楽天モバイルの契約方法、新規と乗り換え(MNP)の違いと契約手順

楽天モバイルの契約方法と手順について解説します。

シムセン

シムセン

楽天モバイルの契約方法は、ざっくり説明すると初めてスマホを使う人は「新規」、すでにスマホを使っている人は「乗り換え(MNP)」です。

楽天モバイルの「新規」と「乗り換え(MNP)」では結構手順が違います。

楽天モバイルの新規と乗り換え(MNP)の違い

新規の手順:楽天モバイルを格安スマホやiPhoneとセットに申し込む → 届いたらSIMカードをスマホに入れれば、すぐ使える。

乗り換え(MNP)の手順:必要に応じてSIMロック解除→必要に応じてGmailなどに変更→MNP予約番号を取得→楽天モバイルを申し込む→転入手続き→SIMまたはeSIMの設定で使えるようになる

ここでは楽天モバイルの新規と乗り換え(MNP)の違いと契約手順をわかりやすく解説します。

\最大24,000円相当還元中/

楽天モバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

新規と乗り換え(MNP)の違い

シムセン

シムセン

楽天モバイルには「新規」、「乗り換え(MNP)」、「プラン変更(移行)」の3つの契約方法があるよ。

新規は、新しい電話番号で楽天モバイルを契約する方法です。主にガラケーやスマホを使ったことがない人が契約する方法です。

乗り換え(MNP)は、今のスマホやガラケーの電話番号が楽天モバイルで使える契約方法です。ガラケーや既にスマホを使っている人は、基本的に乗り換えを選択します。

プラン変更(移行)は、楽天モバイルの旧プラン、スーパーホーダイや組み合わせプランを契約している人が、楽天アンリミットにプラン変更する方法です。

楽天モバイルの申し込み画面

楽天モバイルの申し込みを進んでいくと、上記のような画面が出てきます。

乗り換えは「他社からの乗り換え(MNP)」、新規は「選べる電話番号サービス」または「新規電話番号を取得」を選択します。

契約前に楽天ポイント増額エントリーをする

シムセン

シムセン

楽天モバイルのSIMまたはeSIMのみを申し込む場合は、下記の事前エントリーをしておくと、もらえるポイントが増額します。

詳細は下記にまとめているので、楽天モバイルを申し込む前に参考にしてみてください。

【8月最新】楽天モバイルのクーポン網羅でポイント増額と端末割引

新規の手順:新しい電話番号で契約

新規で楽天モバイルを申し込む場合は簡単です。楽天モバイルをオンラインで申し込むだけです。

新規契約で申し込むのに必要なもの

  • 本人確認書類(免許証等)
  • クレジットカード、またはキャッシュカード(もしくは銀行の通帳)

楽天モバイルを申し込むには、スマホで本人確認書類の写真を撮っておく必要があります。

※ eSIMを申し込む場合は事前撮影は不要

楽天モバイルの本人確認書類のまとめ、アップロードとeKYC

必要なものが揃ったら楽天モバイルの公式サイトで新しいスマホやiPhoneとセットに申し込みます。

キャンペーンを確認する

楽天モバイルでは最大24,000ポイントもらえるキャンペーンをしています。

キャンペーンには適用条件があるので、楽天モバイルのキャンペーンの条件を読んでから、楽天モバイルを申し込みます。

\最大24,000円相当還元中/

楽天モバイルの最新キャンペーンまとめ【2022年】条件の詳細と確認方法

申し込みは10分程度でできます。楽天モバイルのSIMカードとスマホが届くまで2日〜3日ほど待ちます。(eSIMをセットに申し込むと、SIMカードの代わりにeSIMの開通ガイドが届きます)

店舗で申し込む場合のデメリット

楽天モバイルはオンラインの他にも店舗で申し込むこともできます。

店舗だと、増額エントリーの楽天ポイントがもらえなくなりますが、店員さんに色々聞きながら申し込むことが出来ます。

楽天モバイルの店舗のデメリットとキャンペーンの違い【知らないと損】

乗り換え(MNP)の手順:今の電話番号で契約

大手キャリアからの乗り換え手順

ドコモから楽天モバイルの乗り換え手順&デメリットと違約金の詳細

auから楽天モバイルの乗り換え手順&後悔しないタイミング

ソフトバンクから楽天モバイルの乗り換え手順&違約金とMNPタイミング

その他から乗り換える手順 (DMMモバイル、FREETEL含む)

ステップ① 違約金を確認

その他のスマホ会社だと違約金はほとんどかかりません。

UQモバイル、ワイモバイル、IIJmio、OCNモバイルONE、mineoなど大手の格安SIMは違約金はかかりません。

規模の小さい格安SIM事業者だと10,450円の違約金がかかる場合があるので、事前に確認しておきます。

ステップ② 今のスマホが使えるか確認する

iPhone6s以降ならSIMロックを解除すると楽天モバイルで使えます。

Androidスマホの場合は楽天モバイルで使えない機種がかなりあるので、公式サイトの動作確認(対応状況確認)で、今のスマホが使えるか確認します。

\使えるか公式サイトでチェック/

ステップ③ MNP予約番号を発行する

今のスマホ会社のマイページにアクセスして、MNP予約番号を発行します。発行するのに最大4日かかると記載されているかもですが、平均1日程度で発行できます。

ステップ④ 楽天モバイルをオンラインで申し込む

乗り換え(MNP)で申し込むのに必要なもの

  • 本人確認書類(免許証等)
  • クレジットカード、またはキャッシュカード(もしくは銀行の通帳)
  • MNP予約番号

楽天モバイルを申し込むには、スマホで本人確認書類の写真を撮っておく必要があります。

※ eSIMを申し込む場合は事前撮影は不要

楽天モバイルの本人確認書類のまとめ、アップロードとeKYC

必要なものが揃ったら楽天モバイルの公式サイトで申し込みます。

\最大24,000円相当還元中/

申し込みは10分程度でできます。eSIMなら即日開通です。

楽天モバイルのSIMカードだと届くまで2日〜3日ほど待ちます。今のスマホはそのまま使えます。

ステップ⑤ 設定する

手順1. 転入手続きをする

楽天モバイルのSIMカードが届いたら、もしくはeSIMの審査完了メールが来たら、my 楽天モバイルで回線の切り替え手続きをします。受付時間は9:00〜21:00までです。

my 楽天モバイルにアクセスして、申込み履歴を選択して、転入手続きを選択します。

手続きをすると20分ほどで今のスマホが使えなくなり、楽天モバイルでスマホが使えるようになります。

手順2-1. SIMカードの場合

iPhoneと楽天モバイルで購入したAndroidスマホは、楽天モバイルのSIMカードを入れれば、すぐに使えます。

楽天モバイル以外で購入したAndroidスマホは、楽天モバイルのSIMを入れて、APNの設定をします。

スマホ ➡ 設定 ➡ 無線とネットワーク ➡ モバイルネットワーク ➡ アクセスポイント名 ➡ 新しいAPNを作成

名前: Rakuten
APN: rakuten.jp

保存して、作成したAPN(Rakuten)を選択すると、数秒から30秒ほどで電波を受信し始めて、楽天モバイルでスマホが使えるようになります。

手順2-2.eSIMの場合

SIMカードではなくeSIMを選んだ場合は下記を参考に設定してみてください。

楽天モバイルのeSIMをiPhoneで使う!即日開通で簡単に乗り換えられる

今のスマホ会社のSIMカードの返却はほとんどの場合で不要ですが、中には返却しないと罰金をとるところもあるので各自で確認が必要です。

ステップ⑥ 今のスマホ会社の解約手続き

楽天モバイルへMNPで乗り換える場合は、楽天モバイルでスマホが使えるようになったら、今のスマホ会社の契約は自動的に解約になります。解約手続きは不要です。

乗り換えずに実質0円で試す方法

楽天モバイルに乗り換えるのは少し不安な場合は、実質0円の楽天モバイルのポケットWiFiや、実質1円のRakuten Hand 5Gで試すのがおすすめです。

方法① 実質ゼロ円のポケットWiFiで試す

楽天モバイルならポケットWiFiを実質0円で試せます。ポケットWiFiの本体価格は実質0円、事務手数料無料、いつやめても違約金もかかりません。

楽天モバイルのポケットWiFiの評判

楽天モバイルのポケットWiFiで試してから、auから楽天モバイルへ乗り換えるのもありです。

\実質0円お試しキャンペーン中/

楽天モバイルのポケットWiFiの評判は悪い?WiFi Pocket 2Cを実機レビュー

方法② 実質1円のRakuten Hand 5Gで試す

楽天モバイルのRakuten Hand 5Gは本体価格19,001円ですが、19,000ポイントもらえるので実質1円です。

楽天モバイルの5Gも試せます。ポケットWiFiよりも性能が良いので、基本的にはRakuten Hand 5Gで試すのがおすすめです。

\スマホが実質1円/

ポケットWiFIとRakuten Hand 5Gを一緒に申し込むと、Rakuten Hand 5Gのポイント還元は対象外になります。どちらか1台を申し込んでください。

方法③ デュアルSIMで併用する

シムセン

シムセン

iPhoneXR以降を使っている場合は、デュアルSIMで楽天モバイルのeSIMを試してみるのも良いよ。

デュアルSIM対応のソフトバンクのiPhone:iPhone XR、XS、XS Max、SE2、SE3、11シリーズ、12シリーズ、13シリーズ

デュアルSIM対応のiPhoneは、SIMカードとeSIMの2つを併用できます。

楽天モバイルのeSIMを新規契約するだけです。最短即日開通です。今ほスマホ会社の契約を続けつつ、楽天モバイルで無料通話やネットが試せます。

使い勝手に納得したら楽天モバイルのeSIMを解約して、今のスマホ会社から楽天モバイルに乗り換えるというのも大丈夫です。

\最短即日開通/

楽天モバイルのeSIMをiPhoneで使う!即日開通で簡単に乗り換えられる