どっちが良い?UQモバイルとワイモバイルの違いを比較

UQモバイルとワイモバイルのどちらが良いか違いを徹底比較します。

ヒヨコ

ヒヨコ

UQモバイルとワイモバイルってどっちが良いのかな?

auひかり契約者ならUQモバイル、SoftBank光またはSoftBank Air契約者ならワイモバイルが良いよ。

それ以外の人は、UQモバイルとワイモバイルで細かい違いになるので、できるだけわかりやすく比較していきます!

シムセン

シムセン

auひかりやUQでんき契約者なら月額料金が安くなるUQモバイルが最善、SoftBank光やSoftBank Air契約者なら1回線目が安くなるワイモバイルが最善です。

それ以外の人は、使える機種、乗り換え時の違約金、キャンペーン、その他の違いを比較するのが重要です。

UQモバイルとワイモバイルの電波(エリア)や速度の違いは大差ないです。どちらも快適にスマホが安く使えます。UQモバイルとワイモバイルの違いを比較しながら、より良いほうを選べるように解説します。

\最大1万円キャッシュバックまたは端末割引/

UQモバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

\最大1万円相当のPayPayまたは端末割引/

ワイモバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

比較のまとめ

比較項目UQモバイルワイモバイル
3GBプラン月1628円月2178円
(2回線目以降は月990円)
15GBプラン月2728円月3278円
(2回線目以降は月2090円)
25GBプラン月3828円月4158円
(2回線目以降は月2970円)
auひかりの契約者最大月858円引き—-
SoftBank光の契約者—-1回線目のみ最大月1188円引き
電波auSoftBank
速度いつでも速いいつでも速い
使える機種iPhone、auのAndroidスマホ、SIMフリーの格安スマホiPhone、ソフトバンクのAndroidスマホ、SIMフリーの格安スマホ
乗り換え時の違約金ドコモとauからの乗り換えは違約金0円ドコモとソフトバンクからの乗り換えは違約金0円
キャンペーン端末セットは全員キャンペーン対象、SIMのみはauユーザは対象外ソフトバンクユーザは対象外
60歳以上の特典24時間かけ放題が月770円24時間かけ放題が月770円
その他の特徴節約モードを使えばデータ消費なしでネットが使えるYahoo!プレミアム月額会員費が無料

月額料金の違い

auひかり等を契約中、またはUQでんきに変更できる人 → UQモバイルが良い

シムセン

シムセン

au光などの指定にインターネット回線、またはUQでんき契約者は、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの料金が大幅に安くなります。

UQモバイル月額料金データ容量
S月1628円3GB
S+自宅セット割月990円3GB
M月2728円15GB
M+自宅セット割月2090円15GB
L月3828円25GB
L+自宅セット割月2970円25GB

UQモバイルは指定のインターネット回線、またはUQでんき/auでんき契約者だと、自宅セット割でUQモバイルの月額料金が大幅割引になります。

指定のインターネット回線:auひかり、ビックローブ光、J:COM、eo光、BBIQ、So-net光、@nifty光等

自宅セット割を適用できる人なら、問答無用にUQモバイルがおすすめです。

\最大1万円キャッシュバックまたは端末割引/

UQモバイルとauひかりでスマホ料金が安くなる!自宅セット割の仕方

SoftBank光またはSoftBank Airを契約中 → ワイモバイルが良い

シムセン

シムセン

SoftBank光またはSoftBank Airを契約している人は、割高な1回線目の料金が割安になるワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイル月額料金データ容量
Sで1回線目月2178円3GB
Sで1回線目+おうち割月990円3GB
Sで2回線目以降月990円3GB
Mで1回線目月3278円15GB
Mで1回線目+おうち割月2090円15GB
Mで2回線目以降月2090円15GB
Lで1回線目月4158円25GB
Lで1回線目+おうち割月2970円25GB
Lで2回線目月2970円25GB

ワイモバイルのデメリットは1回線目が割高なことですが、SoftBank光またはSoftBank Airを契約している人なら「おうち割 光セット(A)」で1回線目が割安価格で使えます。

SoftBank光またはSoftBank Airを契約している人ならワイモバイルが一番良い選択肢です。

\最大1万円相当のPayPayまたは端末割引/

どちらでもない人

auひかりやSoftBank光などを契約していない場合、自分ひとりだけ契約するなら1回線目でも安いUQモバイルが良いです。

家族で契約する場合は2回線目以降が安くなるワイモバイルがトータルで見ると安くなります。

電波(エリア)の違い

人口カバー率99.9%
シムセン

シムセン

UQモバイルもワイモバイルも、使えるエリアの違いはほぼ無いです。

auとソフトバンクと同じようにどこでも使えます。

UQモバイルはauの電波を使っていて、サービスエリアはauと同じです。

ワイモバイルはソフトバンクの電波を使っていて、サービスエリアはソフトバンクと同じです。

速度の違い

シムセン

シムセン

UQモバイルとワイモバイルを両方とも契約しているので、てっとり速く速度計測してみました!

UQモバイルの速度

UQモバイルの速度
2021年10月19日午前4時のUQモバイルの速度

UQモバイルは100Mbps超えました!すごく速いです。

深夜の速度計測ですが、他の時間帯もUQモバイルなら快適に使える速度を維持しています。

本当に速いの?UQモバイルの速度の評判を実機検証

ワイモバイルの速度

ワイモバイルの速度
2021年10月19日午前4時のワイモバイルの速度

ワイモバイルの速度はUQモバイルよりも遅いですが、83.5Mbpsは十分快適に使える速度です。

シムセン

シムセン

通信速度は場所や時間帯によって速度が変わりますが、UQモバイルもワイモバイルも快適に使えます。

UQモバイルとワイモバイルの速度は、両方快適で体感差がないので、実質的に違いはないです。

使える機種の違い

iPhone:どっちでも同じように使える

iPhone6s以降なら、SIMフリーまたはSIMロックを解除すれば、UQモバイルでもワイモバイルでも同じように問題なく使えます。

※ iPhone13シリーズなら全機種SIMフリー、auのiPhone8以降はSIMロック解除なしでUQモバイルで使用可

Androidスマホ

シムセン

シムセン

iPhoneならUQモバイルでもワイモバイルでもどっちでも良いですが、Androidスマホは向き不向きがあります。

ドコモのAndroidスマホ → どちらも不向き

ドコモのAndroidスマホのほとんどは、ドコモの電波に最適化されているので、auの電波を使うUQモバイルとソフトバンクの電波を使うワイモバイルと相性が悪いです。

相性が悪いと電波が悪くなり、速度が遅くなったり不安定になる場合があります。

ドコモのAndroidスマホは、ドコモの電波を使っているahamoがおすすめです。

auのAndroidスマホ → UQモバイルが良い

auのAndroidスマホのほとんどはauの電波に最適化されているので、auの電波を使うUQモバイルがおすすめです。

auのAndroidスマホをワイモバイルで使うと、電波が悪くなり、速度が遅くなったり不安定になる場合があります。

ソフトバンクのAndroidスマホ → ワイモバイルが良い

ソフトバンクのAndroidスマホのほとんどはソフトバンクの電波に最適化されているので、ソフトバンクの電波を使うワイモバイルがおすすめです。

ソフトバンクのAndroidスマホをUQモバイルで使うと、電波が悪くなり、速度が遅くなったり不安定になる場合があります。

SIMフリーの格安スマホ → どっちでも同じように使える

SIMフリーの格安スマホは、auとソフトバンクの電波に対応しているので、UQモバイルでもワイモバイルでも問題なく使えます。

2016年以前の格安スマホはauの電波に対応していない場合があります

違約金の違い

ドコモから乗り換えなら、どっちでも違約金なし

ドコモから他社に乗り換える場合、ドコモでは違約金を取っていません。UQモバイルでもワイモバイルでも違約金なしに乗り換えられます。

auから乗り換え → UQモバイルなら違約金なし

auから乗り換える場合、ワイモバイルだと最大10,450円の違約金がかかかりますが、UQモバイルなら違約金0円で乗り換えられます。

auからUQモバイルの乗り換えで後悔しない手順、違約金0円&手数料無料

※ auからワイモバイルへ乗り換える場合、auの新しいプランに変更してから、翌月に乗り換えれば違約金は1100円に抑えられます。

ソフトバンクから乗り換え → ワイモバイルなら違約金なし

ソフトバンクから乗り換える場合、UQモバイルだと最大10,450円の違約金がかかかりますが、ワイモバイルなら違約金0円で乗り換えられます。

※ ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換える場合、ソフトバンクの新しいプランに変更してから、翌月に乗り換えれば違約金は0円です。

キャンペーンの違い

UQモバイルのキャンペーン

UQモバイルは端末セットなら端末割引キャンペーンが全員に適用されます。

【コスパ重視】UQモバイルおすすめ機種ランキング

UQモバイルをSIMまたはeSIMのみ申し込む場合、最大13,000円のキャッシュバックがもらえます。

ただし、auまたはpovoからの乗り換えだと、UQモバイルのキャッシュバックがもらえません

UQモバイルのキャッシュバック完全版、au PAY残高で最大1万3000円還元

UQモバイルのキャンペーンまとめ、どこで申し込むのがお得?

\最大1万円キャッシュバックまたは端末割引/

ワイモバイルのキャンペーン

ソフトバンクまたはLINEMOからの乗り換えだと、ワイモバイルは新どこでももらえる特典の最大3000円のPayPayのみがもらえます。

ワイモバイルの新どこでももらえる特典を最大限もらう手順

SIMまたはeSIMのみは追加で最大7000円のPayPay、端末セットは大幅割引で買えます。

ただし、ソフトバンク・LINEMOからの乗り換えだと、ワイモバイルの追加のPayPayと端末セットの割引は適用されません。

ワイモバイルのおすすめ機種ランキングと注意点のまとめ

\最大1万円相当のPayPayまたは端末割引/

60歳以上の違い

60歳以上だとUQモバイルでもワイモバイルでも、24時間かけ放題オプションが月770円で使えます(通常料金:月1870円)

その他の特典の違い

UQモバイルの強み:節約モードでデータ消費なしに使える

シムセン

シムセン

YouTubeなどの動画をたくさん見る場合は、UQモバイルの節約モードが便利です。

節約モードにすると、データ消費なしにネットが使えます。

UQモバイルの節約モードを使えば、3GBプランは300kbps、15GBプランは1Mbpsの速度でデータ消費なしにネットが使えます。

1MbpsならYouTubeを480pの高画質で見れるので、動画をたくさん見る場合はUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルを契約して、UQアプリをインストールすれば、簡単に節約モードが使えます。

ワイモバイルの強み:Yahoo!プレミアム月額会員費が無料

ワイモバイルを契約すれば、月508円のYahoo!プレミアム月額会員費が無料になります。

YahooショッピングやPayPayモールで買い物をする人なら、Yahoo!プレミアム会員費が無料になるワイモバイルがおすすめです。