シンプルに安くする!auからLINEMOに乗り換える全手順

auは家族3人で契約して、1GB以下でも月2178円、3GBだと月3278円です。1人の場合は1GB以下に抑えても月3278円もかかります。

それがauからLINEMOにMNPで乗り換えれば、1人でも3GBが月990円で使えます。

ひよこ

ひよこ

auだと3GB使うと月3278円だけど、LINEMOのミニプランなら月990円って安すぎじゃない?

本当に大丈夫?

auのAndroidスマホを使っている人と違約金だけ要注意だよ。それ以外は注意点ないです。

auからLINEMOへの乗り換えはすっごく良いよ。

シムセン

シムセン

UQモバイルにする人も多いですが、UQモバイルは特定の光回線または電気会社に加入しないと、LINEMOより料金が高くなります。

LINEMOなら乗り換えるだけで、シンプルに安くなります。簡単に安くしたい人は、auからラインモへの乗り換えがおすすめです。

ここではauからLINEMOへ乗り換えるデメリットとメリット、違約金と乗り換えタイミング、機種代金の残りの処理、乗り換え手順を徹底解説します。

\快適に使える3GBが月990円/

LINEMOの料金プランとサービス内容のまとめ

目次

auからLINEMOに乗り換えても後悔しない?

auからLINEMOに乗り換えるデメリット

  • デメリット① auの家族の料金が上がる
  • デメリット② 端末の相性がある
  • デメリット③ SIMロック解除が必要
  • デメリット④ auメールが使えない
  • デメリット⑤ スマホを販売していない
  • デメリット⑥ データを超たくさん使えない
  • デメリット⑦ 店舗で契約できない
  • デメリット⑧ 18歳未満は契約不可

デメリット① auを家族で契約しているとauの月額料金が高くなる

auに残る家族の料金がアップする

auを家族で契約している場合で、家族の誰かがLINEMOに乗り換えて、auの契約者数が3人未満になるとauの料金が高くなります。

au契約者
3人 → 2人:auの料金が月550円x2人アップ(合計1100円)
3人 → 1人:auの料金が月1100円アップ
2人 → 1人:auの料金が月550円アップ

auの家族割の詳細

シムセン

シムセン

auを家族で契約していると、auに残る家族のスマホ料金が高くなる場合があるよ。

でもLINEMOにした人は月1000円〜3000円くらい安くなるので、トータルでLINEMOに乗り換えたほうが安くなるんだ。

家族間の通話料金が有料になる

家族でauを契約している場合、家族間の通話が無料ですが、LINEMOに乗り換えると通話料金が30秒22円かかります。

LINEMOは1年間は5分かけ放題が無料で使えますが、2年目からは月550円です。

ただ、ラインモはLINEアプリがデータ消費なしに使えるので、家族間の通話はLINEの無料通話にすれば、通話料金で特にデメリットはなくなります。

デメリット② auのAndroidスマホと相性があまり良くない

LINEMOはソフトバンクの電波を使っていて、人口カバー率が99.9%です。iPhoneまたはソフトバンクのAndroidスマホなら、ほとんどどこでも繋がります。

auのAndroidスマホはauの電波に最適化されているので、ソフトバンク電波のLINEMOだと、郊外や奥まったところで電波が悪くなる可能性が少しあります。

基本的にはauのAndroidスマホをLINEMOで使ってもほとんど問題ないですが、心配な場合はau電波を使っているUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

デメリット③ スマホのSIMロック解除が必要で少し面倒

auのiPhone6s以降ならLINEMOで使えますが、乗り換える前にMy auでSIMロックを解除する必要があります。

10分程度で無料でSIMロックを解除できますが、ちょっと面倒です。(店舗でSIMロック解除をしてもらうと3300円がかかります)

※ iPhone 13シリーズならSIMロック解除済みです

デメリット④ auメールが見れなくなり、使えなくなる

auからラインモにするとauメールが見れなくなります。

LINEMOに乗り換える前にGmailなどのフリーメールに変更して、残したいメールがある場合は、乗り換える前にGmailに転送しておく必要があります。

※ LINEMOに乗り換えた後では、auのメールは使えなくなるので、auメールに届いたメール内容も見れなくなります

デメリット⑤ 機種変更で戸惑う(LINEMOはスマホ販売なし)

LINEMOではスマホを販売していないので、新しいスマホに機種変更したくなった場合に、少し戸惑います。

ただ、iPhoneならアップルストア、AndroidスマホはAmazonなどのネットショップで本体のみを購入すれば、LINEMOで使えます。

キャリアショップでスマホ選びをしていた場合は最初は戸惑うかもですが、実際には1人でも簡単に機種変できるので心配無用です。

LINEMOに乗り換えても、引き続きauオンラインショップでスマホを買うこともできますが、割高なので一般的ではないです。

デメリット⑥ ギガを超たくさん使えない

LINEMOは3GBと20GBプランの2つしかありません。20GBを使い切ると速度が1Mbpsに制限されてしまいます。

ただ、9割くらいの人は、実際に使っているデータ容量は月20GB以下です。

20GB以上使う場合で都市部に住んでいる場合は、データ無制限で安く使える楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルもっと詳しく!

デメリット⑦ 店舗や電話のサポートがない

LINEMOはオンライン専用プランです。店舗でのサポートどころか、電話でのサポートもありません。

契約も店舗ではできず、オンラインの公式サイトで申し込む必要があります。

ただ、何か疑問や問題があれば、LINEMOの公式サイトで9:00〜21:00まで有人チャットで質問できるので、チャットが苦手でなければ特に問題ありません。

デメリット⑧ 18歳未満の未成年は契約できない

LINEMOは18歳未満は契約できないので、親名義に変更してからLINEMOに乗り換えるか、新しい電話番号で親名義で契約する必要があります。

※ eSIMで申し込む場合は20歳以上である必要があります

LINEMOのメリット

  • メリット1:料金が大幅に安くなる
  • メリット2:囲い込みがない
  • メリット3:速度が速く、どこでも使える
  • メリット4:PayPayがもらえる
  • メリット5:iPhoneなら問題なく使える

メリット1:料金が大幅に安くなる

シムセン

シムセン

auからLINEMOにする最大のメリットは、スマホの料金が大幅に安くなることです。

LINEMOに乗り換えれば月1000円〜4000円くらい安くなるよ!

LINEMO月額料金データ容量低速
ミニプラン月990円3GB300kbps
スマホプラン月2728円20GB1Mbps

auを家族で契約して、できるだけスマホを使わずに1GB以下に抑えても、auだと月2000円くらいかかります。

LINEMOなら普通程度に使っても、3GBのミニプランで月990円に節約できてしまいます。さらにLINEアプリをデータ消費なしに使えるオマケ付きです。

データをたくさん使う場合は、auだと4000円〜6000円かかりますが、LINEMOならスマホプランで2728円です。

LINEMOの料金プランとサービス内容のまとめ

auユーザの9割くらいの人は、LINEMOがあっています。

※ 1割は月20GBを超えてデータを使う人で、LINEMOがあっていない人たちになります。

メリット2:囲い込みがない

LINEMOはシンプルに安いです。

ワイモバイルは1回線目が割高で、2回線目以降がLINEMOと同じくらい割安になります。1回線目を安くするには、SoftBank光やSoftBank Airの契約が必要です。

UQモバイルはUQでんきやauひかりを契約していないと料金が割高になります。

LINEMOなら特にそういった縛りはありません。1人でも安いです。何か特定のサービスを契約することなく、安く出来ます。

メリット3:快適な速度でどこでもスマホが使える

LINEMOは圏外になったり、速度が遅くなったりせずに、快適にスマホが使えます。

一般的な格安SIMは平日昼になると速度が遅くなり使い勝手が悪くなったり、楽天モバイルだと圏外になることもありますが、LINEMOなら誰でもストレスなしでスマホが使えます。

デメリット4:キャンペーンで最大7000円のPayPayと1年間無料で5分かけ放題

auからLINEMOに乗り換えると、最大7000円のPayPayがもらえて、1年間無料で5分かけ放題が使えるキャンペーンをしています。

プラン変更可?LINEMOの最新キャンペーンでPayPayを最大限もらう

メリット5:iPhoneなら問題なく使える

LINEMOはauのAndroidスマホだと、郊外や奥まった場所で電波が悪くなる可能性がありますが、auのiPhoneなら電波が悪くなることなく使えます。

auのiPhone6s以降は、SIMロックを解除すればLINEMOで普通に使えます(auのiPhone6以前の超古いiPhoneはLINEMOでは使えません)

※ iPhone13シリーズはSIMロック解除不要

違約金と乗り換えタイミングに要注意

シムセン

シムセン

auの古いプランだと違約金が10,450円かかる場合があるので、乗り換えタイミングを調整する必要があります!

2019年10月以降の新しいauのプランの場合は、更新月以外に乗り換えても違約金は最大1100円です。乗り換えタイミングは気にせず、いつでもLINEMOへ乗り換えで大丈夫です。

2019年9月以前の古いauプランだと、2年ごとの更新月なら違約金はゼロ円、更新月以外にLINEMOに乗り換えると違約金が10,450円かかります。

auの古いプランは新しいプランに変更すれば、翌月から違約金が1100円

違約金が10,450円かかる場合でも、新しいauのプラン(ピタットプラン等)に変更して、翌月以降に乗り換えれば違約金が1100円になります。

auの更新月の確認の仕方

My au ➜ スマートフォン・携帯電話 ➜ ご契約内容/手続き ➜ ご契約情報 ➜ 次回更新年月

乗り換えタイミングは下旬が良い

乗り換え時はauは満額請求でLINEMOは日割りなので、上旬に乗り換えるよりも下旬に乗り換えたほうが少しだけお金を節約できます。

機種の分割代金は大丈夫

ひよこ

ひよこ

auの機種の分割代金が残っている場合、乗り換えたときに全部一気に払わないといけないのかな?

LINEMOに乗り換えても、今まで通りauで分割払いが続くから、心配しなくて大丈夫だよ!

シムセン

シムセン

LINEMOに乗り換えても、残りの分割代金を一気に支払えとかはないので大丈夫です。

分割代金だけauから請求されて、今まで通りの支払いになります。機種代金の残金を一括で支払いたい場合は、auに問い合わせれば残金を一括払いにできます。

auからLINEMOに乗り換える手順

  • 手順1:SIMロック解除
  • 手順2:Pontaポイントの処分
  • 手順3:Gmailに変更
  • 手順4:MNP予約番号を取得
  • 手順5:本人確認書類を準備
  • 手順6:LINEMOを申し込む
  • 手順7:SIMカード/eSIMの設定
  • 手順8:auの解約手続き
  • 最後にPayPay特典を受け取る
シムセン

シムセン

ここから実際にauからLINEMOの乗り換える手順の説明です。

手順1:SIMロック解除

auのiPhone6s以降を使っている場合は、SIMロックを解除します。

事前にSIMロックを解除しないとLINEMOが使えないので要注意です。ネットで10分くらいで無料で手続きができます。

auのSIMロック解除の案内ページには他社で使う場合の脅し文句がいくつか記載されていますが、無視で大丈夫です。

※ iPhone13シリーズはSIMロック解除済みなので、SIMロック解除は不要です

auのAndroidスマホは少しリスクあり

auのAndroidスマホもSIMロックを解除すれば、LINEMOで使えますが、郊外や奥まった場所だと電波が悪くなる可能性が少しあります。

都市部や人がそれなりに住んでいる場所ならほとんどの場合で問題ないです。

基本的にはauのAndroidスマホをLINEMOで使っても大丈夫ですが、1割未満の運がかなり悪い人だと電波が悪くなるかもくらい

※ 2015年以前のauのAndroidスマホは捨ててください

手順2:Pontaポイントをできれば使い切る

auからLINEMOに乗り換えてもPontaポイントは消滅しません。

ただ、ポイントはそのうち有効期限切れになるので、au Payマーケットでポイントを使い切っておくことをおすすめします。

手順3:auメールをGmailに変更

auからLINEMOへ乗り換えるとauメールが使えなくなります。auメールを使っている人は無料のGmailに変更します。

〇〇〇@au. com、または〇〇〇@ezweb.ne.jp

〇〇〇@gmail.com

LINEMOに乗り換えた後はauメールが使えるだけでなく、auメールの中身も見れなくなります。

重要なメールは事前にGmailに転送しておくことをおすすめします。

手順4:MNP予約番号を発行する

auからLINEMOへ乗り換える時、今の電話番号のままでLINEMOに乗り換えた場合は、auに電話をしてMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号を使っても申し込めば、今のauの電話番号をLINEMOで引き続き使えます。

auからLINEMOに乗り換える場合、MNP予約番号を取得して乗り換えるのが一般的です。

auのMNP予約番号の取得の仕方

※ 新しい電話番号でも良い場合はMNP予約番号は不要

MNP予約番号の取得日から5日以内にLINEMOを申込む必要があります。

手順5:本人確認書類を準備する

eSIMの申し込みで必要な本人確認書類

LINEMOのeSIMを申し込む場合、必要な本人確認書類は下記のいずれか一点です。eSIMは20歳以上

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 2020年2月3日以前に申請したパスポート

事前に写真を撮る必要はありません。eSIMの申し込み途中で、カメラアプリが自動的に起動するので、その時に指示に従って写真を撮ります。

SIMカードの申し込みで必要な本人確認書類

LINEMOのSIMカードを申し込む場合、必要な本人確認書類は下記のいずれか一点です。SIMカードは18歳以上

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者手帳など

上記の本人確認書類がない場合は、下記の本人確認書類と補助書類が必要です。

  • 国民健康保険証 + 補助書類
  • 社会保険証 + 補助書類

補助書類:住民票、公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)のいずれか一点

SIMカードを申し込む場合は、事前に本人確認書類と必要な場合は補助書類の写真をスマホ等で撮っておきます。

手順6:LINEMOを申し込む

LINEMOを申し込むのに必要なもの

  • 乗り換えの場合はMNP予約番号
  • 本人確認書類 (必要な場合は補助書類)
  • 本人名義のクレジットカード、またはキャッシュカード

SIMロック解除の確認、Pontaポイントの処分、Gmailなどへのフリーメールへの変更、MNP予約番号の発行、本人確認書類などの準備ができたら、LINEMOの公式サイトで申込みます。

\auからLINEMOへの乗り換え/

SIMカードを選ぶ場合

通常のSIMカードを選ぶと、3日ほどで自宅にSIMカードが届きます。

eSIMを選ぶ場合、スマホから申し込む

eSIM対応のiPhoneを使っている場合は、LINEMOのeSIMを選ぶこともできます。

eSIMを選ぶ場合はスマホから申し込みます。パソコンからでは申し込めません。

eSIMは最短即日で開通して、LINEMOにすぐに乗り換えられますが、eSIMは設定が少しむずかしいので上級者向けです。スマホの操作が苦手な場合は、SIMカードで申し込むのがおすすめです。

LINEMO(ラインモ)のeSIMをiPhoneで使う手順、乗り換えから設定まで解説

手順7:SIMカードやeSIMの設定

SIMカードの設定

シムセン

シムセン

LINEMOのSIMカードが届いたら、スマホでLINEMOの設定をします。

設定は公式サイトがわかりやすく説明しているので、そっちを参考にしてみてください!

LINEMOの公式サイト:SIMカードの初期設定

eSIMの設定

LINEMOのeSIMの審査が完了したら、設定手続きにすすみます。

設定は少し長く複雑なので、下記を参考にしてみてください。

LINEMO(ラインモ)のeSIMをiPhoneで使う手順、乗り換えから設定まで解説

手順8:auの解約手続き

auからLINEMOに乗り換えると、auの契約は自動的に解約になります。

auショップなどでの解約手続きは不要です。

ただし、MNP予約番号を取得せずに、新しい電話番号でLINEMOを契約した場合は、auショップで解約手続きをする必要があります。

乗り換えて3ヶ月後の上旬に、PayPayの受け取り手続きをする

LINEMOの開通日の属する月から3ヶ月後の上旬にPayPayギフトコードが、LINEMO契約時に登録したメールアドレス宛に届きます。

※ 開通日:初めて通信が行われた日

PayPayギフトコードを受け取ったら、30日以内にPayPayアプリを起動して、ギフトコードを使ってPayPayにチャージします。

30日を超えるとチャージできなくなり、特典の再発行はできないので注意してください。

プラン変更可?LINEMOの最新キャンペーンでPayPayを最大限もらう

シムセン

シムセン

以上が、auからLINEMOへの乗り換え手順です!

\最大7000円のPayPayプレゼント/