[最新2021年] ワイモバイルのおすすめ機種ランキングと注意点のまとめ

最新2021年のワイモバイルのおすすめ機種をランキングで紹介します。

ヒヨコ

ヒヨコ

ワイモバイルのスマホってどれが良いのかな・・?

異様に安いスマホもあるけど、変な機種を買って後悔したくないし・・

ワイモバイルにはおすすめできない機種も結構あるので、価格だけで判断すると後悔するかもです。

ワイモバイルのおすすめ端末をランキング順で、できるだけわかりやすく紹介するの参考にしてみて!

シムセン

シムセン

ワイモバイルでは端末セットをかなり安く販売していますが、オンラインストアによって価格が違います。

店舗で申し込む場合やソフトバンクから乗り換える場合は機種代金が大幅アップするので要注意です。

ワイモバイルで売れているスマホと、おすすめの機種をランキングで紹介しながら、できるだけわかりやすく自分に合うスマホを選べるように説明します。

ワイモバイルのスマホ選びに迷った場合に参考にしてみてください。

ワイモバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

必須:新どこでももらえる特典にエントリーする

ワイモバイルを申し込む前に、新どこでももらえる特典にエントリーしておくと、追加で最大3000円相当のPayPayがもらえます。

\ワイモバ申込み前にエントリー必須!/

シンプルSだとPayPay500円、シンプルM/LだとPayPay3000円です。

シンプルSで十分な場合でも、シンプルMで申し込んで届いたらシンプルSにプラン変更するのがおすすめです。

ワイモバイルの新どこでももらえる特典を最大限もらう手順

公式とヤフー店で価格が違う

シムセン

シムセン

ワイモバイルでスマホを選ぶ上での一番の注意点は、2つのオンラインストアがあることです。

機種代金とPayPay特典が変わります!

公式:機種代金が安くPayPayが少なめ

公式サイトのワイモバイルオンラインストアでは、機種代金が安くなる代わりに、契約時にもらえるPayPayは「新どこでももらえる特典」の最大3,000円のみです。

\端末セットが大幅割引/

ヤフー店:機種代金が高くPayPayが多め

ヤフー店のワイモバイルオンラインストアでは、機種代金が高くなる代わりに、契約時にPayPayが最大8,555円もらえます。

\5の付く日と日曜日にPayPay最大8555円/

端末を買う場合どちらがお得?

PayPayを考慮しても公式のほうが安くなるので、端末セットは公式オンラインストアで買うのがおすすめです。

店舗だと機種代金が高くなる

シムセン

シムセン

ワイモバイルはヤフーショップなどの店舗でも申し込めますが、機種代金が高くなるので要注意です!

ワイモバイルはオンラインストアと店舗で申し込めますが、店舗だと機種代金が高くなります。

おすすめ機種ランキングで紹介する端末の機種代金はオンラインストア価格です。

ワイモバイルショップなどの店舗だと機種代金が1万円くらいアップする場合もあるので、店舗で端末セットを申し込む場合は、事前に問い合わせることをおすすめします。

店舗ごとに機種代金が変わる場合もあります

ソフトバンク等からの乗り換えは機種代金アップ

ソフトバンク、LINEMO、LINEモバイルのソフトバンク回線からワイモバイルにする場合、機種代金が高くなるので注意してください。

オンラインストアの機種代金は、新規契約かソフトバンク系列以外からの乗り換えの場合に適用される価格です。

ソフトバンク系列から乗り換える場合は、ほとんどの場合で今のスマホが使えるのでワイモバイルのSIMのみを申し込むとをおすすめします。

ワイモバイルのSIMのみのキャンペーンと差し替え手順、今のスマホでワイモバを使う!

ソフトバンク系列を使っていて新しい端末が必要な場合は、楽天モバイルUQモバイルへ乗り換えるのがおすすめです。

ワイモバイルで売れているスマホ上位

公式サイトの売れ筋トップ3

公式サイトの売れ筋トップ3は、1位 iPhone SE 第2世代、2位 OPPO Reno5 A、3位 Android One S8です。

ヤフー店の人気1位〜3位

ヤフー店の人気1位はiPhone SE 第2世代、2位 iPhone 12、3位 iPhone 11です。

公式サイトの売れ筋とヤフー店の人気機種は、少しタイムラグがあります。

今月発売機種や再入荷した機種、突発的なセールが反映されていなかったりするので、参考程度にするのがおすすめです。

おすすめ機種ランキング

シムセン

シムセン

ワイモバイルのおすすめの機種をランキングで紹介します!

ワイモバイルの端末を選ぶのに迷った場合に参考にしてみてください。

※ 5G通信は当分の間は特に意味はないので、5G通信の対応可否は気にしなくていいです。

1位:iPhone SE 第2世代

ワイモバイルのiPhone SE 第2世代
防水
おサイフケータイ◯ (Apple Pay)
指紋認証◯ (前面)
顔認証×
5G通信×
iPhone SE 第2世代の価格公式ヤフー店
機種代金64GB:36,000円
128GB:42,480円
64GB:41,760円
128GB:48,240円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格64GB:33,000円
128GB:39,480円
64GB:33,205円
128GB:39,685円
申込み公式オンラインストアヤフー店
iPhone SE 第2世代の性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 4.5
画面の大きさ 2.0
電池持ち 3.0
軽さ(コンパクトさ) 5.0
カメラ性能 3.5
実質価格(安さ) 3.5

その他の性能:2020年4月発売、4.7インチ、高性能CPU(A13 Bionic)、カメラ1200万画素、重さ148グラム

ワイモバイルを含めて他社でも一番売れているのがiPhone SE 第2世代です。

一番売れている理由は、iPhoneの中で一番安く買えて、コンパクトで高性能、指紋認証にも対応しているためです。

Androidスマホと比べると価格が高いですが、iPhone SE 第2世代なら途中で5940円の電池交換をすれば、性能的に5年くらい使えます。

iPhoneなら新しいiPhoneに買い替えても簡単にデータを移行できるのも良いです。

シムセン

シムセン

ワイモバイルのスマホ選びで悩んだら、iPhoneユーザならiPhone SE 第2世代を選ぶのが一番無難です!

2位:OPPO Reno5 A

ワイモバイルのOPPO Reno5 A
防水
おサイフケータイ
指紋認証◯ (背面)
顔認証
5G通信
OPPO Reno5 Aの価格公式ヤフー店
機種代金18,000円27,720円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格15,000円19,165円
申込み公式オンラインストアヤフー店
OPPO Reno5 Aの性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ(コンパクトさ) 3.5
カメラ性能 4.5
実質価格(安さ) 4.5

その他の性能:2021年6月発売、6.5インチ、Snapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素、重さ182グラム、電池容量4000mAh

性能と安さの両方を重視する場合におすすめなのがOPPO Reno5 Aです。

旧モデルのOPPO Reno3 Aと比べて全般的な性能が1.8倍、ゲーム性能は2.7倍に大幅アップです。カメラ性能も改善しています。

Androidスマホで快適に使いたい場合は、OPPO Reno5 Aがおすすめです。

シムセン

シムセン

OPPO Reno5 Aは家電量販店でも販売していますが、価格が4万円近くします。

ワイモバイルなら実質15,000円なので格安すぎます・・。

2位:Redmi 9T

ワイモバイルのRedmi 9T
防水×
おサイフケータイ×
指紋認証◯ (背面)
顔認証
5G通信×
Redmi 9Tの価格公式ヤフー店
機種代金1円1円
PayPay最大3,000円最大3,000円
実質価格△2,999円△2,999円
申込み公式オンラインストアヤフー店
Redmi 9Tの性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ(コンパクトさ) 2.5
カメラ性能 3.0
実質価格(安さ) 5.0

その他の性能:2021年2月発売(ワイモバでは8月発売)、6.53インチ、Snapdragon 662、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素、重さ198グラム、電池容量6000mAh

Redmi 9Tは安さと画面の大きさと電池持ちを最重視する場合におすすめです。

重さが198グラムで他のAndroidスマホと比べると重いですが、電池持ちが一番良いです。

Snapdragon 662という比較的高性能なCPUを搭載しているので、一般的な使い方なら十分使える性能です。

3位:iPhone 12

ワイモバイルのiPhone 12
防水
おサイフケータイ◯ (Apple Pay)
指紋認証×
顔認証
5G通信
iPhone 12の価格公式ヤフー店
機種代金64GB:89,280円
128GB:95,040円
256GB:109,440円
64GB:99,000円
128GB:104,760円
256GB:119,160円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格64GB:86,280円
128GB:92,040円
256GB:106,440円
64GB:90,445円
128GB:96,205円
256GB:110,605円
申込み公式タイムセールヤフー店
タイムセール:夜21時〜朝9時
iPhone 12の性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 5.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ(コンパクトさ) 4.0
カメラ性能 4.5
実質価格(安さ) 2.5

その他の性能:2020年10月発売、6.1インチ、超高性能CPU(A14 Bionic)、カメラ1200万画素+超広角1200万画素、重さ162グラム

iPhoneユーザでスマホをたくさん使う人で、物持ちが良い人におすすめなのがiPhone 12です。

価格は高いですが、超高性能なので途中で電池交換をすれば6年くらい使える性能です。

iPhone SE 第2世代も良い機種ですが、iPhone 12なら電池持ちが1.3倍、画面も4.7インチから6.1インチにアップして、なおかつ重さが162グラムで結構軽いです。

たくさんiPhoneを使う人はiPhone SEよりもiPhone 12がおすすめです。

シムセン

シムセン

iPhone 12は価格は高いですが、長い目でみるとそこまで高くもないです。

ワイモバイルで2番目または3番目に売れています。

4位:AQUOS sense4 basic

ワイモバイルのAQUOS sense4 basic
防水
おサイフケータイ
指紋認証×
顔認証
5G通信×
AQUOS sense4 basicの価格公式ヤフー店
機種代金新規:10,080円
乗換:360円
新規:16,200円
乗換でシンプルS:7,200円
乗換でシンプルM/L:6,120円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格新規:7,080円
乗換:△2,640円
新規:7,645円
乗換でシンプルS:△1,355円
乗換でシンプルM/L:△2,435円
申込み公式オンラインストアヤフー店
AQUOS sense4 basicの性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 4.0
画面の大きさ 3.0
電池持ち 5.0
軽さ(コンパクトさ) 4.0
カメラ性能 3.0
実質価格(安さ) 5.0 (乗換)

その他の性能:2020年11月発売、5.8インチ、Snapdragon 720G、RAM3GB,ROM64GB、カメラ1200万画素+望遠800万画素(光学2倍)、重さ176グラム、電池容量4570mAh

コンパクトで安いスマホを検討している場合におすすめがAQUOS sense4 basicです。

画面のサイズが5.8インチなので、一般的な6インチ台のスマホよりも一回りコンパクトです。

コンパクトサイズなのに大容量の電池を搭載しているので電池持ちがめちゃくちゃ良いです。

5位:iPhone 11

ワイモバイルのiPhone11
防水
おサイフケータイ◯ (Apple Pay)
指紋認証×
顔認証
5G通信×
iPhone 11の価格公式ヤフー店
機種代金48,240円54,360円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格45,240円45,805円
申込み公式オンラインストアヤフー店
iPhone 11の性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ(コンパクトさ) 3.0
カメラ性能 4.0
実質価格(安さ) 3.5

その他の性能:2019年9月発売、6.1インチ、高性能CPU(A13 Bionic)、カメラ1200万画素、重さ194グラム

iPhoneユーザでスマホをたくさん使うけど、iPhone 12は高くてちょっと手が出ない場合におすすめなのが、iPhone 11です。

iPhone11は超広角カメラがなくなり、重さが32グラム重くなりますが、iPhone 12の半額くらいで買えます。

6位:Android One S8

ワイモバイルのAndroid One S8
防水
おサイフケータイ
指紋認証×
顔認証
5G通信×
Android One S8の価格公式ヤフー店
機種代金4,320円14,040円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格1,320円5,485円
申込み公式オンラインストアヤフー店
Android One S8の性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 3.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ(コンパクトさ) 4.5
カメラ性能 2.5?
実質価格(安さ) 4.5

その他の性能:2020年12月発売、6.26インチ、Helio P65、RAM4GB,ROM64GB、カメラ1600万画素+超広角800万画素、重さ169グラム、電池容量4100mAh

日本メーカーで画面がある程度大きくて安いスマホを探している場合は、京セラのAndroid One S8がおすすめです。

基本的には同じような価格でより高性能なRedmi 9Tがおすすめですが、中国メーカーは避けたい場合は京セラのAndroid One S8が選択肢です。

7位:iPhone 12 mini

ワイモバイルのiPhone 12 mini
防水
おサイフケータイ◯ (Apple Pay)
指紋認証×
顔認証
5G通信
iPhone 12 miniの価格公式ヤフー店
機種代金64GB:74,880円
128GB:81,360円
256GB:95,040円
64GB:84,600円
128GB:91,080円
256GB:104,760円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格64GB:71,880円
128GB:78,360円
256GB:92,040円
64GB:76,045円
128GB:82,525円
256GB:96,205円
申込み公式タイムセールヤフー店
タイムセール:夜21時〜朝9時
iPhone 12 miniの性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 5.0
画面の大きさ 3.0
電池持ち 3.5
軽さ(コンパクトさ) 5.0
カメラ性能 4.5
実質価格(安さ) 2.5

その他の性能:2020年11月発売、5.4インチ、超高性能CPU(A14 Bionic)、カメラ1200万画素+超広角1200万画素、重さ133グラム

iPhoneユーザでコンパクトでもできるだけ大きな画面が良い場合におすすめがiPhone 12 miniです。

iPhone SE 第2世代よりも価格が2倍近くになってしまいますが、iPhone 12 miniは本体サイズが少し小さくなるのに、画面のサイズが4.7インチから5.4インチにアップ、重さも15グラム軽くなります。

電池持ちも15%近くアップします。

8位:Xperia 10 III

ワイモバイルのXperia 10 III
防水
おサイフケータイ
指紋認証◯ (側面)
顔認証×
5G通信
Xperia 10 IIIの価格公式ヤフー店
機種代金36,000円42,120円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格33,000円33,565円
申込み公式オンラインストアヤフー店
Xperia 10 IIIの性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ(コンパクトさ) 4.0
カメラ性能 3.5?
実質価格(安さ) 3.0

その他の性能:2021年7月発売、6インチ、Snapdragon 690 5G、RAM6GB,ROM128GB、カメラ1200万画素+超広角800万画素+望遠800万画素(光学2倍)、重さ169グラム、電池容量4500mAh

ソニー製品が好きな場合におすすめがXperia 10 IIIです。

他のAndroidスマホと比べて割高ですが、バランス良く仕上がっています。

ただ、実質15,000円で買えるOPPO Reno5 Aのほうが性能が良いので、ワイモバイルでXperia 10 IIIを買うのは微妙かもしれません。

9位:Libero 5G

ワイモバイルのLibero 5G
防水
おサイフケータイ
指紋認証◯ (背面)
顔認証
5G通信
Libero 5Gの価格公式ヤフー店
機種代金4,320円14,040円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格1,320円5,485円
申込み公式オンラインストアヤフー店
Libero 5Gの性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 3.5
軽さ(コンパクトさ) 2.5
カメラ性能 2.5
実質価格(安さ) 4.5

その他の性能:2021年4月発売、6.5インチ、Snapdragon 690 5G、RAM4GB,ROM64GB、カメラ1600万画素+超広角800万画素、重さ202グラム、電池容量3900mAh

5G対応で大画面で安さを最重視する場合に、Libero 5Gを検討する感じになります。

ただ、ワイモバイルの5Gエリアはかなり狭いので、5G対応スマホを使ってもあまり意味がありません。

ただ、実質1万円以下のスマホの中でゲーム性能が一番良いので、安いスマホでゲーム性能を重視する場合にLibero 5Gがおすすめです。

高齢者向けの機種:かんたんスマホ2

ワイモバイルのかんたんスマホ2
防水
おサイフケータイ×
指紋認証×
顔認証×
5G通信×
かんたんスマホ2の価格公式ヤフー店
機種代金4,320円10,080円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格1,320円1,525円
申込み公式オンラインストアヤフー店
かんたんスマホ2の性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 2.5
画面の大きさ 3.0
電池持ち 3.5
軽さ(コンパクトさ) 4.5
カメラ性能 2.5?
実質価格(安さ) 4.0

その他の性能:2020年8月発売、5.6インチ、Helio A22、RAM3GB,ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ151グラム、電池容量3300mAh

かんたんスマホ2は高齢者向けのスマホです。

大きなアイコンでわかりやすく操作できます。耐衝撃なので落としても壊れにくい構造になっています。

高齢な両親に渡すスマホを検討している場合に、かんたんスマホ2がおすすめです。

在庫切れ:OPPO Reno3 A

ワイモバイルのOPPO Reno3 A
防水
おサイフケータイ
指紋認証◯ (背面)
顔認証
5G通信×
OPPO Reno3 Aの価格公式ヤフー店
機種代金新規:5,280円
乗換:1,980円
新規:12,672円
乗換:7,920円
PayPay最大3,000円最大8,555円
実質価格新規:2,280円
乗換:△1,020円
新規:4,117円
乗換:△635円
申込み公式オンラインストアヤフー店
OPPO Reno3 Aの性能評価
性能(処理能力/ゲーム性能) 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ(コンパクトさ) 4.0
カメラ性能 3.5
実質価格(安さ) 5.0

その他の性能:2020年6月発売、6.44インチ、Snapdragon 665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素+超広角800万画素、重さ175グラム、電池容量4025mAh

ワイモバイルではAndroidスマホをかなり安く販売していますが、安さを最重視する場合におすすめがOPPO Reno3 Aです。

OPPO Reno3 Aなら普通に使う分なら十分な性能をしていて、カメラも結構良い感じに撮ってくれます。

シムセン

シムセン

OPPO Reno3 Aは終売した可能性が高いです

おすすめではない機種

Xperia 10 II

2020年5月29日発売。性能的に機種代金が25,200円もするのは割高です。Xperia 10 IIはおすすめではありません。

Xperia 8

2019年10月25日発売。Androidスマホで2年近く前の機種は買わないほうが良いです。

Android One S7

2019年12月19日発売。Androidスマホで2年近く前の機種は買わないほうが良いです。

Android One S6

2019年12月19日発売。Androidスマホで2年近く前の機種は買わないほうが良いです。

Android One X5

2018年12月13日発売。Android One X5は性能は結構良いですが、3年近く前に発売された機種です。Androidスマホで3年前の機種を買うのは罰ゲームです。

Android One S3

2018年1月18日発売。アウトレット品で販売していますが、ゴミすぎて話になりません・・。

arrows J

2019年10月発売。ジャパネットたかたで発売された機種ですが、売れ残りがワイモバイルのオンラインショップに流れてきました。

安いですが低性能で2年近く前の機種なので買わないほうが良いです。

ヤングモバイルに要注意

シムセン

シムセン

ワイモバイルが直接運営しているオンラインストアは公式とヤフー店の2つだけです。

ヤングモバイルという代理店もワイモバイルを扱っていますが、かなりクセがあるので要注意です。

公式とヤフー店以外にもヤングモバイルがある

公式とヤフー店はワイモバイルまたはヤフー(ソフトバンク)が直接運営しています。

ヤングモバイルもワイモバイルを扱っていますが、ヤングモバイルはワイモバイルの代理店です。日本企業開発支援株式会社というところが運営しています。

最大2万円のキャッシュバック

ヤングモバイルは端末とセットだと最大2万円のキャッシュバックがもらえます。

シンプルSは2,000円、シンプルMは12,000円、シンプルLは20,000円です。

契約時のプランでキャッシュバックが変わるので、シンプルLで申し込んですぐにシンプルSにプラン変更すれば20,000円のキャッシュバックがもらえます。

ソフトバンク系列からの乗換はキャッシュバック対象外です。

公式サイトと本体価格が一緒?

シムセン

シムセン

高額キャッシュバックで一見お得に見えるヤングモバイルですが、本体価格に罠があります。

ヤングモバイルの公式サイトには機種の価格はワイモバイル公式と同一と書いてありますが、違います。

ヤングモバイルのiPhone SEの価格
ヤングモバイルのiPhone SE 第2世代の価格

ヤングモバイルはまともに機種代金を記載していないので計算する必要があります。

(3,778円ープラン料金2,178円) x 36回払い = 57,600円

ヤングモバイルのiPhone SE 第2世代の機種代金は57,600円です。そしてワイモバイルの公式サイトのiPhone SE第2世代の機種代金は実質33,000円です。

ヤングモバイルには機種代金が同じと書いているのに、実質24,600円もヤングモバイルのほうが割高です。

ヤングモバイルで最大20,000円のキャッシュバックをもらっても損するだけです。

ヤングモバイルのほうが圧倒的に高いのに、機種代金が同じとはどういうこと?

この57,600円はソフトバンク系列から乗り換えた場合に適用される公式サイトの機種代金です。

ソフトバンクから乗り換える場合、ヤングモバイルとワイモバイルの公式サイトの機種代金は同じになります。

ただし、ソフトバンクから乗り換える場合、ヤングモバイルの最大2万円のキャッシュバックはもらえなくなります。そしてワイモバイルの公式サイトならPayPay3,000円がもらえます。

ソフトバンクから乗り換える場合でも、PayPayがもらえる分だけワイモバイルの公式サイトで申し込んだほうがお得です。

ワイモバイルの公式サイトやヤフー店で買ったほうが無難

ヤングモバイルは機種代金が公式サイトと同じで最大2万円のキャッシュバックがもらえると宣伝していますが、実際は機種代金は公式サイトよりも相当割高でキャッシュバックをもらっても見合いません。

ワイモバイルを申し込む場合は、ワイモバイルの公式サイトで申し込むことをおすすめします。

\端末セットが大幅割引/