やめたほうがいい?ワイモバイルのデメリットとメリットの詳細

格安スマホで圧倒的シェアを誇るのがワイモバイルです。600万人がワイモバイルを使っています。

ワイモバイルのデメリットとメリットを、わかりやく詳しく解説します。

シムセン

シムセン

ワイモバイルのデメリットとメリットを他の格安SIMや大手キャリアと比較しながら解説します!

ワイモバユーザ5年目です。

ソフトバンク、ドコモ、auと比べて料金が半額で速度はソフトバンクと同じ。Ymobileのメリットは大きいですが、少なからずデメリットもあります。

ワイモバイルのデメリットは、①1人だと他の格安プランと比べて割高、②データ容量の選択肢が少ない、③今のキャリアメールが使えない、④料金がおかしい?、⑤ソフトバンクの家族割が非対応、⑥悪質という評判がある、⑦知恵袋の回答は要注意

ワイモバイルのメリットは、①家族だと安い、②ソフトバンク光契約者なら安い、③ソフトバンク光の料金が上がらない、④データを繰り越せる、⑤速度が速い、⑥人口カバー率99%以上等、その他多数

Yモバイルの悪いところと良いところを一つ一つ詳しくわかりやすく説明します。

\最大1万円相当のPayPayプレゼント/

ワイモバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

デメリットの詳細

デメリット① 1人だと割高

ヒヨコ

ヒヨコ

ワイモバイルの最大のデメリットは何ですか?

1人だと月額料金が高くなることだよ

シムセン

シムセン

ワイモバイルは家族で契約したり、ソフトバンク光を契約していると、月額料金が安くなるのでおすすめの格安SIMです。

ソフトバンク光を使っていない人で1人で契約する場合、ワイモバイルよりもLINEMOのほうが半額から3分の2くらいの料金で安く使えます。

LINEMOもっと詳しく!わかりやすく解説

デメリット② データ容量の選択肢が少ない?

ワイモバイルの2番目のデメリットは、選べるデータ容量の選択肢が少ないことです。

ワイモバイルは3GB、15GB、25GBの3つの選択肢しかありません。

データ増量で月550円で2GB〜5GB増量 (13ヶ月間は無料)

ワイモバイルはデータ容量の選択肢が少なく見えますが、実はそうではないです。

月550円のデータ増量オプションに加入すれば、3GBプランは5GB、15GBプランは20GB、25GBプランは30GB使えます。さらに13ヶ月間は月550円のオプション料金が無料です。

月550円のEnjoyパックで0.5GB増量

さらに月550円のEnjoyパックに加入すれば、月0.5GB増量になります。

データ増量とEnjoyパックの追加データでデータ容量の選択肢を増やせます

デメリット③ 今のキャリアメールが使えなくなる

ソフトバンク/ドコモ/auユーザの場合で、キャリアメールを使っている人の場合、ワイモバイルにするとキャリアメールが使えなくなります。

ワイモバイルに乗り換える前に、Gmailなどでフリーメールを作って、ショッピングサイトやSNS等で登録しているメールアドレスをフリーメールのメルアドに変更する必要があります。

Y!mobileメールは使わないほうが良い

ワイモバイルを契約すると「〇〇〇@yahoo.ne.jp」というY!mobileメールがもらえますが、このメルアドは使わないほうが良いです。

もしワイモバイルを解約したり他社へ乗り換える場合、Y!mobileメールも使えなくなります。格安SIMにする場合は全員Gmailなどのフリーメールを使うことをおすすめします。

デメリット④ 料金がおかしい? ←1年後に料金が値上がりする

シムセン

シムセン

ワイモバイルの料金がおかしいという人がいますが、データ増量オプションが原因です。

ワイモバイルは月550円のデータ増量オプションが13ヶ月間無料なので、契約時にオプションに加入する人がほとんどです。

14ヶ月目にデータ増量オプションの無料期間が終了して、自動的に月額料金が月550円アップします。それを知らない人がワイモバイルのワイモバイルの料金がおかしいとクレームしたりです。

月2GB〜5GBのデータ増量が不要な場合は、13ヶ月目までにオプションの解除が必要です

デメリット⑤ ソフトバンクの家族割は非対応

ソフトバンクを家族で契約している場合は、家族間の通話料金が無料ですが、ワイモバイルとソフトバンク間の通話は家族でも30秒22円かかります。

ソフトバンクを家族で契約すると回線数に応じて大容量プランが最大2200円引きになりますが、ワイモバイルは回線数にカウントされません。

ソフトバンクを家族で契約している場合、一人だけワイモバイルにしても安くならなかったりします。家族全員でワイモバイルにすることをおすすめします。

デメリット⑥ 悪質なの?ゴミって言う人がいるけど・・

ヒヨコ

ヒヨコ

ワイモバイルは悪質っていう人がいるけど、これってどういうことなの?

ワイモバイルは昔は料金プランが複雑で、2年縛りありで、端末価格も割高だったけど、今は違うよ。

シムセン

シムセン

ワイモバイルは3年ぐらい前までは、料金プランが複雑で、2年縛りがあり、端末価格が割高でした。そのころのワイモバイルは悪質でした・・。

今では料金プランもシンプルで安くなり、2年縛りもなくなり、端末も割安になったので、ワイモバイルで不安に思う必要はないです。

ワイモバイルは古い情報のまま放置しているサイトが結構あります

デメリット⑦ 知恵袋の回答に要注意

ワイモバイルのデメリットというわけではありませんが、Yahooの知恵袋のワイモバイルのQ&Aは更新日に注意してください。

Ymobileの料金プランやサービス内容な2019年、2020年、2021年と大きく変わりました。

古い回答のほとんどは今では合っていません。ブログの中には更新日だけ新しくして、内容が古いままのブログも多いので要注意です。

メリット① 家族だと割安

シムセン

シムセン

ワイモバイルの最大のメリットは2回線目以降は月1188円引きになるので、家族で契約する場合はスゴく安くなることです。

ワイモバイルを家族で契約する場合、2回線以降の契約は家族割引サービスで月1188円引きで契約できます。

2回線以降のワイモバイルの月額料金

  • 3GB:月2178円 ← 月990円
  • 15GB:月3278円 ←月2178円
  • 25GB:月4158円 ←月2970円

ワイモバイルを1人で契約する場合はUQモバイルやLINEMOよりも割高になってしまいますが、家族で契約する場合(2回線目以降)は、他社と比べても格安です。

\最大1万円相当のPayPayプレゼント/

メリット② ソフトバンク光契約者なら割安

SoftBank光を契約している場合、「おうち割 光セット(A)」でワイモバイルの1回線目の月額料金が月1188円引きになります。

2回線目以降は「おうち割 光セット(A)」は適用できませんが、2回線目以降は家族割引サービスで月1188円引きです。

Softbank光を契約しているなら、1人でもワイモバイルがおすすめです

メリット③ ソフトバンク光の料金が上がらない

シムセン

シムセン

実はこれが一番重要!

ソフトバンクとソフトバンク光を契約している人が、ワイモバイル以外にすると、月1566円アップする場合があります。

SoftBank光で光電話を使っている人は「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「光電話」の3つのオプションに加入しています。

ソフトバンクかワイモバイルを契約していると、この3つのオプション料金が「おうち割 光セット」で月2116円から月550円に割り引かれます。

もしソフトバンクとソフトバンク光を契約している場合で、ワイモバイル以外へ乗り換えてしまうと、ソフトバンク光の月額料金が最大で1566円もアップしてしまいます。

ソフトバンク光を契約しているなら、問答無用でワイモバイルです。

メリット④ 余ったデータ容量を翌月に繰り越せる

ワイモバイルなら余ったデータ容量を翌月に繰り越せます(2021年8月から繰越対応)

LINEMOだと余ったデータ容量を繰り越せないので、普段の月よりも少し多くデータ容量を使うと、ギガ難民になる可能性があります。

ワイモバイルなら余ったデータ容量を繰り越せるので、普段よりも多く使っても、繰越分のデータ容量で快適に使い続けられます。

メリット⑤ 速度がいつでも速い

ワイモバイルなら通信速度がいつでも速いので、スマホが快適に使えます。つながりやすくストレスなしです。

普通の格安SIMだと平日昼や混雑時に速度が遅くなり、スマホの使い勝手が悪くなる場合があります。

ワイモバイルはソフトバンクと同じ速度が使えるので、いつでも超速い速度です。

メリット⑥ 使い勝手はソフトバンクと同じ

ワイモバイルはソフトバンクの電波を使っていて、ソフトバンクと同じサービスエリアで同じ速度が出ます。

ワイモバイルの使い勝手はソフトバンクと同じです。

ソフトバンクの電波が届かない場所だとワイモバイルも使えませんが、相当運が悪くなければ大丈夫です。

田舎だとつながりにくい?

ソフトバンク/ワイモバイルの人口カバー率は99%以上です。「ソフトバンク」と「ワイモバイル」を合わせて4500万人が使っています。

全国どこでも使われているので、ソフトバンクだから田舎が繋がりにくいとかは、ほとんどが過去のイメージです。

ただ、本当に山しかないスゴイ田舎だと、ドコモのほうが繋がりやすいです。

メリット⑦ ソフトバンクのAndroidスマホが使える

ソフトバンクのAndroidスマホは、ワイモバイルで使うのがベストです。

ソフトバンクのAndroidスマホをドコモ、au、UQモバイル、ドコモのMVNO、auのMVNOで使うと、電波が悪くなる場合があります。

ワイモバイルならソフトバンクのAndroidスマホを使う場合でも、電波が良い状態で使えます。

SIMロックを解除したiPhoneとSIMフリーの格安スマホもワイモバイルで使えます。

メリット⑧ シェアNo.1

シムセン

シムセン

スマホの格安プランはたくさんありますが、ワイモバイルがシェアNo.1です!

格安SIM(格安スマホ)を提供している会社は700社以上ありますが、ワイモバイルがシェア1位です。

ワイモバイルやUQモバイルなどのサブブランドを含めた格安SIMユーザの総数は2500万人です。

  • シェア1位:ワイモバイル 600万人
  • シェア2位:楽天モバイル 450万人(MVNO含む)
  • シェア3位:UQモバイル 300万人

IIJmio、mineo、OCNモバイルONEがそれぞれ120万人前後、LINEモバイルとBIGLOBEモバイルが100万人前後です。イオンモバイルが80万人前後。その他は20万人前後の格安SIM事業者がそこそこあるくらいです。

ユーザが多いことは直接的なメリットではないですが、多くの人が格安SIMの中からワイモバイルを選んでいるのには、相応のメリットを裏付けている感じです。

メリット⑨ データ容量を使い切っても最大1Mbps

ほとんどの格安SIMはデータ容量を使い切ると、速度が200kbps前後に制限されてスマホの使い勝手がスゴく悪くなります。

ワイモバイルの15GB以上のプランだと、データを使い切っても1Mbpsです。普通の格安SIMの5倍以上の速度が出るので、結構普通に使えます。

3GBプランは使い切った後は300kbpsなので速度は遅いですが、他の格安SIMよりも1.5倍速いので、我慢すればそれなりに使えます。

メリット⑩ 特典多数

ワイモバイルを契約するともらえる特典

  • 契約時に最大1万円相当のPayPayプレゼント
  • ソフトバンク光を今まで通りの料金で使える
  • Yahooプレミアム会員費の月508円が無料
  • YahooショッピングやPayPayモールの買い物が14〜16%のPayPay還元(上限月2万円)

ワイモバイルユーザならPayPay還元を計算に入れると、ネットで最安値で買い物ができます。

ワイモバイルのSIMのみのキャンペーンと差し替え手順、今のスマホでワイモバを使う!

メリット⑪ 事務手数料無料で2年縛りなし

一般的な格安SIMだと契約時に事務手数料3300円がかかりますが、ワイモバイルならネットで申し込めば事務手数料が無料です。

2年縛りもないので、いつ解約しても違約金はかかりません。

ワイモバイルから他社に乗り換える場合の手数料もかかりません。

ワイモバイルで不満になることはほとんどないですが、もし他社に乗り換えたくなっても余分なお金はかかりません

メリット⑫ データ通信専用のシェアSIMが安い

ワイモバイルを契約(主回線)すると、シンプルSなら月1078円、シンプルM/Lなら月539円で子回線SIM3枚を追加できます。子回線SIMは主回線のデータを使います。

シンプルM/Lなら1枚あたり月180円でシェアSIMが使えるのはかなり安いです。

シェアSIMはセルラー版のiPadに入れたり、予備のスマホに入れたり、子供用のスマホに使ったりできます。

メリット⑬ 5G通信が使える

ワイモバイルはソフトバンクの5G通信が使えます。

5G通信エリアは自体がかなり狭いので、身近で使えるようになるのは2022年頃です。

メリット⑭ eSIMが使える

ワイモバイルならeSIMを契約することも出来ます。

メリット⑮ LINEのID検索が使える

ほとんどの格安SIMは年齢認証ができないので、LINEのID検索が使えませんが、ワイモバイルなら年齢認証ができるのでLINEのID検索が使えます。

LINEのID検索ができると、友達をLINEに登録するのが簡単になります。メールアドレスやSMSでも友達登録ができますが、LINEのIDが使えたほうが楽です。