayPay最大3,000円+応募3,000円ーーーー
実質価格15,600円
申込み公式オンラインストアーーーー
※ シンプルSで契約すると機種代金が3,600円アップ。機種変更は36,000円

ワイモバイルではOPPO Reno7 Aを43,200円で販売していますが、新規または他社からの乗換なら21,600円で買えて、さらに最大6000円相当のPayPayがもらえます。

ワイモバイルのオンラインストアなら事務手数料無料、送料も無料です。

※ ソフトバンク、LINEMO、ソフトバンクMVNOから乗り換えは割引対象外

OPPO Reno7 Aの実質価格
43,200円ー21,600円割引ーPayPay最大6,000円 = 実質15,600円

PayPay最大6000円の内訳

\実質15,600円/

ワイモバイルの新どこでももらえる特典を最大限もらう手順

ワイモバイル限定2年保証

ワイモバイルのOPPO Reno7 Aの無償保証が1年延長キャンペーン
https://www.oppo.com/jp/newsroom/press/oneyearcampaign/

スマホのメーカー保証は通常は1年間ですが、ワイモバイルでOPPO Reno7 Aを購入すれば無償保証が1年間延長して、合計2年間のメーカー保証が適用されます。

キャンペーン終了日は未定です。

スペック (ワイモバイル版)

ワイモバイルのOPPO Reno7 Aの本体
OPPO Reno7 Aの性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ(コンパクトさ) 4.0
カメラ性能 4.0
コスパ(安さ) 4.0
製品名OPPO Reno7 A
CPUSnapdragon 695 5G
RAM6GB LPDDR4X
ROM128GB UFS 2.2
ディスプレイ6.4インチ / 有機EL / FHD+ (2,400×1,080) / 画面比率20 : 9 / AGC強化ガラス
サイズ160 x 74 x 7.6mm
重さ175グラム
電池容量4,500mAh USB Power Delivery2.0対応 (急速充電対応)
連続待受時間440時間
背面カメラメイン4800万画素(F値1.7)
超広角800万画素(F値2.4)
マクロ200万画素(F値2.4)
前面カメラ1600万画素(F値2.4)
SIMタイプeSIM+nanoSIMでDSDV対応
OSAndroid 11 (Android 12へアップデート予定)
5G対応バンドn3 / n28 / n77 / n78
LTE対応バンド1 / 3 / 4 / 5 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 / 42
VoLTE対応ソフトバンクのVoLTE対応。他社VoLTEもほぼ確実に対応
3G対応バンド1 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
本体カラードリームブルー / スターリーブラック
発売日2022年6月23日
価格43,200円
その他の性能USB Type C / イヤフォンジャック搭載
マイクロSDカード最大1TB対応
WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac /
Bluetooth 5.1 / FMラジオ対応 / テザリング対応
GPS / Beidou / GLONASS / GALILEO / QZSS(みちびき)対応

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G通信 ◯ | eSIM ◯ | DSDV ◯

付属品:SIMカードスロット用ピン、保護フィルム(貼り付け済み)

※ 保護ケースと充電器は付属されません

非対応:デュアルスピーカー、ワイヤレス充電

SIMフリー版との違い

シムセン

シムセン

ワイモバイル版とSIMフリー版のOPPO Reno7 Aの違いは、SIM構成、他社SIM対応、保証期間、付属品、本体価格です。

※ SIMフリー版:Amazonなどのネットショップ、ヨドバシカメラなどの大手家電量販店、IIJmioなどで販売しているOPPO Reno7 A

OPPO Reno7 Aワイモバイル版SIMフリー版
SIM構成ナノSIMx1枚+eSIMナノSIMx2枚+eSIM
他社SIM対応おそらく全ての格安SIMに対応全ての格安SIMに対応
保証期間2年間1年間
付属品保護ケースなし保護ケースあり
本体価格43,800円 (実質15,600円)44,800円

SIMフリー版はドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルのVoLTEに対応しているので、全ての格安SIMで使えます。

ワイモバイル版は他社VoLTE対応が非公開です。ソフトバンクのVoLTEには対応しているので、LINEMOなら使えます。

他社VoLTEもほぼ確実に対応しているので、他の格安SIMでも使えるはずですが、100%確実というわけではないです・・。(98%確実に使えるくらい)

レビュー

洗練されたデザインで持ちやすい

シムセン

シムセン

OPPO Reno7 Aの最大の特徴は洗練されたデザインです!

OPPO Reno7は角張ったデザインをしていて、指紋が付きにくいマット仕上げになっています。

OPPO Reno7 Aの本体

7.6ミリの薄さで、重さは175グラムと比較的軽いです。

OPPO Reno7 Aの薄さ

MotorolaやXiaomiも似たような性能のスマホを販売していますが、200グラム前後です。少し重く、デカく、デザインは二の次です。

OPPO Reno7 Aなら手頃なサイズ感で扱いやすく、見た目も良いです。

電池持ちが旧モデルから約1割アップ

旧モデルのOPPO Reno5 Aと比べて電池持ちが約1割アップです。

旧モデルの電池持ちは普通程度でしたが、OPPO Reno7 Aは電池持ちが比較的良くなります。

3年使ってもシステム劣化防止でサクサク

スマホは長年使っているうちに動作が重くなっていきますが、OPPO Reno7 Aならシステム劣化防止機能で3年使ってもサクサク使えます。

6.4インチ有機EL / リフレッシュレート90Hz / 2倍の強度の強化ガラス

OPPO Reno7 Aの画面

6.4インチの大画面で、有機ELで発色がよく、リフレッシュレート90Hzで滑らかに表示されます。

旧モデルの2倍の強度の旭硝子(AGC)製の強化ガラスを搭載することで、落としても画面が割れにくくなっています。

防水 / おサイフケータイ / イヤフォンジャック対応

OPPO Reno7 Aは防水・おサイフケータイ・イヤフォンジャック・マイクロSDカードに対応しています。

水深1.5mで30分放置しても問題なく動作する防水性能です。

eSIM / 5G / DSDV / マイクロSDカード対応

eSIM・5G・DSDV・マイクロSDカードに対応しています。

ドコモの5Gバンドのn79には対応していないので、もしドコモやahamoで使う場合は5Gエリアが狭くなる可能性があります。

ただ、n79非対応の実害はかなり少ないので無視です。

\実質15,600円+2年保証/

デメリット

デュアルスピーカー非対応

OPPO Reno7 Aはデュアルスピーカーは搭載していません。シングルスピーカーです。

スマホを横向きにして、YouTubeなどで見る場合、デュアルスピーカーなら左右から音が出てきて楽しめます。シングルスピーカーだと音は片方からしか出てきません。

重いゲームは少し厳しい

OPPO Reno7 AはSnapdragon 695 5GというCPUを搭載しています。

比較的高性能なCPUなので、一般的な使い方なら不満なくサクサク使えます。

大抵のゲームも楽しめますが、スマホゲームの中にはやたらと重いゲームもあります。原神などの重いゲームも快適に楽しみたい場合は、iPhone SE 第3世代がおすすめです。

付属に充電器なし

OPPO Reno7 Aには充電器は同梱されていません。

大体の人はスマホの充電器(Type C)を持っていると思いますが、持っていない場合は、Amazonなどで安い充電器急速充電器を購入することをおすすめします。

保護ケースなし

ワイモバイル版のOPPO Reno7 Aには保護ケースが付属されていません。

旧モデルと比較して2倍の強度の強化ガラスなので、落としても画面が割れにくいですが、不安な場合は下記の保護ケースがおすすめです。

他社SIM/eSIMでも使える?

ワイモバイルのOPPO Reno7 AはSIMロックはされていないので、そのまま他の格安SIMやeSIMで使うことができます。

LINEMOでも使える

ワイモバイルのOPPO Reno7 AはソフトバンクのVoLTEに対応しているので、LINEMOでも問題なく使えます。

他の格安SIMでもほぼ確実に使える

ワイモバイルのOPPO Reno7 Aは、ドコモ/au/楽天モバイルのVoLTE対応の記載がありませんが、ほぼ確実にahamoやUQモバイル、povo2.0、楽天モバイルなどでも使えると思われます。

ワイモバイルのOPPO Reno7 Aでもほぼ確実に全ての格安SIM/eSIMで使えますが、絶対大丈夫というわけではないです。(98%大丈夫なくらい)