後悔しない?ドコモからワイモバイルの乗り換え手順のまとめ

ドコモからワイモバイルに乗り換える手順をまとめています。

後悔するポイントは主に2つです。ahamoのほうが良い場合と、ドコモのAndroidスマホとワイモバの相性が悪い場合です。

この2つを把握していれば、後悔することなくドコモからワイモバイルに乗り換えできます。

ヒヨコ

ヒヨコ

ドコモからワイモバイルに乗り換えるのってアリかな?

ドコモの家族割引を適用していないなら、ワイモバイルは良い選択肢だよ。

家族割引を適用している場合でも、家族全員で乗り換えるならワイモバイルはありですね!

シムセン

シムセン

家族でドコモを契約していて、1人だけ乗り換える場合は、ワイモバイルではなくahamoがおすすめです。

家族でドコモを契約していなかったり、家族全員が安いスマホ料金に乗り換えるなら、ワイモバイルがおすすめです。

ドコモからワイモバイルに乗り換えて後悔するポイントを説明した後に、ワイモバイルのメリット、乗換タイミング、キャンペーン情報、乗り換え手順を全部まとめています。

\ドコモからワイモバイルの乗り換えはこちら/

目次

ドコモからワイモバイルに乗り換えて後悔するポイント

シムセン

シムセン

ドコモからワイモバイルの乗り換えて後悔するポイントは主に2つです。

一つはahamoのほうが良かった場合、もう一つはドコモのAndroidスマホとワイモバの相性が悪い場合です。

ドコモからワイモバイルの乗り換えるデメリットのまとめ

  • デメリット① ahamoのほうが良いかも?
  • デメリット② ドコモのAndroidスマホの相性
  • デメリット③ 手続きが少し面倒
  • デメリット④ ドコモメールが使えない
  • デメリット⑤ ギガを超たくさんは使えない

デメリット① 家族でドコモ契約だとahamoが良いかも?

家族でドコモを契約している場合は、基本的にはahamoがおすすめです。

理由はahamoならドコモ契約者数にカウントされて、ドコモに残る家族の料金が高くならずに、なおかつ家族間のドコモ→ahamoの通話は無料だからです。

ドコモ契約者
3人 → 2人:ドコモの料金が月550円x2人アップ(合計1100円)
3人 → 1人:ドコモの料金が月1100円アップ
2人 → 1人:ドコモの料金が月550円アップ

ahamoもっと詳しく!

家族でドコモを契約していない場合、もしくは家族全員で乗り換えられる場合は、安くてメリットがたくさんあるワイモバイルがおすすめです。

デメリット② ドコモのAndroidスマホとワイモバの相性が悪い場合がある

ドコモのAndroidスマホは、ドコモの電波を掴むのに最適化されているため、ワイモバイル(ソフトバンク電波)で使うと、電波が悪くなる可能性が少しあります。

基本的には使えますが、郊外や奥まった場所だとドコモのAndroidスマホを使うと、ワイモバイルの電波が悪くなる可能性が高くなるので注意です。

ドコモの一部のAndroidスマホはテザリングまたはデータ通信ができない機種があります

※ iPhoneなら大丈夫です

デメリット③ 手続きが少し面倒

ドコモからワイモバイルにする時、少し面倒な手続きが2つあります。それはSIMロック解除とMNP予約番号です。

SIMロック解除はネットで10分くらい、MNP予約番号はドコモに電話をかけて10分くらいで手に入りますが、ちょっと面倒です。。

デメリット④ ドコモメールが使えない

ドコモからワイモバイルにすると、ドコモメールが使えなくなります。

乗り換える前にGmailなどのフリーメールにメルアドを変更してあげる必要があります。

デメリット⑤ ギガを超たくさんは使えない

ワイモバイルのデータ容量の選択肢は3GB、15GB、25GBです。データ増量オプションに加入しても最大30GBまでです。

月30GBを超える場合はワイモバイルはあっていませんが、30GBを超える人はドコモユーザの1割もいません。

ワイモバイルのメリット

ドコモからワイモバイルにするメリットのまとめ

  • メリット1:スマホ料金が安くなる
  • メリット2:家族で使えばさらに安くなる
  • メリット3:余ったデータを繰り越せる
  • メリット4:Yahooプレミアム会員費が無料でPayPayが貯まりやすくなる
  • メリット5:PayPayが最大1万円もらえる
  • メリット6:乗り換え時に機種が安く買える
  • メリット7:違約金がかからない
  • メリット8:速度が速く、どこでも使える
  • メリット9:ドコモのiPhoneなら使える

メリット1:毎月のスマホの料金が安くなる

シムセン

シムセン

ワイモバイルはドコモと比べて毎月のスマホ料金が安くなるよ!

ワイモバイルなら3GBが月2178円、15GBが月3278円、25GBが月4158円です。ドコモよりかなり安くなります。

他の格安SIMと比べると少し高めですが、ワイモバイルなら他の格安SIMにはない特典がたくさんあります。

メリット2:家族で使えばさらに安くなる

ワイモバイル月額料金データ容量低速
1回線目2回線目以降
シンプルS2178円990円3GB300kbps
シンプルM3278円2090円15GB1Mbps
シンプルL4158円2970円25GB1Mbps

ワイモバイルは1回線目は他の格安SIMよりも高めですが、家族で契約する場合は格安SIMの中でも最安値水準で使えます。

メリット3:余ったデータを翌月に繰り越せる

ドコモは余ったデータを翌月に繰り越せませんが、ワイモバイルなら繰り越せます。

普段はデータを少し余らせて貯めておけば、データを多く使う月でもデータを使い切ることなくスマホが快適に使えます。

メリット4:Yahooプレミアム会員費が無料でPayPayが貯まりやすい

ワイモバイルなら月508円のYahooプレミアム会員費が無料です。

Yahooプレミアム会員になると、YahooショッピングやPayPayモールなどでもらえるPayPayが増えます。

PayPayを使っている場合は、ワイモバイルがおすすめです。

メリット5:キャンペーンでPayPayが最大1万円もらえる

ワイモバイルのSIMまたはeSIMのみを申し込むと、最大で1万円のPayPayがもらえます。

ワイモバイルのSIMのみのキャンペーンと差し替え手順、今のスマホを使う方法

メリット6:乗り換え時に機種が安く買える

ワイモバイルなら乗り換え時にスマホがすごく安く手に入ります。

今使っているスマホがそれなりに古い場合は、新しいスマホとセットで乗り換えるのがおすすめです。

最新2022年、ワイモバイルの1円端末と人気のおすすめ機種ランキング

メリット7:違約金がかからない

ドコモからワイモバイルの乗り換える場合、いつ乗り換えてもドコモで違約金はかかりません。

もしワイモバイルに乗り換えて不満を感じた場合でも、すぐにワイモバイルから他社に乗り換えても違約金はなしです。

メリット8:速度が速く、どこでも使える

ワイモバイルはソフトバンクと同じサービスエリアが使えて、ソフトバンクと同じ速度が出ます。

他の格安SIMだと平日昼などに速度がかなり遅くなって、使い勝手が悪くなる場合があります。楽天モバイルだと圏外になることもあります。

ワイモバイルならソフトバンクと同一品質です。安心して快適にスマホが使えます。

2021年最新、ワイモバイルの速度は遅い?本当に速いのか速度計測してみた

メリット9:ドコモのiPhoneなら問題なく使える

ドコモのAndroidスマホだと、郊外や奥まった場所でワイモバイルの電波が悪くなる可能性がありますが、ドコモのiPhoneなら電波が悪くなること無く使えます。

※ iPhone6以前の超古いiPhoneはワイモバイルでは使えません

ドコモは違約金0円、乗り換えタイミングは下旬がおすすめ

ドコモは違約金なしに他社に乗り換えることができるので、ワイモバイルへの乗換タイミングはいつでも大丈夫です。

ただし、乗り換え月は、ドコモの利用料金は満額請求ワイモバイルは日割り請求になります。

上旬に乗り換えるよりも、下旬に乗り換えたほうがワイモバイルの料金が少し安くなって節約できます。

分割代金の支払いはそのまま継続

ヒヨコ

ヒヨコ

ドコモの分割代金が残っている場合、乗り換えたら残金を一括請求されたりしないよね・・?

ワイモバイルに乗り換えても、分割代金はそのまま同じように分割で請求されるよ。

シムセン

シムセン

ドコモからワイモバイルに乗り換えると、MNPが完了したらドコモは自動解約になりますが、分割払いが残っている場合は、分割払いだけ継続されます。

もし分割残高を一括で支払いたくなったら、ドコモに電話かければ残高を一括払いできます。

キャンペーン情報

ドコモからワイモバイルに乗り換える場合、キャンペーンでSIMまたはeSIMのみの申込みなら最大1万円のPayPayがもらえます。

ワイモバイルのSIMのみのキャンペーンと差し替え手順、今のスマホを使う方法

新しいスマホが必要な場合は、もらえるPayPayは最大3000円になりますが、端末が大幅割引で手に入るキャンペーンをしています。

最新2022年、ワイモバイルの1円端末と人気のおすすめ機種ランキング

キャンペーンの終了日は未定です。

たまにキャンペーン特典が少し変わることがありますが、基本的にはあまり変わらず同じキャンペーンを続けています。

ドコモからワイモバイルに乗り換える手順の流れ

  • 手順1:SIMロック解除
  • 手順2:dポイントを使う
  • 手順3:メールをGmailに変更
  • 手順4:MNP予約番号を発行
  • 手順5:本人確認書類を準備
  • 手順6:ワイモバイルを申し込む
  • 手順7:SIMカードまたはeSIMを設定
  • 手順8:ドコモの解約手続き
  • 手順9:PayPay特典の受け取り設定
  • 手順10:必要に応じてプラン変更
シムセン

シムセン

ここからドコモからワイモバイルの乗り換える手順を詳しく解説していきます!

手順1:スマホの動作確認とSIMロック解除

ドコモのiPhone6s以降ならSIMロックを解除すればLINEMOで使えます。

ドコモのAndroidスマホの中にはワイモバイルで使えない機種が一部あります。詳細は下記の動作確認をチェックすることをおすすめします。

※ 一部のGalaxyスマホだとデータ通信に不具合がでる可能性

iPhoneのSIMロック解除の有無の確認方法

iPhone → 設定 → 情報 → ページ中部の「SIMロック」の欄を確認

SIMロックの欄に「SIMロックなし」と表示されていれば、iPhoneはSIMロック解除済みです。そのままワイモバイルで使えます。

※ ドコモのiPhone13シリーズはSIMロック解除済み

SIMロック解除の仕方

ドコモのSIMロック解除手続きで10分くらいで無料でSIMロック解除できます。

Androidスマホは郊外での利用に注意

ドコモのAndroidスマホで、ワイモバイルの動作確認済みになっている機種でも、そのほとんどはワイモバイルのプラチナバンド非対応です。

プラチナバンドに非対応の場合は、郊外や奥まった場所で電波が悪くなる可能性が高くなります。

主に郊外で使っている人で、そこそこ古いAndroidスマホを使っている場合は、ワイモバイルのAndroidスマホに乗り換えることをおすすめします。

最新2022年、ワイモバイルの1円端末と人気のおすすめ機種ランキング

手順2:dポイントをできれば使う

ワイモバイルに乗り換えても、dアカウントはそのまま使えるのでdポイントは消滅しません。

ただ、dポイントには有効期限があるので、dショッピングなどで適当に使い切ってから乗り換えるのがおすすめです。

手順3:Gmailにメルアドを変更

ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとドコモメールが使えなくなります。ドコモメールを使っている人は無料のGmailに変更します。

〇〇〇@docomo.ne.jp

〇〇〇@gmail.com

ワイモバイルに乗り換えた後はドコモメールが使えるだけでなく、ドコモメールの中身も見れなくなるので、重要なメールはGmailに事前に転送しておきます。

ネットサービスやショッピングサイトのメルアドもGmailに変更しておきます。

ワイモバイルのキャリアメールは使わないほうが良い

ワイモバイルでは無料のキャリアメールがもらえますが、これからはキャリアメールは使わないほうが良いです。

キャリアメールを使うと、もし他社に乗り換えたくなったらメルアドの変更がまた必要になります。

Gmailなどのフリーメールなら、他社に乗り換えても同じメルアドを使い続けることが出来ます。

手順4:ドコモでMNP予約番号を発行

ドコモの今の電話番号のままワイモバイルに乗り換えたい場合、ドコモでMNP予約番号を発行します。

ワイモバイルを申し込むときに、MNP予約番号を使って申し込めば、今の電話番号をワイモバイルでも使えるようになります。

ドコモから乗り換える場合、MNP予約番号を取得して乗り換えるのが一般的です。

ドコモのMNP予約番号の取得の仕方

手順5:本人確認書類を準備

ワイモバイルを申し込むには本人確認書類が必要の写真を撮っておく必要があります(eSIMの場合は事前撮影は不要)。

本人確認書類は下記のいずれか一点です

  • 運転免許証
  • 健康保険証+補助書類(公共料金領収書または住民票)
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • その他

eSIMを申し込む場合は、運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカードのみを受け付けています。

手順6:ワイモバイルを申し込む

ワイモバの申込みのまとめ

  • 新どこでももらえる特典にエントリー
  • SIMカードとeSIMの選び方
  • 店舗よりオンライン申し込みが良い理由
  • 審査にかかる時間と届くまでの日数

新どこでももらえる特典にエントリーする

ワイモバイルを申し込む前に「新どこでももらえる特典」にエントリーします。エントリーするとPayPay最大3000円がもらえます。

対象プラン新どこでももらえる特典
シンプルS(3GB)PayPay500円
シンプルM(15GB)またはL(25GB)PayPay3000円

\ワイモバ申込み前にエントリー必須!/

※ 契約後(開通後)にプラン変更しても、申し込み時のプランのPayPay特典が適用されます

ワイモバイルの新どこでももらえる特典を最大限もらう手順

SIMカードとeSIM、どちらが良い?

パソコンを持っていない場合は、eSIMだと設定でトラブル可能性が高くなるので、通常のSIMカード(nano)を選ぶことをおすすめします。

パソコンを持っている場合で、端末セットは不要な場合は、最短即日で乗り換えられるeSIMがおすすめです。

店舗よりオンラインで申し込んだほうが良い理由

  • 店舗:事務手数料3300円、PayPay最大3000円、端末セットの価格が大幅アップ
  • オンライン:事務手数料無料(送料も無料)、PayPay最大1万円、端末セットが大幅割引

オンラインストアのほうが安くお得に申し込めるので、ワイモバイルはオンラインストアで申し込むことをおすすめします。

\ドコモからワイモバイルの乗り換えはこちら/

審査にかかる時間と届くまでの日数

ワイモバイルを申し込むと、基本的には当日で審査が完了します(夜遅くだと翌日)。申込みに不備がある場合は、メールで連絡が届きます。

通常のSIMカードは申し込みから2〜3日程度で自宅に届きます。eSIMは審査が完了すると即日で使えるようになります(郵送不要)。

※ スマホが使えなくなる期間なしに乗り換えられます

手順7:SIMカードやeSIMの設定をする

ワイモバイルのSIMカードが届いたら、またはeSIMの審査が完了したら、下記を参考に設定をしてみてください。

ワイモバイルのSIMのみのキャンペーンと差し替え手順、今のスマホを使う方法

ワイモバイルのeSIMのデメリットとiPhoneの切り替え方法、即日乗り換えで簡単

手順8:ドコモの解約手続き

ドコモからワイモバイルにMNPで乗り換えたら、ワイモバイルでスマホが使えるようになった時点で、ドコモの契約は自動的に解約になります。

ドコモショップなどで解約手続きをする必要はありません。

※ MNP予約番号を使わずに、新しい電話番号で契約した場合は、ドコモで解約手続きが必要です。

手順9:PayPay特典を受け取る準備をする

最後にワイモバイルのPayPay特典を受け取るために、PayPayの登録を行います。

PayPayの受取期限があるので、ワイモバイルを申し込んだら、すぐにPayPayを登録手続きをするのがおすすめです。

PayPayアカウントと連携する(必須すぐやる!)

PayPayを受け取るにはYahoo Japan IDとPayPayアカウントを事前に連携しておく必要があります。

SIMまたはeSIMのみを契約した場合はPayPayギフトコードの受け取り期限に注意

ワイモバイルのSIMまたはeSIMのみを契約した場合、最大7000円のPayPayがギフトコードで届きます。

PayPayギフトコードには受け取り期限があり、その期限をすぎるとPayPayの権利が失効するので注意してください。

ワイモバイルの開通日の翌月末までにメールで特典の案内が届きます

手順10:必要に応じてプラン変更

ワイモバイルの開通後にプラン変更ができます。プラン変更は翌月適用になります。

※ 開通:WiFiなしにネットが使える状態

例:7月15日にプランMで開通 → 7月中にプランSに変更手続き → 8月からプランSが適用

この場合、プランMにすることで1100円x(17/31日)=603円の負担になりますが、申し込み時のプランのPayPay特典が付与されます。

以上が、ドコモからワイモバイルへの乗り換え手順の全てです!