おすすめしない?楽天モバイルのデメリットとメリットを解説

楽天モバイルのデメリットとメリットを、わかりやすく詳しく解説します。

ヒヨコ

ヒヨコ

楽天モバイルを絶賛している人もいるけど、楽天モバイルにして後悔した、最悪、危ない!とか言う人もいるけど・・

実際に楽天モバイルを使ったデメリットってどうなん?

楽天モバイルにして後悔したという人の意見はわからなくもないんだけど、それ以上に満足している人がたくさんいるよ。

ちなみに私は満足している側で、楽天モバイルのヘビーユーザです。

シムセン

シムセン

楽天モバイルはデータ使い放題、電話し放題で3ヶ月無料、そして4ヶ月目以降は実際に使ったデータ量によって月0円〜3278円です。

楽天モバイルならスマホが相当安く使えるという大きなメリットがありますが、デメリットもあります。

楽天モバイルのデメリットは、①圏外の可能性、②パートナー回線だと月5GBまでしか使えない、③楽天エリアでもパートナー回線になる可能性、④1日10GB超えると速度制限、⑤使えるAndroidスマホが少ない、⑥楽天リンクの不具合、⑦キャリアメール不可、⑧違約金かかるかも、⑨貧弱なサポートなどです。

楽天モバイルを契約してから後悔しないためにも参考にしてみてください。

\最大25,000円相当還元中/

楽天モバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

目次

デメリットの詳細

デメリット① 運が悪いと圏外になる

ヒヨコ

ヒヨコ

率直に言って、楽天モバイルの一番大きなデメリットって何ですか?

運が悪いと圏外になって、ネットや電話が使えなくなることだよ。

シムセン

シムセン

楽天モバイルの一番大きなデメリットは、運が悪いと圏外になってネットや電話が使えなくなることです。

ほとんどの場所は問題なく使えますが、地下/トンネル/高層階/奥まった場所だと、圏外になる可能性が高いです。平均すると月1,2回圏外になるくらいです

どこでも確実に使いたい場合は、楽天モバイルだと厳しいです。

実際にその場所で使ってみないとわかりませんが、ほとんどの場所で圏外にならずに普通に使えます。

ただ、中には運が悪い人がいて、楽天モバイルで圏外が多くて後悔して、おすすめしないと言う人がいたりします・・。

シムセン

シムセン

後悔したくない場合は、実質ゼロ円で試せる

楽天モバイルの電波が不安な場合、本体価格1円のポケットWiFiで実質0円で楽天モバイルの電波を試せます。

最大4ヶ月無料、5000ポイントプレゼント、そしてポケットWiFiの本体価格1円です。1円払うだけで、楽天モバイルをたくさん試せます。

楽天モバイルのポケットWiFi、Rakuten WiFi Pocket 2Bのレビュー

デメリット② パートナー回線は月5GB超で速度制限

楽天モバイルの2番目のデメリットは、楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)で月5GBを超えると1Mbpsに速度が制限されることです。

楽天モバイルは楽天回線エリアならスゴく割安な料金プランですが、パートナー回線エリアは月3GBを超えると割高なプランです。

楽天モバイルのサービスエリアを確認して、自分が使う場所がパートナー回線エリアの場合で月3GBを超えて使う場合は楽天モバイルは避けたほうが良いです。

パートナー回線エリアの場合でも、月1GB以下なら無料で使える楽天モバイルが良い選択肢です。

パートナー回線エリアで、月1GBを超える場合は正直微妙、月3GBを超える場合は選ばないほうが良いと思う・・。

シムセン

シムセン

楽天回線エリアかチェックする

月5GB以上使う場合は、主に使う場所が楽天回線エリアかどうかチェックすることをおすすめします。

濃いピンクが楽天回線エリア

\楽天回線エリア拡大中!/

デメリット③ 楽天回線エリアでもパートナー回線かも

楽天モバイルは、楽天回線エリアでも電波が悪いとパートナー回線を掴む場合があります。

  • 楽天回線エリアで自社回線 → 高速データ通信
  • 楽天回線エリアでパートナー回線 → 月5GBを超えると1Mbpsに速度制限

楽天回線エリアで、実際に自社回線を掴んでいるエリアは8〜9割くらいです。

2021年までに楽天回線エリアの人口カバー率は96%に拡大予定なので改善していきますが、楽天回線エリアで確実に自社回線を掴むのは少し時間がかかりそうです。

自分の場所が本当に楽天回線エリアかどうか確認したい場合は、実質ゼロ円のポケットWiFiを契約することをおすすめします。5GBを超えても速度が速ければ、楽天回線エリアです。

楽天モバイルアプリ等で自社回線とパートナー回線のどちらを掴んでいるか確認できます

デメリット④ 1日10GBを超えると速度制限

楽天回線エリアで自社回線(楽天電波)なら、高速データ通信でネットが使えますが、1日で10GBを超えると当日は3Mbpsに速度が制限されます。

3Mbpsに速度制限は毎日夜12時に解除されます。

1日10GBを超えると3Mbpsに制限されるのはデメリットではありますが、98%くらいの人は1日で10GBを超えるほど使いません。仮に10GBを超えても3Mbpsで使えるので、スマホで使う分には問題ないです。

プレステのゲーム(50GB)のダウンロードは、時間が結構かかります

デメリット⑤ 使えるAndroidスマホが少ない

楽天アンリミットで問題なく使えるAndroidスマホはまだ少ないです。

ドコモとソフトバンクのAndroidスマホのほとんどは楽天アンリミットに対応していません。

auのAndroidスマホで2018年以降に発売された機種なら使える可能性が高いですが、2017年以前に発売された機種だと使えない機種がほとんどです。

SIMフリーの格安スマホは2019年以降に発売された機種なら、使える可能性が高いです。2018年以前の機種だとほとんどが使えません。

自分のAndroidスマホが使えるかは、楽天モバイルの公式サイトで確認できます。

\使えるか公式サイトでチェック/

格安スマホとセットで申し込むのがおすすめです。セットだと楽天ポイントがたくさんもらえて、実質的にスゴく安く手に入ります。

デメリット⑥ 楽天リンクがたまに不具合を起こす、通常の電話料金は高い

楽天モバイルは楽天リンクを使えば、通話料無料で電話ができて、SMSも無料で送信できます。

楽天リンクの通話品質はそれなりに良いですが、たまに不具合を起こして、自分の声が相手に届かなくなったり、相手から着信が来なかったりする場合があります。

家族や知人とかならそこまで問題ではないですが、仕事で使う電話としては楽天リンクは利用しないほうが無難です。

楽天リンクを使わないと30秒22円!

楽天リンクを使わずに、通常の電話アプリで電話をかけると30秒22円の通話料金がかかります。

間違えて通常の電話アプリで電話をして、結構な通話料金がかかった!という人がちらほらいるので注意が必要です。

デメリット⑦ 今のキャリアメールは使えない

楽天モバイルにすると今のキャリアメールが使えなくなります。

Gmailなどのフリーメールにすれば良いだけです。Gmailを使って困ることはほとんどありません。

シムセン

シムセン

私は10年以上前からGmailを使ってますが、困ったことないです!

2021年中に楽天モバイルのキャリアメールが始まるけど使わないほうが良い

楽天モバイルは2021年中にキャリアメールの提供を開始しますが、使わないほうが良いです。

キャリアメールを使うと、もし他社に乗り換えたくなってもメルアドの変更が面倒です。

Gmailなどのフリーメールなら他社に乗り換えても、スマホを機種変しても、そのまま使い続けることができます。

デメリット⑧ 今のスマホ会社で違約金がかかる場合がある

今のスマホ会社から楽天モバイルに乗り換える場合、今のスマホ会社から違約金を請求される場合があります。

一般的な格安SIMだといつ乗り換えても違約金なし、または1年くらい契約していれば違約金がかならなくなります。

auとソフトバンクは2年ごとの更新月以外で乗り換えると、10,450円の違約金がかかる場合がありますが、今のスマホ会社で新しいプランに変更してから、翌月に楽天モバイルに乗り換えれば違約金が1100円だけで済みます。

ドコモだと違約金が結構厄介です。詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

デメリット⑨ サポートは期待できない

楽天モバイルのカスタマーサポートは期待しないでください・・。

楽天モバイルが大手キャリアよりもスゴく安い理由の一つは、サポートが最小限だからです。

契約前は電話の問い合わせてそこそこ繋がりますが、契約した後は電話の窓口が変わって繋がらないです。担当者がコロコロ変わって、担当者ごとに回答や対応も変わったりもします。

シムセン

シムセン

正直、楽天モバイルのサポートはやばいです。このサイトでできるだけ、わかりやすくサポートします。

デメリット⑩ 最悪・後悔した・危ないと言う人がいる

楽天モバイルは最悪で後悔した、危ないという人は主に圏外を経験した人たちですが、楽天モバイルで後悔する人は全体の1割くらいです。

確実に使えることを確認したい場合、手っ取り早い方法は実質0円のポケットWiFiを試すことです。

楽天モバイルのポケットWiFi、Rakuten WiFi Pocket 2Bのレビュー

ただ、正直言ってポケットWiFiで試さなくても、8割以上の人は楽天モバイルで普通に使えます。

もし運悪く圏外が多い場合は、楽天モバイルなら手数料も最低利用期間もないので、他社に乗り換えるだけです。

楽天モバイルは最大4ヶ月お金を払わずに使えるので、ことさら不安に思うことはほとんどないです。実際に使ってみることが重要です。

シムセン

シムセン

ネットで契約できる人なら、ほとんど手間なく他社に乗り換えられます。

店舗でしか契約できない人だと、楽天モバイルは不向きかもです・・

メリット① 月1GB以下ならずーと無料

ヒヨコ

ヒヨコ

一番大きなメリットを上げるとしたら何ですか?

月1GB以下なら月額料金がずーと無料で使えるのが最大のメリットだよ。

シムセン

シムセン

楽天モバイルなら月1GBなら無料です。しかも楽天リンクで通話料無料です。

月1GBだけじゃ全然足りないという人もいますが、スマホユーザの3割は月1GB以下で足りています。

実際にはユニバーサル料金が月2円〜3円かかります。複数契約は2回線目以降は1GB以下でも月1078円かかります。

メリット② 段階制プランで無駄なく簡単に節約できる

楽天モバイルの2番目のメリットは、段階制プランで無駄なく便利にスマホ料金を節約できることです。

段階制プランは実際に使ったデータ量によって料金が決まるプランです。

楽天モバイルは4段階設定されていて、月1GB以下は無料、月1GB超〜3GB以下は1078円、月3GB超〜20GBは2178円、月20GB超〜無制限は3278円です。

データ量の変更をすることなく、無駄なく簡単に節約できます。

楽天モバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

大手キャリアの無制限プランも段階制プランだけど・・

大手キャリアの無制限プランも実は段階制プランですが、2段階しかありません。

例えば、ドコモは月3GB以下なら5480円、月3GB超〜無制限は7128円です。2段階しか無いのに加えて、楽天モバイルと比べようもなく料金が高いです。。

メリット③ 月額料金が3ヶ月間無料

楽天モバイルは利用料金が3ヶ月無料で使えます。事務手数料も無料なので、完全に無料で試せます。

楽天のデメリットは運が悪いと電波が不安定になったり圏外になることがありますが、実際にその場所で使ってみないことには誰もわかりません。

もし不満でも楽天モバイルから他社に乗り換える場合でも、MNP転出手数料が無料なので、楽天を試しても全てタダです。

月初2日以降に開通すると最大4ヶ月無料

楽天モバイルの最大4ヶ月無料

7月1日に開通すると9月30日までが無料期間、7月2日に開通すると10月31日までが無料期間です。

課金開始日(利用開始日)が開通日です。課金開始日に関しては下記を参考にしてみてください。

メリット④ 月3278円でデータ無制限は安い

スマホ会社月額料金(20GB超え)
楽天モバイル(1日10GBまで)3278円
ドコモ7128円
au (テザリング月30GBまで)7128円
ソフトバンク(テザリング月30GBまで)7238円
データを20GBを超えて使う場合に各社料金

ドコモ、au、ソフトバンクは家族で契約したり、特定の光回線を契約すると安くなったりしますが、それでも楽天モバイルのほうが大幅に安くなります。

メリット⑤ 混雑時でも速度が遅くならない

一般的な格安SIMだと平日の昼は速度が極端に遅くなり、スマホの使い勝手が悪くなります。動画が再生できなかったり、Webサイトの読み込みがかなり遅くなったり。。

楽天アンリミットなら、平日昼等の混雑時でも速度が遅くなりません。速い速度でスマホを快適に使えます。

楽天回線エリアは平均30Mbps前後、パートナー回線は20Mbps前後の速度です。

電波がスゴく悪いと、速度が低下したり圏外になる場合があります。

メリット⑥ 国内通話が無料でかけ放題

楽天リンクアプリを使えば、国内通話が無料で24時間かけ放題です。

留守番電話も無料で使えます。普通の留守番電話だとメッセージの録音や再生に料金がかかりますが、楽天リンクの留守番電話なら録音や再生時も料金がかかりません。

楽天リンクたまにバグって相手に声が届かない場合があります。長電話や仕事で使う場合は難しいです。

メリット⑦ ほとんどのiPhoneが使える

楽天アンリミットはiPhone 6s以降のiPhoneならSIMロックを解除すれば使えます。iPhone XR以降ならeSIMも使えます。

iOS14.4以上にしていれば、APNの設定や構成プロファイルのインストールなしで楽天モバイルが使えます。

iPhone6以前の古いiPhoneは楽天モバイルでは使えないので、新しいiPhoneとセットに申し込むことをおすすめします。

メリット⑧ 新しいスマホが実質1円で手に入る

今のスマホが楽天モバイルで使えない場合でも、楽天モバイルなら最大2万5000ポイントの楽天ポイントがもらえるので、新しいスマホが実質1円〜数千円で手に入ります。

[2021年] 楽天モバイルのスマホおすすめ機種ランキング、人気端末が実質0円から

メリット⑨ 実質ゼロ円でポケットWiFiを試せる

楽天モバイルならポケットWiFiを実質0円で試すことができます。

最大4ヶ月の無料期間後は使ったデータ量に応じて月0円〜3278円の段階制プランです。月1GB以下なら4ヶ月目以降もずーと無料で使えます。

ポケットWiFiを検討している人や、楽天モバイルを試したい人におすすめです。

Rakuten WiFi Pocket 2Bの実質0円お試しキャンペーン

\実質0円お試しキャンペーン中/

楽天モバイルのポケットWiFi、Rakuten WiFi Pocket 2Bのレビュー

メリット⑩ 最大27,000円相当還元がもらえる

楽天モバイルを契約すると最大27,000円相当の還元がもらえます。

  • SIMのみ契約:最大20,000ポイント
  • Androidスマホとセット:最大25,000ポイント
  • iPhoneとセット:最大27,000円相当の還元
  • ポケットWiFiとセット:本体価格1円

この他にも月額料金が最大4ヶ月無料、事務手数料無料、違約金なし、他社への乗換手数料なしです。

楽天モバイルは月額料金も安いですが、契約するだけで特典がたくさんもらえます。楽天モバイルは格安SIMの中でもトップクラスにお得に契約できます。

【最新2021年】楽天モバイルのキャンペーンまとめ&条件達成の確認方法

メリット⑪ エントリーで楽天ポイントがたくさんもらえる

楽天モバイルを普通に契約すると最大25,000ポイントもらえますが、エントリーをしてから楽天モバイルを申し込むと、追加で楽天ポイントがたくさんもらえます。

2021年10月、楽天モバイルのクーポン完全網羅でポイント増額

メリット⑫ 違約金なし

楽天モバイルは最低利用期間なしで違約金もかかりません。

楽天モバイルから他社に乗り換える場合でも、MNP転出手数料はかかりません。

お金を払わずに試せるのが楽天モバイルです。

メリット⑬ 楽天市場が+1倍

楽天モバイルを契約すると、数日後に楽天市場の買い物でもらえるポイントが+1倍アップします。

メリット⑭ 口座振替に対応している

一般的な格安SIMだとほとんどの場合で本人名義のクレジットカードが必要ですが、楽天モバイルなら口座振替でも申し込めます。

口座振替の場合は毎月100円の手数料が別途かかります。

クレジットカードを選ぶ場合でも、家族のクレジットカードなら特に問題なく申し込めます。

メリット⑮ テザリングが無料で制限なし

楽天モバイルならテザリングが無料です(データは消費します)。

1日10GBを超えるとその日は3Mbpsに制限されて、パートナー回線エリアだと月5GBを超えると1Mbpsに制限されますが、テザリング自体の制限はありません。

メリット⑯ 楽天モバイルの評判は悪い?← 実は8割の人が満足している

楽天アンリミットに否定的な人もネットでは結構いますが、楽天アンリミットの利用者500人のアンケート結果は下記です。

楽天モバイルの満足度

総合満足度で8割の利用者が満足しています。料金のわかりやすさは91.8%が満足、コスパは89.2%も満足しています。

確実に満足できるとは言えませんが、試してみるには十分な満足度です。

\最大25,000円相当還元中/