LINEMOのeSIM設定、乗り換え、対応機種、手数料の詳細

LINEMOのeSIMをiPhoneやAndroidスマホで使う設定手順をわかりやすく解説します。

ヒヨコ

ヒヨコ

LINEMOのeSIMをiPhoneで使えるみたいだけど、簡単に設定できるかな・・?

LINEMOのeSIM設定アプリを使えば簡単だよ!即日開通できるので、試してみるのが良いです。

シムセン

シムセン

ラインモのeSIMは2021年3月17日から開始しましたが、開始当初はeSIMの設定ができない人がたくさん出て、eSIMは上級者向けという記載が公式サイトに追加されるほどでした。

ただし、今はeSIM開通アプリで簡単にeSIMを設定できるようになったので、ほとんど誰でも簡単にLINEMOのeSIMを設定できます。

ここではLINEMOのeSIMのデメリットとメリット、対応機種、キャンペーン情報、eSIMの手数料、eSIMで乗り換える設定手順を徹底解説します。

\最大1万円のPayPayプレゼント/

LINEMOの料金プランとサービス内容のまとめ

eSIMのデメリット

LINEMOのeSIMのデメリットとメリット

デメリット1:eSIMを誤って削除すると面倒なことになる

シムセン

シムセン

LINEMOのeSIMの最大のデメリットは、間違えてeSIMを削除してしまうと、eSIM開通アプリが使えなくなり、設定が難しくなることです。

LINEMOのeSIMは、eSIM開通アプリで簡単に設定できます。

ただし、普通は行わないのですが、間違ってeSIMプロファイルを削除してしまうと、eSIM開通アプリでの設定ができなくなります。

その場合は、面倒な手作業でのeSIM設定手続きが必要になります。

デメリット2:対応機種が限られている

LINEMOのeSIMは、eSIM対応機種が必要です。

iPhone XR以降のiPhoneならLINEMOのeSIMに対応していますが、LINEMOの公式サイトはeSIM対応のAndroidの動作確認をほとんどしていません。

デメリット3:機種変更やスマホ故障時が少し面倒

通常のSIMカードなら、機種変更やスマホが故障したときは、古いスマホから新しいスマホにSIMカードを入れ替えるだけです。30秒くらいでできます。

eSIMだと再発行手続きが必要なので1時間くらいかかります。

デメリット4:スマホからeSIMを申し込む必要がある

LINEMOのeSIMはスマホから申し込む必要があります。パソコンからでは申し込めません。

デメリット5:本人確認書類に健康保険証などが使えない

通常のSIMカードなら健康保険証なども本人確認書類として使えますが、eSIMの場合は保険証は使えません。

eSIMを申し込む場合は、運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、2020年2月3日以前に申請したパスポートのいずれかが必要です。

eSIMのメリットは最短1時間で開通すること

シムセン

シムセン

LINEMOのeSIMの最大のメリットは、最短1時間で乗り換えられることです!

通常のSIMカードだと、申し込んでから届くのに3日くらい時間がかかります。

eSIMなら配送が不要なので、申し込んだら最短で即日(1時間)で開通して、LINEMOの料金プランでスマホが使えるようになります。

LINEMOの申込時に審査があるので、夜中に申し込むと翌日審査で翌日開通になる場合があります

その他のメリット

通常のSIMカードの入ったスマホを紛失すると、SIMカードの再発行手続きをして届くのに3日くらい時間がかかります。

LINEMOのeSIMなら再発行手続きをして1時間ほどで、新しいスマホでLINEMOが使えるようになります。

eSIM対応機種

事前にSIMロック解除が必要

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル/UQモバイルの機種は、事前にSIMロック解除が必要です。

SIMロックのままではLINEMOのeSIMは使えません。(楽天モバイルのeSIM対応機種はSIMロック解除済み)

自分のiPhoneがSIMロック解除済みか確認する方法

iPhone → 設定 → 情報 → ページ中部の「SIMロック」の欄を確認

SIMロックの欄に「SIMロックなし」と表示されていれば、iPhoneはSIMロック解除済みです。そのままワイモバイルのeSIMを設定できます。

iPhone13/14シリーズとSE3はSIMロック解除済み、2021年10月1日以降に発売された機種はすべてSIMロック解除済みです。

SIMロック解除の仕方

「SIMロックあり」と表示されていた場合は、LINEMOのeSIMを申し込む前にSIMロック解除の手続きが必要です。

SIMロック解除はオンラインで無料で10分くらいでできます。

LINEMOのeSIM対応のiPhone

  • iPhone 14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Max
  • iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
  • iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 11 Pro Max
  • iPhone 11/ 11 Pro / 11 Pro Max
  • iPhone SE 第2世代 / 第3世代
  • iPhone XR / XS / XS Max

LINEMOのeSIM対応のAndroidスマホ

AndroidスマホのeSIMの動作確認は下記の4機種のみです。

  • Pixel 7 / 7 Pro / 6 / 6 Pro / 6a / 5 / 5a (5G) / 4 / 4 XL / 4a (5G) / 4a
  • OPPO Reno7 A / Reno5 A / A55s 5G / A73 / Find X3 Pro
  • AQUOS sense6 / sense6s / wish / wish2 / zero6 / R7
  • Xperia 1 IV / 10 III Lite / 10 IV
  • Rakuten BIG / BIG s / Hand / Hand 5G / Mini
  • Redmi Note 10T / Note 11 Pro 5G
  • arrows We / HUAWEI P40 Pro / シンプルスマホ6

その他のeSIM対応のAndroidスマホもほぼ確実にLINEMOで使えます。

eSIMのキャンペーン情報

LINEMOの契約すると、ミニプラン(3GB)は7920円、スマホプラン(20GB)は1万円のPayPayがもらえます。

\最大1万円のPayPayプレゼント/

LINEMOの最新キャンペーンまとめ、紹介コードでPayPay1500円増額

LINEMOの開通日の属する月から5ヶ月後の上旬にPayPayギフトコードが、LINEMO契約時に登録したメールアドレス宛に届きます。(ミニプランは開通から翌々月末にもらえます)

※ 開通日:初めて通信が行われた日

PayPayギフトコードを受け取ったら、30日以内にPayPayアプリを起動して、ギフトコードを使ってPayPayにチャージするだけです。

ただし、ギフトコードが届く前にプラン変更するとPayPayプレゼント対象外になります。

ソフトバンクまたはワイモバイルからの乗り換えはPayPay対象外

eSIMの手数料

LINEMOのeSIMの手数料は全て0円です。事務手数料も無料、再発行手数料も無料、eSIM⇄物理SIMの変更手数料も無料です。

LINEMOのeSIMの手続き手数料
新規契約の事務手数料0円
他社からの乗り換え手数料0円
eSIMの再発行手数料0円
eSIM→物理SIMへの変更0円
物理SIM→eSIMへの変更0円

LINEMOのeSIMの再発行、物理SIM⇄eSIMの変更は下記のリンクから行えます。

LINEMOのeSIMの申し込み準備

LINEMOのeSIMの申し込みで必要なもの

  • 違約金なし
  • 対応機種とSIMロック解除の確認
  • MNP予約番号の発行
  • 本人確認書類の用意
  • 本人名義のクレジットカードまたはキャッシュカード

違約金なし

ドコモ/au/ソフトバンクからの乗り換えは、違約金はかかりません。

楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイル、IIJmio、OCNモバイルONE、mineoなども違約金なしでLINEMOに乗り換えられます。

対応機種とSIMロック解除の確認

LINEMOのeSIM対応機種を参考に、今のスマホがeSIMに対応しているか、SIMロック解除済みか確認します。

MNP予約番号の発行

今のスマホの電話番号をLINEMOで使うためには、MNP予約番号が必要です(ソフトバンクとワイモバイルユーザは不要)

MNP予約番号を使ってLINEMOのeSIMを申し込むと、今のスマホの電話番号のままLINEMOで使えます。発行手数料は無料です。

MNP予約番号の有効期限は15日間ですが、LINEMO申込時に有効期限が10日間以上残っている必要があります。

本人確認書類の用意

LINEMOのeSIMを申し込む場合は、手元に本人確認書類を用意しておきます(ソフトバンクとワイモバイルユーザは不要)

eSIMの申し込みで必要な本人確認書類は下記のいずれか一点です

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 2020年2月3日以前に申請したパスポート

事前に写真を撮る必要はありません。eSIMの申し込み途中で、カメラアプリが自動的に起動するので、その時に指示に従って写真を撮ります。

ソフトバンクからLIEMOに乗り換える場合は、本人確認書類は不要ですが、ソフトバンクに登録している自分の情報(住所や名前←旧姓)が変わっている場合は、LINEMOに乗り換える前に、My SoftBankで最新の情報に更新しておく必要があります。

本人名義のクレジットカードまたはキャッシュカード

LINEMOの申し込みには本人名義のクレジットカードまたはキャッシュカードが必要です。

LINEMOのeSIM乗り換えと設定手順

LINEMOのeSIMの乗り換えと設定手順まとめ

  • 手順1:LINEMOのeSIMを申し込む
  • 手順2:審査が終わるまで待つ
  • 手順3:かんたんeSIM開通アプリで設定

手順1:LINEMOのeSIMを申し込む

必要なものを揃えたら、スマホからLINEMOのeSIMを申し込みます。パソコンからではeSIMは申し込めません。

申込時に手元に用意しておくもの

  • 本人確認書類 (ソフトバンク・ワイモバイルユーザは不要)
  • MNP予約番号 (新規契約、またはソフトバンク・ワイモバイルユーザは不要)
  • 契約者と同名義のクレジットカード、または口座振替のためのキャッシュカード

準備ができたら下記のボタンから申し込みに進んでください。

\最大1万円のPayPayプレゼント/

LINEMOのeSIMを申し込んでも、今のiPhoneやAndroidスマホがすぐに使えなくなることはないです。スマホが使えなくなる期間なしで乗り換えられます。

手順2:申し込んだら審査が終わるまで待つ (最短即日で審査完了)

LINEMOのeSIMを申し込むと、LINEMO側で審査が行われます。

申込時の入力情報や本人確認書類に不備がなければ、通常は数時間で審査が完了して、eSIMの切替手続きのメールの案内が届きます。

不備があれば、「(重要)お申し込み内容のご確認」というメールが届くので、それを確認して必要な修正手続きをします。

夜中に申し込むと審査が完了するのが翌日の午前中になったりします

手順3:かんたんeSIM開通アプリで設定する (9時〜20時30分)

今のiPhoneやAndroidスマホに、かんたんeSIM開通アプリをインストールして、LINEMOのeSIMを設定します。

LINEMOのかんたんeSIM開通アプリ

WiFiに接続した状態でeSIMを設定します。

eSIMを設定できる時間帯:9時〜20時30分

アプリの指示に従って、進んでいけばLINEMOのeSIMを簡単に設定できます。これでLINEMOのeSIMでスマホが使えるようになります。

以前はeSIM開通アプリなしだったので、eSIMの設定でトラブル人が多かったですが、今は開通アプリで簡単にeSIMを設定できるようになりました。

注1:最新のiOSにアップデートすれば構成プロファイルは不要

iPhoneでLINEMOを使う場合は、最新のiOSにアップデートしておけば、構成プロファイル(APN)は不要です。

うまく動かない場合は最新のiOSにアップデートします。

iPhone → 設定 → 一般 → ソフトウェア・アップデート

注2:他の格安SIMでiPhoneを使っていた場合は、構成プロファイルを削除

IIJmioなど他の格安SIMでiPhoneを使っていた場合は、他社の構成プロファイルが入っている可能性があります。

iPhone → 設定 → 一般 → プロファイル

プロファイルの項目がない場合は大丈夫です。何かある場合はプロファイルを削除しておきます。

今のスマホ会社の解約手続きは不要、SIMカードの返却も不要

他社からのLINEMOのeSIMにMNPで乗り換えた場合は、LINEMOでスマホが使えるお湯になったら、以前のスマホ会社の契約は自動的に解約になります。

キャリアショップへ行って、解約手続きなどは不要です。

ドコモ/au/ソフトバンクの機種代金の分割払いが残っている場合は、その支払いだけそのまま継続します。

SIMカードの返却も不要

ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルなどを使っていた場合、SIMカードの返却は不要です。

ハサミで半分に切って、ゴミに捨てれば大丈夫です。

最後にPayPayギフトコードを受け取ってチャージする

LINEMOの開通日の属する月から5ヶ月後の上旬にPayPayギフトコードが、LINEMO契約時に登録したメールアドレス宛に届きます。(ミニプランは開通から翌々月末にもらえます)

※ 開通日:初めて通信が行われた日

PayPayギフトコードを受け取ったら、30日以内にPayPayアプリを起動して、ギフトコードを使ってPayPayにチャージします。

30日を超えるとチャージできなくなり、特典の再発行はできないので注意してください。

シムセン

シムセン

これでLINEMOのeSIMをiPhoneで使う手順は完了です!

\最大1万円のPayPayプレゼント/

eSIMプロファイルを手動で設定する場合

シムセン

シムセン

LINEMOはeSIM開通アプリで設定するのが簡単ですが、手動で設定することもできます。

eSIMプロファイルの設定に必要な端末と機種

LINEMOのeSIMを手動で設定する場合は、QRコードを表示する端末と、eSIMを利用するiPhoneを用意します。

iPhoneしか持っていない場合は、iPhoneのみでもeSIMの設定はできますが、少し面倒な手順になります。

QRコードを表示する

LINEMOの審査が完了する「eSIMプロファイルのダウンロードのお知らせ」というメールが届きます。

メール内にある「eSIM利用開始のお手続き専用URL」にアクセスします。

基本的にはパソコン等からアクセスします。iPhoneしか持っていない場合は、iPhoneからアクセスしても大丈夫です。

eSIMプロファイルのダウンロード用のワインタイムパスワード

eSIM利用開始のお手続き専用URLでは、連絡が取れる電話番号を入力して、メールアドレスまたは自動音声でワンタイムパスワードを受け取ります。

eSIMプロファイルのワインタイムパスワードの入力画面

受け取ったワンタイムパスワードを入力すれば、QRコードが表示されます。

iPhoneからアクセスしている場合は、QRコードの下に「SM-DP+アドレス」と「アクティベーションコード」の2つが必要になります。

QRコードを読み込む

QRコードを表示させたら、eSIMを設定する予定のiPhoneからそのQRコードを読み込みます。

iPhoneはWiFiに接続した状態で操作します。

iPhone → 設定 → モバイル通信 → モバイル通信プランを追加

eSIMプロファイルのQRコードを読み取る

パソコンなどの他の端末でQRコードを表示している場合は、iPhoneのカメラが起動するので表示したQRコードを読み取ります。

QRコードをiPhoneで表示している場合は、「詳細情報を手動で入力」をタップします。

eSIMプロファイルを手動入力する

QRコードの表示画面の下に「SM-DP+アドレス」と「アクティベーションコード」の2つが記載されいいるので、その2つをコピペで入力します。

「モバイル通信プランの追加」をタップして、アクティベーションで数秒ほど待ちます。

確認コードの入力が求められた場合は、LINEMOを申し込む時に設定した4桁のネットワーク暗証番号を入力てください

これでLINEMOのeSIMの設定は完了です。iPhoneを再起動して、ネットや電話が使えるようになっているか確認してみてください。

※ 他社から乗り換えている場合は、下記のLINEMO回線の切り替え手続きが必要です

LINEMO回線への切り替え手続き

他社からの乗り換え、またはソフトバンク/ワイモバイルから乗り換えの場合、ステップ2のeSIMプロファイルのダウンロードが完了すると、下記のメッセージが出てきます。

LINEMOのeSIMプロファイルのダウンロードの確認画面

「プロファイルをダウンロードした」をタップします。

LINEMOのeSIMの回線切替画面

「回線を切り替える」をタップします。これで最大15分ほどで回線が切り替わります。

切り替えが完了すると、以前のスマホ会社は自動的に解約になり、iPhoneを再起動すればLINEMOの料金プランでネットが使えるようになっています。